7-A音楽会 Vol.11にて

687[1]

遅くなりましたが2/28(sun)のライブで演奏を聴いてくれた方々、共演の方々、誘っていただいた「kisetsu/ame」の瀬藤君、ほんとにありがとうございました。

ギターポップ好きの人たちが集まるお店・イベントで、オレなんかが出ていいんだろうか?と思いながらも、好き勝手やらせていただきました。
なかなか楽しかったです。

4/25(sun)に、その瀬藤君と一緒に、いつものFULL CIRCLEでライブをやらせていただきます。
このときはまた違う雰囲気になると思います。
よかったら遊びに来てください。

live at the cafe FULL CIRCLE vol.5

live at the cafe FULL CIRCLE vol.5

3/7(sun)のライブにお越しいただいた皆様、足下の悪い中ありがとうございました。そして会場のFULL CIRCLEさん、共演の野中さん、お疲れさまでした。遅くなりましたが当日の模様です。

今回も特別メニューを用意して下さいました。
692[1]

大好評だった大根と鶏そぼろのあんかけごはん。
693[1]

サンドイッチ。これも美味かった!
694[1]

そして僕がいつも楽しみにしているデザート。今回もヤバいぐらい美味かったです。カスタードクリームに開眼したというだけあって絶妙の甘み。通常メニューになれへんかな・・・。
695[1]

まずは野中さんのソロ。相変わらずいい音色です。
698[1]

699[1]
緊張するんかな~と思ってたんですが、その心配は杞憂に終わりました。ほんまにいい演奏で、彼女のこのライブにかける気持ちが伝わってきて、とてもうれしく思いました。素敵な演奏をありがとうございました!

そして僕の演奏。
700[1]

701[1]
今回は少し実験的なことをいくつか試しました。自分なりにではありますが、手応えを感じたので、煮詰めていけたらと思います。

そしてこのシリーズライブ初のデュオで3曲演奏。
とても気持ちよく演奏できました。楽しかった!
703[1]
今回も満員のお客さんで、お店の雰囲気もいつもどおり和やかで、生徒さんの演奏もとても素敵で、しみじみと幸せな環境に恵まれてると感じました。これからもこういう時間を積み重ねていきたいと思います。

次回は4/25(sun)、7-A音楽会で共演した瀬藤くんと「live at the cafe FULL CIRCLE vol.6」一緒にやります。是非遊びに来てください。

第1回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 交流会

7 / Feb / 2010 (sun) 「tempo delicioso 1」

今年から実験的に始めた生徒さんのみのプチ発表会&交流会「tempo delicioso(おいしい時間)」。その記念すべき1回目の写真です。場所は玉造の「バカンス食堂」です。目的は「場慣れ」と「生徒さん同士の交流を深める」こと。発表会でおなじみの方が多いですが、新人さんも久々に参加の方もいて楽しい時間になりました。こういう場所から新たなユニットが生まれたりしたらいいですね。まだ段取りなど手探りでバタバタしましたが、もっといいものにしようと思いますので、次回もよろしくお願いいたします。 (本番の発表会ではないので、個別のコメントは控えます)

Nishiken
Nishiken1

近江さん&北村さん
oumisankitamurasan

遠藤さん
endousan

弘中さん
hironakasan

木戸さん
kidosan

岡本さん
okamotosan

ジゲンさん&Nishiken
jigensan

久野さん
kunosan

橋本さん
hashimotosan

高木さん&野中さん
takagisannonakasan

杉永さん
suginagasan

内海さん
utsumisan

live at the cafe FULL CIRCLE vol.4

live at the cafe FULL CIRCLE vol.4

ウチの教室から、どんどんアーティストが育っていってくれたら・・・と思い2009年(教室をはじめて4年目あたり)から、自分企画のライブ「live at the cafe FULL CIRCLE」に生徒さんを迎えてライブをしました。今回は久野さんとの共演です。

大雨の中、お集りいただいた皆様、そして出演していただいた久野さん、会場のFULL CIRCLEのみなさん、ありがとうございました。

当日の模様です。

まずはFULL CIRCLEさん入魂のフードです。
menu_p[1]

soboro_p[1]

sand_p[1]

sweets_p[1]
いつも美味しい特別メニューを用意してくれるFULL CIRCLEさん。今回も力作ばかりで、演奏前に腹一杯食べてしまいました(笑)。個人的な今回の一押しは「マロンのカスタードクリーム」。
ほんまに美味かったっす。いつもありがとうございます。

そして久野さんの演奏。
img091102231617_p[1]

img091102231636_p[1]
ギター初心者だった彼女がいつの間にか、ほぼオリジナル曲だけでライブをするほどに成長していました。独特な声を活かした曲作りとそのパフォーマンスは、会場をゆったりとした空気で包んでくれました。ずっとレッスンをしていた自分としては、相当に感慨深いものがありました。むちゃくちゃ緊張していたと思いますが、いい演奏でした。本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

そして僕の演奏。
nishiguchi_p[1]
今回はライブのタイトル[departure from bossa nova]を意識して、僕もオリジナル曲だけで通しました。ライブ全体を通して、ご来場いただいた皆様の温かさと、FULL CIRCLEの持つ素敵な空気感のお陰で、自分のやりたかった形のものが具現化できたと思っています。関わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。

これからもFULL CIRCLEでのライブをシリーズ化して、いいライブを提供していきたいと思っています。 来年は3月から奇数月で企画していければと思っています。またよければ遊びに来てください。
次回3月は野中さんを迎えて「live at the cafe FULL CIRCLE vol.5」です。お楽しみに!

第7回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 前編

Oct / 11 / 2009 (sun) 第七回・秋の発表会にて / 第一部

会場を「IOR?I/雲州堂」に移して、新たな気持ちで望んだ第七回目の発表会。今回もお天気に恵まれ、いい感じでリハも終わり、本番に望みます。その模様を写真で振り返ります。

zentai1
まずは全員で集合写真。

zentai2
普通に撮った後、カメラマンの一言で全員で「エイエイオー!」(笑)

rensyu1
雲州堂は楽屋が舞台の真上なので、本番中は練習ができません。なのでこの空いた時間を利用して、みんな必死に練習していました。なんだか微笑ましい風景です。

MC
そしていよいよ本番がスタート。今回もたくさんの方に足を運んでいただきました。ありがとうございました。

MC2
司会は今回も主宰の西口が担当です。少しはしゃべりも上達したと自分では思うのですが、実際はどうなんでしょう? 相変わらずこれが一番緊張します(笑)

endousan1

endousan2
1番:遠藤さん「Corcovado」
今回のトップバッターは三回目の参加になる遠藤さんでした。曲はボサ・スタンダードの「コルコバード」。ソロギターで演奏しました。後半のソロパートはご自分でアレンジを施して、非常にかっこいいものに仕上げてくれてました。コードフォームを巧みに変えながら、メロディーを紡いでいくその手腕は素晴らしいです。衣装もおしゃれだし、キマってますよね。かっこいい大人の見本です。ありがとうございました。

endousan_yoshidasan_1

endousan_yoshidasan_2
2番:遠藤さん&吉田さん「Time after time」
遠藤さんのラブコールで実現したデュオ。吉田さんは2回目の参加です。曲はシンディ・ローパーでおなじみの「タイム・アフター・タイム」。直前まで近所の中之島公園で練習する熱の入れようで、もちろんそのパフォーマンスは素晴らしいものでした。吉田さんのキュートな声に絡む遠藤さんの渋いコーラスとギター。かっこいい。これも大人の魅力ですね。ありがとうございました。

yoshidasan1

yoshidasan2
3番:吉田さん「Lovefool」
そして遠藤さんが引いてステージに残った吉田さんが披露してくれたのは、スウェディッシュ・ポップのカーディガンズの「ラヴフール」。曲調も雰囲気も吉田さんにぴったりで、とても心地よく耳に響いてきました。ちょっと緊張気味(?)のようでしたが、それでもこんなに歌えるなんて。とても2回目の参加には見えない堂々としたステージでした。次回はどんな曲に挑戦してくれるのか、今から楽しみです。お疲れさまでした!

tateishisan1

tateishisan2
4番:立石さん「Raindrops Keep Fallin’ On My Head」
そして初登場の立石さん。曲は「雨にぬれても」。とにかく英語の発音がきれいで歌がうまい!全体のアレンジはサザンの関口さんと竹中直人さんのアルバム「口笛とウクレレ」収録のverを参考にしたのですが、エンディングは原曲を参考にテンポの速いフレーズを作りました。それを入れるかどうか前日まで悩み、結局やらないことにしていたのに、本番あっさりとやってのけました(笑)。しかも3回ぐらいリピートなのに1回だけ(笑)。肝っ玉があるのかないのかよくわかりません(笑)。でも素敵な演奏でしたよ。ありがとうございました!

imamurasan1

imamurasan2
5番:今村さん「人生のメリーゴーランド」
今回が2回目の挑戦になる今村さん。曲はジブリの『ハウルの動く城』の挿入歌「人生のメリーゴーランド」です。今回の参加者の中で唯一のフォークギター使用です。フォークギター特有の「シャリーン」とした音色が耳に心地よかった。練習のときよりも相当緊張されてたようですが、途中から調子を取り戻し、最後までしっかり演奏してくださいました。次回もまたがんばりましょうね。よろしくお願いします!

nadasan1

nadasan
6番:灘さん「街の灯り」
久々に登場の灘さん。4回目の挑戦です。そして初のうたものです。曲は堺正章さんの名曲「街の灯り」です。元々ロックバンドでボーカルを担当しているだけあって、その歌唱力は圧巻でした。めっちゃかっこよかった。練習していた間奏部分もしっかりと弾けたし、下で聴いていて、僕は非常に手応えを感じました。お客さんの拍手も一際大きかったような。素敵でした。ありがとうございました!

katakamisan1

katakamisan2
7番:片上さん「主よ、人の望みよ喜びよ」
こちらも久々の登場の片上さん。今回で2回目です。曲はバッハの「主よ、人の望みよ喜びよ」。実は前回もこの曲で参加の予定だったのですが、もう一つ思ったような仕上がりにならず、さらに半年研鑽を重ねて、満を持してのこの日でした。その甲斐あって、とてもいい演奏ができたと思います。プロの人が弾くような達者な演奏ではなかったかもしれませんが、その演奏にはこの曲の新たな魅力に気づかされるような気がしました。ほんとにお疲れさまでした。次回も楽しみにしています!

hironakasan1

hironakasan2
8番:弘中さん「She」
初登場の弘中さん。曲は映画『ノッティングヒルの恋人』の挿入歌で、エルウ゛ィス・コステロが歌ったシャルル・アズナブールの名曲「She」。コンサートウクレレの柔らかい音色で紡がれてゆくメロディーは、聴く人の心をグッと掴んでいました。初めての参加とは思えない落ち着きで、とても素敵な演奏だったと思います。
レッスンでも非常に積極的にいろいろな曲にチャレンジしているので、これからがまた楽しみです。これからもよろしくお願いします!

sakaisan1

sakaisan2
9番:酒井さん「Let it be」
こちらも初登場の酒井さん。曲はビートルズの名曲「レット・イット・ビー」。キーを変え、ボサノバ風に開放弦を上手く利用したコード進行にアレンジし、さわやかな「レット・イット・ビー」になりました。こちらもほんとに初めてとは思えないしっかりした歌と演奏で、会場からも大きな拍手をもらっていました。打ち上げでもリクエストされて、みんなで合唱しましたね。すっかりうちの教室の人気者です。この調子でどんどんがんばっていきましょう!期待しています!!

nishikisan1

nishikisan2
10番:西木さん「O Pato」
そして三回目の登場になる西木さん。曲はユーモラスでかわいいボサの名曲「オ・パト」をソロギターで演奏。前回も前々回も途中で止まり、そのときの笑顔がいいとお客さんから言われていましたが、今回は見事に途中で止まることなく最後までしっかりと演奏できました!しかもこの曲、超難しいんです。たいしたものです。演奏終了後、本人の口から思わず漏れた「やったー!」という声に会場中が爆笑でした(笑)。素敵な時間をありがとうございました!

satousan1

satousan2
11番:佐藤さん「 Pra machucar meu coracao 」
前半のトリを飾ってくれたのは、2回目の挑戦の佐藤さんです。曲はゲッツ/ジルベルトにも収録されている「プラマシュカー・メウ・コラソン」。前回の時にあべゆみさんの歌を聴いて、歌いたいと思ったそうです。そういうのを聞くと発表会をやっててよかったな~と思います。そしてボイトレまで通いだしたその成果は・・・お見事!の一言でした。ボサノバギター教室らしい演奏で素晴らしいと思いました。これから自分のオリジナリティを探すのが課題になってくると思うので、これからもがんばっていきましょう。お疲れさまでした!

第二部に続きます。

第7回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 後編

Oct / 11 / 2009 (sun) 第七回・秋の発表会にて / 第二部

そして休憩をはさんで、第二部がスタートです。
abeyumisan1

abeyumisan2
12番:あべゆみさん「Agua de beber」
2回目の参加になるあべゆみさん。曲はボサノバスタンダードの名曲中の名曲「おいしい水」です。今回も素敵な歌声で第二部のスタートを飾ってくれました。その堂々とした歌いっぷりに、みんな惚れ惚れしていましたよ。発表会終了後には、イベントをやっている人から「ライブに参加しませんか?」という依頼までありました。凄いですね~。これからの活躍を期待しています!

utsumisan1

utsumisan2
13番:内海さん「ナイトクルージング」
4回目の参加になる内海さん。今回はフィッシュマンズの名曲「ナイトクルージング」を大胆にもBossa風ソロギターにアレンジ。僕も個人的に思い入れの強い曲なので、イントロだけで泣けました(笑)。この曲はコード進行が非常にシンプルなので、それを代理コードなどを駆使して少しでも膨らみのあるアレンジにしていく作業が大変でした。でも苦労した甲斐があって、非常に印象深い、他では味わえない演奏になったと思います。ご苦労様でした。毎回演奏が確実に上達していっている内海さん。 これからがまた楽しみですね。

okamotosan1

okamotosan2
14番:岡本さん「Dindi」
そして第1回から皆勤賞の方が3人いらっしゃるんですが、そのうちの1人、岡本さんの登場です。曲はシルヴィア・テリスの愛称が曲名になったジョビンの名曲「ジンジ」。透明感のある岡本さんの声にぴったりの曲で、聴いていて非常に気持ちよかったです。また、間奏ではコードソロをはさんだのですが、それもなんとか無事クリアできてホッとしました。これからはさらにギターの幅を拡げて、色々な曲に挑戦していきましょう!お疲れさまでした!

kawanakasan_yamaguchisan1

kawanakasan_yamaguchisan2
15番:川中さん&山口さん「Amazing grace」
うちの教室の発表会ではすっかりおなじみの、川中さんと山口さんのウクレレデュオ。 今回はゴスペルの名曲「アメイジング・グレース」に挑戦。ウクレレの季刊誌に載っていた、バンバンバザールの富やんさんアレンジの楽譜を元に、ゴスペルだけに二人で掛け合いで演奏できるようにアレンジしました。二人はこの2週間前に、川中さんの「ウクレレバッグ展」でライブをしたり、色々と忙しかったので、十分な練習時間が取れなかったにも関わらず、今回も、毎回会場をほっこりした気分にさせてくれる二人の演奏は健在でした。心地よい時間をありがとうございました。

kunosan1

kunosan2
16番:久野さん「under the sun (original)」
皆勤賞2人目の久野さん。今回は満を持してのオリジナル曲「under the sun」で参加。不思議な魅力を放つ声は健在。しかもそれをわかってるかのような曲作り。憎いです。素晴らしいです。最近、写真や雑貨の個展などでコラボをするなど、活動の拠点を拡げています。これからどんな風に成長していくのか非常に楽しみです。もうすぐ音源も作るらしいので、それはまたこの教室のブログでも宣伝させていただきます。

jigensan1

jigensan2
17番:河野慈元さん「12番街の一休さん」
4回目の参加になるジゲンさん。今回はスタンダードの「12番街のラグ」とアニメの「一休さん」のオープニングテーマを大胆に繋げ、それをソロウクレレにアレンジし演奏しました。MCも含めて毎回その芸達者ぶりには驚きます。いたってマジメなアレンジで演奏もマジメなんですが、一休さんの「あ~あ~なむさんだ~」のフレーズで会場は笑いに包まれていました。とてもピースな空気で会場を包んでくれたジゲンさん。来年はどんなことをやってくれるのか、今から楽しみです。

hyoudousan1

hyoudousan2
18番:兵頭さん「Aguas de marco」
3回目の参加の兵頭さんが今回果敢に挑んだのはジョビンの名曲「三月の水」。最も有名なジョビン本人とエリス・レジーナのデュオは、125小節リピートなし。この曲をやる人は、だいたいコード進行を自分のやりやすいように変える人が多いんですが、兵頭さんはそのデュオの形式+アグスティン・ペレイラ・ルセナのソロを参考にギターソロまで入れました。歌詞も長いし覚えるのが大変だったと思います。この日はちょっと緊張気味でしたが、その努力の成果は演奏に現れていましたね。素晴らしい。来年もよろしくお願いします!

hashimotosan1

hashimotosan2
19番:橋本さん「Desafinado」
皆勤賞3人目のうちの教室のスター・橋本さん。今回は初めて弾き語りに挑戦です。曲は名曲「デサフィナード」。しかも自分で作詞した日本語の歌詞を乗せて歌うという無謀な試みを敢行。まずはその心意気に1票です。そして熱いMCに続き、まるであの名曲を大胆にも解体していくかのような伴奏と歌、間奏では得意のインプロビゼーションを織り交ぜ、これぞ橋本イズムという演奏を聴かせてくれました。もう少し時間をかけてコンセプトを煮詰めたい感じはありましたが、その存在感は絶大でした。
ありがとうございました!

nonakasan1

nonakasan2
20番:野中さん「蘇州夜曲」
4回目の登場になる野中さん。前回に引き続きウクレレ組のトリを飾っていただきました。今回は服部良一さんの名曲「蘇州夜曲」をソロウクレレにアレンジ。序盤は固さも見られましたが、途中から素晴らしい演奏を披露してくれました。野中さんのやさしい音色の素晴らしさを存分に生かすことのできる選曲でしたね。演奏終了後には、他の生徒さんからこのアレンジの楽譜が欲しいとリクエストが出るほどのいい演奏でした。お疲れさまでした!

okunosan1

okunosan2
21番:奥野さん「Triste」
そして今回もトリを飾っていただいたのは、うちの教室のマエストロ・奥野さんです。曲は「トリスチ」をソロギターで。サイレントギターをラインで出し、甘くジャジーな音色を武器に、イントロから雄弁にルバートでフレーズを歌わせ、インテンポに入ってからはそのリズムとコードワークで聴かせる素晴らしい演奏は圧巻。さすがです。自分の個性をしっかりと反映させたその演奏は、他の生徒さんの見本になったのではないでしょうか。次回もよろしくお願いします。お疲れさまでした!

nishiken1

nishiken2

nishiken3
22番:主宰の西口「Despues de las seis」
時間も押していたので1曲だけの演奏とさせていただきました。曲は大好きなアグスティン・ペレイラ・ルセナの名曲「Despues de las seis」。聴衆の皆様には長時間、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。また来年、さらにパワーアップした姿を見せられるようにがんばっていきますので、その時は是非遊びに来てください。

<オマケ>
以下、打ち上げでの様子です。今回の目玉はナダ・プラントとオクノ・ペイジによる「天国への階段」でした(笑)。
uchiage1

uchiage2

uchiage3

uchiage5

uchiage6
演奏ありがとうございました!

live at the cafe FULL CIRCLE vol.3

live at the cafe FULL CIRCLE vol.3

昨日は暑い中お集りいただきありがとうございました。そしてゲストBUNNY to KOMOKAの皆様、会場のCAFE FULL CIRCLEの皆様、本当にお疲れさまでした。そして色々とご協力いただきありがとうございました。以下、当日の写真です。

夏野菜のキーマカリー
curry_p[1]

ハムとポテトのサンドイッチ
sandwitch_p[1]

ライチとココナッツミルクのムース
sweets_p[2]
毎回ライブ用に特別メニューを用意して下さるFULL CIRCLEさん。今回は1週間煮込みに煮込んだ入魂のキーマカリー!!調子こいて2杯食べてしまいました・・・
もちろんサンドイッチもスィーツも平らげるフルコース・・・夏なのにここでの食欲は止まりませんでした。
お客さんからも「めっちゃ美味しい!!」の声をいただき大好評でした。次回も期待大です。ありがとうございました。

uncherry-k
uncherry_p[1]
今回は自作ギターで演奏しました。ここ最近のライブでは一番いい演奏ができたように思います。ご静聴、ありがとうございました。

BUNNY to KOMOKA (YUH & Kitamuran)
img20090803_p[1]

BUNNY to KOMOKA (+Taka & Sachi)
img20090803_1_p[1]
そして今回のゲスト・BUNNY to KOMOKAさん。ヴェネズエラ音楽は初体験というお客様が多い中で、気持ちよい音を存分に聴かせてくれました。
ライブ終了後には、普段あまり見ることのない珍しい楽器を、気さくに弾かせてくれたりして、お客様も喜ばれていました。ありがとうございました。

最後に、静かに音楽に聴き入って下さり、暖かい雰囲気を作っていただいたお客様全員に感謝を。ありがとうございました。

次回、cafe FULL CIRCLE での企画ライブは、11月頃を予定しております。
今回見逃した方はまた是非そのときにお越しください。お待ちしております。

live at the cafe FULL CIRCLE vol.2

live at the cafe FULL CIRCLE vol.2

2009年から自分達で企画したライブイベントに生徒さんを迎えて一緒にライブをはじめました。
今回は橋本さんを迎えて演奏しました。ご覧ください。

************************

土曜日にフルサークルにお集りいただいた皆様、暑い中お越しいただきありがとうございました。
そして無茶な企画を快く引き受けていただいたフルサークルの皆様、ありがとうございました。
そして橋本さん、素晴らしい熱演をありがとうございました。お疲れさまでした。

以下当日の模様を写真で。

menu_p[1]
当日の特別メニューです。
これもフルサークルさんの手作りです。

img20090629_p[1]
たまねぎとトマトのイタリアンご飯

img20090629_1_p[1]
バタールのオープンサンド 生ハム・クリームチーズ

sweets_1_p[1]
スコーン いちごのジンジャーマリネソース

img20090629_2_p[1]
橋本さん。まずはガットでインプロ。

img20090629_3_p[1]
エレキwithロープでノイズのループを

img20090629_4_p[1]
弓で。

img20090629_5_p[1]
レコードwithスティック。

img20090629_6_p[1]
針金で。

img20090629_p[1]
サックス。

img20090629_1_p[1]
そして最後にハーモニカを。

img20090629_2_p[1]
続いてuncherry-k。

img20090629_3_p[1]
いつも通りのソロギター。違うのは使用ギター。

「あれはJazz?」という疑問の声もありましたが、その疑問は凄く理解できます(笑)。
でも本人たちにとっては、大マジメな自分たちなりの「JAZZ」でした。
どう思うかは見た人それぞれの自由です。
また感想とかあれば聞きたいので、会ったときにまた教えてください。

橋本さんのインプロに感動。なんであの演奏で「ポップ」に聴こえるのか。本当に不思議でした。
特にガットギターでのインプロは鳥肌ものでした。本当にありがとうございました。

自分のギターは、いろいろ課題はあるものの、少し今後の手応えを掴んだ気がします。

そしてこんな無茶な企画を、笑顔で乗り切ってくれたフルサークルのみなさんに心より感謝です。ありがとうございました。メニューもどれもおいしくて、また食べ過ぎてしまいました(笑)。今後ともよろしくお願いいたします。

次回は久野さんを迎えて「live at the cafe FULL CIRCLE vol.4」です。

奈良レレ発表会

20090524_p[1]

昨日、無事奈良ウクレレ部・通称「奈良レレ」の発表会を、ならまちの手作りケーキのお店「のこのこ」さんで行いました。

リハでは心配な部分もあったんですが、そんな心配は杞憂に終わり、本番に強いところを全員が見せてくれました。素晴らしい!
おかげさまで凄く楽しい一日になりました。
そして生徒さんたちの成長に感動しました。
みなさん、本当にお疲れさまでした。
そして会場に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

来月からまた新人さんも入ってくるらしいので、これからもがんばっていきましょう!

奈良レレ活動最後の模様はこちら→「奈良レレ・ファイナル

第6回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会/第一部

Apr / 19 / 2009 (sun) 第六回春の発表会にて / 第一部

晴天に恵まれ、多くの方に足を運んでいただいて、スタート時にはすでに満員でした。ありがとうございました。
MC
司会の主宰・西口です。

uketuke
受付を担当して下さった生徒さんたちです。左から酒井くん、隅野さん、片上さんです。長時間お疲れさまでした。

ukulele1

ukulele2
1番・uncherry ukulele orchestra「Bittersweet Samba」
トップに登場したのは、この日参加してくれたウクレレの生徒さん全員によるウクレレグループ。勝手にグループ名つけました。ごめんなさい。曲はオールナイトニッポンでおなじみの「Bittersweet samba」です。サザンの関口さんと竹中直人さんのアルバム「口笛とウクレレ」のバージョンをカバーしました。この曲を、発表会で、しかも多めの人数でやりたかった。そんな講師の妄想を寛大な生徒さんたちがかなえてくれました。それぞれの個人レッスンで各パートの練習をし、全員で合わせたのは当日のリハーサルのみ。そんな状況でしたが、はじめて合奏したとは思えない仕上がりで、最後まで素晴らしい演奏を披露してくれました。講師のわがままを聞いていただき感謝です。ありがとう~!

kawanakayamaguti1

kawanaka

yamaguti
2番・川中さん(左)&山口さん(右)「Minor Swing」
グループでの演奏を終え、そのまま舞台に残っての演奏。第二回から参加の二人は今回で5回目の発表会です。さすがに落ち着いてましたね。本人曰く「今回は緊張した・・・」とのことでしたが、全然そんな感じはしませんでした。ジャンゴの難曲をウクレレのデュオで見事に再現。めっちゃかっこよかった!会場から「お~っ」とどよめきがあがってました。この曲をウクレレでやるといのは、よく考えたらとんでもないことのような・・・次は何をやると言い出すのやら。恐ろしいです・・・。

mitaka2

mitaka1
3番・三高さん「アイシテル」
今回で三回目の出演です。いつもいい声で素敵な弾き語りを聴かせてくれる三高さん。曲は清水翔太さんの曲です。レッスンではいつも2フレットにカポタストをつけてたはずなのに、本番はつけずに演奏。リハの時に「大丈夫?」と確認したら「大丈夫っす!」と。ほんまかいな?という講師の心配をよそに、レッスンの時よりもエエ声を聴かせてくれました。お疲れさまでした!

imamura1

imamura2
4番・今村さん「風の詩」
初登場の今村さんは、果敢に押尾コータローさんの名曲に挑戦です。この曲はスローなので押尾さんの曲の中では比較的簡単に思われがちなのですが、意外に難しいのです。緊張からか、いつものレッスンどおりとはいきませんでしたが、最後まで無事弾ききってくれました。特に後半はよかったんじゃないでしょうか?次回からはもう少しリラックスしてできると思うので、また是非出演して下さいね。ありがとうございました!

endou1

endou2
5番・遠藤さん「Samba de uma nota so」「空に星があるように」
二回目の出演になる遠藤さん。曲は「ワン・ノート・サンバ」をソロギターで、荒木一郎さんの「空に~」をボサテイストの弾き語りで披露して下さいました。どちらもアレンジを自分で考えての演奏で、大人の色気がムンムンに漂う素晴らしいものに。かっこよかった~!特に「空に~」はその少しハスキーな声の魅力もあり、独自のものになっていたのではないでしょうか?素晴らしいです。前回は緊張のあまり、発表会前日は一睡もできなかったらしいのですが、今回は眠れたのでしょうか?(笑)

takagi1

takagi2
6番・高木さん「第三の男」
初登場の高木さんは、エビスビールのCMでおなじみの曲「第三の男」をソロウクレレで披露。初めてとは思えないほどの落ち着きで、この前々日のレッスンの時の方が緊張してたような(笑)。この曲は「やりたい!」という人が多いのですが、Dのキーでアレンジしたものはなかなか難しくて挫折する人が多いんです。でも高木さんは見事に演奏して下さいました。晴れた午後にぴったりの演奏で、窓から見える新緑と見事にマッチしていました。ありがとうございました!

okamoto1

okamoto2
7番・岡本さん「The Gentle Rain」「星影の小径」
第一回目の発表会から皆勤賞の岡本さん。今回は第一部のトリを務めていただきました。ルイス・ボンファ作曲でアストラッドの歌で有名な「ジェントル・レイン」と、
ちあきなおみさんや、最近ではアン・サリーさんのカバーで有名な「星影の小径」をどちらも弾き語りで演奏して下さいました。うちの教室はボサノバギターの教室のはずなんですが、岡本さんはなにげに今回はじめてのボサ挑戦でした(笑)。でもやっぱりそのきれいな声にはボサノバが似合うと思いましたよ。素敵でした。本人曰く、緊張で手が震えてたらしいのですが、そんな風には見えませんでした。今回もありがとうございました!

第二部に続きます。