第5回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 後編

Nov / 16 / 2008 (sun) 第五回秋の発表会にて / 後編

ここから後半戦に突入です。まずはうちの教室のウクレレ部が登場です。
jigen1
後半戦1番手は参加2回目のジゲンさんです。曲は「ルパン3世のテーマ」と、IZさんの「Over the rainbow」と「この素晴らしき世界」のメドレーを弾き語りで。超アップテンポでルパンを演奏し観客を驚かせ、メドレーで心を和ませる。極上のエンターテイメントでした。今回もルパンでネタを仕込んでくれてましたし、ありがとうございました!

nonaka1
ウクレレ部2番手は、こちらも参加2回目の野中さんです。曲は「Anos dourados」と「イパネマの娘」。Anos~はコンサートウクレレを片手に弾き語り、イパネマはテナーウクレレに持ち替えてインストで演奏。その歌声とやさしい音色で会場をほっこりと和ませてくれました。
ウクレレをやっている人からは羨望の眼差しを注がれてました。お疲れさまでした!

kawayama2
そしてウクレレ部の最後を飾るのは、うちの発表会ではお馴染み川中さん&山口さんのデュオです。今回はどちらもジブリ絡みで「カントリーロード」と「時には昔の話を」です。「カントリー~」は栗コーダーカルテットを、「時には~」はバンバンバザールのバージョンを参考に、自分たちでアレンジを組み立てました。特に「時には~」のソロパートは難しいのに頑張って弾ききってくれました。凄い!いつもいい雰囲気を作ってくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします!

kido1
そしてギターに戻りますが、デュオ続きで木戸さんとヴァイオリン(ゲスト)の小野寺さんのデュオが登場!曲は「Honeysuckle Rose」と「Night and Day」。「Honeysuckle~」はスイングジャズ風に、「Night~」はボサノバ調で演奏。二人の息もぴったりで、そのリッチな響きは一気に会場の雰囲気をゴージャスなものに変えてくれました!贅沢な時間をありがとうございました!

utumi1
ギターの部に戻り、まずは内海君が登場。参加2回目ながら堂々とした演奏を聴かせてくれました。曲は「Agua de beber」と「Moon river」です。最初の「Agua~」はビックリするぐらいのアップテンポで、どうなることかと思いましたが、最後までテンポも勢いも衰える事無く見事な演奏でした。また「Moon~」ではソロパートを少しフォーキーなアルペジオでアレンジし、オリジナリティを感じさせました。次回も楽しみですね。これからも頑張っていきましょう!

kuno1
そして今や密かなファンも存在する久野さんの登場です。曲は「さくらんぼの実る頃」とカエターノの「Baby」です。「さくらんぼ」のアレンジはオリジナルアレンジで、「Baby」はムタンチスのバージョンを参考にアレンジしました。聴いていた方の一人がリッキー・リー・ジョーンズを例に出したその歌声は、会場を虜にしていたように思います。脱帽です。これから色々とレパートリーを広げてライブとかしていきたいですね。がんばっていきましょう!

okuno1
そして生徒さんの大トリは寺本さん(今回不参加)に並ぶマエストロ・奥野さんです。曲はstingの「Englishman in New York」をソロアレンジに、「星に願いを」をオリジナルのジャズアレンジで披露。余裕すら感じさせるその堂々とした演奏は、前回よりも表現力も飛躍的に向上し、会場からため息がもれるほど感動的でした。凄いです。ありがとうございました!

afro

last
そして最後は主宰のニシグチの演奏。オリジナルをソロで2曲演奏。その後、最近afroglassとして一緒に活動しているvocalのヒカルちゃんをゲストに迎え2曲演奏。そのパフォーマンスに会場も盛り上がりました!ヒカルちゃん、凄いです。ザッツ・エンターテイメント!ほんとありがとう!そしてアンコールまでいただき、全部で3曲演奏しました。みなさんお疲れさまでした。

そして最後にお詫びを・・・今回、最後の集合写真を撮り忘れました!ごめんなさい!!次回は必ず撮りますので、みなさん次回もよろしくお願いいたします!!ちなみに次回の春の発表会は、今回の会場の「高津宮」のご好意もあり、早くも2009年4月19日(日)に決まりました!
また来年もよろしくお願いいたします!

それではみなさん次回発表会でお会いしましょう!!


投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA