ブラジル料理・シュラスコ食べに行ってきました。BRASILIANO / ブラジリアーノ(神戸)

お肉用のソースも何種類かあって、テーブルに取ってきました。

このオニオンとか入ってる野菜のソースは前回「celia house」で、あっさりしてて美味しかったソースと同じ感じです。シュラスコへの期待が高まるな。

キター!お肉はこんな感じで切ってくれます。どんどんきます。

気が付いたら、鶏肉、豚肉、牛肉と・・・次々に皿に盛り付けられてビックリ。もちろん「いらない」って言ってもOK!好きなお肉だけもらってください。

ソースをかけて頂きます。あー、美味しい!一番人気の「ピッカーニャ(イチボ)」が来るまではストップしませんよ。

海を見ながら・・・

なんて、最初は優雅に食べてたけど・・・

「カロリーゼロ!」とか言われて、笑ってたらどんどんお肉が増えて・・・早くも苦しいです。死ぬ!一番奥のレアっぽい焼き加減のお肉がピッカーニャです。他のお肉も味付けがちょっと違うから面白い。楽しいけれど、もう限界!

赤い船が入ってきました。この時点で、もうお腹がはち切れそう。なのに僕らより先に来ていた外国人のグループは僕らが帰るまでずっと肉を食べ続けてました。すごい!身体が違う!

あーもうダメ。赤色のお肉終了のサインに切り替えました。

でもブラジル人のお味噌汁の様な存在、母の味でもある「フェイジョアーダ」だけは食べたいと思って取ってきました。手前の黒い豆のスープです。

今まで「フェイジョアーダ」を何回か食べてきたけれど、毎回「日本人向けの味付けにしてあるよ。」「現地はもっと塩辛いよ。」って言われてきたけど、このお店の「フェイジョアーダ」は一番塩辛かった!これが本場なのかな?

なんか豚骨ラーメンを食べた時の喉の渇き方に似てる。「フェイジョアーダ」恐るべし。

鳩がおこぼれをもらいにきました。鳩とかが嫌いな人は室内で食べる事をオススメします。僕らは海も見えて、季節もよかったから外にして正解!

平日なのにお店は気が付いたらテラスも室内も満席。人気のお店ですね。

めちゃくちゃ楽しかったです。晩御飯はイチゴとスイカとヨーグルトしか食べれませんでした。(朝食メニューやん!)

以前、生徒さんで本場サンパウロでシュラスコを食べて、めちゃくちゃ美味しくて、食べすぎてしまい吐いた人がいて「酒じゃなくて、肉で吐いたのは人生であの時だけ」って言う名言(?)を残して僕を爆笑させたけれど、危うく神戸でそうなる所でした。リピはないけど、めちゃくちゃ楽しかったです。

教えてくれた生徒さんに感謝。そしてこのブログを見ているボサノバギターを習っている生徒さん達にもオススメです。

神戸もいいですね。

追記:後日知ったのですが、接客してくれたアルバイトの女性の方が、生徒さんの姪っ子さんだったそうです。「ブラジルが好きなの?」って聞いたら、生徒さんいわく「いや、たぶん韓国・・・」って言って面白かったです。

この記事をSNSでシェア!

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズを愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、アグスティン・ペレイラ・ルセナ、ジョー・パスなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA