Salon de bossa nova & wine & records workshop 無事終了!

初のワークショップ「Salon de bossa nova & wine & records workshop」が無事終了しました。

場所は天満橋にあるワインとレコードのお店「 salvis wine&records 」 です。今年の1月に初めてライブをさせていただいたお店です。

左がレコード担当の「naniwa01」氏。ボサノバのレコードを持ってきていただきました。コロナ禍なので全員マスク着用でスタートです。

僕が基本しゃべって「naniwa01」さんにもフォローしてもらいました。

ギターでの生演奏もちょっとだけしました。

第一部
1.Garota de Ipanema/イパネマの娘
2.Manha de carnaval/黒いオルフェ
3.A Felicidade/フェリシダーヂ

第二部
1.Corcovado/コルコヴァード
2.Agua de beber/おいしい水
3.Coracao Vagabundo/コラサォン・ヴァガボンド
4.I can’t give you anything but love/捧ぐるは愛のみ

ご来店いただいた皆様、本当にありがとうございました。 またスペシャルゲストでお手伝いしてくれた「naniwa01」さん、サルビスの野口さんには今回も本当にお世話になりました。ありがとうございます。おかげ様でとても楽しめました。

また機会があればやってみたいと思います。その時はよろしくお願いいたします。

教室がちょこちょこ変わってます。分かるかな?その2 ギター椅子張り替え 

10年以上使ってきた愛用のギター椅子がボロボロになってきました。でもこの椅子は現在生産中止なんです。

ここ数年、ギター椅子を探して色んな楽器店に行ったのですが、この椅子みたいに、ワンタッチで上げ下げが出来てその高低差が広い椅子はなかったので、今まで使い続けてました。

椅子の張り替え業者をネットで調べても、ピンとくるサイトもなく、知ってそうな生徒さんにダメ元でちょっと聞いてみたら、すぐ業者さんを紹介してもらって・・・

今まで通り、黒色でアルコール消毒できる生地(日本製)を選んで、張り直してもらいました。そして届いた椅子が・・・

めっちゃ座り心地いい!中のウレタンを多くしてもらったのでリッチな座り心地!でもまた地味すぎて5日経っても全然生徒さん達が気づかない!!(笑)

写真で比べてみると・・・

Before
after

リッチな座り心地を感じる、椅子の厚み・・・分かっていただけますでしょうか?もとの椅子の値段よりもちろん張り替えの方が高くかかったけど、まったく後悔なし!機能性もキープできて、座り心地もいいので、これでまた10年はいけるかな?

今回は業者を紹介してくれた生徒さんに感謝です。大切に使います。

久々のライブのお知らせ

雲州堂で久しぶりにライブをする事になりました。しかも初の単独ライブです。

いつも教室の発表会でお世話になっている「雲州堂」。コロナ禍で休業要請の対象になり大変だったみたいですが、7月からようやく始めるそうです。「ぜひ!」と声をかけてもらったので、とりあえず今回は僕一人でライブをしてみる事にしました。

2部構成で、途中休憩&換気をはさみつつ、オリジナル曲を中心に演奏する予定です。今回はコロナ禍なので、完全予約制の20席限定での開催です。お手数ですが予約の程よろしくお願いいたします。お時間ありましたら、ぜひ雲州堂に遊びに来てください。

さっそく予約してくださった皆さまありがとうございます。当日お待ちしております。

矢野さんのYoutubeチャンネル

今回は矢野さんのYoutubeチャンネルの紹介です。

去年一緒に浴衣ライブをした時に販売してた10曲入りCD「光でいっぱい」(1500円)にも入ってる曲です。ギターと声だけの録音でじっくり聴きたい1枚です。

↑他にもオリジナル曲が沢山アップされているので聴いてみてください。

写真は去年の夏のライブで販売していたCDの数々。新作「光でいっぱい」は一番右の白いジャケの奴です。

矢野さんも今年はコロナであんまりライブが出来てないみたいだけど、ライブもちょっとずつ再開しているみたいなので、チェックしてみてください。

ライブ情報などはこちら→「矢野一希

こっちの曲もオススメ→「檸檬

教室がちょこちょこ変わってます。分かるかな?その1

教室の照明器具が変わりました。

って、地味すぎて1週間たっても誰も気づかない!(笑)

今回の決め手は・・・

「寝室におすすめ」じゃなくて・・・

文字が見やすく「ラク見え」って事で、デザインより、しっかり楽譜を見える明るさを重視しましたよ。

取り付けた時はちょっと明るすぎて笑ってしまったけど、普段はカフェ風の暖かい色にも微調整できるし気に入ってます。

KAMAKA(カマカ)ウクレレ拝見!

生徒さんが新しいウクレレを持ってきました。

ハワイの1916年創業の「KAMAKA(カマカ)」ウクレレです。中古品で2005年製だそうです。

めちゃくちゃイイ音がしていました。コロナ禍だったのでネットで購入したそうです。「島村楽器オンラインストア」で8万円。安い!ネットで買って失敗した人も多いのに、これは当たりですね!

ウクレレらしい柔らかい音色で、ますます弾きたくなるんじゃないかな?

本当は5月にハワイへ行って買おうと楽しみにしていたOさん。コロナでなくなってしまったけれど、本場のいいウクレレが手に入って良かったですね。

今回も見せてくれた生徒さんに感謝!ありがとうございます。

またまた手作りマスクいただきました。

またまた手作りマスクをいただきました。(自慢!)

男性用2枚と女性用2枚。カワイイシールが貼ってある方が男性用だそうです。

裏地は我が家にまだ届いていないアベノマスクのガーゼ。色はハーブ茶で染めてベージュ色になってます。白だと目立つけど、ベージュ色だと、どんな服装にも合うし嬉しいな。

マスクの上側は青い糸で縫ってあるので、よく上下を間違える私にはありがたい!

夫が最近はコレばっかりつけてレッスンしています。めっちゃ気に入ってる様子。私が裁縫まったくできないので、ありがたいです。やっぱり裁縫ができる女の人はかっこいいな。憧れます。これを機に私も裁縫を・・・?(ムリムリ!)


追記:その後・・・

我が家にもアベノマスク届きました!6/15の朝でしたよ。

祝・サルビス2周年!

サルビスに打合せで行ってきました。

壁のレコードが全部、みどり色!

この日はサルビス2周年記念イベントの準備で、お店のカラーである緑色のレコードジャケットを飾ってました。

ジョアン・ジルベルトのレコードが。こんなジャケもあるなんて。初めて見ました。

その後、お祝いの品々がいっぱい届き・・・「ん?」

「近鉄バファローズ」の帽子をサルビスバージョンにして送った人がいたみたいで、面白い!よく見ると手書き??

こちらはノンドセタイプのカヴァ。ピアノ柄のエチケット。これは鍵盤1枚1枚が別々のシールになっていて、貼っていくの大変そう。手が込んでるな。

こんな所にもこだわりのピアノの鍵盤マークが。開けるのがもったいない?!

ワインのエチケットとレコードのジャケットを合わせてみたりして・・・サルビスらしい遊び。レコードは「ジャック・モントローズ(ts)とピート・ジョリー(p)の小粋な盤」だそうです。

その後、ジョー・パスのレコードも聴かせてもらって、常連さんとお話したり、楽しかったです。

ワインが飲めたらな~。(下戸の嘆き。)

教室のお花

去年買ったミニバラが今年もなんとか咲いたので教室に飾ってみました。

飾ってみるとなんとなく「ブラジルカラー」に。ボサノバ教室らしい?

今月はオンラインレッスンが減って、教室に通う生徒さんが増えたので、このバラを見る人も多くなりそうです。6月末は初の「ワークショップ」のイベントが。ちょっとずつ「弾きこもり」生活から教室も変わってきてますよ。

サルビスにてボサノヴァのワークショップを企画します。

天満橋にあるワインとレコードのお店「salvis wine&records」 にて今年2回目のイベントが決まりました。

今回はボサノバの歴史などワークショップ的な内容でお送りいたします。2部構成で、途中休憩をはさみつつ、たっぷりワインと音楽を楽しんでいただければと思います。選曲は割とベタです(笑)。入れ替え制ではありません。ちょっとしたおつまみも出ますので、昼下がりにのんびりと飲みつつ、演奏とレコードとトークを楽しんでいただけたらと思います。お楽しみに!

席数が限られておりますので、ご予約の程よろしくお願いいたします。

こちらのワークショップは無事終了いたしました。ありがとうございました。

今回は実験的な内容なので、ちょっとどうなるか?初めてのワークショップです。ドキドキ・・・

早速サルビスからフライヤーが届きました。初のワークショップ、がんばります!