奈良の「のこのこ」へ

奈良の手づくりケーキの美味しいお店「のこのこ」へ行ってきました。2月にお店が移転オープンしてから、ようやく行くことが出来ました。

外観。真鍮で出来た「のこのこ」の文字が新しいので輝いてますね。

中へ入ると和モダンな空間。

そして「のこのこ」だけにキノコ関連の本やグッズがいっぱい。旧店舗にあったキノコ型の看板が懐かしいです。

天井が高くて写真で見るより広い感じ。「梁見せ天井」が気持ちいいです。

そして約一年ぶりに「のこのこ」のチーズケーキを頂きました。店主:後藤さんの切り絵で作ったチョコパウダーの絵柄も健在で嬉しいな。

ガトーショコラ。仁王像です。ケーキも美味しいけど、珈琲もなかなかのレベル。

ほうじ茶のシフォンケーキ。うーん、何個でも食べれてしまう・・・。

カップもかわいいです。

旧店舗の近くですが、1階の路面店になったことで客層がちょっと変わったそうです。外国人の観光客も多いとか。本当に色々とバージョンアップしててびっくりしました。そしてまたこのケーキが食べれるのがファンとしては嬉しいです。

奈良へ行った時はぜひ皆さんにも行ってみてほしいお店です。オススメですよ。
※昔のライブの模様はこちら→「奈良『のこのこ』ライブ

ciccino/チッチーノ(南森町)

中国茶ライブの後、打ち上げで「ciccino」へ行ってきました。玉造で人気のピザ屋さん「Pisolino」に教えてもらったお店です。主に高知のお野菜、お魚を使った料理を提供するカジュアルなトラットリアだそうです。

最初はグリーンサラダ。トマトが甘いです。

野菜と稚鮎のフリット。3人で行ったので全部3で割れる個数で出てきました。心遣いがありがたいです。

ホタルイカのパスタ。一人前の量です。量が多いです。最後まで食べれるかな~。

きたー!本日の魚。ここの魚のソテーが美味しいんです。付け合わせのカレー風味の豆も美味しい。だいぶお腹いっぱいになってきました。

最後のリゾット。これで一人前。ほんとに苦しいくらいの量です。なかなかガッツリ食べれるイタリアンって珍しい。

とは言え、デザートは別腹。こちらは「ヌガー」なるもの。基本アイスクリームです。冷たくて美味しい。

ティラミス。デザートも量多いです。

これにフォカッチャもついてお腹いっぱいになりました。この辺に住んでいる生徒さんも多いし、ぜひ行ってみてほしいのでアップしてみました。ランチも行ったことあるけど地元の人でいっぱいでした。味もいいし、量も多いし、お店のインテリアもほっこりできる広さで気に入りました。ちなみにこれだけ食べてお値段は一人4500円でした。オススメですよ。

BAR WORLD 響き(大阪北区・本庄二丁目)

教室の10周年記念ライブにも出演してくれた田辺新さんのBAR 「BAR WORLD 響き」の内装が出来上がったと聞いてお邪魔してきました。

外観。まだ通常オープンじゃないので看板はありませんが。

内装。これが田辺さん手作りの!出来たばかりのカウンター。座るといい眺め。

飲めない夫婦の為に用意してくれたノンアルコールのシャンパンなど。ありがたや~。

こちらがマスターの田辺さん。カウンターの向こうに立つ姿もいいですね。

ピザを注文して、お店にある気になる本を読みながら、BGMはもちろんボサノバ。いやー、居心地いいわぁ。

出来ました!これはアスパラがいいアクセント。美味しいです。

その後出てきたお好み焼き。こちらはメニューではないけれど、野菜たっぷりのふわふわで美味しいです。

カウンター横のステージセットで演奏。外に音もれしてないか田辺さんが確認して、結構大きい音でも音もれしないと喜んでました。

でもステージはやっぱり本棚の前の方がいいんじゃない?とステージの位置を変えてみたり。

ライブハウスじゃないけど、音の問題も色々試して楽しかった。

今後が楽しみですね。詳しくはお店に問い合わせてみてください。

この教室もですが、田辺さんのBARもこれから常連さん達と一緒に出来上がっていくんだろうな~と思いました。とっても居心地よかったので、おすすめです。特に飲める人達、そしてボサノバ好きならばなおのこと。


帰りは天満橋まで歩きました。楽しかったです。

Sans-souci/サンスーシ(吹田)

昔、教室の交流会や忘年会でお世話になっていた「Sans-souci (サンスーシ)」が新店舗に移転して電車でも行ける場所になったと聞いて早速行ってきました。

外観。JR吹田駅から徒歩7分くらいでした。
dscf3320

お祝いのお花がすごい沢山。愛されてるな~。
dscf3321

店内。もともと整骨院だったところを一から店舗にしたそうです。カウンター席もあっていいですね。
dscf3322

今回はお得な「オープン記念コース」を予約しました。
dscf3313

「季節の前菜の盛り合わせ」。トマトの中はカニの身。美味しいな~。
dscf3329

「きのこのポタージュスープ」。濃厚。
dscf3331

パンもきました。スープに合うけど、発酵バターを塗って食べるのも好き。
dscf3333

「天然白身魚と魚介の蒸し焼き~白ワイン風味~」。あっさりだけど魚介のうまみはたっぷりです。
dscf3335

お肉はどちらか選ぶんですが、ハーフ&ハーフでも注文できると聞いてそちらにしました。右が「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」左が「鴨のロティ~はちみつビネガーソース~」。ちょうどいい量。どっちも食べれるから他のお客さんもこれをオーダーしてました。
dscf3336

最後はデザート。抹茶のケーキと苺とチーズのケーキ。満足!
dscf3340

この日、たくさんのお客さんが来て忙しそうでしたが、帰り際にシェフともお話できて嬉しかったです。今まで車でないと行けそうにない場所だったけれど、吹田なら玉造からも近いですし、行くことが多くなりそうです。

教室でもサンスーシファンは多いと思うので、知ってる人も知らない人もぜひ行ってみてください。

ETXOLAでランチ

スペイン・バスク料理店「ETXOLA(エチョラ)」へランチを食べに行ってきました。このお店は毎年忘年会でお世話になっているスペイン・バスク地方のバル「gastroteka bimendi」の向いにある同系列のレストランです。

月替わりのランチをいつも楽しみにしています。今月のランチは・・・
「sopa de Nabo / かぶのスープ」優しい味付けで身体があたたまります。
dscf3304

「pollo en pepitoria / 鶏のアーモンドソース煮込み」アーモンドのカリカリ感がアクセント。骨付き肉もあって美味しいです。
dscf3307

最後に本日のデザート。毎回フルーツ、ケーキ、アイスにプリンと一皿に色々あるから楽しみなんです。
dscf3310

今回も平日のお得なランチメニュー(1500円)で十分すぎるほど満足です。
dscf3311

今年の忘年会は参加者が31名になりました。「gastroteka bimendi(ガストロテカ ビメンディ)」の料理も楽しみだし、今年最後の教室のイベントを楽しみたいと思います。参加者のみなさん当日お待ちしております。

追記:その後の忘年会での模様はこちら→「2016忘年会

IL BAFFOの夜

玉造のイタリアンレストラン「IL BAFFO(イル・バッホ)」へ行ってきました。
今年お店のご夫婦は研修と言う名の・・・イタリア旅行へ行ってました。うらやましい!(詳しくはこちら→
なので色んなメニューがまた増えて、イタリアに行かずともイタリアを味わえるんです。ありがたいんです。
今日はそんなメニューを堪能したいと思い夫婦でやってきました。

まずはシェフの実家から送られてくる無農薬のレモンで作った「Limonata(リモナータ)」600円。炭酸水で割ってもらったレモネードです。甘酸っぱさがちょうどいいです。アルコールの飲める方にはIL BAFFOの自家製レモンチェッロもオススメ。僕ら夫婦は下戸なので・・・リモナータで乾杯です。
dscf3277

最初は前菜盛り合わせを注文。「柿と人参、アンチョビのサラダ」。柿の甘味がいいアクセント。秋のサラダですね。
dscf3278

「もち豚のガツ(胃ぶくろ)とルッコラのサラダ」。これはワイルドルッコラの苦みがやみつきになる感じ。今日からスタートしたメニューだそうです。
dscf3282

「レンズ豆と栗のスープ」。優しい味でコクもあって温まります。写真は1人分の量です。
dscf3285

「スカモルツァとアンチョビのクロスティーニ」。スモークされたモッツアレラチーズがうまいんです。
dscf3286

右が「カキとカリフラワーのグラタン」。これはカリフラワーだけのペーストでグラタンにしています。大好物メニュー。
dscf3287

左が「青菜とサルシッチャのトルタ」。トルタとはイタリア語でタルトの事だそうです。生地がサクサクです。これも1人分の量です。
dscf3289

「ばばちゃんのフリット」。ばばちゃんって言う魚、知ってますか?名前のインパクトと対照的に、くせがなく淡泊な美味しいお魚です。アツアツにレモンを絞って頂きます。
dscf3290
ここまでが全部「前菜盛り合わせ」です。(一人1250円。)IL BAFFOの盛り合わせは沢山食べたい人にはオススメですよ。

ここからが、楽しみにしていた手打ちパスタ1皿目。
「紅ズワイガニとキャベツペースト(手打ちパスタ・カヴァテッリ)」カヴァテッリって言う名のパスタ(の形)だそうです。ペンネの半分切れてるみたいな感じで、ソースとの絡みもいいです。しかしズワイガニは濃厚ですな~。(写真は半人前です。)
dscf3291

「丹波産いのししと山栗のラグー(手打ちパスタ・ウンブリケッリ)」。(写真は半人前です。)「ウンブリケッリ」ってシェフのイタリア旅行ブログによく出てきた手打ちパスタ。こんなプリプリしたパスタだったんだ・・・うどんの太麺より短いのになにやら重いというか、ずっしりしたパスタです。ソースが濃厚だから、ちょうどいいな。だいぶお腹苦しいぞー。
dscf3297
「手打ちパスタって普通のパスタより見た目は少ない感じですが、だいぶお腹いっぱいになりますよ」ってシェフに聞いていたけど、ほんとにめちゃめちゃお腹いっぱいなので、ここで終了!メインまでたどりつけず。ですが、大満足です。

デザートは別腹。「トルタカプレーゼ(アーモンド粉を使ったチョコレートのタルト)&イタリア産栗のジェラート」。
dscf3301

あっという間に食べて・・・IL BAFFOのご夫婦とイタリアの話などしつつ、楽しい夜を過ごしました。
dscf3303

シェフのイタリア料理は、イタリアのマンマみたいな優しい味付けで、でも大雑把な味じゃないし、なかなかありそうでないイタリアンレストランなんです。オープン以来ずーっと通わせてもらっていますが、飽きないどころか、いつも「美味しい!さすがIL BAFFO!」と唸らされます。

まだ行ってない方は是非ぜひ!オススメのお店ですよ。

Bistro やまごや(南森町)

浴衣ライブの後、打ち上げで行った「Bistro やまごや」。以前ランチで行って美味しかったので、この日は予約しました。夜も美味しかった!

最初に「ゴロゴロ野菜のサラダ」。野菜がしみる~。
DSCF0265

これだけちょっと忘れてしまったけど、たぶん「トマトのグラタン」。
DSCF0266

「前菜盛り合わせ」。2人前です。写真じゃ伝わりにくりけど、だいぶボリュームあります。
DSCF0267

「マグロとアボガドのタルタル」。これも美味い!
DSCF0268

つぶ貝のアヒージョ風?ジェノベーゼぽいソースで。これまた美味し!
DSCF0269

「さんまのコンフィ」。この店の看板メニューでランチでも食べれます。頭から骨まで食べれてビックリしました。
DSCF0270

豚肉のスペアリブ。お腹いっぱい。
DSCF0271

最後にクレームブリュレを。デザートは別腹。
DSCF0273

さんまのコンフィとスペアリブ以外は2皿ずつ注文して、6人で食べまくり一人3500円でした。安いな~。味も接客も全員一致で大満足!また行きたいです。ランチも美味しいですし、オススメですよ。
地下鉄南森町駅より徒歩10分。天神橋商店街を南に進んだところにあります。

IL BAFFOイタリアへ!

