祝10周年 IL BAFFO -新年会-

玉造の人気イタリアンレストラン「IL BAFFO(イル・バッホ)」で「新年会」をしてきました。
メンバーは去年教室の企画ライブに出演してくれた生徒さん達と、今年ライブに出演する予定の生徒さん達+僕ら夫婦です。

お店は今年10周年を迎えました。おめでとうございます!

清中シェフの美味しい料理を堪能してきました。


他にも手打ちパスタにデザートなど盛り沢山でお腹いっぱいになりました。10年通ってることになるけど、やっぱり美味しいです。

食後は恒例の演奏タイム。なんか全員が弾く事となり・・・みんなうまくなったな~としみじみ思いながら見てました。

僕も演奏しました。

「IL BAFFO」のご夫婦を喜ばせようと「小さな村の物語 イタリア」のパロディーで、番組ナビゲーターの三上博史さんを真似て奥さんが「清中アントニオ太郎が玉造に小さな店を作った・・・」などと語り「常連客に西口パウロ健一がいる」などとふざけて僕は番組曲「Sentado À Beira do Caminho」を演奏しました。清中夫妻にはウケてたのでよかったです。

最後に清中夫妻と僕ら夫婦で記念写真を。

1周年の時の写真もブログにありますが、(こちら→)10年は長いような短い様な。生徒さんで10年以上の付き合いになる人もいると思うと不思議な気分。昔の写真をHPで見たりして笑いました。なんだかあったかい気持ちになる一日でした。

祝10周年「IL BAFFO」!そして生徒さん達には色々と支えられてます。ありがとうございます。
2018年も頑張ります。

過去のブログ→「IL BAFFOの夜

2018年の交流会のお知らせ

2月25日(日)に交流会を行います。

目的は10月の発表会に向けて「人前で演奏する事に慣れること」と「生徒さん同士の交流」です。人前で演奏する事で自分一人で練習していた時には気づかなかった部分に気づいたり、他の生徒さん達の演奏を聴くことで、すごく刺激をもらえるので2010年から続けています。

発表会との大きな違いは、聞く側が教室の生徒さん達のみで、一般のお客さまはいないという点です。

参加条件は・・・
1. 月1回以上定期的にレッスンに来られている方
2. 12月の時点でソロで演奏できる曲が1曲以上ある方
以上です。

対象者には1月に募集のメールを送ります。今回も限定18名ですのでよろしくお願いいたします。

2月の交流会は初めて北浜の「Label cafe」で行います。ひょうんな事からご縁があって、会場を貸切りさせてもらえる事となりました。いつも会場探しをしていると不思議とご縁があるで、本当にありがたいです。
今年も5月・8月と交流会を続けて、10月21日(日)に本番の発表会を迎える予定です。
まずは2月交流会のチャレンジをお待ちしております。今年もよろしくお願いいたします。

※以前ブログにアップした「交流会の話
※ちなみに去年の発表会参加の条件はこちら→

いよいよ今年もはじまりますね。年々早いな~。

Feliz Ano Novo ! 2018

明けましておめでとうございます。
いよいよ2018年のはじまりですね。
本年もみなさまにとって素晴らしい一年であります様に!

新年は1月6日(土)からレッスンスタートです。
今年も音楽を通して、よい一年になる様に頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

平成30年元旦

今年もあと少し。

気づけば2017年もあと少し。
忘年会がだいぶ前の様な感じです。

「今年はライブがたくさんありましたね~。」と生徒さんに言われました。
色んな人と共演出来たし、なかなか思い出深い一年になりました。
お店の方々の協力もあってすごく楽しかったです。
来年も続けていこうと思います。

とりあえず今年一年忙しかったので、ゆっくり休みたいと思います。
大掃除ですでに腕と足がパンパンですが。

それでは皆さま良い新年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

2017年 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 忘年会

3 / Dec / 2017 (sun) 忘年会「tempo delicioso 番外編」

今年もやってきました忘年会。発表会や交流会に比べると、だいぶゆる~い雰囲気です。教室の交流会や発表会で演奏してくれた方々、そしてお手伝いしてくれた方々と集まって楽しみました。場所は去年もお世話になった靭本町にあるスペイン・バスク・バル「gastroteka bimendi(ガストロテカ ビメンディ)」。おいしい料理を囲んで、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
ではその2017年の忘年会の模様を写真で振り返ってみたいと思います。

今年も美味しい料理の数々を頂きました。

そして、みなさん一年間お疲れさまでした~~~!

ここからは忘年会恒例の演奏の様子です。


昭和の懐かしい曲あり、クリスマスソングあり、ハワイアンあり、オリジナル曲あり、そして謎のユニットも誕生して、色々と楽しい演奏会となりました。みんなと選曲がかぶらないものをと思ったのかボサノバは少なかったです。面白いですね。みなさん演奏ありがとうございました。

最後に私たち夫婦も演奏させてもらいました。曲は「Sly & The Family Stone」の「Family Affair」。

そして恒例の一本締め。今年は河井さんにお願いしました。ありがとうございます。

今年も本当に楽しい時間を過ごすことができました。終わったら本当に身体がクタクタでした。あと何年続けられるか分からないですが、今年もたくさんの方々に支えられてきたので、来年も出来る範囲で頑張っていきたいと思います。


今年も皆さまありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

このページのtopへ

19 / nov / 2017 (sun) 「秋のボサノヴァギターとウクレレのライブ」

春に行った雲州堂ライブを秋にも開催しました。今回も個性の違うメンバーが集まって、それぞれの持ち味が出せた、いいライブになったと思います。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「キジマサナエ」


1.I’ll Be There
2.I want you back
3.I Need To Be In Love/青春の輝き
4.While my guitar gently weeps
5.Spain
6.In my life(アンコール)
懐かしの曲をジェイクシマブクロさんのアレンジを中心に演奏してくれました。アグレッシブな演奏あり、スローナンバーもあり、ほっこりマイペースなMCも健在で会場がグッといい雰囲気になりました。ありがとうございました!

2.「河井 俊彦」


1.Garota de Ipanema
2.Samba triste
3.Samba em preludio~Valsa sem nome
4.Tristeza
5.Minha namorada
6.Você é bonita(アンコール)
河井さんらしいダイナミックで切れのいい演奏がカッコよかったです。MCの曲紹介も丁寧で全体的に河井さんらしい端正なステージ。初めてのソロライブとは思えないぐらいカッコよかったです。ありがとうございました!

3.「矢野 汕骨


1.檸檬
2.珈琲と恋愛
3.Este seu Olhar/まなざし(カバー曲)
4.Eu vim da Bahia/バイーアからやって来た(カバー曲)
5.蜃気楼の街(カバー曲)
6.ジョバンニ
7.土曜の夜のブルース(アンコール)
相変わらずの歌声でオリジナル曲も良かったけど、2曲だけ歌ったボサノバも大好評!CDも売れていたので、またファンが増えたようです。リンク先のブログもぜひ見てください。素敵な演奏をありがとうございました。お疲れ様でした!

4.「西口 健一


1.Clouds and Plants
2.マランゴン
3.Samba do avião/ジェット機のサンバ(カバー曲)
4.ライオン橋
5.Talking about
6.A new day
7.People are dancing
8.Silent station(アンコール)
個人的に思うところがあって、1曲を除きすべてオリジナル曲を演奏しました。我ながら熱のこもった演奏になったと思います。これもひとえにいい音を返してくれた雲州堂の小谷さんと、温かい雰囲気を作ってくれた共演の3人と会場の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。楽しかったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。とっても楽しかったので、また来年も雲州堂ライブ続けていきたいと思います。

いよいよ今週末は

いよいよ今週末は今年最後の企画ライブ!その名も「秋のボサノヴァギターとウクレレのライブ」です。何人かの生徒さんに見に行きます!と声をかけてもらってます。ありがとうございます。

以下アーティスト紹介です。

キジマサナエさんは可愛いルックスと違う「オッサン好み」な選曲。渋いです。今回のライブの後は「ちょっと充電期間にしよかな~」とか言ってたのでしばらくライブはないのかな?なのでファンは必見ですね。

河井さんはバーデンばりの激しいタッチが魅力。バラードもいいんです。30分たっぷり河井節のギターを堪能してもらいたいと思います。

弾き語りの矢野さんは安定の「いい声」でボッサとオリジナル曲どっちも聞かせてくれるそうですよ。中毒性の高い歌声は必見です。

最後に僕は基本オリジナル曲だけで、ちょっとカヴァーもやろうかなと思ってます。今年ライブをした中でお客さんに好評だった曲を選曲してみました。と言うことで・・・

今回も椅子だけでなくテーブルも用意して、イオリの美味しいメニューを食べつつ飲みつつ、のんびりライブを見て頂ければと思っています。予約も前売りもありませんので、お気軽に遊びに来てください。お待ちしております!

live schedule

選曲方法

最近「発表会の選曲を皆さんどうやって決めているんですか?」とか「交流会に同じ曲で出てもいいんですか?」など質問があったので、その事について書いてみます。

曲はレッスンで習った曲から選曲しています。
そして発表会は、前の発表会後から次の発表会の間で、習った曲の中から選びます。発表会は10月にあるので、だいたい今くらいの11月から翌年の9月くらいまでに習った曲の中から生徒さん達が選曲します。

また交流会は過去に演奏した事のある曲を何回もチャレンジしてもらってOKです。交流会は「人前で演奏する練習」の場なので、メンタルトレーニングが主です。なので特に今期に習ったものでなくてもいい事にしています。

選曲する上で「交流会」をうまく利用して決める方法もあります。例えば、

1.交流会で弾いてみて、いけそうだと思ったら発表会にも参加して同じ曲を披露する人。
2.交流会に3回参加して全部違う曲を演奏してみて、その中で一番気に入ったものを発表会の曲に選ぶ人。
3.交流会に3回参加して全部同じ曲を演奏して、本番の発表会でも同じ曲で参加する人。

上記以外にも、
4.発表会だけの参加の人
5.交流会で演奏した曲と違う曲を本番の発表会で演奏する人

などなど、色んなパターンがあるので、生徒さん自身でよく考えて「交流会」をうまく利用しつつ、発表会の曲を選んでもらえればと思います。

この時期、教室では「来年の発表会の曲、〇〇をしたいです。」と早速言ってくる生徒さん達がいます。あと忘年会用の仕込み曲をレッスンでやっている生徒さん達もいますし、色々とイベントを見据えて選曲する姿は楽しそうです。


「曲選びは楽しいけれど、自分の選んだ曲が出来るかどうかは・・・とほほ。」と言うのがウチの教室の「あるある」です。こんなん弾けたらカッコイイな~と憧れはあるけれど、なかなか突然上手くなったりしない。毎日少しずつ弾いていって、一歩一歩頑張っていかないと。それが楽器の楽しい(やめられない)所かもしれません。

過去のブログ→「ギターの弦、張り替えレッスン

手が痛いのはダメ!

ギター(ウクレレ)を練習していて手首とか関節が痛いと言う生徒さんがいます。
真面目に一生懸命練習してきてくれているのはわかるけど、痛くても我慢して弾き続けるのは危険です。
弾く時に痛い!と思ったら弾き方がおかしいと思ってみてください。根性論で力まかせに弾くのは身体を悪くするだけです。

ギターの構え方や左手の親指の位置だとか、色々実験して変えてみて、自分が痛くなく弾けるポイントを探してみてください。とは言え焦らずゆっくりと。

以前、何年も通ってくれている生徒さんから「ようやく先生の言う『力を抜いて!』ということが少し分かってきたような気がします。」と笑顔で言われたことがありました。とにかく最初から力を抜くことは難しいのですが、力はそんなに要らないということを忘れずに。

スポーツでも職人さんの作業なんかでも、うまい人は力みがない。最初からそうじゃないと思いけど、力みがない姿が理想です。プロのギタリストでもフォームはさまざまですから、焦らず自分の楽な弾き方を探してみてください。

痛いのはダメですよ。

なんでもそうですが、余分な力はいりません。

過去のブログ→「ギターの構え方

発表会を終えて2017

発表会から2週間たちました。今年はあいにくの雨模様でしたが、終わってみれば楽しい発表会となりました。

うちの教室ではソロの演奏者ばかり育てています。ギター1本、ウクレレ1本あれば、色んな所で演奏できます。なので発表会だけでなく他の所でもどんどん演奏してくれればと思います。そして年々そんな仲間が増えています。

今年は教室企画のライブイベントで一緒に演奏をしたメンバーのうち、11名中6名が初めての参加でした。来年も演奏してくれる人が増えそうなので嬉しいです。来月11月も今年最後のライブイベントがあるので頑張りたいと思います。

それから発表会を見に来た生徒さんが「来年は発表会、出たいです。」と言ってくれる人がいました。嬉しいですね。ベテランさんからも「毎年出てるけどまだまだ飽きないですね~」と声をかけてもらいました。これもまた嬉しい言葉です。
来年もまたあのステージで沢山の生徒さん達がチャレンジしてくれることを楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

11月ライブ詳細→「Live schedule