第3回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会

28 / Oct / 2007 (sun) 第3回 秋の発表会にて

10月28日の日曜日、うちの教室の第三回発表会を行いました。出演者のみなさん、スタッフや会場の中寺ハウスの樋口さん、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。以下は当日の模様です。

mitakasan
トップバッターの三高くん。前回の発表会の時は、直前にバイク事故で入院してたので、初参加です。曲はハナレグミの「さよならカラー」。ええ声で会場の雰囲気をいい感じにしてくれました。やりにくい一番目を見事につとめていただきました。ありがとう♪

okunosan
2番目はこちらも初参加の奥野さん。曲は「おいしい水」と「My one and only love」。どちらもソロギターでの演奏です。柔らかい音色で、特に「My one and only love」は素晴らしい演奏で、別の生徒さんから「次の課題曲はこれにして下さい!」との声が出るほどでした。ありがとうございました!

okamotosan
3番は岡本さん。弾き語りで「ハレルヤ」を、アン・サリーのバージョンを参考にしてアレンジしました。相変わらずの美声で、癒される方も多かったのでは? 次回はどんな歌を歌ってくれるのか、今から楽しみです。お疲れさまでした!

kunosan
4番、久野さん。今回はフレンチポップスのカトリーヌの曲「L’automobile」と、advantage lucyの「8月のボサ」です。どちらも久野さんのウィスパーボイスにあったすてきな演奏でした。次もよろしくです!

nadasan
5番、灘さんです。今回は「Once,I loved.」「MOONRIVER」の2曲をソロギターで演奏です。本人いわくかなり緊張されていたようですが、ミスも笑いに変えて会場の心を掴むあたりはさすがでした。演奏も素敵でした。ありがとうございました!

setousan
6番は瀬藤くん。曲はジョビンの「Este Seu Olhar」と、オリジナルの「パリジャンの赤いブリーフ」。会場の雰囲気を自分のものにするその歌声と演奏はさすが!11/18(sun)に神戸でライブをされるそうなので、詳細を知りたい人は僕まで連絡を下さい。僕も遊びに行く予定です。

kidosan
7番、木戸さん。曲はどちらもLuis Bonfaのギターインスト曲で「Passeio no Rio」と「I can’t give you anything but love,baby」。「I can’t~」は昔に天気予報のBGMで使用されていたので、懐かしく感じる人も多かったのでは?少し緊張気味だったようですが、いい感じでしたよ!お疲れ様でした!

keihosan
8番、ケイホくん。今回は僕もよく一緒にライブをしているショウ君と、初参加のミナちゃんとのトリオで登場。曲は「生活の柄」ともう1曲はタイトル忘れました(笑)。もう二人のハーモニーが気持ちよくて、聴いてて楽しかったです。2曲目の途中でお呼びがかかり、僕もウクレレでソロを弾きました。むちゃくちゃでしたが楽しかったです。また遊ぼうね。

bakansu
そしてここで休憩です。foodを「バカンス食堂」にお願いしていました。写真はクスクスサラダ。ウマいよ!その他に、ビールやピザとかも人気でした。

takahashisan1
後半一発目は高橋くん。ソロで「男と女」。そして・・・

takahashisan2
僕とのデュオで「MINOR SWING」をサンバにアレンジして演奏。この発表会に合わせたわけではないんですが、おnewのフラメンコ用ギターで演奏。ほんと上手いよね~。デュオでは僕が足を引っ張らないように気を使いました。楽しかったね。お疲れさまでした!

kawanakasan_yamagutisan
そして10番目に登場の川中さんと山口さんのウクレレデュオ。今回唯一のウクレレユニットです。曲はビートルズの「Yellow Submarine」と、エリントンのスタンダード「Caravan」。僕も伴奏で参加しました。ビートルズはほっこり、キャラバンはスリリングに演奏してくれました。とくにキャラバンはソロパートを自分達で考えてきたフレーズを披露。かっこよかった!ありがとうございました。

hashimotosan
そしてうちの発表会のスター、橋本さん。今回は「The Gift」と「Felicidade」をアレンジして演奏。「The Gift」では間奏をピックで激しいファンクロック的なフレーズを、「Felicidade」では曲の最初を六角レンチを弦に挿んで、トイピアノのような音で会場を驚かせていました。最後はフェードアウトで終わると思わせていて、「バン!」と激しい音の一撃で拍手喝采。お見事でした。お疲れさまでした!

teramotosan
そして生徒さんのトリを今回もおまかせしたのは、マエストロ寺本さん。今回は「おいしい水」を弾き語りで。そしてバーデンの難曲「哀しみのサンバ」をソロギターで演奏。激しい橋本さんで盛り上がる空気を落ち着かせるような甘い歌声が印象的でした。また「哀しみのサンバ」は寺本さんらしい指さばきでいい演奏を聴かせてくれました。ほんまお疲れさまでした。いつもトリの重圧を引き受けて下さってありがとうございます!

kishimotosan
そして予定外のスペシャルゲスト、「玉造ギタースクール」の岸本先生の登場!アルコールで顔が赤いのに、会場をあんぐりとさせる超絶な技巧を披露して下さいました。うちの生徒さんたちも興奮!ありがとうございました!

uncherry
ここからは僕の演奏。最初はソロでやる「イパネマの娘」をバーデンのバージョンでやるつもりだったんですが、何ゆえかタケがボンゴを持って来てたので、久々にuncherryの二人で演奏することに。しかし「イパネマ」があまりにもボロボロだった(笑)ので、追加でuncherryの曲「switzer sky」を演奏。なんとかかっこがついたんでよかったです(笑)。タケ、お疲れさんでした。

uncherry2
で、最近よく一緒にやっているアサラト奏者のショウ君と「おいしい水」のサンババージョンを演奏。前回の百花のライブでもやってたので、気持ちよく演奏できました。ショウ君ありがとう!

uncherry3
最後はカンヌのアコーディオンのかんちゃんにも登場してもらい、ショウ君と3人で「西部劇」。そこにタケも加わり最後は4人で「窓辺の海」を演奏して終わりました。かんちゃんご苦労様!

今回、生徒さんは緊張されている方が多く、普段どおりの演奏ができなくて悔しい思いをした人が多かったようですが、玉ギの岸本先生も自身のブログで書かれていたように、一生懸命な姿に僕は感動したし、またその音は聴いている人の心に響くものだったと思います。みなさん、本当にいい演奏をありがとうございました。

来年からは年1回にしようと思っていたのですが、打ち上げでの多数決により(僕以外の全員一致により(笑))、今年と同じく春と秋の年2回の発表会を行うことになりました(笑)。みなさん、自分たちで言い出したからには来年もがんばっていい演奏をお願いしますね!

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です