教室でも人気のイタリアン「IL BAFFO」。
その「IL BAFFO」がイタリア旅行の為、6/5から6/23までお休みだそです。

写真は前回のイタリア旅行で買ってきた看板。「ようやく使える様になったんですよね~」と喜んでいました。
前回イタリアへ行った時、「パニーニを注文して食べたら、中だけ冷たくて凍ってて食べられなかった」とか色々面白い話を聞かせてもらったんですが、今回はどんな旅になるのか、今から旅の報告が楽しみです。

教室のみなさんも、ちょっとの間お休みなので、間違えてランチ難民にならない様に。報告でした。

追記:さっそくランチ難民になってしまった生徒さんが。とほほ。そしてイタリアから「IL BAFFO」のブログにどんどん旅の模様がアップさせていますので、よかったら見てみてください。現地の料理、すごくおいしそうですよ。(こちら→

追記2:帰国後、イタリア旅行での料理の数々がお店のメニューとして登場!食べに行きました。その模様はこちら→

Casa da Andorinha / カーザ・ダ・アンドリーニャ(阿波座)

8月28日(日)に交流会をさせてもらう本町・阿波座のポルトガル料理店「Casa da Andorinha(カーザ・ダ・アンドリーニャ)」へ行ってきました。

こちらがお店の入り口です。
DSCF9859

この日のランチメニュー。ポルトガルの郷土料理です。
DSCF9860

冷たいカボチャのスープ。
DSCF9862

そしてサラダ。
DSCF9863

「豚ほほ肉のシチュー」。ほほ肉がやわらかいです。奥さんが気に入って食べてます。
DSCF9864

僕の注文した「バカリャウのグラタン」。バカリャウと言えば「干しタラ」の事で、ポルトガル料理には欠かせません。
DSCF9865

ちなみに、後日食べたタコごはんも美味しかったです。タコの出汁がゴハンにしみてます。
DSCF0352

そしてポルトガルでもよくパスタは食べるので、後日ランチに行った時はパスタランチもはじめてました。イタリアンとはまた違う味わいです。
DSCF0353

最後はいつものデザート「Nata(ナタ)」を。日本ではエッグタルトでお馴染みです。
DSCF9866
この日も美味しかったです。8月の交流会も楽しみですね。

ポルトガルから生まれた民族歌謡「ファド」って知ってますか?そのファドのライブをやったりしているそうです。
DSCF9867

スタッフにブラジルの方がいてボサノヴァを楽しみにしてくれてました。去年5月の「Lisboa」での交流会も、ジョゼさんにポルトガル語の合格点を頂いたので、今回も弾き語りの生徒さん達には頑張ってもらいたいです。ちとプレッシャーではありますが。(笑)
今年最後の交流会も「人前での演奏練習」としてしっかり活用してもらえればと思います。是非よろしくお願いいたします。

その後、8月の交流会の模様はこちら→

Pizzeria Morita/ピッツェリア モリタ(谷六)

谷六の「Pizzeria Morita(ピッツェリア モリタ)」へ行ってきました。去年近所の谷町六丁目にできたピザ専門店で美味しいんです。ちなみに話に夢中で前菜は撮り忘れてしまいましたが、ピザ1枚目からご覧ください。

手前がほうれん草のソースのピザで、奥がシェフの名前がついてる「ピッツァ・タケシ」。
DSCF9393

このチーズと生地の美味しいこと!ハーフ&ハーフでオーダーできるのも嬉しい。
DSCF9395

クアトロフロマージュ。
DSCF9396

こちらのハチミツをかけていただきます。美味しいな。
DSCF9398

ロトラータ(巻きピッツァ)。パリパリの生地と中のとろ~りがたまりません。
DSCF9399

最後のデザートはやっぱりティラミスのピザに。激ウマです。
DSCF9400

今回もめちゃめちゃ美味しかったです。シェフの技を堪能させていただきました。
人気のお店なので行く時は予約をしたほうがいいですよ。まだ行ってない方はぜひ行ってみてください。