旅行記11日目その1 ミロ美術館へ

この日はホテルのカフェで朝食を済ませ、ミロ美術館へ行きました。バスで向かいます。
1490_large[1]

バス停を降りて迷っていると、バスの運転手さんが運転席から身を乗り出し、方向を指し示してくれました。やさしい。それでわかったつもりで歩くもやっぱり分からず、かわいい子犬の散歩中だったマダムに道を尋ねる。すると丁寧に教えてくれ、「¿Japones?」と聞かれたので「Si」と返すと、このマダムも胸に手をあててくれた。ほんとに日本を心配してくれている人たちは多かった。嬉しく思いました。
1491_large[1]

ミロ美術館へ行く途中にあった変な家。何かの博物館かも。
1492_large[1]

けっこう歩いてようやく見つけました。
1493_large[1]

入り口。
1494_large[1]

入ってすぐのところのオブジェ。
1495_large[1]

早速ミロっぽい。
1496_large[1]

かなりの高台にあるので、見晴らしがいい。
1497_large[1]

何やら風鈴みたいな音が。
1498_large[1]

このオブジェが風に揺られて音を出す。それがまたなんとも言えない雰囲気を作っていました。
1499_large[1]

1500_large[1]

ラッキーなことに、この日は入場料フリーでした!ビックリ!!知らなかったから驚いていると、受付のお姉さんも思わず笑って、ノリノリで館内の説明をしてくれました。やさしかったな~。
1501_large[1]

1502_large[1]

人が少なかったので、じっくり観ることができました。
1503_large[1]

カメラはフラッシュ無しなら撮影OKだったので、作品をたくさん撮りました。全部は載せきれないので、観たい人はレッスンの時にでも言ってください。
1504_large[1]

一通り作品を観た後、ミロのアトリエに行く途中の景色。こんな景色を見ながら創作していたんですね。羨ましい!
1505_large[1]

1506_large[1]

アトリエに入ります。
1507_large[1]

沢山の作品とともに、実際使用していたらしい画材や道具が展示されています。
1508_large[1]

アトリエを後にさらに一番上にある資料室へ向かいます。その前の広場からの景色です。どうですかこの景色。
1509_large[1]

謎のオブジェたち。
1510_large[1]

そして美術館横の庭に向かいます。
1511_large[1]

庭にも立体作品がいくつかあります。
1512_large[1]

1513_large[1]

作品の前には、創作過程のメモや資料の写真と、解説があります。
1514_large[1]

しばし美しい庭を楽しむ。
1515_large[1]

春ですな。
1516_large[1]

何気に怪しい亀の置物があったりする。
1517_large[1]

日本で見ないような植物がいっぱい。
1518_large[1]

大満足で美術館を後にしました。これは帰り道に見つけた廃墟。
1519_large[1]

正直、ミロって全然好きじゃなかったんです。でも何故か行きたくなって。行って大正解でした。この地で作品を見て、何故ああいう作風になったのか少し理解できる気がしました。そして、作品に触れた後は、やさしい気持ちになることができました。こんな体験をタダでできるなんて幸せでした。

つづく

旅行記10日目その4 ポルト・デ・ソーイェルにてランチ

ポルト・デ・ソーイェル駅に到着。
1489_large[1]

ヨットハーバー。いかにもな風景(笑)。
1465_large[1]

海辺のレストランも沢山あり、そのどれもがオシャレに見えてしまう。
1464_large[1]

ランチはこのお店で。
1466_large[1]

電車から見ていたときに、この店にしようと決めてました。
1467_large[1]

店内からの眺め。
1468_large[1]

1469_large[1]

猫がやって来て、
1470_large[1]

嫁の横で寝始めました。
1471_large[1]

前菜のミックスサラダ。
1472_large[1]

とてもやさしい接客をしてくれたお姉さん。注文したパエリャを取り分けてくれています。
1473_large[1]

これがおすすめのシーフード・パエリャ。景色の良さもあってか超美味かった。星5つです!
1474_large[1]

僕の背後にいた黒猫。ここの猫たちは、とても行儀がよくて、特に料理を狙うこともなく、のんびりしていました。
1475_large[1]

食後はいつもcafe con leche。どこで飲んでもウマいし安い。
1476_large[1]

大満足で店を後にしました。店の前を路面電車が通ります。
1477_large[1]

1478_large[1]

ビーチへ。きれいな海。透き通ってますね。
1479_large[1]

これぞリゾートという風景。
1480_large[1]

ボーッとしてるだけで気持ちよいのです。
1481_large[1]

1482_large[1]

こんなところに住んで羨ましいとテラスの人を眺めたら、
1483_large[1]

銅像でした。
1484_large[1]

心地よい風を味わいながら、
1485_large[1]

1486_large[1]

もっといたかったけど終電なので帰ります。
1487_large[1]

1488_large[1]

マジョルカ島に来た理由の1つが、アガサ・クリスティー原作の映画「地中海殺人事件」の撮影場所で、その海の美しさに感動したから。その海をどうしても生で観たかったんです。それは期待どおり、いや期待以上の美しさでした。今度は絶対ポルト・デ・ソーイェルに泊まるぞ!と思い、パルマのホテルに戻りました。大満足の1日でした。

つづく

旅行記10日目その3 路面電車でポルト・デ・ソーイェルへ

ソーイェル駅のすぐ横に、ポルト・デ・ソーイェルに向かう路面電車がやって来ました。
1448_large[1]

これに乗ってビーチに向かいます。
1449_large[1]

これまたレトロな車内。
1450_large[1]

この電車は乗車後、車掌さんから直接切符を購入します。
1451_large[1]

のんびり走ってくれるので、景色を存分に楽しめます。
1453_large[1]

1454_large[1]

1455_large[1]

のどかな風景が続き、
1456_large[1]

15分ほどで海が見えてきました!
1457_large[1]

これぞ地中海!気持ちいいです。
1458_large[1]

1459_large[1]

1460_large[1]

つづく

旅行記10日目その2 ソーイェル散策

ソーイェルの散策の前に撮り鉄しました。
1426_large[1]

駅から見た町並み。
1427_large[1]

プラットホームにはジョアン・ミロのポスターが。
1428_large[1]

車庫。こののどかな雰囲気たまらんです。
1429_large[1]

駅の入り口。ここを入ると、
1430_large[1]

小さなミロとピカソの資料館があります。
1431_large[1]

1432_large[1]

1433_large[1]

1434_large[1]

ヨットの帆(?)に描かれたミロの作品。
1438_large[1]

駅に続く階段の両サイドにこれが飾られていました。
1439_large[1]

散策の前に地図を確認。
1435_large[1]

美味そうなパン屋さんを見つけたので、早速購入。
1441_large[1]

めっちゃ美味かったので、夜食用に追加で買うと、気をよくして色々オマケしてくれました。
1442_large[1]

さらに街をしばし散策。
1443_large[1]

ソーイェルの教会。「屋根を修理したいので募金してください」と日本語で書いてあったので、少し募金しました。
1444_large[1]

1445_large[1]

1446_large[1]

観光地らしいポスト。左がスペイン国内用。右が国外用。
1447_large[1]

この後、いよいよ路面電車に乗って、行きたかったポルト・デ・ソーイェルへ向かいます。 つづく

旅日記10日目その1 レトロな列車でソーイェルへ

この日はマジョルカ島のハイライト、レトロな列車が人気のソーイェルへ向かい、そこから美しい港町ポルト・デ・ソーイェルへ向かいます。パルマ駅の構内にて。かわいい時計です。
1404_large[1]

これがレトロな木製列車。
1405_large[1]

1406_large[1]

1407_large[1]

1408_large[1]

いよいよ乗り込みます。
1409_large[1]

レトロな雰囲気たっぷりの美しい車内。
1410_large[1]

1411_large[1]

1412_large[1]

切符。
1413_large[1]

出発してすぐに車掌さんが切符を拝見。
1414_large[1]

車窓から。
1415_large[1]

途中の駅もこじんまりとしていますが、素敵な雰囲気です。
1416_large[1]

少し走るともうこんな山の景色になっていきます。
1417_large[1]

1418_large[1]

1419_large[1]

いくつものトンネルを抜けて、
1420_large[1]

見晴らしのいい展望台で一時停車。撮影タイムです。
1421_large[1]

1422_large[1]

1423_large[1]

谷にある美しい町並み。
1424_large[1]

ソーイェルに到着!
1425_large[1]

この後、ソーイェルの町並みを散策します。 つづく

旅行記9日目その2 パルマの街を散策・なぞのオブジェ特集

食後はいったんホテルに戻り、今度は旧市街の昨日までは行ってないところを散策することに。
1374_large[1]

どこでも絵になります。
1375_large[1]

1376_large[1]

地元の子供達によるホッケーチームの練習風景。けっこうな迫力でした。
1377_large[1]

ホテルから旧市街を挟んで反対側にある川に出てきました。
1379_large[1]

サインがかわいい。自転車道のサインです。
1380_large[1]

ここも街灯のデザインがきれいです。
1381_large[1]

趣のある橋。
1382_large[1]

いたるところにこういう公園があります。
1383_large[1]

ここからはなぞのオブジェ特集。
1384_large[1]

ギター。
1385_large[1]

何??
1386_large[1]

家が逆さまに!?
1387_large[1]

海の女神様かな?
1388_large[1]

カモメ。
1389_large[1]

そして海の近くの公園へ。
1390_large[1]

公園のベンチで一休み。公園に限らず、道ばたにも街路樹とともにベンチが沢山あります。これはバルセロナでもそうでした。羨ましく思ったことの1つです。
1391_large[1]

夕暮れの海岸沿いを歩く。
1392_large[1]

カヌーの2人組。
1393_large[1]

何気にかっこいいおっちゃん達。
1394_large[1]

街路樹のオレンジ。いかにもスペインという感じですね。
1396_large[1]

街灯に灯がともります。
1397_large[1]

1398_large[1]

1399_large[1]

パルマは夜も安心して歩ける街でした。
1400_large[1]

夜のマジョール広場。
1401_large[1]

素敵な風景です。
1402_large[1]

スペインの夜は長い~。
1403_large[1]

次の日は、楽しみにしていた木製の電車に乗って、ソーイェールという街に行きます。

つづく

旅行記9日目その1 パルマ駅からInca駅へ

旅も後半戦です。この日は、マジョルカに来た目的の一つ、CAMPERの本社にあるアウトレットのお店に向かいます。ホテルのすぐ横にあるパルマ駅から出発です。
1350_large[1]

日本では考えられない車両の汚さ(笑)。
1351_large[1]

目的地は島の真ん中あたりに位置する「Inca」です。
1352_large[1]

窓が汚い(笑)。
1353_large[1]

羊や牛の放牧をよく見かけました。
1354_large[1]

「Inca」に到着。
1355_large[1]

蚤の市が開かれていて、けっこう賑わっていました。
1356_large[1]

地図とかは無かったので、CAMPERを勘で探す。が、そんなんで見つかるわけもなく・・・
1357_large[1]

タバコを吸っていたおっちゃんに道を尋ねる。ニヤっと笑って親切に教えてくれました。こんな時にスペイン語を勉強していてよかったと思う。教えてもらってお礼を言ったときに気付いたのですが、その時に見えたおっちゃんのお店は靴屋さんだった・・・靴屋さんに別の靴屋さんを尋ねるなんて・・・だから笑ったのか。おっちゃんゴメン。
1358_large[1]

おっちゃんの教え通りに行くと案内板がありました。けっこう有名な企業の工場が立ち並ぶ。日本の企業もいくつかありました。
1359_large[1]

ようやく到着!
1360_large[1]

1361_large[1]

早速店内へ。
1362_large[1]

50€(約6,000円)で気に入ったものがあったので購入。安っ!!
1363_large[1]

Inca駅に戻る。空が青い。
1364_large[1]

何気ない風景にも味があります。
1365_large[1]

帰りの車窓。違う車両でもやっぱり窓が汚い(笑)。
1366_large[1]

パルマに戻る。こっちのマジョール広場でも蚤の市が。そういう日なのでしょうか?
1367_large[1]

そして楽しみなランチの時間。今日はこのお店。ランチ6€。安っ!
1368_large[1]

この後すぐに満席になります。早めに入ってよかった。
1369_large[1]

前菜のタパス。地味だけど美味い。
1370_large[1]

フィデウア。パエリャのごはんをショートパスタにしたもの。日本ではなかなか出会えません。これが超美味!今思い出してもよだれが出ます。
1371_large[1]

食後のハーブティー(嫁さん用)。
1372_large[1]

本来はデザートに食べるものではありませんが、コーヒーとエンサイマーダを食後に。これまた美味。大満足。
1373_large[1]

今回の旅は、食べ物はほぼ当たりのお店ばかりでした。というかバルセロナとマジョルカがレベルが高いのかな?

つづく

旅行記8日目その4 パルマ・海沿いを散歩

ホテルで休憩した後、海岸沿いに向けて散歩に出ました。その途中にあった公園。
1333_large[1]

公園を抜けると海が見えてきます。
1334_large[1]

海岸線に到着!
1335_large[1]

犬も楽しそう。
1336_large[1]

1337_large[1]

1338_large[1]

ここから見るカテドラルも美しい。
1339_large[1]

空と海の色が濃い。
1340_large[1]

自転車の集団とすれ違う。
1341_large[1]

さっきとは違う方向から見たカテドラル。
1342_large[1]

ちょっと南国リゾート風。
1343_large[1]

ロータリーを回って再び旧市街に入ります。
1344_large[1]

ショパンの銅像。
1345_large[1]

その名もショパン広場。
1346_large[1]

小バルセロナと言われるのは、こういったモデルニスモ建築物が多いからだそうです。
1347_large[1]

ここでフレッシュジュースを飲む。美味。
1348_large[1]

マジョルカ名物エンサイマーダ。これはクリーム入りで甘い!でも美味い!
1349_large[1]

この日の夜は、ランチがあまりに多過ぎたのか、夜になっても全然お腹が空かなかったので、ホテルで軽くパンを食べただけにしました。マジョルカランチ、恐るべし。

つづく

旅行記8日目その3 パルマ散策とランチ

カテドラルを出て、散策を続けます。ここ旧市街は、路地好きにとってはたまらない場所です。
1316_large[1]

1317_large[1]

1318_large[1]

こういった素敵な中庭をよく見かけます。
1319_large[1]

1320_large[1]

小さな教会。
1321_large[1]

マジョール広場。上半身裸の男性達はパフォーマーです。
1322_large[1]

パルマではほんとに靴屋さんが多かったです。3軒に1軒は靴屋?と思うぐらい多かった。
1323_large[1]

そぞろ歩きを続け、ランチのお店を探します。
1324_large[1]

このお店に決定。「CASA JULIO(カーサ・フリオ)」
1325_large[1]

壁には自分のお店が地元の新聞に載ったときの記事が。こういうのは日本と同じですね。
1326_large[1]

これがPrimero plato(前菜)。軽いスープっていうから頼んだのに、たっぷりご飯入り(笑)。しかもなんじゃこの量(笑)。でもこれがめっちゃ美味いの。
1327_large[1]

Segundo plato(メイン)。手前が嫁さんの頼んだ魚のグリル。奥が僕の頼んだ目玉焼きとソブラサーダ(ちょっと辛いマジョルカ名産のサラミだそうです)。でもメニューにはフライドポテトには一切ふれてなかったぞ(笑)。
1328_large[1]

この写真で量がとんでもないのが分かっていただけるかと・・・思わず苦笑い!でも美味しいから平らげてしまいました。
1329_large[1]

こっちでは、砂糖の袋に店名が入っていることが多かった。
1330_large[1]

大満足でお店を後にしました。「CASA JULIO RESTAULANT」
1331_large[1]

このお店に決めたのは、オープン前にスタッフが写真の看板を一生懸命磨いていたのを見かけたから。こういうところに手を抜かないお店は、料理もおいしいだろう、と。その考えは当たりでした。スタッフがほんとに気さくでやさしくて(調子がいいとも言います。2度目に入店した時「アミーゴ!」と呼んできた。)、味も日本人好みだと思うので、マジョルカに行ったら是非寄ってみてください。でも、量はハンパ無く多いので覚悟すること(笑)。

追記:2015年に生徒さんも行ってかなり美味しかったそうです。写真も見せてもらってまた行きたくなりました。ちなみに量は多いままです(笑)。

***************************************
いったんホテルに戻り休憩。テレビをつけるとRCDマジョルカの家長選手のインタビューが。思いっきり大阪弁で応えてたのが嬉しかった(笑)。
1332_large[1]
その4へ続きます。

旅行記8日目その2 マジョルカ島のカテドラルへ

カテドラルに到着!右がカテドラル、左はアルムダイナ宮殿。
1290_large[1]

ジャガランダの花をよく見かけました。
1292_large[1]

向こうの人は、こういうところにもよく犬を連れて来ていました。が、人に迷惑をかけるところをまったく見かけませんでした。やっぱりスペインの人たちは、犬との付き合い方が上手なんでしょうね。
1293_large[1]

観光名所には必ずいる透明人間のパフォーマー。この人だけ僕らに「ニーハオ」と声をかけてきました。後にも先にも中国人に間違えられたのはこの時だけでした。
1294_large[1]

階段を登ってカテドラル前から見た景色。
1295_large[1]

クラシックギターを弾くおっちゃん。「Asturias」を演奏してくれたので、しばし階段に座り聞きこむことに。ここの雰囲気に合った素敵な演奏でした。
1296_large[1]

いよいよカテドラルの真下に到着。
1297_large[1]

1298_large[1]

1299_large[1]

ここにも馬車が。
1300_large[1]

大砲があります。
1301_large[1]

美しい薔薇窓。
1302_large[1]

内部へ入場。まずは展示室へ。
1303_large[1]

1304_large[1]

1305_large[1]

教会内部へ。内側から見る薔薇窓のステンドグラスが美しい。
1306_large[1]

ガウディ作の天蓋。
1307_large[1]

1308_large[1]

ガウディは、このカテドラルをとても気に入っていたそうです。
1309_large[1]

けっこうな高さ。
1311_large[1]

パイプオルガン。
1312_large[1]

スペインの修学旅行?騒ぐこともなく、おとなしく先生の説明に耳を傾けていたのが印象的でした。
1313_large[1]

一番後ろの席に座り、しばらくこの空気に身を委ねました。とても気持ちのいい素敵な教会でした。
1314_large[1]

出口を出ると中庭へ。
1315_large[1]

1310_large[1]

とても歴史が深いらしく、厳かな空気が支配する素晴らしい教会でした。またマジョルカに来ることがあれば、もう一度訪れたい場所です。

つづく