音楽理論の初めの第一歩

音楽理論を勉強したい生徒さんが増えてます。

そんな生徒さん達に必ず言うのが「一冊でいいから音楽理論の本を買ってきて」と言っています。

やっぱり受動的に聞くレッスンだと頭に入らない人が多くて、一冊本を買って自分で読んで、分からない所を先生に聞くと言う能動的なやり方の方が覚えやすいみたいです。最近は脳科学的にもその方が脳に定着しやすいと言う話なので、必ず一冊は自分で本を買ってきてもらってます。

大きな本屋さんへ行くとすごい量の音楽理論の本があって、みんな選んでくる本はバラバラです。

理由も面白くて
「絵柄のキャラクターで選びました。」
「字が大きいから。」
「カラフルだったから。白黒はキツイので。」
「最初のページが唯一、意味が分かりそうな感じだったから・・・」
などなど。

英語の教材と一緒で一冊ですぐにペラペラになるって訳ではないけれど、最初の一冊はやっぱり必要です。
ぜひ書店で買ってみてください。音楽理論の初めの第一歩。お待ちしております。


僕の持ってる楽典の中で気に入ってる1冊です。参考までに。


こっちは最近生徒さんが買ってきた1冊。良さそうでしたよ。

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA