recommend

講師の好きなギタリストを紹介。他にもいっぱい紹介したいギタリストや、ギタリスト以外でも書きたい人などたくさんいますが、それは今後時間があるときに。ブログの「recommend」でも色々書いてますので、そちらもご参照下さい。

★ジョアン・ジルベルト
(Joao Gilberto)

joao

説明不要のボサノバの神様。初来日公演も東京まで見に行ってきました。実際に生で見て、ある意味、凄まじいまでにパンクな人だと思いました。個人的に思うのはボサノバとは本当の意味ではジョアン固有の音楽で、それ以外は全て亜流だと思ってます(悪い意味ではありません)。音源はどれも大好きですが、フェイバリットはやはり 『 三月の水 』 。若かりし頃、夜中に友人の家でこれを初めて聴いたとき、その場にいた全員が揃って息をのんで引き込まれました。衝撃でした。

★バーデン・パウエル
(Baden Powell)

baden

ギターの鬼。鬼才。そういう言葉がピッタリとあてはまる人だと思う。「鬼気迫る演奏」とはこの人の全盛期のようなことを指すんだと思う。そのパーカッシブな演奏はめちゃくちゃ衝撃的で憧れました。『 a Vontage 』 は永遠の名作です。この人の演奏を初めて聴いたときは「あ、無理・・・こんなん弾けん・・・」と思いました。そして色んな曲の譜面を見たら余計にそう思った(笑)。それでもどうにかこうにか何曲かはモノマネ程度には弾けるようになりました。そのことが自分のスキルアップに相当役に立ったのは言うまでもありません。教室でも年々バーデンをやる人が増えていてバーデン道を歩む頼もしい仲間がたくさんいます。

★アグスティン・ペレイラ・ルセナ
(Agustin Pereyra lucena)

lucena

アルゼンチンが生んだボサノバ系ギタリスト。バーデンを端正にしてより洗練させたようなその演奏は、スタイリッシュかつオリジナリティ溢れるかっこよさ。オリジナル曲もいい曲が多いです。センスのかたまり。是非聴いてほしいギタリストです。ルセナの曲を演奏してみました。→「Despues de las seis
来日の時の感想ブログはこちら→

★トッキーニョ
(TOQUINHO)

TOQUINHO

バーデンと並び称されるブラジルギター界の重要人物。ヴィニシウス・モライスと組んだアルバムも味があっていいですが、個人的には若い頃のインスト中心のアルバムが好きです。特にこの「Toquinho tocando」はオススメ。リズムにキレのある見事なギター捌きは格別。明るいアップテンポのものから哀愁漂う(サウダーヂ?)泣きのマイナーチューン、リリカルな小品まで聴き応えありまくりです。是非!
※Baden Powellの「Deixa」を、Toquinhoのアルバム「A bossa do Toquinho」のバージョンを参考に演奏してみました。→「Deixa

★グラント・グリーン
(Grant Green)

GG

「ワン・アンド・オンリー」。
よく使われるこの言葉が凄く似合う人だな~と思う。聴けば一発で分かる。その手癖にまみれた(笑)朴訥と弾かれるフレーズは、特にバラードで沁みてきます。ウマく(テクニックがあるように)聴こえるギタリストが好きな人からは、よくボロっかすに言われるけど、僕は大好きです。「ウマいだけ」の人にはない独特の 《 味 》 があるので。

★ウエス・モンゴメリー
(Wes Montgomery)

wes

説明不要。ジャズ・ギターの巨星。聴いていつも思うのがリズムのノリが凄いな、と。めちゃくちゃかっこいい。聴いてるとため息が出ます。右手は親指ピッキングだけ(たまに人差し指も使うらしい)というのも凄いけど、人間性が滲み出ているようなフレーズすべてに溢れる歌心。譜面が読めないという逸話を聞いて、勇気づけられたな~(笑)。

このページのtopへ