生徒さんの思い出。手書きの楽譜。

生徒さんからフラメンコギターの楽譜を見せてもらいました。その生徒さんが若かりし頃に習っていた思い出の楽譜だそうです。

だいたい40年くらい前の楽譜で、その当時は手書きだったそうです。印刷方法も今とは違う「青焼き」です。

見ていると手書きもいいなと思いました。その人のセンスが分かる様な曲名の文字の感じ。もうその先生はお亡くなりになられたそうですが、会ってみたかったなと楽譜の文字を見て思いました。ウチの教室でも簡単なものは手書きにしようかな?手書きに憧れを感じました。文字は綺麗な方じゃないから自信ないですけど。

今回も持ってきてくれた生徒さんに感謝!ありがとうございました。

追記:このブログを見て、他の生徒さんが「僕も実はあのブログの楽譜、持ってるんです。」と言う方が・・・!同じ神戸の故・三好保彦先生に習っていたそうです。びっくりしました。

この記事をSNSでシェア!

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズを愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、アグスティン・ペレイラ・ルセナ、ジョー・パスなどがフェイバリット。

「生徒さんの思い出。手書きの楽譜。」への2件のフィードバック

  1. 私も今から50年以上前に三好先生に師事していました。先生手書きの青焼きの楽譜をいくつか持っています。今も私の宝物です。ギターは先生の紹介で購入した田村ギターです。これも当然私の宝物です。

    1. 佐野様
      初めまして。コメントありがとうございます。
      そうだっだんですね。三好先生からの宝物がいっぱいあって幸せなことですね。素晴らしいです。
      あの手書きの丁寧な楽譜を見たときは、三好先生のお人柄が現れているんだろうなと思い感服しました。
      素敵なお話ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA