26 / mar / 2017 (sun) 「春のボサノヴァギターとウクレレのライブ」

まだ肌寒さを感じる春の日に雲州堂にてライブをしました。
雨にも関わらず、たくさんの方々にご来場いただき本当にありがとうございました。
今回も個性の違うメンバーが集まって、それぞれの持ち味が出せたいいライブだったのように思います。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「河野 ジゲン」


1.Inspiration(鬼平犯科帳のエンディング曲)
2.とんちんかんちん一休さん(アニメ:一休さんより)
3.Somebody stole my gal(吉本新喜劇のテーマ)
4.Akaka falls
5.Take the A train(A列車で行こう)
6.ルパン三世のテーマ
時代劇のテーマから始まり、アニメ、ハワイアン、ジャズなどバラエティーに富んだ選曲と、ちょっと長めの軽妙なトークでトップバッターとして場を和ませてくれました。初めてのライブとは思えないステージでした。面白かった~!

2.「奥野 義彦」


1.Night and day
2.Gentle rain
3.Fly me to the moon
4.My one and only love
5.My favorite things
ジゲンさんが作ってくれた和やかな雰囲気の中、いつものように安定した演奏でジャズやボサノバのスタンダードを披露。さすがマエストロ奥野さん。トークも楽しくてこの人はやっぱり本番に強いです。素敵でした!

3.「柳 希媛」


1.Garota de Ipanema(イパネマの娘)
2.Samba de uma nota só
3.Insensatez
4.Meditação
5.A banda
6.Água de março
7.Tristeza(アンコール)
イパネマの娘をはじめとするボサノバスタンダードを歌ってくれました。これぞ正統派ボサノバという雰囲気で、初のライブとは思えないほどの安定感と素敵な歌声。会場からは大きな拍手がありました。アメリカへの旅立ちに向けて、いい思い出作りができましたね。お疲れ様でした!

4.「西口 健一


1.Clouds and Plants
2.Garota de Ipanema(イパネマの娘:カバー曲)
3.マランゴン
4.青春群像
5.長い影
6.People are dancing
7.Corcovado(アンコール:弾き語り)
オリジナル曲を中心にカヴァー曲も演奏しました。アンコールを頂きほとんど人前でしない弾き語りを披露。客席からの大きな笑い声と拍手がありました。楽しかった~♪

ご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、DJを担当してくれた村瀬さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。

こちらの予想を上回る方々にご来場いただき、立ち見でライブを見られた方には大変申し訳ありませんでした。最後まであたたかく見て頂きありがとうございます。

今回も出演者の演奏がよかったのでの主催者として、本当に楽しかったです。今年はこれから7月と11月に雲州堂でライブをさせてもらいます。7月は演奏者が全員浴衣で出演します。お楽しみに。よかったら是非遊びに来てください。よろしくお願いいたします。


また一ついい思い出が出来ました。

その後のライブはこちら→「浴衣ライブ2017」&「秋の雲州堂ライブ2017

無茶空茶で演奏してきました。

中国茶館「無茶空茶」で演奏してきました。

こちらの建物がなんと取り壊しとなり3月末に立退き、閉店されるそうです。「最後にぜひ」と黄先生にお声をかけて頂きライブをすることとなりました。

この落ち着いた空間で夏や冬、その時々で頂いたお茶の美味しさを今も覚えています。

こんな中庭もあるのに取り壊しなんて残念ですね。

でも中国茶の教室は移転して続けるとのお話でした。

壁一面に今までの色々な思い出写真が飾られていました。

僕が参加した「大山崎美術館でのお茶会ライブ」の写真もありました。

こっちはフルートのぺーさんを迎えての演奏写真。懐かしいな。

以前この店でも「昼無茶/夜空茶ライブ」と言う名の演奏会をしたこともあり、思い出深い場所。この日は17時半からライブがスタートしました。

「イパネマの娘」から始まって、途中休憩も入れつつ全13曲演奏しました。オリジナル曲も半分くらい演奏しました。

後半ラスト2曲はボサノバらしくポルトガル語での歌があると華やかになるかなと思い、吉田さんにお願いして「フェリシダージ」と「三月の水」を歌ってもらいました。


歌詞を覚えるのが大変な「三月の水」。過去にこの教室でこの曲を覚えたのは4人だけです。どうしてもこの曲をこの日に演奏したかったので、僕のわがままに付き合ってくれた吉田さんに感謝です。ありがとうございました。

そしてアンコールにオリジナル曲の「雲の上から」を演奏して終わりました。

最後までライブを見てくださった皆様、「無茶空茶」の黄先生とスタッフさん、本当にありがとうございました。

最後にみんなで写真を撮りました。

出来た写真を見て、ギター伴奏者と女性3人が主役の写真に見えるなぁとみんなで笑いました。僕の横が黄先生、そして嫁のユキコと吉田さんです。


こんな節目に呼んでいただいて嬉しく思いました。本当にありがとうございました。新天地での益々のご活躍をお祈りしております。

追記:後日、黄先生の新しい教室の写真を見せてもらいました。さらにヴァージョンアップしていて、素敵な空間でお稽古をされているみたいです。HPにもアップされています。よかったら見てみてください。

第23回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 交流会

生徒さんからの要望で始まった交流会「tempo delicioso(おいしい時間)」。
目的は10月の発表会に向けて「人前で演奏する事に慣れること」と「生徒さん同士の交流」です。皆さんに好評なので今年も続けていこうと思っています。

場所は大阪・玉造にあるイタリアンレストラン「pisolino(ピゾリーノ)」。ピザ窯で焼くナポリ風の生地と生駒の野菜を使った料理の数々、そしてデザートも本当に美味しくて地元では人気のお店です。去年から交流会をさせてもらって生徒さん達も個人的に食べに行ったりしていて好評です。

今回はそれぞれの持ち味が感じられる演奏でした。弾き語りの人も、ソロ演奏の人も発表会に向けて頑張っていきましょう。

それでは、当日の模様をご覧ください。
 注:*マークは弾き語りです。
 注:アーティスト名が入っているのは、その人のヴァージョンを参考にアレンジしたものです。

橋本さん「Smile(スマイル)」

長尾さん「Garota de Ipanema(イパネマの娘)」

赤井さん「Brigas nunca mais(もう喧嘩はしない)」*

西村佳奈さん「Un homme et une femme(男と女)」

西村亜希子さん「Tarde em Itapoã / Toquinho & Gilberto Gil 」*

瀬山さん「Fantasy(ファンタジー)」

長野さん「Fly me to the moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)」*

河口さん「The world is waiting for the sunrise(世界は日の出を待っている)」

門脇さん「Meditação(メディテーション)」*

まつげんさん「Introdução ao poema dos olhos da amada(恋人の瞳) / Baden Powell」

吉田さん「O negocio e amar / Carlos Lyra & Dolores Duran」*

西田さん「Carinhoso(カリニョーゾ)」

矢野さん「Água de março(三月の水)」*

堀田さん「Waltz for Debby(ワルツ・フォー・デビイ)」

木村さん「How beautiful / 土岐麻子」*

木島さん「I want you back / The Jackson 5」

兵頭さん「Caminhos cruzados(十字路)」*

高さん「Se todos fossem iguais á você(全てがあなたと同じなら)」

久野さん「O menino do rio / Caetano Veloso」*

西口「O Astronauta(宇宙飛行士) / Baden Powell」

演奏後の料理。バイキング形式でいただきました。

おいしいピザもいただきました。

他にもリゾット、パスタ、デザートまで、たくさん出てきてお腹いっぱいになりました。美味しかった!

いつもの集合写真。

最後の一本締めは堀田さんにお願いしました。女性にお願いするのは3人目。堀田さんありがとうございました。

今回も参加して下さった皆様、ありがとうございます。またピゾリーノの金子夫妻には今回も本当にお世話になりました。ありがとうございます。次回は5月に予定していますので、また挑戦したい人はぜひぜひ参加してみてください。よろしくお願いいたします。

TURNK SHOWで演奏してきました。

「TURNK SHOW」で演奏してきました。

寒い中、見に来てくれた皆さん、ありがとうございました。
当日はROI’S TAILOR(ロイズテイラー)の衣装を着て、オリジナル曲からボサノバスタンダードまで色々と演奏させてもらいました。
一緒に演奏に参加してくれた吉田さん、お疲れさまです。だいぶ助かりました。
また誘ってくれた塚田さんをはじめ「TURNK SHOW」関わった沢山の方々にお世話になりました。本当にありがとうございます。

次回は3月26日のライブですね。今年はライブを沢山していこうと思います。よろしくお願いいたします。

2016年 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 忘年会

4 / Dec / 2016 (sun) 忘年会「tempo delicioso 番外編」

今年もやってきました忘年会。発表会や交流会に比べると、だいぶゆる~い雰囲気です。教室の交流会や発表会で演奏してくれた方々、そしてお手伝いしてくれた方々と集まって楽しみました。場所は去年もお世話になった靭本町にあるスペイン・バスク・バル「gastroteka bimendi(ガストロテカ ビメンディ)」。おいしい料理を囲んで、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
ではその2016年の忘年会の模様を写真で振り返ってみたいと思います。

まずは美味しかった料理の数々から。
dscf3365

バイキング形式で頂きました。
dscf3368

次から次へと料理が出てきて・・・
dscf3369

どれも美味しかったです。
dscf3370

リゾットもあってお腹いっぱいになりました。
dscf3524
写真にはないけど他にも色んな料理が出てきてビックリしました。毎年食べてるけど今年も本当に美味しかったです。

みなさん一年間お疲れさまでした~。左の暗い表情の瀬山さんが面白いです。
dscf3400

dscf3401

dscf3402

dscf3406

dscf3410

dscf3415

dscf3416

そして食事もひと段落してみんなの演奏が始まりました。今年も芸達者な生徒さん達による楽しい演奏の数々を聞くことが出来ました。
dscf3377

dscf3403

dscf3412

dscf3419

dscf3431

dscf3439

dscf3447

dscf3453

dscf3456

dscf3479

dscf3518

dscf3523

dscf3527

dscf3535

dscf3562

dscf3576

dscf3589

dscf3602
歌あり、ソロあり、デュオあり、即席デュオも登場して、楽しかったです。ジャンルもボサノバはもちろん、ジャズや、JーPOPや、ビートルズなど色んな曲が聴けました。今年はカエターノ・ヴェローゾが来日して大阪でもライブがあったのでカエターノの曲をやってくれる人がいたりもしました。みなさん演奏ありがとうございました。

最後に私たち夫婦も演奏しました。曲はCaetano Veloso(カエターノ・ヴェローゾ)の「Aquele Frevo Axé」。
dscf3614
演奏の出来以上の優しい拍手ありがとうございます。こうやって楽しい時間は過ぎるのが早いです。

最後の挨拶を。
dscf3622

そして恒例の一本締め。今年は11月に一緒にライブをした兵頭さんにお願いしました。ありがとうございます!
dscf3627

今年も本当に楽しい時間を過ごすことができました。沢山の生徒さん達の笑顔とお店の方々の優しい対応など、今年も色んな方々に支えられて過ごしてきたんだなとしみじみ思いました。本当にありがとうございました。

来年は2月26日の交流会から教室のイベントがスタートします。ここにいない新人さん達や今年は発表会参加を見送ったベテランさん達もまた来年のチャレンジをお待ちしております。今後ともよろしくお願いいたします。

19 / Nov / 2016 (sat) 「Cafe Perche LIVE vol.2」

今年の9月にライブをさせてもらった「Cafe Perche」にてまたまたライブをさせて頂きました。大阪のJR玉造駅から徒歩1分の所にあって、ウチの教室からすごく近いのでPAを運ぶのがだいぶ楽です。
出演者は兵頭宏、Nishiguchi Kenichiの順番で、それぞれソロでの演奏です。

それでは写真で当日の模様を振り返ってみましょう。

今回も17時にお店を閉めて、ライブの準備開始です。
dscf3244

今回は「ボリュームたっぷりロースカツサンド&プチデザート」の食事付きライブなので、北本さんがせっせと仕込み中。
dscf3250

「Cafe Perche」のロゴ入りのBOXに入って出てきます。
dscf3248

中身はたっぷりロースカツサンド!キャベツやソースのおかげか、そんなに油っぽくなく女性でもペロリと食べれる美味しさでした。しかもボリュームたっぷりだったので男性陣にも人気でしたよ。
dscf3276

こちらはプチデザートのプリン。手作りでほどよい甘さ。好評でした。
dscf3275

そんなこんなで、お客さんも美味しそうに食べつつ・・・19時になったので兵頭さんが登場!演奏スタートです。
dscf3253

1.「兵頭 宏」
dscf3236
1.Garota de Ipanema / イパネマの娘
2.Desafinado
3.Lamento
4.A felicidade
5.Palpite Infeliz
6.Carinhoso
7.Mas que nada(アンコール)

名曲「イパネマの娘」から始まって、スローな曲からアップテンポなものまで、盛りだくさんの内容でした。歌声もよかったけど、曲のアレンジも兵頭さんらしいアレンジで、すごく軽快なボッサが聴けました。ありがとうございます。

2.「Nishiguchi Kenichi」
dscf3224

dscf3274
1.Clouds and Plants
2.マランゴン
3.O Passeio
4.Se todos fossen iguais a você / すべてがあなたと一緒なら(カヴァー曲)
5.Samba do avião / ジェット機のサンバ(カヴァー曲)
6.長い影
7.ライオン橋
8.Silent Station
9.雲の上から(アンコール)

オリジナル曲を中心にカヴァーも2曲ほどしました。結構オリジナル曲がよかったという声が多かったので、最近出来てなかったけど、曲作りを久々にもっとしていきたいなと思いました。今年はこれでライブは終了ですが、来年もたくさんライブをやって、新曲も演奏できたらと思います。

ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。出演者の兵頭さん、PAを運ぶのまで手伝って頂いてありがとうございました。ペルシュの北本さんには今回も本当にお世話になりました。ロースカツサンド美味しかったです。ありがとうございます。また来年もライブを企画していきたいと思います。その時はよろしくお願いいたします。

Cafe Percheの一回目のライブの模様はこちら→

第14回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 / 第一部

16 / Oct / 2016 (sun) 第14回 発表会にて / 第一部

教室もおかげさまで11年目を迎えました。今年も出演者を募集したところ、ギター23名・ウクレレ10名の総勢33名の生徒さんが集まってくれました。参加してくださった生徒の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場の「IOR?I/雲州堂」のスタッフの皆さん、そしてなによりご来場いただいた観客の皆様、本当にありがとうございました。

では、当日の模様を写真で振り返ります。
(※演奏者名の後、「」内は曲名、*印は弾き語り、()内は発表会の出演回数です。)

dscf0949
恒例の開演前の集合写真。さて今年はどんな発表会になるのかな?

dscf0969

dscf0952
1番:河村さん「Gentlemandolin / ジェントルマンドリン」(2)
今回、トップの重責を担わされたのは2回目の参加の河村さん。曲は当教室でも人気のジェイク・シマブクロさん作。河村さんの雰囲気に合う爽やかな曲調です。でもその爽やかさとは対照的に弾くのはとても難しい曲なのです。特に中盤のワイドストレッチ(指を大きく開く)が難しくて手の大きい男性でも諦めることもあります。そんな曲を軽やかに弾きこなす姿に会場からは大きな拍手が。素晴らしかったです。この演奏で発表会に勢いが出ました。ありがとうございました!

dscf0999

dscf0988
2番:中井さん「Garota de Ipanema / イパネマの娘」(初)
初登場の中井さん。曲はボサノバのド定番「イパネマの娘」をソロギターで。当教室ではお馴染みです。レッスンの時は、なかなかテンポが安定しなかったのですが、本番では安定した落ち着いたテンポの演奏で感心しました。本番に強いですね。課題だった単音のメロディーと強弱もバッチリ。この日のために新調したというスーツも似合っていましたよ。中井さんの発表会に対する意気込みを感じられて嬉しかったです。ありがとうございました!

dscf1040

dscf1020
3番:西村さん「あの日に帰りたい」*(初)
3番目も初登場の西村さん。この日のウクレレ組では唯一の弾き語りです。曲は説明無用のユーミンの名曲です。1番はインスト、2番は歌というちょっと変わったアレンジで挑戦です。前半は少し緊張気味でしたが、後半の歌からは伸びやかな歌声を披露してくれました。打ち上げが終わった後に帰り際に聞いたのですが、実はウクレレのストラップが外れていて、とても弾きにくくてめっちゃ焦っていたそうです。その状態でよく最後までしっかり弾ききってくれました。これからは焦らずしっかりセッティングしましょうね。お疲れ様でした!

dscf1059

dscf1069
4番:奥村さん「Samba de uma nota só / ワン・ノート・サンバ」(初)
初参加の生徒さんが続きます。4番目は奥村さん。曲はこれも当教室ではお馴染みのボサノバスタンダード。ソロギターで挑戦です。柔く甘い音色なのに、迫力のある少し速いテンポの勢いのある演奏を披露してくれました。サビは単音のメロディーなのですが、ちょっとテンポが速すぎたのかちょっと鳴りきらなかったかな?でも課題だったアレンジしたソロパートをしっかり弾ききって、今までの練習の成果を見せてくれました。もともとテクニックもあるし、これからを期待せずにはいられません!来年が今から楽しみです。これからも頑張っていきましょう!

dscf1107

dscf1102
5番:赤井さん「É Luxo Só / なんて華麗」*(初)
5番目も初登場の赤井さん。曲はアリ・バホーゾの名曲。ジョアンの演奏でもお馴染みです。でも当教室でこの曲に取り組んだ方は赤井さんが初めてです。司会の僕がしゃべっている時からギターを弾くという演出で、僕が喋り終わるとすぐにその甘い歌声が響きました。男性にしては少し高めのキーなので、下手をするとキンキンしそうなのに、声質が甘いので耳に心地いいという素敵な歌声を聴かせてくれました。前半はギターが緊張のためか不安定でしたが、後半は持ち直してしっかりとサンバのリズムを刻んで、その歌声と相まって心地よい演奏になりました。ありがとうございました!

dscf1135

dscf1158
6番:村岡さん「Hula Girl / フラガール」(3)
ハワイが大好きな村岡さん。昨年はトップバッターで僕とのデュオで演奏してくれましたが、今年はソロでフラガールのバラードアレンジに挑戦です。2日前のレッスンでは完璧だったので安心していましたが、ちょっと緊張したのか序盤で少しミスをしてしまい、崩れるか?と思ったのですが、すぐに持ち直してくれました。今年の課題としていた強弱をつけた演奏と感情表現を、そのウクレレで、ものの見事に表現してくれたと思います。いい演奏でしたね。癒されました。熱演ありがとうございました!

dscf1166

dscf1173
7番:佐崎トさん「All my loving / オール・マイ・ラヴィング」(5)
もう5回目の発表会の佐崎トさん。奥様の佐崎イさんとのデュオのイメージが強いですが、今回は2回目のソロギターに挑戦です。曲はビートルズの曲のボサノバアレンジに挑戦です。かなり苦労してものにした曲でしたが、思いが強すぎたのかかなり緊張されていました。1度前半で止まってしまい最初からやり直しましたが、その後はなんとか最後までしっかり弾ききってくれました。レッスンではテンポがなかなか速く演奏できなかったのですが、本番では心地よいテンポで演奏してくれました。これからも頑張っていきましょう!

dscf1217

dscf1190
8番:門脇さん「夜の汽車は(オリジナル曲)」*(2)
2回目の発表会の門脇さん。昨年はコルコヴァードに挑みましたが、2年目で早くもオリジナル曲に挑戦です。相変わらずの抜群の歌唱力。ほんとに素敵な歌声で会場の雰囲気をあっと言う間に自分のものに。ギターも昨年より確実に進歩しているところ見せてくれました。課題だった後半のハイポジションのセーハと難しいコードが続くところもなんとか乗り切り、もう一つの課題だったエンディングもしっかりと鳴らせてとてもいい演奏になったと思います。演奏後、PAの方や他の生徒さんから「ギターが進歩している」「ギターの音がよくなった」と言われて嬉しかったそうです。努力の賜物ですね。お疲れ様でした!

dscf1227

dscf1255
9番:佐崎イさん「In the mood / イン・ザ・ムード」(5)
5回目の登場の佐崎イさん。曲はスイングジャズの名曲です。ジャカソロアレンジでの挑戦です。直前に近くの中之島公園で練習するのがうちの教室のあるあるなのですが、そこでは完璧に弾けたらしいのですが、本番では過緊張で指が震えてしまい、何度もやり直してしまいました。それでも普段通りとはいきませんでしたが、折れることなく最後まで演奏してくれました。打ち上げの席でも弾いたのですが、その時はしっかり弾けていたので本当にもったいなかった。これからはその素敵な演奏をお客さんにしっかり聞いていただけるように、メンタルトレーニングをしていきたいと思います。頑張りましょうね!

dscf1274

dscf1299
10番:西田さん「Consolação / コンソラソン」(3)
今年で3回目の発表会の西田さん。曲は大好きなバーデン・パウエルの名曲に挑戦です。実は彼女もメンタルが弱く、今までは本番で力を発揮できないことが多かったのですが、今年はメンタルトレーニングを中心に取り組んでその大きな課題をクリアすべく頑張ってきました。その地道な努力の結果、今年は本当に堂々とした演奏で、演奏後は会場が大きな拍手で包まれました。この曲はベース音がメロディーを奏で、高音部がその合いの手を刻むスタイルで音量差をつけるのが難しいのですが、見事に表現できていました。よく頑張りましたね。いい演奏をありがとうございました!

dscf1312

dscf1349
11番:久野さん「Emoldurada / エモルドゥラーダ」*(12)
2年ぶりの発表会参加の久野さん。曲はイヴァン・リンスの名曲です。2年ぶりだし、もともと緊張するタイプなので大丈夫かな~?と心配していたのですが、そんな心配は無用でした。イントロから落ち着いた出足で、その特徴のある透き通った歌声で会場を包んでくれました。久野さんの声によく合う曲で、改めて曲の良さを再認識できました。レッスンではテンポのキープが一つの課題でしたが、心地よいテンポで最後まで演奏してくれました。ギターも上手になったな~と思いました。久しぶりにこの場で聴けて嬉しかったです。ありがとうございました!

dscf1378

dscf1360
12番:北村さん「Bohemian rhapsody / ボヘミアン・ラプソディ」(3)
第一部のトリを飾ってくれたのは、3回目の登場の北村さん。曲はクイーンの名曲。ウクレレ好きな人にはお馴染みの、ジェイク・シマブクロさんの超絶ヴァージョンです。見た目は華奢で可愛らしい雰囲気なのに、演奏はいい意味で堂々としてて可愛くない(笑)。前半は落ち着いた抑揚のある演奏でその世界観を表現。ただ、後半畳み掛けるようなパートで少しミスが目立ったのはもったいなかったですね。それでも曲の難しさが理解できるのか、演奏終了後は会場から一際大きな拍手が。後で聞いたら、中音が少しキンキンしていてやりにくかったそうです。それでも最後までしっかり演奏してくれてあっぱれでした。お疲れ様でした!

ちなみに・・・
dscf0931
今回受付スタッフをしてくださった、左から、竹内さん、壱岐さん、本当に助かりました。ありがとうございます。またここに写真はありませんが、動画を撮影してくれた中川くん、PAを手伝ってくれた田辺さん、本当にありがとうございました。心から感謝します。

この後、第二部に続きます。

第14回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 / 第二部

16 / Oct / 2016 (sun) 第14回 発表会にて / 第二部

※演奏者名の後、「」内は曲名、*印は弾き語り、また()内は発表会の出演回数です。

dscf1384

dscf1400
13番:瀬山さん「Once,I loved / ワンス・アイ・ラブド」(初)
2部のトップは初登場の瀬山さん。僕のMC中もステージ上でこの曲を練習してBGMとなっていました。MC終了後、改めて最初から弾くのですが「手の震えが止まらないんす」と笑いをとっていました。そう言いながらも端正な演奏を聴かせてくれます。そして自分でアレンジした肝入りのソロパートへ。途中まで順調に弾きあともう少しというところで止まってしまう。「あれ?」「違う違うそうじゃない」など独り言で会場を笑わせ、ついに「先生ごめんなさい。ソロを止めます」と急遽ソロを跳ばすことに。会場は大爆笑でした。以後何事もなかったかのようにエンディングへ。演奏後「来年またがんばります」と宣言して爆笑に包まれる会場。ある意味恐るべし新人現るという感じでした(笑)。お疲れ様でした!

dscf1436

dscf1429
14番:塩谷さん「雨上がりの夜空に」(2)
2回目の発表会の塩谷さん。曲はRCサクセションの名曲をソロウクレレで披露してくれました。レッスンではなかなか歯切れのよいカッティングができずに苦労していたのですが、しっかりと自分のものにしてくれていました。この曲の持つ元気なイメージをしっかり表現できたと思います。途中、ちょっとテンポが速くなったりとテンポをキープするのが難しそうでしたが、最後まで曲の勢いはキープできていましたね。いい演奏でした。ありがとうございました!

dscf1466

dscf1480
15番:下田さん「Tristeza / トリステーザ」*(3)
3回目の発表会の下田さん。過去2回はソロギターで参加していましたが、今回は弾き語りで参加してくれました。曲は説明無用のサンバの名曲ですね。イントロは佐藤正美さんアレンジのソロヴァージョンから引用。しっかり強弱をつけて上々の滑り出し。歌に入ってからは初めての弾き語りということもあり、少しテンポが不安定でしたが、しばらくすると落ち着きました。全体的にまとまったいい歌と演奏を聴かせてくれました。めっちゃ練習したソロパートで少しミスが出たのがもったいなかったですね。演奏後「緊張した~!」と気持ちを解放していました。お疲れ様でした!

dscf1501

dscf1494
16番:田原さん「Água de beber / おいしい水」(2)
2回目の登場の田原さん。前日に急にぎっくり腰になり、同じ姿勢をキープするのが辛いため、急遽リハーサル無しになりぶっつけ本番で臨むことに。そんな田原さんが取り組んだのが当教室ではお馴染みの名曲「おいしい水」のソロギターです。ギターの構え方も急遽クラシック型に変更し、どうなることかと思いましたが、最後まで不安を感じさせることなく淀みなく演奏してくれました。構え方を変えたのがよかったのかな?レッスン時よりもよかったのではないでしょうか。いい演奏でしたね。ご苦労様でした!お大事に。

dscf1528

dscf1536
17番:中村さん「Vou te contar / 波」*(4)
4回目の登場の中村さん。曲は名曲「Wave」です。初めての弾き語りです。イントロでジャジーなソロを聴かせていざ歌へ。低音の素敵な歌声を披露してくれました。リハーサルではかけていなかったサングラスも相まって渋さ全開です。課題のリズムがちょっといい加減になるところはあまり改善できていませんでしたが、本番はあまり気にならなかったのでよかったです。間奏のジャジーなソロもバッチリ。エンディングのオクターブも渋く決めてくれました。大人の素敵な演奏という趣でした。熱演ありがとうございました!

dscf1615

dscf1601
18番:ジゲンさん「Take the A train / A列車で行こう」(10)
当教室の名物ウクレレ奏者、10回目の発表会のジゲンさんです。MCも上手いので、それもほぼお任せ。演奏をすることはミスなどを振り返らず今に集中するということで禅に通じるということを、笑いを混ぜながらも含蓄のある話しをして会場を盛り上げてからいざ演奏へ。曲はデューク・エリントンのスイングジャズの名曲。今年は他の曲も練習しながらずっと取り組んできた曲なので、安定感抜群でした。ほんとにいい演奏でした。過去最高のできだったのではないでしょうか?ご苦労様でした!

dscf1652

dscf1659
19番:高木”uetlo”雄一郎さん「Coração Vagabundo / 彷徨う心」*(4)
uetloこと高木雄一郎さん。ポップで独特なオリジナル曲が当教室でも人気です。今回はつい先週に大阪でライブがあり、高木さんも痛く感動されたカエターノ・ヴェローソの名曲に挑戦です。イントロの有名なフレーズから歌へ。さっきまで笑いに包まれて和やかだった会場の雰囲気を一変させるシリアスな歌と演奏に、お客さんも耳を澄ますように聞き入っていました。高木さんもライブ経験が豊富なので、終始落ち着いた演奏で安心して聞いていられました。素敵な歌声をありがとうございました!
参考動画→高木”uetlo”雄一郎「眠りのサンバ」

dscf1700

dscf1672
20番:長野さん「O pato / オ・パト」(5)
5回目の発表会の長野さんの登場です。曲はなかなかの難曲、佐藤正美さん編曲の「O pato」です。レッスンではなかなかノーミスで演奏することができず、テンポもキープできないなどかなり苦しんでいました。が、猛練習したのでしょうね。少しベース音を弾き間違ったり、ちょっとだけ止まったりもしましたが、最後までしっかり弾ききってくれました。音がまだ小さいのは課題ですが、なかなかのいい演奏になったのではないでしょうか。よく頑張ったと思います。本当にお疲れ様でした!

dscf1714

dscf1754
21番:ヒオンさん「A Banda / ア・バンダ」*(初)
初めての参加の柳希媛さん。取り組んだ曲はシコ・ブアルキの名曲「A banda」。最初、ステージに上がった時は、ちょっと緊張しているかなと思ったのですが、演奏が始まると初登場とは思えない落ち着きぶり。その美声をたっぷりと聴かせてくれました。ちょっとテンポが速すぎるように思いましたが、途中のギターソロもしっかり弾けていましたし、熱のこもったいい演奏でした。来年、彼女とはどこかで一緒にライブをするつもりなので、気に入った方は是非遊びにきてください。お疲れ様でした!

dscf1779

dscf1783
22番:河井さん「Eu sei que vou te amar / あなたを愛してしまう」(7)
7回目の発表会参加になる河井さん。曲はブラジルでは有名なバラード曲。バーデン・パウエルの演奏のヴァージョンで披露してくれました。ルバートの前半を強弱をしっかりつけて情感を込めて演奏。後半は河井さんの課題であるインテンポ時のリズムキープを、嫌がられながらもやったメトロノーム練習が身を結んだいい演奏になったと思います。少しだけミスタッチがあったのでそこはもったいなかったですね。でもそのハッキリした河井さんらしいクリアな音色で素敵なバラード演奏になっていました。ありがとうございました!

dscf1798

dscf1808
23番:吉田さん「Izaura / イザウラ」*(9)
9回目の発表会になる吉田さん。曲は可愛らしい曲調の「イザウラ」です。去年は生徒さんのトリを務めていただき、プレッシャーに押しつぶされそうになっていましたが、今年は2部ということもあり少しは気楽に演奏できたのではないかと思っていました。が始まると、少し声が震えていたのにびっくりしました。でも途中からは吉田さんらしい伸びやかな歌声で会場を包んでくれました。歌もギターも上手くなったな~と感心していたらエンディグの最後の最後でギターの音を間違うという痛恨のミス(笑)。惜しかったです。でもそれまではほんとにいい演奏でした。お疲れ様でした!

dscf1844

dscf1842
24番:奥野さん「My favorite things / マイ・フェイバリット・シングス」(10)
当教室のマエストロ・奥野さん。今年は左指を痛めてしまい、あまりギターを弾けず音楽理論のレッスン中心だったのですが、夏頃に回復しなんとか間に合いました。そんな奥野さんが取り組んだのがマイ・フェイバリット・シングスのボサノバアレンジです。前半は奥野さん得意のルバートでジャズバラード風の演奏。2番からアップテンポなボサノバアレンジに。間奏のソロも圧巻の演奏。もちろん演奏後は会場から割れんばかりの拍手が巻き起こりました。素晴らしいですね。感動しました。熱演ありがとうございました!

この後、第三部に続きます。

第14回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 / 第三部

16 / Oct / 2016 (sun) 第14回 発表会にて / 第三部

※演奏者名の後、「」内は曲名、*印は弾き語り、また()内は発表会の出演回数です。

dscf1872

dscf1864
25番:弘中さん「人生の花」*(8)
第3部のトップは8回目の登場になる弘中さんです。曲は大阪の誇る演歌ボッサの帝王・カオリーニョ藤原さんの「人生の花」に挑戦です。歌詞に相当の思い入れがあり、歌い出しから熱のこもった歌声を披露してくれました。いつもはクールに歌唱するイメージがある弘中さんですが、今回は熱唱といっても言いほどグッとくる歌で会場を圧倒していたと思います。ギターのややこしい押さえ方もしっかり自分のものにできていましたね。第3部のスタートを飾る熱演をありがとうございました!

dscf1885

dscf1894
26番:堀田さん「Olhos nos olhos / 瞳の中の瞳」(5)
5回目の発表会の堀田さん。今回はちょっとマニアックなシコ・ブアルキの隠れた名曲を選曲。堀田さんの敬愛する中村善郎さんのヴァージョンで演奏してくれました。ルバートの出だしからインテンポのBパートへ。上々の滑り出し。今年ずっとこれに取り組んできたので、終始安心して聞けました。最後まで集中力高く演奏し、この曲の魅力を上手く引き出して表現できていたと思います。ほんとによかったです。素敵でした。ありがとうございました!

dscf1929

dscf1915
27番:木島さん「Spain / スぺイン」U(3)
まだ3回目?と思うぐらい当教室ではお馴染みの感のある木島さんです。今回は超絶な難曲「Spain」のジェイク・シマブクロさんのヴァージョンに挑戦です。始まる前、本人曰く「7割の出来です。」とのことでしたが、本番はレッスン時の倍ぐらいの速さで聴く人を圧倒していました。確かに少し粗いところはありましたが、演奏後の会場のどよめきと拍手の大きさがそのインパクトを物語っていました。よくがんばりました。お疲れ様でした!

dscf1943

dscf1982
28番:木村さん「Kiss me / キス・ミー」*(6)
6回目の発表会の木村さん。演奏前のMCで、直前の木島さんの演奏の凄さを笑いに変えながら自分の空気に変えていました。落ち着いてましたね。今年はとあるバーで弾き語りをして場数を踏んできたのが良かったのか、ソロでミスをしても慌てることなく最後までその独特な可愛いらしい素敵な歌声を聴かせてくれました。いい演奏でした。ありがとうございました!

dscf2017

dscf2006
29番:まつげんさん「Por causa de voce / 君ゆえ」(4)
4回目の登場です。まつげんさんです。もうすっかりお馴染みですね。曲はジョビンとドロレス・デュランのバラードでバーデン・パウエルのソロギターヴァージョンです。今年は1年間に渡り、北加賀屋の「キッチンこもれび」さんで「まつげんさんの勉強会」というライブを月イチでこなしてきました。その甲斐あってかステージでもいつもより落ち着いて見えました。が、いきなりイントロでミス!どうなるかと思いましたが、すぐに気を取り直して最後までスムースに演奏を聴かせてくれました。トリルの多いアレンジですが綺麗に鳴らせていましたね。素敵な演奏をありがとうございました!

dscf2034

dscf2038
30番:洪さん「Isn’t she lovely / 可愛いアイシャ」U(5)
もう5回目の春香ちゃん。来年から女子高生と聞いてびっくりです。時の流れは早いものです。そんな春香ちゃんが今回取り組んだのはスティービーワンダーの名曲のソロアレンジです。背丈は大きくないですが、その落ち着きぶりと存在感でステージ上では大きく見えます。演奏も丁寧な演奏で、原曲の魅力をしっかり引き出せていたと思います。テクニックを見せつけるのではなく、表現力で聴かせる段階にきたんだな~と感慨深く聞いていました。ほんとにいい演奏でした。ありがとうございました!

dscf2062

dscf2076
31番:兵頭さん「Carinhoso / カリニョーゾ」*(10)
ソロ演奏の生徒さんのトリを飾るのは、10回目の登場の兵頭さんです。うちの弾き語りのエース的存在です。今回はブラジルの第二の国歌とも言われている超名曲に挑戦。エースらしく落ち着いた演奏と歌唱でどんどん会場の空気を変えていきます。かなりややこしいコードアレンジにしていたのですが、直前のイメトレが効いたのか一つもミスることなく最後まで集中力を切らさず、しっかりと聴かせてくれました。昔はトリをお願いしたら凄く嫌がっていたのに、今は自信がついたのでしょうね。堂々たるステージングでした。ありがとうございました!

dscf2094

dscf2102

dscf2110
32番:河口さん&西口「Samba do avião / ジェット機のサンバ」U(3)
ここからは僕とのデュオが2組続きます。まずは3回目の発表会になる河口さんです。曲はリオ・オリンピックの開会式でも流れていた「ジェット機のサンバ」です。有名なイントロを二人でユニゾンし、テーマに入ると河口さんがメロディーで僕が伴奏に回ります。甘い音色でメロディーを紡いでいく河口さん。2番では自分で鍵盤でアレンジしウクレレに置き換えた一番の聴かせどころのソロをしっかりと演奏してくれました。僕も伴奏していて凄く楽しかったです。熱演ありがとうございました!

dscf2116

dscf2118

dscf2124
33番:高さん&西口「Apelo / アペロ」(6)
そして僕とのデュオの2組目にして生徒さんの大トリは、6回目の発表会になる高さんです。曲はバーデン・パウエルの名曲です。イントロは有名なフレーズを高さんが、それに乗せてアドリブで僕がメロディーをつけました。テーマに入ると僕が伴奏に回り高さんがテーマのメロディーを演奏します。テーマからソロに移るところが一つの課題だったのですが、僕の伴奏がよくなかったのか高さんがめっちゃ走ってしまい少し慌てました。でもすぐにテンポを取り戻し、あとは最後まで集中力を切らさずにしっかりバーデンの曲の世界観を表現してくれたと思います。難しいのによく頑張ってくれました。本当に大役お疲れ様でした!

dscf2158

dscf2150

dscf2143
34番:西口(講師)「Se todos fossen iguais a você / すべてがあなたと一緒なら」
そして恒例の僕のソロ演奏で締めました。曲はジョビンの名曲をバーデン・パウエルのアレンジで演奏。いつもの発表会では、この時点でくたくたで、演奏どころではない感じなのですが、今回はなんとか落ち着いて弾くことができました。

最後の挨拶をしました。
dscf2161
改めて、参加してくださった生徒の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場の「IOR?I/雲州堂」のスタッフの皆さん、そしてなによりご来場いただいた観客の皆様、本当にありがとうございました。

今年はまた新しいスター(?)も登場しましたし、ベテラン組もさすがと思わせてくれる演奏が聴けて、本当に中身の濃い発表会になりました。個人的にもすごく楽しかったです。そして年々来場者が増えてプレッシャーもありますが、ありがたいと思っています。

このHPの感想をアップするために、当日の録画を見直しましたが、やっぱり練習はウソをつかないと思いました。どんなに緊張して手が震えたり、声が上ずっていても、練習の成果はステージに現れるし、舞台の上ではやっぱり嘘はつけないんだと再認識しました。また来年もチャレンジしてくれる生徒さん達と共に僕自身も頑張っていきたいと思います。ありがとうごさいました。

それでは恒例の番外編へと続きます。

第14回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 / 番外編

16 / Oct / 2016 (sun) 第14回 発表会にて / 番外編

ここからは番外編で、楽しかった打ち上げの模様です。 本番とはまったく違う雰囲気です。

まずは乾杯の挨拶。ここはすごく手短です。
dscf2169

かんぱ~い!みんなお疲れ様でした~!!まずはこの一杯がしみる~。
dscf2171

運ばれる料理を食べつつ
dscf2173

みんなの演奏がはじまり
dscf2175

演奏したり、しゃべったり、飲んだりとみんなそれぞれの自由な楽しい時間です。
dscf2179

僕も演奏しました。今回はウクレレでレッド・ ツェッペリンの「移民の歌」を。
dscf2181

最初はじっくり聞いて、あとは、例の「あああ~あー!」の所を歌ってくれたみんな、ありがとう。 
dscf2196

奥野さんも登場。18番のレッド・ツェッペリン「天国への階段」です。ツェッペリン重ね!
dscf2200

11月に一緒にライブをする兵頭さんも登場。こっちは酔っぱらって最後まで弾けず終了!(笑)
dscf2201

最後は僕ら夫婦が「Para Machuchar Meu Coracao(プラマシュカ・メウコラソン)」を。優しい拍手ありがとうございます。
dscf2203

「宴もたけなわですが・・」最後のご挨拶を。
dscf2217

そして今年は高木さんに恒例の一本締めを頼みました。ありがとうございます。
dscf2228

お手を拝借、イヨーオ、パン!
dscf2230

ありがとうございました~!!!
dscf2231
てな具合で、ボサノバギター&ウクレレの第14回発表会も無事終了!長い一日が終わりました。おなごり惜しい気持ちの中、みんなをお見送りしました。本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました。関わって下さったみなさまに心から感謝です。

改めて出演者の皆様、会場の「IOR?I/雲州堂」の皆様、それから、発表会を影で支えて受付等スタッフの皆様、そしてなにより、ご来場いただいた多くの皆様に、心より感謝いたします。長時間お付き合いいただき本当にありがとうございました。
おかげさまで、今年も無事に終わりました。また来年もよろしくお願いいたします。

このページのtopへ