発表会の出演者が決まりました!

発表会の出演者が決まりました。(詳細:2017発表会)そしてみんなの演奏曲も決まってきて、いよいよあと2ヶ月という感じですね。

出演者も演奏曲もまだまだ変更の可能性があるので、その都度、随時更新していきますので、よろしくお願いいたします。
そして気になる出演順ですが、タイムスケジュールも含めてまた1カ月前に発表する予定です。


でもその前に8月は「pisolino」での交流会。みなさん発表会前の最後の人前練習、よろしくお願いいたします。

音楽理論の初めの第一歩

音楽理論を勉強したい生徒さんが増えてます。

そんな生徒さん達に必ず言うのが「一冊でいいから音楽理論の本を買ってきて」と言っています。

やっぱり受動的に聞くレッスンだと頭に入らない人が多くて、一冊本を買って自分で読んで、分からない所を先生に聞くと言う能動的なやり方の方が覚えやすいみたいです。最近は脳科学的にもその方が脳に定着しやすいと言う話なので、必ず一冊は自分で本を買ってきてもらってます。

大きな本屋さんへ行くとすごい量の音楽理論の本があって、みんな選んでくる本はバラバラです。

理由も面白くて
「絵柄のキャラクターで選びました。」
「字が大きいから。」
「カラフルだったから。白黒はキツイので。」
「最初のページが唯一、意味が分かりそうな感じだったから・・・」
などなど。

英語の教材と一緒で一冊ですぐにペラペラになるって訳ではないけれど、最初の一冊はやっぱり必要です。
ぜひ書店で買ってみてください。音楽理論の初めの第一歩。お待ちしております。


僕の持ってる楽典の中で気に入ってる1冊です。参考までに。


こっちは最近生徒さんが買ってきた1冊。良さそうでしたよ。

爪との長い付き合い

最近何人かの生徒さんからレッスンで爪の事を聞かれる事があって、右手の爪の作り方について説明しました。終始ギターを弾かずに爪の作り方だけでほぼ終わってしまう人もいました。やっぱりギタリスト=爪職人と言われているだけに爪の整え方も奥が深いです。(以前のブログ→「爪の話。」)
左手を短く切るのは皆一緒ですが、右手の爪の作り方は人それぞれ。その人のギターの構え方や、爪の形や強度、そして自分が欲しい音色によっても変わります。爪を伸ばさないで弾く人もいますし本当に色々です。また興味ある方はレッスンの時にでも聞いてください。

ちなみに僕の爪はこんな感じ。右手の削り方を最近またちょっと変えて、今の所すごく気に入ってます。

そして生徒さん用に2つだけ買ってきました。

あんまり教室にギター小物を置いたり販売したりしてないんですが、話の流れからほしくなるかもと思って買ってみました。(税込410円。)ま、ニーズがなかったら自分用にします。今ならありますので声をかけてください。

パコ先生とシーモア先生のDVD

去年の秋ごろ見た映画「灼熱のギタリスト パコ・デ・ルシア」と「シーモアさんと、大人のための人生入門」のDVDが出ていたのでAmazonで購入。

あらためて見直してみて、シーモアさんの方は映画で見た時と同じように感じ、再び感動に包まれました。

パコの方は映画で見た時よりもずっと感動が深かったです。最初に見た時には気づかなかった部分もあったのかな?見終わった時にはしばらく放心状態でした。

あ、スピーカーのいいやつで見たからか?!やっぱり音がいいと感動も違うんかな。また見ようっと!

浴衣ライブ無事終了!!!

浴衣ライブ無事終了しました。

来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた木島さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。
当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。→「浴衣ライブ2017

30 / Jul / 2017 (sun) 「浴衣とボサノバギターの夕べ」

真夏に浴衣ライブを企画しました。大阪の夏は暑いので、ちょっと涼しくなる夕方18時からスタートしました。場所は和の雰囲気のある「雲州堂」です。当日は出演者や受付スタッフもみんな浴衣姿。客席にもちらほら浴衣姿の方がいて楽しい雰囲気になりました。

それでは写真で当日の模様を振り返ってみましょう。

今回のフライヤーです。

1.「兵頭 宏」


1.Samba de Verão/サマー・サンバ
2.Desde que o Samba é Samba/サンバがサンバであった時から
3.Caminhos Cruzados/十字路
4.Carinhoso/カリニョーゾ
5.Mas que Nada/マシュ・ケ・ナダ
6.Tristeza/トリステーザ(アンコール)
1番目は弾き語りの兵頭さんが登場。MCも楽しくてトップバッターとして場を和らげてくれました。そして安定感抜群の演奏が光りました。さすがです!

2.「まつげん」


1.Garota de Ipanema/イパネマの娘
2.The gift(Recado)/ザ・ギフト
3.Se Todos Fossem Iguais a Você /君への面影
4.Introdução ao Poema dos Olhos da Amada/恋人の瞳
5.Deixa/デイシャ(離別)
6.Solitario/孤独な旅
7.Wave(Vou Te Contar)/波(アンコール)
兵頭さんのMCを取り入れてまつげんさんも楽しいトークを織り交ぜつつ、渋い演奏を披露してくれました。カッコよかったです!

3.「吉田 有希代」


1.Água de Beber/おいしい水
2.Garota de Ipanema/イパネマの娘
3.Dindi/ジンジ
4.Izaura/イザウラ
5.A Felicidade/フェリシダーヂ
6.Corrida de Jangada/ジャンガーダ
7.O Negocio e Amar/肝心なのは愛すること(アンコール)
「浴衣は暑いです・・・」のMCから登場してくれたゆーさん。その言葉とは裏腹にとても爽やかな浴衣姿で演奏してくれました。MCも楽しくて笑顔の絶えない楽しいステージとなりました。素敵でした!

4.「西口 健一」


1.雲の上から(オリジナル)
2.Ela é carioca/彼女はカリオカ
3.Corcovado/コルコヴァード
4.I can’t give you anything but love/捧げるは愛のみ
5.長い影(オリジナル)
6.Talk about(オリジナル)
7.Silent station(オリジナル)
前の3人が楽しいMC&演奏で繋げてくれたので、とってもやりやすかったです。3曲目のコルコバードは急遽弾き語りをし、それが楽しかったので今後も歌いたくなりました。楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました!

共演者の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、そしてなによりご来場いただいた観客の皆様、本当にありがとうございました。


今回も夏のめっちゃ楽しい思い出になりました。ありがとうございました!また来年もやりますのでよろしくお願いいたします!

ウクレレの弦

生徒さんから「このウクレレの弦がいいんですよ~」とオススメをいただきました。

超絶技巧で知られるウクレレ奏者「Hook(フック=福原直樹)」さんのウクレレの弦だそうです。ウクレレを教えるセミナーもされているそうです。

確かにいい音です。
最近流行りの高音に伸びがある透き通った明るい音です。
前に張っていたブラックナイロンの少しこもったジャジーな音も好きだったんですが、これはこれで弾いていて気持ちいいです。

今回も生徒さんに感謝です。ありがとうございました!

2017年発表会の出演条件は・・・

いよいよ発表会まであと3カ月半。早いですね。

発表会の出演条件としましては・・・

1.今期(去年の発表会以降)当教室でマスターしたソロ曲がある。
2.定期的にレッスンに通っている人。
3.上手い下手ではなく、努力が見える人。

という選考基準で「発表会の参加者募集のメール」をさせて頂く予定です。

ちなみに・・・
※ まだソロ曲のない新人さんには送りませんのでご了承ください。
※ 場所の関係上、全30組・3時間くらいまでが限界となっております。参加希望の方はお早目に。よろしくお願いいたします。

ようやく7月夏本番で、まだ秋の10月頃の事が想像しにくいんですが、毎年あっという間に本番を迎える事になります。
そのせいかベテランさんは本当に早くに発表会の曲を決めてくるし、準備も着々で頼もしいです。
今年も人前での演奏にチャレンジしてみてください。お待ちしております。

2780[1]

今年の発表会の詳細→「第15回発表会

長い影

先日のライブで演奏したオリジナル曲「長い影」の動画です。ご覧ください。

追記:その後、色んな方々からこの曲の事についての感想を頂きました。イメージとして「あの映画っぽい」とか「こんな旅を思い出す」とか人によってさまざまで面白いと思いました。

cafe perche live vol.3 無事終了しました!

「Cafe Perche live vol.3」が無事終了しました。

ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。そして出演者の堀田さん、ペルシュの北本さん、本当にありがとうございました。当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。→「Cafe Perche live vol.3