第1回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会

10 / Sep / 2006 (sun) 第1回 秋の発表会にて

9月10日の日曜日、教室を始めて初の発表会を行いました。場所は松屋町のカフェ《楽》です。出演者のみなさん、スタッフや会場「楽」の皆さん、そしてご来場いただいた皆様、ありがとうございました。以下、当日の模様です。

慣れない司会を務める講師(笑)。
sikai

演奏スタート!
fujitasan1

fujitasan2
1番・藤田さん「ROMANCE(禁じられた遊び)」
自らトップバッターを名乗り出てくれた藤田さん。クラシックでお馴染みの「禁じられた遊び」に挑戦。この曲、弾いたことがある人には分かると思うんですが、後半が難しい曲なんです。練習のし過ぎで左手を痛めていたのにもかかわらず、頑張って弾ききってくれました。お疲れさまでした!

kunosan1

kunosan2
2番・久野さん「イパネマの娘」
彼女はギター教室を始めた頃からの生徒さん。最初は全くの初心者でしたが、今回「イパネマの娘」のソロバージョンに挑戦してくれました。
かなり緊張していたようですが、見事この難しい曲を最後まで弾ききってくれました。ごくろうさまでした!

nadasan1

nadasan2
3番・灘さん「オルフェの歌」
灘さんも教室を始めた頃から通っていただいている方で、すでにレパートリーは7曲ぐらいあります。その中から今回は「オルフェの歌」をチョイス。演奏するその姿には貫禄さえ感じました。かっこよかった~♪

maki1

maki3
4番・上杉さん「会うため(オリジナル曲)」
ここからウクレレが3組。そのトップをマッキーこと上杉さんがかざってくれました。彼女はオリジナル曲の「会うため」を弾き語り。
いつもはアコーディオンのかんちゃんと一緒に演奏ですが、今回は初めてのソロ。ソロでも素敵でしたよ!

teraokasan1

teraokasan2
5番・寺岡さん「さらばジャマイカ」
ウクレレ二人目は寺岡さん。彼女は元ロッキンタイムのヴォーカル・今野英明さんのウクレレ・ソロ・アルバム「UKE TIME!」からインスト曲の「さらばジャマイカ」を演奏。この曲、かなり難しいんです。その難曲を見事な演奏で聴かせてくれました。その音に引き込まれました!

nara1

nara2

nara3

nara4

nara5

nara6
6番・奈良ウクレレ部「雨に濡れても」「タフアフワイ」
ウクレレのトリを務めてくれたのは、奈良ウクレレ部の4人。凝った演出で会場を沸かせてくれました。「起立・礼・着席」で始まり、「雨に濡れても」で和ませ、「タフアフワイ」では伴奏とリードに分かれての演奏、最後のサビの「あ~やんなっちゃった」を4人で歌い、最後も「起立・礼」で終了。見ていて楽しい演奏でした。また彼女たちはこの日のためにTシャツも自作。奈良の象徴の「鹿」と「大仏」をモチーフにしたかわいいイラストが目を引きました。色々とありがとう!

okamotosan1

okamotosan2
7番・岡本さん「WALTZ(映画「ビフォア・サンセット」挿入歌)
またギターに戻って岡本さんの登場。彼女は昨年の12月から始めた全くのギター初心者だったのに、いきなり弾き語りを披露してくれました。その歌声はかなり堂に入った素敵なものでした。ほんといい声。ギターもよかった。ちなみにリードで講師も参加しました。かえって邪魔したかも?(笑)

hashimotosan1

hashimotosan2
8番・橋本さん「コルコヴァード」
当教室1番の個性派、橋本さん。ハーモニクスの乱打で始まり、マーク・リボー並みの崩しの美学を感じさせるメロディー、そして最後もハーモニクスの乱打でエンディング。凄かった。途中、楽の柱時計が9時を知らせる鐘が鳴るハプニングも利用してしまうそのステージングはお見事。ちなみに右の写真の左側に写っている子供さんは橋本さんのお子さんです。彼の目にパパがどう映ったのか大きくなったら聞いてみたいです(笑)

teramotosan1

teramotosan2
9番・寺本さん「ワン・ノート・サンバ」「ジェット機のサンバ」
大トリを飾っていただいた寺本さん。指鳴らしと言って始められた予定外の小曲で、すでに和やかな雰囲気を作り、続く「ワン・ノート・サンバ」を途中からシャッフルにアレンジして聞いている人を唸らせてくれました。バーデンスタイルで弾く「ジェット機のサンバ」は準備期間が短かったにも関わらず、自分なりのアレンジを加えて演奏してくれました。凄い!

uncherry2
オマケ・講師の西口「Malangon(オリジナル)」「Once,I Loved」「オルフェのサンバ」
生徒さんが頑張っているのに講師が遊んでいる訳にもいかず、3曲弾かせていただきました。

1曲目の前にuncherryの相棒のタケが登場して和ませてくれました。
uncherry1

観客の方々にも喜んでもらえたようで嬉しかった。
uncherry3

最後はみんなで記念撮影。
syuugou

みんなが笑顔で終われたのでホッとしました。みなさんお疲れさまでした。そしてありがとうございました。いい生徒さんたちに恵まれて幸せ者です。感謝。次回は来年の春頃を予定していますので、またそのときは今回出なかった人も含めて楽しみましょう!

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA