出演者が決まってきました。発表会2022

発表会の出演者がぞくぞくと決まってきました。いよいよですね。

初登場の方々もいて、教室では早くも「緊張する~!」って言う声と笑いが・・・。毎年見てるけれど、今回は会場も違うし、どうなるのかまったく読めないです。観客とか何人くらい来るのかな?・・・と思ったり。

そして教室初のPAなし(電気を通さず)生音での発表会なので、PA中の繋ぎのMC(喋り)もいらないので、司会はありません。演奏者が好きにステージングしてもらう形になります。(交流会と同じスタイルです。)名前と曲名だけ言ってもらって、その他のMCはお任せします。名前と曲名も、演奏の前に言うか、後で言うか、自分が好きなタイミングでステージングしてもらえればと思います。

それぞれがアーティストで、持ち時間があって演奏する、ライブハウスの様な感じかな。

新しい発表会のスタイルが見ている人にも演奏している人にも楽しいものになればと思います。

こう毎日が暑いと、秋ごろ(10月)のイメージがわかないけど、本当に毎年あっという間に本番の発表会の日を迎えます。準備をしすぎて困る事もないので、色々、当日の持ち物を忘れない様にメモっておくとか、当日の衣装を考えておくとか、出来る事から少しずつ準備していきましょう。

よろしくお願いいたします。

発表会の詳細はこちら→「第19回発表会2022」をチェック。

今年の皆さんの演奏する選曲も楽しみです。また決まり次第、HPにアップしていきますので、お楽しみに!

この記事をSNSでシェア!

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズを愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、アグスティン・ペレイラ・ルセナ、ジョー・パスなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA