爪との長い付き合い

最近何人かの生徒さんからレッスンで爪の事を聞かれる事があって、右手の爪の作り方について説明しました。終始ギターを弾かずに爪の作り方だけでほぼ終わってしまう人もいました。やっぱりギタリスト=爪職人と言われているだけに爪の整え方も奥が深いです。(以前のブログ→「爪の話。」)
左手を短く切るのは皆一緒ですが、右手の爪の作り方は人それぞれ。その人のギターの構え方や、爪の形や強度、そして自分が欲しい音色によっても変わります。爪を伸ばさないで弾く人もいますし本当に色々です。また興味ある方はレッスンの時にでも聞いてください。

ちなみに僕の爪はこんな感じ。右手の削り方を最近またちょっと変えて、今の所すごく気に入ってます。

そして生徒さん用に2つだけ買ってきました。

あんまり教室にギター小物を置いたり販売したりしてないんですが、話の流れからほしくなるかもと思って買ってみました。(税込410円。)ま、ニーズがなかったら自分用にします。今ならありますので声をかけてください。

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA