第5回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 前編

Nov / 16 / 2008 (sun) 第五回秋の発表会にて / 前編

opening
トップバッターは今回も主宰のニシグチが務めさせていただきました。曲は「so danco samba」です。

okamoto1
そして2番目に登場は岡本さん。 生徒さんの1番手という難しい役柄をしっかりと務めて下さいました。曲はのっこの「忘れな草」です。いつものことながら素敵すぎる歌声。 癒しです。そして彼女が抱いているのはNEWギター!眩しいです!そのルックス同様、音も声とマッチして素敵でした!ありがとうございました!

endou1
3番手は初登場の遠藤さんです。曲は「イパネマの娘」のソロギターアレンジです。リハまでは緊張してたのに、本番ではフレーズをアドリブでアレンジするぐらいの余裕っぷりに横で聴いててビックリしました!ダンディな佇まいそのままの渋い演奏でした。ありがとうございました!

katakami1
4番手に登場の片上さん。彼女も初参加です。曲はクラシックギターの名曲「ラグリマ」。発表会終了後、お客さんから曲名の問い合わせを受けました。片上さんの演奏で、その曲のよさがしっかり伝わったということですよね。素晴らしい!次回も楽しみにしています!お疲れさまでした!

nisiki1
五番手の西木君です。彼も初参加。曲は名曲「Wave」をドロップDで演奏してくれました。アクシデントもありましたが、この曲の準備期間が短かったにもかかわらず、アドリブソロまでバリバリ弾きこなす姿は頼もしささえ感じさせてくれました。どこまで成長してくれるのか将来が非常に楽しみな期待の若手です。今後ともよろしくです!

tomoki1
そして若手といえばもう一人、最年少で参加の梅原知紀くん。若干14歳。曲は押尾コータローさんの「Hardrain」。あの難曲を楽々と弾きこなす姿に「よっ天才!」と声がかかってました。演奏後は凄い拍手の嵐。完全に持っていかれました。ほんとに末恐ろしいです。どんなギタリストになるのか今から楽しみです!

mitaka1
7番手に登場は2回目の登場の三高くんです。曲はビギンの「恋しくて」を秦基博さんのバージョンを参考にアレンジしました。珍しく緊張しているとステージで言ってましたが、歌声はまったくそんなことを感じさせませんでした。少しブルージーなギターとハスキーな歌声が素敵でした。お疲れさまでした!!

hyoudou1
8番手は初参加の兵頭さん。曲は「トリステーザ」を弾き語りで、「Wave」を西木君とは違うキーで演奏してくれました。その歌声は甘く、まさに<BOSSA NOVA>。かっこよかった~!Waveは元々クラシックギターをやってらっしゃったので、端正なピッキングで美しい音色を聴かせて下さいました。ありがとうございました!

hasimoto1
そして前半戦のトリを飾ってくれるのは、うちの教室のスター・橋本さんです。今回は「Felicidade」を前回と違うアレンジで、「Triste」をオリジナルアレンジで演奏。特に後半の「Triste」アンビエントミュージックのような空間を創出。さすがです。実にアーティスティックな部分を存分に押し出しての熱演、素晴らしい!お疲れさまでした!

後半へつづく

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA