欧風食堂L’eclaire / レクレール(松屋町)

松屋町のフレンチ家庭料理のお店「欧風食堂L’eclaire(レクレール)」へ行ってきました。

外観です。築80年の町家を改装してできたお店だそうです。
2717_large[1]

内装はホッと落ち着く和モダンな空間。
2718_large[1]

この日はランチを。鮭のグラタンをチョイス。やっぱり美味しいな~。
2719_large[1]

こっちは奥さんが頼んだ豆腐ハンバーグ。野菜が多いのが嬉しい。ボリュームもたっぷりです。
2720_large[1]

もちろん食後のデザートも。10個限定のプリン、頂きました。程よい甘さです。
2721_large[1]

こんな所で交流会できたらいいなと憧れていたのですが
今回シェフに相談したら無事OK頂きました。よかった!

2722_large[1]

また定期的にレッスンに来ている生徒さんで、1曲ソロ演奏が出来る人のみに交流会募集のメールを送りますので、我こそは!と思われる方はぜひ挑戦してみてください。

2月22日(日)に予定しています。募集は18名限定で1月中旬に一斉メールする予定です。早いもの勝ちなので、あしからず。
来年も初の町屋での交流会が決まって楽しみです。
みなさん、よろしくお願いいたします!

(後日、2月のレクレールでの交流会の模様は、こちら→

CAFE BIGOUDENE/カフェ・ビグデンへ

先日「CAFE BIGOUDENE」に打ち合わせに行ってきました。

その時はまだライブをさせてもらえるかどうか分からなかったので、お店に到着した時はまったくお腹がすいてなかったのに、ライブをさせてもらえる事になってホッとしたのか?いっぱい食べてきました。

まずは下戸でも飲めそうなアルコール度2%のシードルを注文。乾杯!
2436_large[1]

コップの絵柄もかわいいな。
2437_large[1]

「シーザーサラダ カルボナーラ風」。700円。6月の交流会でも人気だったメニュー。
2438_large[1]

「オニオングラタンスープ」。450円。これが好きで必ず注文してしまう。
2439_large[1]

食べても食べても中にパンがたっぷりでかなりのボリューム。全体としては優しいお味。
2440_large[1]

「海老と野菜のオイル煮」。700円。お店のフェイスブックにアップされていて食べてみたかった奴です。
2441_large[1]

美味しかった!これもオイルの旨味まで食べたくてパンを注文。
2442_large[1]

「キャラメリゼバナナ&チョコ」。600円。結局デザートまで食べてしまう。
お店の人に「だいぶ食べましたね~」と笑われました。苦しいけど大満足!
2443_large[1]

ライブ当日はこちらの2階が会場です。
2444_large[1]

せっかくライブもさせてもらえる様になったので、いいライブ・いい夏の夜にしたいと思います。
(後日のライブはこちら→「A noite de verão」
今回も食べ物ブログになってしまったな~・・・

復活 IL BAFFO!!!

久々に玉造のイタリアンレストラン「IL BAFFO」へ行ってきました。

実はここの清中シェフが3月に交通事故に遭って入院・・・(詳しくはお店のブログをご覧ください。)3ヵ月ぶりの営業再開となり、本当に久しぶりにシェフの料理を食べる事が出来ました。
2424_large[1]

前菜に「野菜のマリネ」。
2425_large[1]

「平あじのマリネ」。お酒も飲めないのに、こんなメニューが大好きな僕ら夫婦です。
2426_large[1]

「ズィーテ 豚ホルモン トマト煮込みソース」。2皿に分けて出てきたので、これは半分の量です。
2427_large[1]

「ポルチーニと穴子のリゾット」。だいぶお腹いっぱいに・・・。
2428_large[1]

「リコッタチーズと生ハムをのせたタチウオのカツレツ」。
これも2皿分けなので半分の量です。美味しいから腹一杯でも食べれてしまう。
2429_large[1]

「チェリーのタルト シチリア産アーモンドのジェレート添え」。あきらかに食べすぎだけど、デザートは別腹。
2430_large[1]

最後はカフェオレを飲みながら、しみじみと「IL BAFFO復活」を味わいました。
2431_large[1]

また徐々にランチ営業も再開するみたいですし、IL BAFFOファンには嬉しい限りです。復活おめでとう!そしてこれからもよろしくお願いします。

生駒へ その4

最後にお茶しようと意見がまとまり。「Caito」へ。
2350_large[1]

メニューの看板。
2351_large[1]

車をお店の駐車場にとめて。
2352_large[1]

店への小道に花がいっぱい。
2353_large[1]

テーブルには花と松ぼっくりが。店内もかなりオシャレです。
2354_large[1]

おしぼりの上にもお花が。「少しお待ちください」の石もいい感じ。
2356_large[1]

「店内20名貸切できます。」と書いてありました。交流会をここで・・・生徒の皆さん、どうでしょうか?
2357_large[1]

各々ドリンクを注文して・・・
2358_large[1]

ミニデザート。お腹いっぱいなのに、ミニと言う価格(300円)と量に惹かれ全員がオーダー!おいしい!
2359_large[1]
ここのお店で貸切の事について質問してみたら是非!と笑顔で言われて名刺交換をしてきました。生演奏会をしてもいいみたいです。お昼間、生駒にみんなで行くのもいいかもしれませんね。今年はもう日程が決まっているので、来年春にやってみたいな。

そして、この時はもう晩ゴハンはいらないと思ってたけど、夜にお腹がすいたので・・・買った新鮮な卵で「卵かけごはん」だけ食べました。格別なお味だったことは言うまでもありません。

生駒山遠足楽しかったです。連れていってくれた友人達に感謝!大阪から近いし、すごい気に入りました。

生駒へ その3

美味しい卵を売っていると聞いてやってきました。
2335_large[1]

その名も「生駒のたまご 有精自然卵 直売所」。10個500円です。
2336_large[1]

養鶏所のおじさんに中も見せてもらいました。畑の奥へ行くと・・・
2337_large[1]

2338_large[1]

今日とれた卵がいっぱい。もちろん買って帰りました。鮮度バツグンでおいしかった。
2339_large[1]

おじさんに別れの挨拶をして「ラッキーガーデン」へ移動。
2340_large[1]

またいつ来れるか分からないから、美味しいと噂のカレーも食べたい!と言う事で意見がまとまり、カレーを2人前注文。ロケーションの美しさからか、あっと言う間に食べた5人であった・・・(確実に食べすぎ!)。
2341_large[1]

さらに人気のイチゴパフェも。これは1人前を5人でシェア。デザートは別腹。
2342_large[1]

そして、2匹の羊に出会った~。
2343_large[1]

羊のおしり。かわいい。
2345_large[1]

小道。
2346_large[1]

この席もいいな。
2347_large[1]

やぎにも出会った~。
2348_large[1]

眺めがいいので、だいぶのんびりしました。このカフェ、BGMに渋いジャズが流れてるのも良かったな。
2349_large[1]

さて、最後にまだ行くか?のカフェです。生駒山遠足その4

生駒へ その2

生駒山に絶品ピザがあると聞いてやってきました。写真はその「山岡ピザ」の外のテーブル席。いい天気で気持ちよさそう。
2317_large[1]

こちらが入り口。
2318_large[1]

入り口から振り返った景色。きれいですね。
2319_large[1]

この席にすわりました。ココもいい景色。
2320_large[1]

定番のピザメニュー。
2321_large[1]

本日のおすすめメニュー。
2322_large[1]

これはテーブルに配られたメニュー。布で出来ててカッコいいですね~。
2323_large[1]

ドリンクメニューがありました。
2324_large[1]

おすすめメニューの「地元たまねぎのオーブン焼き」。この前にグリーンサラダを食べたけど撮るの忘れてました。
2325_large[1]

「メキシコピッツア」。チーズがなくてトマトの美味しさがすごく分かります。あっと言う間になくなりました。
2326_large[1]

「7種類のチーズピッツア」。5人で行ったので全部5切れに切ってくれてました。食べやすい。
2327_large[1]

「イタリアンサラミとアボカドのPIZZA」。これも美味しかった。
2328_large[1]

「さつま健康豚の石釜オーブン焼き」。
2329_large[1]

「ラムレーズンとゴルゴンゾーラ」。ここからデザートピザです。
2330_large[1]

「バナナとハチミツシナモン」。僕はこっちの方が好きかな。
2331_large[1]

店内のBGMもレコード。渋いな~。
2333_large[1]

噂通りの美味しいピザでした。ごちそうさま。
2334_large[1]

続いて生駒遠足その3へ 

追記:何年か後に近所にピザ屋が出来て、ここで働いていた方がオープンしたお店でした。こちら→

生駒へ その1

美味しいピザのお店があると聞いて友人に生駒へ連れて行ってもらいました。
2305_large[1]

人気のお店なので、すでに駐車場に車がいっぱい。
2306_large[1]

こちらがそのピザのお店。山小屋風のいい雰囲気。
2307_large[1]

こっちがそのお店のトイレ。トイレも綺麗でした。
2308_large[1]

予約の時間より早く着いたので、近所の器のお店へ行ってきました。「鬼工房」。
2309_large[1]

やぎがいるのか?!でも周りにいなかったので帰り際に友人がお店に人に聞くと「4時に帰ってくる」との事でした。時間厳守?面白いです!
2310_large[1]

さらに歩いてお店へ行く所。色んな種類の鳥の声が聞こえます。
2311_large[1]

こちらが入り口。
2312_large[1]

竹林の中を入っていきます。
2313_large[1]

お店の中もセンスがよくて気持ちいいです。
2314_large[1]

器は軽いのに丈夫な土で作っているから壊れにくいそうです。あとカップとかは「口当たりもこだわって作ってるんですよ。」と優しく説明してもらいました。なんとも言えない風合いが気に入りました。
2315_large[1]

さて、時間が来たので「山岡ピザ」へ移動。さてさて噂のお味は・・・!!!
2316_large[1]

その2に続く

IL BAFFO/イル・バッフォ(玉造グルメ)

今回からはじめる「玉造周辺情報」のコーナー。
生徒さんが玉造に来た時に行ってほしいお店などを紹介しています。

さて今回は、僕がよく行ってるイタリアンレストラン「IL BAFFO」。
教室の忘年会や新年会などでもお世話になりました。外観です。
2207_large[1]

店内のカウンター。男一人でもフラッと入れる感じ。以前撮ったもので、この日はギリギリ入れました。人気やな~。
2208_large[1]

本日のランチ。ランチメニューは1種類のみです。土日もランチやってます。
2209_large[1]

前菜。日によって違うけど、自分の好きなものがいっぱい出てきて嬉しい。パンもついてます。
2210_large[1]

来た~!太郎シェフのパスタは今だ僕の中でダントツ1位をキープ。この日も美味しかった。
2211_large[1]

こちらが清中太郎シェフ。前に撮影した奴。店内はイタリア語の音楽とかが流れてて外国に居るみたい。
2212_large[1]

他のイタリアンにも行ったりするけれど、パスタはここのが一番。夜も値段は少し高くなるけどおすすめです。まだ行った事がない方は是非。レッスンの前後にどうぞ。

暮れのご挨拶 Lisboa(本町)

暮れのご挨拶に今年ライブをさせてもらった「Lisboa」へ行ってきました。

まず乾杯~!赤ワイン風ですが・・・葡萄ジュースです。(下戸の宴。)
2170_large[1]

金時ニンジンとルッコラのスープ。夏と違ってあったかいスープ。優しい甘さで美味しかった!
2171_large[1]

アルガルベ風アサリのカタプラーナ。残ったスープはパンにつけて食べました。
2172_large[1]

ケールとバカリャウのプリン。ポルトガルでは茶碗蒸しって言葉はなく茶碗蒸しもプリンと言うそうです。こんな茶碗蒸しを食べたのは初めてで驚きの味ですが、日本人には食べやすい味でした。身体があったまります。あと、見た目がクリスマスっぽい。赤い実はフランス産のピンクペッパーだそうです。
2173_large[1]

この店のリゾットがいつも美味しいので、今日はコースに入ってて嬉しかった。リゾットの中の食材・・・聞いたけど忘れてしまったな~すみません!上の鰹節もシェフの手作りです。
2174_large[1]

豚とカキのソテー。これは「豚に真珠」と言う料理名でした。ポルトガルでも「豚に真珠」と言うそうです。ちなみに「猫に小判」とは言わないそうです。(笑)
2175_large[1]

このあと、いつものパン・デ・ローにガラオン(ポルトガルのミルクコーヒー)も飲んで、
お腹いっぱいになりました。
2177_large[1]

先月2周年を迎えたこのお店。全然挨拶に行けてなかったので、やっと行けました。遅ればせながら、2周年おめでとうございます。(ほんとにだいぶ遅れてますが・・・。)

とにかく、この日もお店のお客さんと喋ったり、楽しい時間を過ごす事が出来ました。こんな風に隣の人と仲良くなれるのもここならでは。本当に楽しいな~と改めて思いました。