ギター教室 企画ライブ 「A noite de verão」

15 / Jul / 2013 (mon) 「A noite de verão」

大阪:心斎橋にあるフレンチカフェ・バー「CAFE BIGOUDENE(カフェビグデン)」にてライブをしました。フランス人オーナーの美味しいガレット&クレープが食べれるお店です。先月の交流会でもお世話になりました。

演奏は今回初めて「O Beija-flor」との共演が実現しました。「O Beija-flor」の3人はうちの教室で知り合ってユニットを作った経緯もあって、結成当初から応援しています。

オリジナル曲もどんどん増えてライブ活動も広がり、今や生徒さんと呼ぶのもおこがましい存在ですが、お互いボサノヴァをベースにオリジナル曲を作っていますし、表現の違いなんかも楽しんでもらえたのではないでしょうか?

それでは当日の模様をご覧ください。

お店の外観と店内。2階建のかわいいお店です。
DSCF3662

DSCF4069

DSCF4100

お店の名前「ビグデン」とはこの長いレースの帽子の事だそうです。
DSCF4101

ブルターニュ地方の女性の民俗衣装で、店内にはこんなユーモラスな絵も飾っています。
DSCF4123

リハーサル風景。なごやかな雰囲気です。
DSCF4208

DSCF4209_02

DSCF4211

そして本番。まずは「Nishiken」のソロギターライブ。
DSCF4228

オリジナル曲を6曲ほど演奏しました。
DSCF4229

DSCF4231

休憩をはさんで「O Beija-flor」の3人が登場!
DSCF4241

DSCF4251

DSCF4255
1.愛の花 
2.Tea for two 
3.手紙 
4.あこがれ 
5.忘れ路の丘 
6.ひまわり 
全6曲とアンコールには「潮騒moon」を演奏してくれました。

ライブの後は美味しいガレット&クレープを楽しみました。やっぱり美味しかった!
DSCF4121

DSCF4125

DSCF4126

今回、準備期間が短かったにも関わらず沢山の人の協力があって楽しいライブをする事ができました。そして大阪のムシ暑い夏の夜に・・・しかも3連休の最終日なのに、思いがけず沢山の人が見に来てくれてありがたかったです。

お世話になった「CAFE BIGOUDENE」の皆さん、一緒にライブをしてくれた「O Beija-flor」の皆さん、そして見に来て頂いた多くの皆さん、本当にありがとうございました。今回も沢山の方々に感謝です。これからもよろしくお願いします。

このページのtopへ

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です