ギター製作日記・一日目

いよいよ今日からギター製作がスタート。
その前に本来はギターを作ることになった経緯を書くべきですが、あまりに工房が寒くて鼻水ズルズルになり(笑)、 かつ明日も朝早いので、今度時間があるときにじっくり書きます。
それにしても今朝は、会社勤めを辞めてから久しく朝起きる習慣が無かったのでけっこうつらかった(笑)。でもやっぱ作るのは楽しい。以下写真とともにレポ。

左→TOP板・ドイツ杉、右→裏板・ブラジリアンローズウッド 計4枚の板から目を見てこの形に切り出し、表面を電動カンナで削る。
img20051229_2[1]

接着・継ぎ合わせてプレス。明日まで放置。
img20051229_3[1]

ここまでの工程はかなり難しいということなので、先生任せ(笑)。オレは完全に助手(笑)。

側板・ブラジリアンローズウッド
先生手作りのアイロン(ヒーター)で熱を加え、均等に木を割らないように慎重に力を加えながら、ゆっくり身体を左右に動かし曲げていく。これがなかなか難しい。何とか型どおりに割らずに曲げることができました。微調整は先生が修正してくれました。やさしい先生です。
img20051230[1]

型に曲げた側板をあてて曲がり具合を確認
img20051230_1[1]

とりあえず今日はここまで。明日は再度曲げの調整と表面板の研磨、力木の作成です。

ではまた明日。眠いっす・・・

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA