見やすくなってる!

ウクレレの生徒さんが教室にある楽譜本を気に入って同じものを買ってきたのですが、「先生の持ってるのより楽譜が大きくなって見やすくなってましたよ。」との報告が。むむむ。

左が僕の持ってる旧楽譜。右が新しい楽譜本です。

気になる中身を比べてみると、古いのがコレで

新しいのが・・・めっちゃ見やすくなってる~!

これは買い直さなければ・・・と、早速買ってきました。

このシリーズの他の楽譜も新装版に変わってました。
みなさんにもオススメの楽譜ですよ。

今回も教えてくれた生徒さんに感謝です。ありがとうございました。

第25回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 交流会

27 / Aug / 2017 (sun) 「tempo delicioso 25」

今年最後の交流会「tempo delicioso(おいしい時間)」。発表会との大きな違いは、聞く側が教室の生徒さん達のみで、一般の見学者はいないという点です。目的は10月の発表会に向けて「人前で演奏する事に慣れること」と「生徒さん同士の交流」です。

場所は大阪・玉造にあるイタリアンレストラン「pisolino(ピゾリーノ)」。2月の交流会でもお世話になった所です。ピザ窯で焼くナポリ風の生地と生駒の野菜を使った料理の数々、そしてデザートも本当に美味しくて地元で人気のお店です。交流会をする様になって教室の生徒さん達にも人気です。

今回は新人さんが4名も登場して、またウクレレでのボサノバ曲も増え、新鮮な雰囲気の交流会になりました。

それでは、当日の模様をご覧ください。
 注:*マークは弾き語りです。

竹内さん「Corcovado/コルコバード」*

中井さん「Samba de orfeu/オルフェのサンバ」

長尾さん「Água de beber/おいしい水」

西村さん「A felicidade/フェリシダーヂ」*

高さん「Woman Wの悲劇より」

高木さん「フラガール」

徳山さん「Meditação/メディテーション」*

西田さん「Samba de orfeu/オルフェのサンバ」

辻本さん「Samba de verão/サマーサンバ」

まつげんさん「Spain/スペイン」

吉田さん「Izaura/イザウラ」*

上野ユさん「Stranger in paradise/ストレンジャー・イン・パラダイス」

奥野さん「Someone to watch over me/サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー」

赤井さん「O barquinho/小舟」*

上野ケさん「Love is here to stay/わが恋はここに」

河井さん「Minha namorada/私の恋人」

木村さん「Samba de uma nota só/ワンノートサンバ」*

西口「Samba Triste/悲しみのサンバ」

演奏後の料理。

やっぱり美味しくて、デザートピザまで食べてお腹いっぱいになりました。

おまけ:集合写真。

最後に恒例の一本締めをしてくれたまつげんさんありがとうございます!発表会に向けての締めの言葉も素敵でした。

今回も参加して下さった皆様、ありがとうございます。またピゾリーノの金子夫妻には今回も本当にお世話になりました。ありがとうございます。次回はいよいよ10月の発表会ですね。皆さまよろしくお願いいたします。

今週末は交流会!

今週末は今年最後の交流会

今回のメンバーは、ギター12名、ウクレレ5名。男性7名、女性10名。インスト11名、弾き語り6名。
初登場が4名で、ギター弾き語り2名とソロウクレレが2名です。緊張してるかもしれませんが・・・経験した生徒さん達の話では「交流会よりレッスンの方が緊張する~」と言う人が多いので、もしかしらた本番は思ったより楽かもしれませんよ。参考までに。そしてベテラン組も難しい曲が多いですし、一年かけて練習してきた人も多いので、みんなの演奏が楽しみです。

曲はウクレレが5名中3名がボサノバを演奏するという珍しいパターンに。ギターはボサノバじゃなくてジャズナンバーを演奏してくれる人がいたり、こちらも楽しみですね。

参加者には本日タイムスケジュールのメールを送りましたので、よろしくお願いいたします。

写真は会場となる「pisolino」のデザートピザ。この日はいちぢく&ブルーベリー+自家製アイスクリームでした。美味しかったです。料理も楽しみですね。

発表会の出演者が決まりました!

発表会の出演者が決まりました。(詳細:2017発表会)そしてみんなの演奏曲も決まってきて、いよいよあと2ヶ月という感じですね。

出演者も演奏曲もまだまだ変更の可能性があるので、その都度、随時更新していきますので、よろしくお願いいたします。
そして気になる出演順ですが、タイムスケジュールも含めてまた1カ月前に発表する予定です。


よろしくお願いいたします。

音楽理論の初めの第一歩

音楽理論を勉強したい生徒さんが増えてます。

そんな生徒さん達に必ず言うのが「一冊でいいから音楽理論の本を買ってきて」と言っています。

やっぱり受動的に聞くレッスンだと頭に入らない人が多くて、一冊本を買って自分で読んで、分からない所を先生に聞くと言う能動的なやり方の方が覚えやすいみたいです。最近は脳科学的にもその方が脳に定着しやすいと言う話なので、必ず一冊は自分で本を買ってきてもらってます。

大きな本屋さんへ行くとすごい量の音楽理論の本があって、みんな選んでくる本はバラバラです。

理由も面白くて
「絵柄のキャラクターで選びました。」
「字が大きいから。」
「カラフルだったから。白黒はキツイので。」
「最初のページが唯一、意味が分かりそうな感じだったから・・・」
などなど。

英語の教材と一緒で一冊ですぐにペラペラになるって訳ではないけれど、最初の一冊はやっぱり必要です。
ぜひ書店で買ってみてください。音楽理論の初めの第一歩。お待ちしております。


僕の持ってる楽典の中で気に入ってる1冊です。参考までに。
追記:生徒さんが早速アマゾンで注文したら絶版だったそうです。とほほ。でも今は昔と違って分かりやすい楽典が沢山出ているので、ぜひ大きな書店に行って実際見て気に入ったのを選んでみてください。


こっちは早速生徒さんが買ってきた1冊。小さくて持ち歩きやすく電車の中でも読めるから選んだそうです。中身も見せてもらったけど、良かったですよ。

爪との長い付き合い

最近何人かの生徒さんからレッスンで爪の事を聞かれる事があって、右手の爪の作り方について説明しました。終始ギターを弾かずに爪の作り方だけでほぼ終わってしまう人もいました。やっぱりギタリスト=爪職人と言われているだけに爪の整え方も奥が深いです。(以前のブログ→「爪の話。」)
左手を短く切るのは皆一緒ですが、右手の爪の作り方は人それぞれ。その人のギターの構え方や、爪の形や強度、そして自分が欲しい音色によっても変わります。爪を伸ばさないで弾く人もいますし本当に色々です。また興味ある方はレッスンの時にでも聞いてください。

ちなみに僕の爪はこんな感じ。右手の削り方を最近またちょっと変えて、今の所すごく気に入ってます。

そして生徒さん用に2つだけ買ってきました。

あんまり教室にギター小物を置いたり販売したりしてないんですが、話の流れからほしくなるかもと思って買ってみました。(税込410円。)ま、ニーズがなかったら自分用にします。今ならありますので声をかけてください。

パコ先生とシーモア先生のDVD

去年の秋ごろ見た映画「灼熱のギタリスト パコ・デ・ルシア」と「シーモアさんと、大人のための人生入門」のDVDが出ていたのでAmazonで購入。

あらためて見直してみて、シーモアさんの方は映画で見た時と同じように感じ、再び感動に包まれました。

パコの方は映画で見た時よりもずっと感動が深かったです。最初に見た時には気づかなかった部分もあったのかな?見終わった時にはしばらく放心状態でした。

あ、スピーカーのいいやつで見たからか?!やっぱり音がいいと感動も違うんかな。また見ようっと!

浴衣ライブ無事終了!!!

浴衣ライブ無事終了しました。

来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた木島さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。
当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。→「浴衣ライブ2017

30 / Jul / 2017 (sun) 「浴衣とボサノバギターの夕べ」

真夏に浴衣ライブを企画しました。大阪の夏は暑いので、ちょっと涼しくなる夕方18時からスタートしました。場所は和の雰囲気のある「雲州堂」です。当日は出演者や受付スタッフもみんな浴衣姿。客席にもちらほら浴衣姿の方がいて楽しい雰囲気になりました。

それでは写真で当日の模様を振り返ってみましょう。

今回のフライヤーです。

1.「兵頭 宏」


1.Samba de Verão/サマー・サンバ
2.Desde que o Samba é Samba/サンバがサンバであった時から
3.Caminhos Cruzados/十字路
4.Carinhoso/カリニョーゾ
5.Mas que Nada/マシュ・ケ・ナダ
6.Tristeza/トリステーザ(アンコール)
1番目は弾き語りの兵頭さんが登場。MCも楽しくてトップバッターとして場を和らげてくれました。そして安定感抜群の演奏が光りました。さすがです!

2.「まつげん」


1.Garota de Ipanema/イパネマの娘
2.The gift(Recado)/ザ・ギフト
3.Se Todos Fossem Iguais a Você /君への面影
4.Introdução ao Poema dos Olhos da Amada/恋人の瞳
5.Deixa/デイシャ(離別)
6.Solitario/孤独な旅
7.Wave(Vou Te Contar)/波(アンコール)
兵頭さんのMCを取り入れてまつげんさんも楽しいトークを織り交ぜつつ、渋い演奏を披露してくれました。カッコよかったです!

3.「吉田 有希代」


1.Água de Beber/おいしい水
2.Garota de Ipanema/イパネマの娘
3.Dindi/ジンジ
4.Izaura/イザウラ
5.A Felicidade/フェリシダーヂ
6.Corrida de Jangada/ジャンガーダ
7.O Negocio e Amar/肝心なのは愛すること(アンコール)
「浴衣は暑いです・・・」のMCから登場してくれたゆーさん。その言葉とは裏腹にとても爽やかな浴衣姿で演奏してくれました。MCも楽しくて笑顔の絶えない楽しいステージとなりました。素敵でした!

4.「西口 健一」


1.雲の上から(オリジナル)
2.Ela é carioca/彼女はカリオカ
3.Corcovado/コルコヴァード
4.I can’t give you anything but love/捧げるは愛のみ
5.長い影(オリジナル)
6.Talk about(オリジナル)
7.Silent station(オリジナル)
前の3人が楽しいMC&演奏で繋げてくれたので、とってもやりやすかったです。3曲目のコルコバードは急遽弾き語りをし、それが楽しかったので今後も歌いたくなりました。楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました!

共演者の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、そしてなによりご来場いただいた観客の皆様、本当にありがとうございました。


今回も夏のめっちゃ楽しい思い出になりました。ありがとうございました!また来年もやりますのでよろしくお願いいたします!

前回の浴衣ライブ→「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ

ウクレレの弦

生徒さんから「このウクレレの弦がいいんですよ~」とオススメをいただきました。

超絶技巧で知られるウクレレ奏者「Hook(フック=福原直樹)」さんのウクレレの弦だそうです。ウクレレを教えるセミナーもされているそうです。

確かにいい音です。
最近流行りの高音に伸びがある透き通った明るい音です。
前に張っていたブラックナイロンの少しこもったジャジーな音も好きだったんですが、これはこれで弾いていて気持ちいいです。

今回も生徒さんに感謝です。ありがとうございました!