ウチの教室が取材を受けました。

先日、30分ほどリモートで取材を受けました。教室の強みやボサノバを始めたきっかけなど色々聞かれて緊張したけれど、教室の事を考えるいいきっかけになりました。

インタビュアーの「おいな」さんは同志社大学の学生さんで、ちょっとギターを買って弾いていた事があるそうです。「なぜウチの教室を取材する事にしたんですか?」と逆にこちらからも質問すると「大阪はギター教室が多いじゃないですか?で、フラメンコギターもけっこうありますけど、ボサノバギターは珍しいなと思いまして。生徒さんが演奏するYouTubeとかもやってらっしゃいますし、面白そうだなと思って連絡しました。」とのこと。なるほど。

同志社大学のOBが運営する「Music Training」と言うサイトにアップされましたので、よかったら見てみてください。

大阪ではここだけ!?ボサノバギターを一から丁寧に習えます!」をチェック。

この記事をSNSでシェア!

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA