梢庵 カルペディエム 抹茶サロン

梢庵会の「カルペディエム 抹茶サロン」へ行ってきました。
DSCF9431

お庭がきれいです。この日はツツジが咲いてました。
DSCF9427

奥まで歩いていくと茶室が見えてきました。緊張するな~。
DSCF9426

宿泊中のベルギーから来たご夫婦も一緒に先生に教えてもらってます。
DSCF9402

僕も先生に教えてもらって、必死です。(笑)
DSCF9409

濃茶をはじめていただきましたが、美味しかったです。その後、薄茶も2杯飲んで、だいぶ飲みすぎた感はありますが、色々教えていただいて本当に楽しい時間を過ごす事ができました。

後で共通の生徒さんがいる事もわかって、先生から「ウクレレの先生ですか?」なんて言われてドギマギしてしました。世間は狭いです。近所(大阪・森之宮)に日本庭園を眺めてお茶ができるなんて。また機会があれば参加してみたいです。

萬葉植物園の藤の花

休みの日に奈良へ行ってきました。
DSCF9138

暑いので鹿も水浴び中。
DSCF9148

たまたま藤の花が見ごろと言うことで萬葉植物園へ入りました。
DSCF9199

ケヤキの葉。新緑がきれいです。
DSCF9212

花菖蒲 (はなしょうぶ)も見ごろ。
DSCF9221

ようやく藤の花のコーナへ。
DSCF9277

真っ白な藤の花もいいですな~。
DSCF9302

色んな色の花がありました。
DSCF9323

花のカーテン。
DSCF9357

房の長い藤や八重咲きの藤など、色々あって面白い。
DSCF9367

なかなか見飽きないです。
DSCF9379

そして花の香りがすごかったです。
DSCF9380

「20品種の藤が約200本、例年より少し早く咲いて、本日が見ごろです。」とアナウンスしていたので、なんとなく入ってみたけど、なかなか楽しかったです。

インストから弾き語りへ転向組の話。

ウチの教室ではソロギター&ウクレレ(インスト)を勉強してた生徒さんが弾き語りのレッスンに切り替えたり、その逆も多いのですが・・・

最近、インストから弾き語りへ転向された方々が何人かいて、帰り際に「教室で歌うのが恥ずかしいって訳でもないけど、なんと言うか違和感があるんですよね~(笑)」と言われました。
僕からしたら弾き語りの勉強は歌って当然だし、いつものありふれたレッスン風景だけど、ずっとインストをやってて、今日から弾き語りのレッスンをはじめますっていう生徒さんにとってはちょっと非日常的と言うか、けっこう刺激的な様です。「カラオケボックスでマイク持って歌ったりはするけど、マイクもなく先生の前で歌うっていうのがなんかな~(笑)」とか、「弾き語りの他の生徒さん達は先生の前で歌ってはるんですか?」と聞いてきて「もちろん歌ってますよ~」と僕が答えて爆笑したりもしました。

ちなみに、歌うと「歌心」が身につくと言うか、本当に「歌心」とはよくできた日本語だなと思うような「歌の心」が学べる気がします。人前で披露しないにしても、一度は勉強してみたら楽器だけの演奏をする時にもいい影響があると思います。オススメです。

本「三月の水」

DSCF9097

前書きに、「正直に言ってMPB(ムージカ・ポプラル・ブラジレイラ。1960年代後半以降のブラジルの多様な大衆音楽)のファンではない。ミルトン・ナシメントも聴かないし、カエターノ・ヴェローゾも聴かない(こんなことを書くとあちこちから石が飛んできそうではあるけれど)。突き詰めて言えばボサノヴァのファンでさえないかもしれない。ただ、トム・ジョビンとジョアン・ジルベルトとヴィニシウス・ヂ・モライスを中心とする一部の真に個性的で創造的なミュージシャンの音楽をどうしようもなく愛しているだけである。」と書いてあって、思わず笑ってしまった。

僕もカエターノは聴くほうだけど、「ブラジル音楽はなんでも大好き!」という人は「ちょっと違うな~」と思うので、面白くなって買ってしまいました。今から読むのが楽しみです。

ボサノヴァファン憧れのリオ巡礼?を僕もいつか(できるだけ早く!)したいです。そんな僕のような人達のために、治安の危なさも含めてリオ案内も書いてくれているので、ゆっくり・じっくり読んでいきたいと思います。

海を感じるリズム

DSCF8925

ある生徒さんとのレッスンで、[Getz/Gilberto]に収録されている「イパネマの娘」のジョアンの伴奏を練習していた時のこと。

その生徒さんが「普段聴いている時は分からなかったけど、難しいですね〜。でもこのリズム、海とかビーチを感じるんでめっちゃ気持ちいいですね!」と。

僕も普段からレッスンなどで弾いていますが、最近は海とかビーチを想像するなんてすっかり忘れていました。しかも全く海の見えない大阪城(今話題の真田丸など)の近くに住んでいるとなおさらです(笑)。だから、この言葉を聞いた時に少しハッとしました。そういう感性って素敵やな〜と思うし大事にしたいですね。

生徒さんからの一言で気付かされることって多いので、改めていい仕事させてもらってるな〜と感じます。

玉造春だより2016

女学院前のコブシが満開!
DSCF8704

何この花?と思って調べたら「サンシュユ」の黄色い花でした。
DSCF8708

ユキヤナギも咲いてます~。大阪城公園。
DSCF8726

ムクドリが必死に何か食べてます。他にもヒヨドリとかメジロとかいました。たまにウチのベランダにも来ます。
DSCF8756

桜はまだですね。
DSCF8763

でもちょっと咲き始めてます。
DSCF8777

いよいよ桜の季節ですな~。お花見演奏したいですね。

結婚式へ!

友人の結婚式へ行ってきました。
DSCF8571

美味しいもん、いっぱい食べてきました。(ラフェットひらまつ
オマール海老とアルフォンソマンゴーのサラダ仕立て トマト水のジュレ バジルのアクセント
DSCF8556

灯台ツブとキノコのブルギニオン アーティチョークのバリグール
DSCF8557

新郎新婦オススメのワイン。大好評だったけど僕は下戸なので無理!
DSCF8572

旬の鮮魚のポワレとムール貝のムクラード風 ソースブールブラン 季節野菜と共に
DSCF8576

河内鴨胸肉のロティ ベアルネーズソース 爽やかなハーブの薫るジャガイモのエクラゼと共に
DSCF8577

デザート。ウエディングケーキ。他にも色々出てどれも美味しかった。さすがグルメな友人夫婦。
DSCF8592

友人のスピーチやダンスに歌、チェロの生演奏なんかもあって盛りだくさん。
DSCF8616

いい結婚式でした。楽しかった!
DSCF8555

末永くお幸せに!

※追記:この日のスーツは前回ブログにアップしたROI’S Tailorで作りました。またライブでも着たいと思います。

ROI’S Tailor/ロイズテーラー

今日はステージ衣装のスーツを作ってもらっている「ROI’S Tailor」の紹介です。ひょんなことから知り合って、塚田さんのお店に行ったのが去年の夏。

お店の表札。大阪:森之宮なのでウチから歩いて行ってます。
DSC_0352

アトリエは2階にあります。
DSC_0351

こちらでは、生地から選んで、採寸してもらい、色々と襟の形など相談して決めていくいわゆるセミオーダーのお店。スーツと無縁の人生を送っていた者としては生地を見ただけでは全く想像がつかない・・・
2830_large[1]

と言うことで、見本のスーツを何着か着て雰囲気を考えます。右が塚田さんです。「ジャケットはジーパンにも合うようなのがほしいんです・・・」など、僕のわがままなリクエストにも丁寧に相談にのってくれます。
2829_large[1]

こちらが完成したジャケット。(ライブの写真)3点セットで8万円弱でした。(消費税込み)生地やボタン、裏地によって価格は変わるので参考にならないかもしれませんが。思ったより安かったし、めちゃめちゃ気に入っています。
2834_large[1]

他にもシャツもオーダーできます。襟を選ぶだけでも初心者には大変ですが、塚田さんに相談して作ったシャツはやっぱり気に入っています。(上の写真で着てます。)
2835_large[1]

あと、蝶ネクタイなどの小物もあって、ここで作ったりするワークショップもしているそうですよ。
2836_large[1]

スーツを作ってみたいな~と思っている方や、ちょっとスーツに興味のある方など、是非ぜひ一度遊びに行ってみてください。

ブログも最近始めたそうなので見てみてください。こちら→

「スーツでライブ」とか去年塚田さんと知り合ってなかったらしてなかったと思うし、いつもながら人との出会いの不思議を感じています。

ジャズミュージシャンや、ジョアン・ジルベルトみたいに、いつかスーツでライブが出来たらいいな~ぐらいにぼんやり思っていたのに、このブログで僕がセミオーダーのお店を紹介するとは・・・!今も正直驚きです。

最初に思いついたのは・・・

先日生徒さんに「10年間、教室をやってて嬉しかったことは何ですか?」と聞かれ最初に思いついたのは、生徒さん達が、結婚式の余興や老人ホームでの慰問、カフェでのライブなど様々なシチュエーションで演奏をし、それを報告してくれた時のことでした。

例え失敗したことがあっても、それを話すときはすごく楽しそうで、また、その場に居た聴衆のみなさんにも好評だったと聞くと僕も嬉しくなります。

「ソロで演奏をするのにボサノヴァギターって役に立つな~」と思って始めた教室が、知らない間に社会に貢献していることに驚くと同時に、教室を続けていくモチベーションになっています。

ウクレレにおいては、友人から「ウクレレ教えて~や~!」と頼まれて、乗りきでもなく始めたのに(笑)、いつの間にかこんなにも色んな人たちに喜んでもらえて、不思議に感じますし、つくづく「ウクレレやってよかったな~」と思っています。

来週はいよいよ教室の「10周年記念ライブ」!
共演の生徒さん達の演奏も非常に楽しみです。
いい企画ライブになったと思ってもらえる様にしっかり準備していきたいと思います。
いい節目になるよう頑張ります!!
お時間ありましたら、是非ぜひ遊びに来てください。

2814_large[1]

追記:その後のライブの模様はこちら→「10周年記念ライブ