Deixa

初めて自宅で撮影したものをYoutubeにアップしました。

曲はBaden Powellの「Deixa(デイシャ)」。
Toquinhoのアルバム「A bossa do Toquinho」のバージョンを参考に演奏しました。

是非ご覧下さい。

教室の生徒さんで「先生コレやりたいです」って言ってこないかな~と思っていますが、今のところないです(笑)。お待ちしております。

楽譜はこちら→「tab PDF download

CD頂きました!

生徒さんからCD頂きました。その名も「uetlo〝眠りのサンバ”」!

2779_large[1]

11月の当教室の10周年記念ライブにも出演してくれる「uetlo」こと高木雄一郎さんの作ったCDで、ジャケの写真はウチの奥さんが撮った写真を使ってくれているそうです。嫁も喜んでおりました。

教室の発表会の打ち上げでお馴染みの「眠りのサンバ」を含む5曲入り。去年もあの「スンスンスンスン」の所をみんなで歌って楽しかったですね。twitterに「ライブに来てくれて『欲しい!』と言ってくれた方にあげます!」とアップされていました。他にもライブの情報など随時アップしているので、ファンの方は是非チェックしてみてください。

詳しくはこちら→「uetlo twitter

高木さんありがとうございます。聴かせていただきます。

2月交流会、参加者埋まりました。

募集していた2月の交流会も参加者が埋まりました。ありがとうございます。新人さんも2名加わって、今年もいよいよ発表会への準備がスタートします。

また当日のタイムスケジュールを後日メールにてお知らせしますので、参加者のみなさんよろしくお願いいたします。

2735_large[1]

写真は先日京都へ行った時にたまたま見つけたお寺の「お言葉」です。
面白かったので、思わず写真を撮ってしまいました。

新しい加湿器 「気化式ボネコ」

去年まで使っていた加湿器が壊れて、新しく加湿器を買いました。
「気化式ボネコ」です。昨日届いてさっそく使ってます。
2710_large[1]

水入れも簡単だし、掃除も楽だと聞いてコレにしました。
デザインも気に入ってます。
これで乾燥に弱いギターも安心ですね。

教室の空気清浄機「ブルーエアー」も花粉症の生徒さん達に好評だったし
これも活躍してくれそうな予感ありです。

発表会を終えて・・・

発表会を終えて、みなさんから色々と「楽しかったです。」と言ってもらったりして本当にありがたいです。

この仕事をはじめたばかりの頃は、こんな自分の好きな仕事だけど、いつかは飽きたり、マンネリ化する日も来るのかな?と思ったりしていましたが、それははっきりない!と最近は確信しています。

この仕事はやればやるほど、わからない事が増えて、色々「なぜ?」と思う事が多く、勉強して、実験(レッスン・演奏・作曲など)して、また分析して、そしてまた「なぜ?」が増えて、勉強して・・・の繰り返し。飽きる事はありません。今は生きてる間にどれだけ勉強できるかな?と思っています。

「来年の発表会も出たいです。」と言ってきてくれる生徒さん達もいるし、これからも出来る所まで頑張っていきたいと思っています。定年もないしね。(笑)

2706_large[1]

「準備が全て」な話

今回は発表会に向けて色々準備の話をしたいと思います。

楽器が弾けるようになると発表会だけでなく人前で演奏する事も多くなりますよね。
「友人の結婚式で演奏する事になった」とか「会社の忘年会で」とか、「馴染みのお店でライブをする事になったんです」とか、教室の生徒さん達からもよくそんな話を聞いて一緒に準備をしていく事も多いです。そんな時の準備、演奏以外でちょっと思いついたものをあげてみました。

まず当日の衣装ですが、以前、ウクレレの生徒さんで洋服がすべりやすい素材で、本番うまく弾けなかったと言う人がいました。

本番の洋服は早めに考えておいて、演奏前に必ず一度その服装で演奏してみる事も大切です。滑るようなら、ストラップをつけるとか、
ウクレレの裏に脱着可能な滑り止めのシートをつけるのもいいかもしれません。ジュエリーとかもカチカチ当たって、うまくいかなかった人もいるので是非女性の方は特にチェックしてみてください。

あと、チューナーの電池がなくなっていて、当日あせってコンビニに買いに行ったと言う生徒さんもいました。演奏当日は新しい電池の予備を持っていくのも必須です。チューナーを2個持って行く人も多いですね。

それから、現場に行って足台や楽譜立てがなくてうまく弾けなかった人もいました。アンプやマイク、シールド以外にも足台や譜面立てなど
自分がほしいものが揃っているかどうか事前に確認する事も大切です。確認できない場合は自分で持っていけそうなものは持っていく方が安全です。

それから、演奏する会場に行くまでに爪を痛めてしまい、爪がガタガタでうまく演奏できなかった人もいました。
演奏前に爪が欠ける事もあるので、爪切りやヤスリなど持っていきましょう。

弦は前日とか直前に張り替えるとチューニングが合わせにくいので、少し前に張り替えます。楽器や弦の種類、自分の感覚・好みで違いはあると思いますが、2週間前から3日前の人までさまざまです。僕はウクレレはあんまり張替えないけど、ギターは1週間前くらいに張替えますね。もちろん替えの弦を当日持っていくのも必須です。当日弦が切れたら張替えます。

「準備が全て」とよくアスリートの人や、職人さんが言いますが、本当にそうですね。準備しすぎて困ることはないので色々やってみる事をお勧めします。想定外をなるべく作らない様に色々考えるのは意外と面白いです。日本人は道具にもこだわるし、向いているのかもしれません。
是非、楽器の練習と同様に、準備の過程を味わってみてください。

そしてここに書き忘れている事もたくさんあると思うので続きはレッスンの時にでも。2週間を切ったので参加する生徒さんは僕も含めて「準備」、頑張っていきましょう!