第4回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会

25 / May / 2008 (sun) 第4回 春の発表会にて

5月25日の日曜日に当ボサノバギター&ウクレレ教室の第四回発表会を行いました。会場の中寺ハウスの樋口さん、スタッフのみなさん、ゲストのKOBA 君・浅井さん、そして出演者のみなさんお疲れさまでした。そしてご来場いただいた皆様、暖かい目で生徒さんの演奏を見て・聴いていただき本当にありがとう ございました。おかげさまで楽しい発表会になりました。

では、当日の模様を写真で紹介させていただきます。
bakansu
まずは当日のFoodとDrinkを担当してくれた「バカンス食堂」のタコスライスとケーキです。めちゃウマです。玉造にあるので、まだこの味を未体験の方は是非遊びに行ってみて下さい。

kawanakayamaguti
さて生徒さんでトップを飾ってくれたのが川中さんと山口さんのウクレレデュオ。今回で3回目の発表会です。曲は「海の見える街」と「Sing Sing Sing」。「海の~」はバンバンバザールのバージョンを参考にソロパートは自分達で考えました。「Sing~」は僕の弾いたソロを録音し採譜、そして自分達なりにアレンジしました。どちらもめちゃかっこいい演奏になったと思います。毎回演奏レベルが上がっていってますね~。お疲れさまでした!

utumi
2番手は内海くん。ソロギターで「Samba de uma nota so」「Once,I loved.」を演奏してくれました。初出演とは思えない落ち着きぶり。本人いわく緊張してたらしいんですが、そんな風には見えませんでした。そして演奏 はどちらもアドリブのソロパートは自分で考えたもの。素晴らしい!いい演奏でした。ありがとうございました!

okamoto
3番手の岡本さん。初回から連続で出演してくれている彼女は、今回「ムーンリバー」と原田知世さんのカバーで「彼と彼女のソネット」を
ボサノバスタイルの 弾き語りで披露してくれました。特に「彼と~」のアレンジが難しかったんですが、見事最後まで演奏しきってくれました。そして相変わらずのいい歌声に癒され ました。ありがとう~!

nada
4番手の灘さん。曲は「オルフェのサンバ」。演奏中は色々ありましたが、緊張感に包まれた場をかなり和ませてくれました。そのムードメーカーぶりには感謝です。いつもありがとうございます。秋にはリベンジお願いします!

maki
5番手のマッキー。最近はユニット「マッキフォン」のライブ活動も盛んな彼女。今回はオリジナルの「タビヨル」と「約束しよう」。どちらもマッキーワールド全開のフォーキーな雰囲気でいい感じでした。もうすっかりアーティストですね。感動しました。これからもこの調子でがんばって下さい!

kido
6番手は木戸さん。3回目の発表会で、今回は「Saudade Demais」と「Chega de Saudade」のソロアレンジに挑戦。「Saudade~」難しいパッセージもある曲ですが見事に演奏してくれました。「Chega~」は僕がソロ用にアレンジしたもの。でも人前でやることもなくお蔵入りしていたのを、演奏して披露してくれました。ありがとうございます。嬉しかったです。お疲れさまでした!

teramoto
そして前半戦のトリはお馴染みマエストロ寺本さん。今回はモンキーマジックの「空はまるで」をボサアレンジの弾き語りで、「Dave ser amor」をアルフレッド・ムロという人のバージョンで披露してくれました。歌ってるときは「かっこいい~」という歓声(ささやき?)も聞こえてましたね。 「Deve~」は非常に難しいアレンジをいとも簡単そうに演奏してて、ちょっとジェラシーです(笑)。途中のギャグも冴えてましたね(笑)。ムチャぶ りに応えられなくてすいませんでした・・司会としてそのへんの対応も勉強しておきます(笑)

ここから後半です。
jigenn
まず最初は河野さん。ウクレレとギター(西口)のデュオで「Blue Hawaii」と「ウルトラマンの歌」を演奏。河野さんは実はまだ習いはじめて4か月です。なのに堂々とした演奏っぷりは見事でした。「ウルトラマン~」 では効果音のおもちゃ(ボタンを押すと「シュワーッチ!」と音がします)を導入したり、茶目っ気のある演奏で会場を湧かせてくれました。ごくろうさまでし た!

nonaka
続いてウクレレ&ギターデュオの二人目は野中さん。彼女はボサノバスタンダードの「Samba de uma nota so」と「Corcovado」に挑戦してくれました。彼女もソロのパートは自分で考えたアレンジで、めちゃかっこいいラインを披露してくれました。伴奏 してても音が気持ち良くて楽しかったです。お疲れさまでした!

kuno
そして久野さん登場。今回は「Galota de ipanema」を前半ポルトガル語で、後半を英語で弾き語り。そして原田知世さんのカバーでキセルの楽曲「くちなしの丘」をボサアレンジで歌ってくれました。その透明感溢れる歌声は多くの人の心を鷲掴みにしたようで、非常に好評でした。素晴らしい!これからが楽しみですね。がんばっていきましょう!

okuno
そしてもう一人のマエストロ・奥野さん。曲は「Manha de carnaval」と「Over the rainbow」をどちらもソロアレンジで。「Manha~」は前半ジャズ的なルバートの激シブアレンジからインテンポでの端正な演奏へという構成が見事。「Over~」は不覚にも聴きながらちょっと泣きそうになりました。いい演奏をありがとうございました!

hasimoto
そして生徒さんのトリはスター・橋本さんです。曲は「Desafinado」と「Galota de ipanema」。「Desafinado」は今までの橋本さんのイメージを塗り替える静かな緊張感溢れるアレンジで新機軸開拓。「Galota~」はみんなの期待に応える橋本ワールド全開アレンジでした。特に「Desafinado」は新しい橋本さんの方向性が見えてよかったと思います。次回も楽しみにしています!

koba
ここでゲストのKOBA君と浅井さんの登場。KOBA君はソロで「Chega de saudade」を、浅井さんとKOBA君のデュオで「Palpite infeliz」を歌ってくれました。さすがの存在感とその歌声にお客さんも生徒さんも喜んでくれてました。お二人には本当に感謝です。ありがとうございました!今後ともよろしくお願いします。

nisikenn
で、最後に講師・西口の演奏。曲はある生徒さんとの約束で弾き語りの「North marine drive」、ソロギターで「Felicidade」とオリジナルの「Talk About」を。友人たちには「やっぱり歌はいらんな」と言われました(笑)。はい、今後はそうします(笑)。

minnna
そして最後に出演者、ゲスト、スタッフの全員で記念撮影。 ほんまにみなさんお疲れさまでした!おかげさまでほんまに楽しい発表会になりました。また秋にも やりますので、今回の出演者/スタッフはもちろん、今回は出演しなかった生徒さんたちも、次回は出演できるようにがんばっていきましょう!本当にみなさん ありがとうございました!


投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA