Chico Freeman / Spirit of sensitive

今日の一枚「Chico Freeman / Spirit of sensitive」。

70年代後期のロフトジャズを代表するテナーマンの傑作バラード集。
チコのサックスとともに、セシル・マクビーのベースの包み込むような音色とラインが素晴らしい。
テナーのロングトーンが消え入る瞬間がたまらない。

1963[1]

Arto Lindsay / Mundo Civilizado

今日の一枚「Arto Lindsay / Mundo Civilizado」。

この人は、ソロになってから、3〜17歳までを過ごしたブラジルのエッセンスを取り入れた個性的な作品を発表していますが、その2作目に当たるのがこれ。
僕はこれとこの前の作品(O Corpo Sutil)が大好き。
色々と凝った音なんだけど抑制された静けさを持つ音の上で、ふわふわと頼りない声が浮かびます。
ブラジル音楽が好きな人で、この人のことを好きという人にあまり出会わない。なんでだろ?

1964[1]

Grant Green / Feelin’ the spirit

今日の一枚「Grant Green / Feelin’ the spirit」。

黒人霊歌をテーマにした作品。偉大なるマンネリズム・黄金のワンパターン。
スルメイカのように噛めば噛むほど味わい深い一品。
ここ十数年中毒症状発症中。

1962[1]

Carlos Lyra / Preciso Cantar-Eu & Elas

今日の一枚「Carlos Lyra / Preciso Cantar-Eu & Elas」。

’70年と’71年の作品の2in1CD。
昔は甘過ぎて好きじゃなかったんですが、
最近は好んでよく聴きます。“Minha Namorada”は、
ルセナのverを生徒さん用に耳コピした思い出深い曲。
“Afro-Latino”の軽快な感じはかっこいい。

1961_large[1]

https://img.yaplog.jp/img/17/pc/u/n/c/uncherry-diary/1/1961_large.jpg

V.A / Berlin Festival Guitar Workshop

今日の1枚。「V.A / Berlin Festival Guitar Workshop」

ブラジル音楽ファンとしては、やっぱりバーデンの超絶な3曲なんだけど、あらためて聴くとElmer Snowdenの脱力バンジョージャズで和めるし、Buddy Guyの激シブ・ブルースもかっこよく思うわけで。
もちろんホール先生とケッセルのモダンジャズギターもかっこいいし、聴きどころ満載なアルバムなんです。

どのジャンルから見るかで評価の分かれるアルバムですが、オレは全部好きです。

1956[1]

Antonio Carlos Jobim / Stone Flower

ギター以外で楽器ができるなら、チェロかエレピがいい。
好きなんです。エレピ。
あの「ぽわ~ん」とした音。たまらん。
収録の「Brazil」は僕にとって最高のバージョンかも。
他の曲ももちろんいつものジョビン節炸裂で素敵ですが。
是非ご一聴を。

Paul Desmond/Take ten

1929[1]

ギターでジム・ホール参加の昔からの愛聴盤です。
デスモンドのシルクを思わせる滑らかなアルトに、ジム・ホールの甘いギターが絡む。「抑制された美」。
ジョアンとデスモンドの共演とか聴いてみたかった。
「黒いオルフェ」「オルフェのサンバ」も収録。

Johnny Smith Moods

1897[1]

ジャズギターのジョニー・スミスです。派手さはないし、古さを感じさせるジャズかもしれませんが、こういうのはけっこう好きなんです。

「丁寧」という言葉がぴったりのプレイは一聴の価値ありです。アルバムによって出来・不出来が分かれるアーティストは多いですが、この人に関してはそういうのが無いと思います。どれを買ってもある程度の水準は保証されます。逆に言うと、どれか一つでも聴いて好きじゃない人は避けてください。

アルバムの中の1曲です。↓↓↓