インスタで見た鴨ロースが食べたくて・・・リベルテのディナー

玉造の美味しいビストロ店「Bistro LIBERTE」へ行ってきました。

夜に来るのは久しぶり。

外観。フランス料理だけど、夜も割とリーズナブルで玉造では人気のお店です。

下戸なので、ノンアルのオリジナルソーダで乾杯!今回は清見オレンジのシロップ×ソーダです。

さてさてインスタでみた鴨ロースのお味はいかに・・・ドキドキ。

まずは前菜。盛り合わせにしてもらいました。まんべんなく色々食べれるので嬉しい。

本日のポタージュも注文しました。寒い日だったのであたたかいスープが嬉しい。

キター!「鴨ロースのロティ」。インスタで見た奴です。ちょっとカモ、大きくないですか。

肉厚です。野趣あふれる盛り付け。こんなブロックで鴨を食べたのは初めてです。

そしてだいぶ美味しい。この量にビックリしたけど、店主によると量は昔と同じだそうです。「切らずに出したらインパクトがあって、こっちの方がお客様に喜んでもらえるので最近はこんな感じなんです。」とのこと。そうなんだ。盛り付けでこんなに印象が変わるなんて・・・面白いです。

「サーモンのクリームリゾット」。

こりゃだいぶお腹いっぱいになるな。優しいお味で美味しいです。

最後にデザート。「自家製カスタードが入ったシガレット」。葉巻みたいな形の外側がパリパリ、中がカスタードクリームたっぷりのお菓子。記念日だったので、即興でロウソクを立ててもらいました。ありがとうございます。

大満足。

最近は凝りに凝って、見た目ではどんな料理か分からない様な料理の盛り付けも多いけど、長田シェフの料理は見た目通りのお味です。でも見た目通りなのに、食べた時にビックリするほど美味しい。いつもブレない美味しさです。

美味しいそば屋さんとか、とんかつ屋さんみたいな感じかな?見た通りの味なんだけど、食べるとちょっとビックリする。

パンもデザートも手作りしないと、気が済まないシェフならではのこだわりが感じられて楽しいです。

またコロナが2類から5類になったら、すぐ貸し切り予約して「tempo delicioso(おいしい時間)」を復活させたいですね。いつになるやら。

今回は夫婦でだいぶお腹一杯になりました。リーズナブルだし、席も広いし、オススメのお店です。ぜひ予約して食べに行ってみてくださいね。

追記:生徒さんから「コロナ禍になって教室のブログからグルメのネタが少なくなってさみしいです。」とのお言葉が・・・またこれからちょっとずつアップしていきますね。とは言えギター教室なので、以前の様な食べ物ブログになってはいけないと思っていますが。笑!

この記事をSNSでシェア!

投稿者: Yukiko

講師の妻。教室ではお茶出しやフライヤーのデザインをしています。ジャズ・ボサノバが好き。楽器は弾けませーん!聴く専門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA