旅日記14日目 バルセロナ散策・最後まで色々食べました・・・

この日がゆっくりできる最終日です。今日も、LOEWEなどが入るキレイな建物を見ながらグラシア通りを散歩。
1641_large[1]

石畳はこんな感じ。
1642_large[1]

さて、今朝の目的地はココ!「IL CAFFE DI FRANCESCO」で朝食です。
1643_large[1]

この旅でクロワッサンにハマってしまった理由は、最初にバルセロナに来た時に、このBARで食べたクロワッサンがあまりに美味しかったからです。外はサクサク、中はふわふわ。何度食べてもやっぱりおいしい!しかも安い!
1644_large[1]

気分よくホテルに戻ったら、ホテルのドアがあきません!?フロントに聞いたら「バッテリーが切れた」とのこと。(苦笑)「電池を買って交換してる間、ホテルのBARで、1杯やりながら待っててほしい。」「おごるし・・・」と言われたのですが、さっき食べた所だったので、丁重にお断りして、さらにバルセロナの街を散策に。写真はホテルのカードキーです。
1645_large[1]

街で見かけた店。「ふうげうどう」??「ふうげつどう」の間違いやろ(笑)!!こんなのが多いです。
1646_large[1]

ランチは、ガイド本「旅するバルセロナ」に載っていたレストラン「Habaluc」へ。本には「健康的な料理がお店のモットー」とありましたが、さていかに。
1647_large[1]

前菜。手前が嫁の野菜スープ。奥は僕のサラダです。すぐ満席になったので、入るタイミングが良かったです。
1648_large[1]

僕のリゾット。めちゃめちゃ美味しかった。
1649_large[1]

嫁の海鮮の串焼き+ごはん。何味とはいいがたいけれど、とっても美味しかったそうです。
1650_large[1]

デザートにベリーチーズケーキ。食事に比べると、ちょっと甘すぎる様な・・・。でも、日本人がすすめるだけあって、日本人好みの味でした。全体的にデザート以外はあっさり、そして量も適量!ちょっとメニューにスペインぽさがない感じはしますが。
1651_large[1]

こちらも「旅するバルセロナ」に載っていた「Pepa Paper」
1652_large[1]

色んな用途の紙が売ってて、柄も豊富。店内にお客さんも多かったです。
1653_large[1]

昨日リピが決定となっていた「BAR MUT」へ。本日は店内で食事をしました。
1654_large[1]

店内。
1655_large[1]

昨日食べた「パタタブラバス」。ソースが3種類+岩塩が周りにパラパラと。それらを好みで付けつつ食べるのですが、ウマイです。
1656_large[1]

クロケッタ。私たちの大好きな本町の店「Lisboa」と双璧をなすウマさです。
1657_large[1]

食後もまたぶらぶら。やっぱり最後はもう一度サグラダ・ファミリアを見たいね、ということで歩いて向かいます。すると日本の国旗を発見!
1658_large[1]

よく見ると、「がんばれニッポン!」と書かれています。ジーンときました。今回の旅で何回も感じた事。ほんとに日本人として頑張っていかなければ。
1659_large[1]

サグラダ・ファミリアが見えてきました。今日はくもり空ですが、何回みてもいいですね。この公園、近所にほしいです。(笑)
1660_large[1]

よく見ると緑色のカラフルな鳥が・・・野性のインコ?(笑)まさかね。飼ってたのが逃げたんでしょうね。けっこう大きいです。
1661_large[1]

見飽きることがありません。今日もすごい人。
1662_large[1]

ずっと私たちの前を歩いていたフランス人(たぶん)の男女4人グループが、初めて見た!って感じで「わぁー」なんて見上げていました。なんだか青春?で面白かったです。
1663_large[1]

記念撮影。すると、男の人が来て写真を撮ろうか?と・・・。
1664_large[1]

こういう場合、いつもは断るのですが、雰囲気のよい方だったので、カメラを預けて夫婦一緒に撮ってもらいました。
1665_large[1]

真ん中の背の高い男性がその方です。この後、手を振ってくださいました。今回の旅では本当に優しい方々との出会いがあり、感謝の一言です。
1666_large[1]

さて、明日は帰国。バルセロナを満喫した最後の一日でした。
1667_large[1]

つづく

旅日記13日目その2 バルセロナ観光・グラシア通りを北上

荷物を置いて一息ついたら、ホテル回りを散策です。今回の旅行でだいぶ参考にしたガイド本「旅するバルセロナ」おすすめのホテル近くのパン屋さんに向かいます。もちろんこの旅で目覚めたクロワッサンを購入(笑)。めーっちゃ美味かったです。
1626_large[1]

「めっちゃおいしい店」と嫁が地図に記入していた「BAR MUT」へ。でも本人は何を見て書いたのか最後まで思い出せませんでした。謎です。初めてテラス席で食べました。
1627_large[1]

通りを挟んで、カサ・アシアが見えます。
1628_large[1]

夜のメニューを頼むには中途半端な時間だったようで、軽い食べ物を注文。写真は「パタタブラバス」。これが激ウマ!!この時点で、明日リピすること決定。
1629_large[1]

食後はグラシア通りを北上します。写真は憧れのクラシック5つ星ホテル「カサ・フステル」。あのカタルーニャ音楽堂を手掛けたドメネク・イ・モンタネール設計。
1630_large[1]

さらに北上し、ビレイナ広場付近をブラブラ。かわいくてオシャレな店が多くて楽しい地区です。
1631_large[1]

疲れたのでホテルに戻ります。ホテル近くにある「コケティッシュ」という名のキリンの像が目印です。ジョゼップ・グラニェーという作家さんの作品だそうです。
1632_large[1]

夜は、これも「旅するバルセロナ」から「Flash Flash」という70種類のトルティージャが自慢のお店へ。右がトルティージャ・パナデラ。左がトルティージャ・カタラナ。もちろん嫁がカマレロ(ウエイター)のおじさんにオススメを聞き、勧められた2品です。でも、マジョルカで暴力的なまでに多い食事の『量』で胃袋が大きくなった2人には、ちと物足りませんでした・・・味は美味いんだけどね。
1633_large[1]

ここでも砂糖に店名が。
1634_large[1]

そしてホテルに戻りゆっくりテレビを見る。僕たちが滞在中にハマった番組がこれ↓。バルセロナとレアル・マドリードを少しおちょくったパロディー番組。この人はモウリーニョ(のそっくりさん)。
1635_large[1]

セルヒオ・ラモス(左)、ディ・マリア(中)クリスティアーノ・ロナウド(右)。あんまり似てないのが、かえって笑いを誘う。
1636_large[1]

ルックスより声がそっくりのイニエスタ(左)とピケ(右)。イニエスタはほんまに声だけで笑えました。
1637_large[1]

グアルディオラ(のつもり)。
1638_large[1]

上記3名にプジョルが加わる。
1639_large[1]

ディ・マリアとモウリーニョ。
1640_large[1]

モウリーニョが采配で困ったときに、すぐにグアルディオラに相談し、グラルディオラが直接レアルの選手にアドバイスするというコントをしつこいぐらいやってた(苦笑)。

次の日はバルセロナ最後の日です。いよいよ旅も終わりに近づきました。 つづく

旅日記13日目その1 マジョルカ島からバルセロナへ

楽しかったマジョルカから、バルセロナへ移動する日です。6日間お世話になったホテル。真ん中の地味な建物です。スタイリッシュな内装からはほど遠い無骨な外観です。でもいいホテルでした。
1608_large[1]

ホテル前のスペイン広場から、空港バスに乗ってソン・サン・ファン空港へ。
1609_large[1]

空港に到着。
1610_large[1]

空港ロビーにあった岩で作ったスーツケースのオブジェ。デカい。
1611_large[1]

女性のオブジェ。左の乳房に触るとご利益があるのか、そこだけ剥げています。
1612_large[1]

この頃になるとチェックインにも慣れてきたので、時間が余りがちでした。なので朝食をここでとります。
1613_large[1]

やっぱり最後はマジョルカ名物エンサイマーダでしょ。そしてフレッシュオレンジジュースといつものカフェコンレチェ。
1614_large[1]

それでも時間が余ったので、空港内の気持ちいいテラスでのんびりしてました。
1615_large[1]

またSpanairです。また揺れますよ、きっと・・・
1616_large[1]

さよならマジョルカ!ありがとうマジョルカ!絶対また来るぞ!!と感動しながら、揺れで吐きそうになる・・・
1617_large[1]

そしてバルセロナが見えてきました。
1618_large[1]

最後のホテルは、ヨーロッパらしいクラシックなプチホテル「ASTORIA」。グラシア通りから少し入ったところで、ディアゴナル通りからすぐです。
1619_large[1]

今までで一番雰囲気がいいロビー。その高級感にちょっと緊張(笑)。
1620_large[1]

様々なポスターに彩られ、
1621_large[1]

タラゴナ出身の画家Ricard Opissoの絵が多数展示されています。
1622_large[1]

この絵の一番左はロートレック。
1623_large[1]

こんな漫画も描いていたそうです。
1624_large[1]

若き日のピカソをモデルにしたもの。
1625_large[1]

つづく

旅行記12日目その2 ベルベル城からの眺めなど

ベルベル城は日曜・祝日は無料で入れるそうです。今日は日曜なのでラッキーでした。こちらは入ってすぐの所。
1579_large[1]

入り口入って、振り返ると海がとてもきれいです。
1580_large[1]

想像していたより意外と大きい建物だったので、ちょっとビックリ。
1581_large[1]

1582_large[1]

広いパテオ(中庭)。
1583_large[1]

1階部分には彫刻があります。
1584_large[1]

1585_large[1]

1586_large[1]

天井部分。
1587_large[1]

青い空が気持ちいい。
1588_large[1]

2階へ上がってきました。2階からの景色です。屋上にも登れるのでさらに階段で上へ。
1589_large[1]

一番上までやってきました。
1590_large[1]

山側も海側も見渡せる360度のパノラマが広がります。風がとても気持ちいい。
1591_large[1]

海側。
1592_large[1]

山側。
1593_large[1]

一番上から中庭を見下ろすとこんな感じ。
1594_large[1]

しばしのんびりして、下へ降りてきました。
1595_large[1]

1596_large[1]

帰りは違うルートで降りることに。こういう風に自由に行動できるところが個人旅行のいいところ。
1597_large[1]

なだらかな散歩道。
1598_large[1]

木々がたくさんあって、散歩コースにはもってこい。
1599_large[1]

写真にはありませんが、この途中で、犬を連れた3人組に「¡Hola!」と声をかけられました。マジョルカの人は本当に気さくで優しいですね。いい思い出です。
1600_large[1]

鳥の巣。歩いている間は、ずっと鳥の声に癒されていました。
1601_large[1]

海も見えます。グエル公園よりさらにのんびりした雰囲気。
1602_large[1]

入り口に戻ってきました。
1605_large[1]

振り返り、最初に登った階段を撮影。今見るとけっこうな段数ですね。
1606_large[1]

この日は、これで終了。夜は、おいしい総菜屋を見つけて(写真がなくてすみません)色々買い、ホテルで食べました。
1607_large[1]

明日はまたバルセロナへ戻ります。旅もとうとう終盤です。

バルセロナがすごく楽しかったので、マジョルカ島はどうかな?と心配していましたが、結果は大正解でした。マジョルカ島は本当に「地中海の楽園」でしたね。まだまだ観光できる所があるらしいので、またいつか来てみたいです。

つづく

旅行記12日目その1 マジョルカ島最後の日・ベルベル城へ

マジョルカ最後の日です。朝から散歩に出かけました。1550_large[1]

よく見ると下のバルコニーの装飾が、人の顔です。ちょっと怖い顔。
1551_large[1]

イートインできるパン屋を見つけて朝食を。またクロワッサンを注文しました。味はまあまあ。やっぱり1番はバルセロナのBARで食べた物ですね。
1553_large[1]

再び、散歩。今日も快晴。
1552_large[1]

いつものマジョール広場へやってきました。今は日曜の朝なので、大道芸人もいません。広々としています。
1555_large[1]

1556_large[1]

前回おいしかった「CASA JULIO」へ再び入店。
1557_large[1]

前菜。スープですが、豆やら肉やらボリューム満点です。少しでいいって言っても「大丈夫!大丈夫!!」と笑いながら入れられました。(笑)この時点でメインが来るのが怖いほどお腹いっぱいです。
1558_large[1]

今回、嫁が注文したラム肉の煮込み料理です。お肉がトロトロで、すごく美味しかった。しかし、嫁も前菜でお腹いっぱいになりすぎてあまり食べれず、帰国後も無念がっていた。(笑)
1559_large[1]

奥は僕の注文した魚料理。前回嫁が注文していたものです。嫁の残った分も食べたので、最後はかなり苦しかったです。(笑)
1560_large[1]
今回も大満足。人気のお店なので、もちろんこの日もあっという間に満席になりました。スタッフも楽しい人たちで、とてもいいお店でした。また来たいです。2人で39€でした。

バスに乗ってベルベル城へ。看板を確認しつつ向かいます。
1563_large[1]

坂を登っていきます。
1564_large[1]

おもしろい形のマンション。
1565_large[1]

さらに道を進みます。
1566_large[1]

青い空。気持ちのいい季節です。
1567_large[1]

窓辺の黄色い花。かわいい。
1569_large[1]

再び、看板発見。歩いていくと、
1568_large[1]

入り口に到着!
1570_large[1]

門をくぐり、長い階段を上がります。ちょっと振り返った所。
1572_large[1]

道の両側に花。
1573_large[1]

だいぶ登ってきました!海が見えます。
1574_large[1]

途中の踊り場で休憩。そこからの景色です。
1575_large[1]

ここで一息してまた上へ。
1576_large[1]

ずいぶん上まできました。
1577_large[1]

ようやくベルベル城に到着です。
1578_large[1]

つづく

旅行記11日目その2 パルマにてランチ&ライブなどなど

ミロ美術館を堪能した後は、パルマ市内に戻りランチに行きました。「Celler Sa Premsa」というお店で、トラベリックスという番組や地球の歩き方でも紹介されていたお店です。
1520_large[1]

果たしておいしいという噂は本当なのだろうか?
1521_large[1]

前菜でお店の人が勧めたパエリャ。嫁さんが、毎回お店の人におすすめを尋ねるので、パエリャを頼むハメに。パエリャって前菜(笑)?
1522_large[1]

僕のメインのトリ肉の煮込み。めちゃウマ。
1523_large[1]

嫁さんのイカの煮込み。これは凄い美味しかったようで、帰国してからもしつこく言ってました(笑)。
1524_large[1]

食後のプリン(嫁)。デカ過ぎるでしょ(笑)。でも美味しかったそうです。
1525_large[1]

クレマ・カタラナ(僕)。いわゆるクレームブリュレ。これはね~甘過ぎました(笑)。
1526_large[1]

お腹いっぱいで苦しくて放心状態です(笑)。出てからお店の写真を撮りました。
1528_large[1]

2人で36€でした。大満足!
1529_large[1]

散歩に出かけます。ギターの落書き。
1530_large[1]

まだ見てなかった教会。ほんとにいたるところに教会があります。日本でいう神社みたいな感じですね。
1531_large[1]

どこをどう撮っても絵になるんです。
1532_large[1]

じつはこのホテル「Born」を予約したかったんですが、予算上あきらめました。でもそれでよかったと思います。僕らが泊まったホテルは凄く便利でキレイでしたから。
1534_large[1]

Bornのロビー。やっぱり雰囲気あります。
1533_large[1]

マジョルカ名物エンサイマーダで有名なお店。ここもトラベリックスで紹介されていました。お店の女の子が無愛想だった。でも味はよかったです。
1536_large[1]

エンサイマーダを入れる箱です。この箱を何箱も運んでいる人をよく見かけました。お土産?
1535_large[1]

広場に出るとライブステージが出来ていました。PAらしき人に聞いてみると、ジャズのライブが6時から始まるとのこと。こりゃ楽しみ。6時までブラブラする事にしました。
1537_large[1]

ひたすら街歩き。
1538_large[1]

ヨーロッパが初めての僕らには散歩だけで楽しい。
1539_large[1]

ふと見かけた墨絵教室の看板。日本人の方がやってらっしゃるのでしょうか?
1540_large[1]

時間になったので、ライブ会場に向かいました。椅子も並んで、メンバーも登場。司会者がアーティストを紹介しています。まだこの時はお客さんはまばらでした。
1541_large[1]

演奏が始まると、すぐにお客さんでいっぱいになりました。このバンドは若手のジャズ・フュージョン・バンドで、スタンダードというよりは、変拍子を多用したり、テンポチェンジも多く、アレンジの凝った曲が多かったです。でも、けっして難しくならず、むしろ聞きやすさと親しみやすさを感じさせる演奏は好感が持てました。
1542_large[1]

最後は楽器で弾いていたフレーズを少しずつ音量を落としていって、そのフレーズを全員で歌いながら終わるといった演出。かっこよかった!お客さんからの拍手も大きかったです。
1543_large[1]

1544_large[1]

2バンド目はさっきのバンドに比べると、ぐっと渋いベテランミュージシャンのバンドが登場。
1545_large[1]

曲はウエス・モンゴメリーやコルトレーン、モンクの曲などをアップテンポに繰り出していきます。アレンジがオリジナルをよりダンサンブルに変えているものが多く、ファンクジャズといった趣。構成もしっかりしていて、聞き応えのある演奏でした。特に右から2人目のサックスのおじさん(マノロと呼ばれていました)は、なかなかの腕前で、ソロ後は必ず凄い拍手が起こっていました。
1546_large[1]

楽しかったライブも終了。
1547_large[1]

スペインといえばフラメンコを想像しますが、マジョルカやバルセロナではあまりそういう雰囲気を感じませんでした。やっぱりあれはアンダルシアの文化なんでしょうね。むしろ、クラシックやボサノバやジャズ、民族音楽などをよく耳にしました。そしてそれが街の雰囲気に合ってた。マジョルカやバルセロナは、確かにスペインの一部ではあるんだけど、その前にバレアレス諸島であり、カタルーニャであるということなんですね。当たり前のことかもしれませんが、滞在中、それを凄く感じました。

ホテルに戻ってエル・クラシコ(バルセロナvsレアル・マドリー)を観戦。
1548_large[1]

1549_large[1]

この日は、ミロ美術館もJAZZライブも無料!もちろんエル・クラシコも(笑)ラッキーな1日でした。次の日はベルベル城に向かいます。

つづく

旅行記11日目その1 ミロ美術館へ

この日はホテルのカフェで朝食を済ませ、ミロ美術館へ行きました。バスで向かいます。
1490_large[1]

バス停を降りて迷っていると、バスの運転手さんが運転席から身を乗り出し、方向を指し示してくれました。やさしい。それでわかったつもりで歩くもやっぱり分からず、かわいい子犬の散歩中だったマダムに道を尋ねる。すると丁寧に教えてくれ、「¿Japones?」と聞かれたので「Si」と返すと、このマダムも胸に手をあててくれた。ほんとに日本を心配してくれている人たちは多かった。嬉しく思いました。
1491_large[1]

ミロ美術館へ行く途中にあった変な家。何かの博物館かも。
1492_large[1]

けっこう歩いてようやく見つけました。
1493_large[1]

入り口。
1494_large[1]

入ってすぐのところのオブジェ。
1495_large[1]

早速ミロっぽい。
1496_large[1]

かなりの高台にあるので、見晴らしがいい。
1497_large[1]

何やら風鈴みたいな音が。
1498_large[1]

このオブジェが風に揺られて音を出す。それがまたなんとも言えない雰囲気を作っていました。
1499_large[1]

1500_large[1]

ラッキーなことに、この日は入場料フリーでした!ビックリ!!知らなかったから驚いていると、受付のお姉さんも思わず笑って、ノリノリで館内の説明をしてくれました。やさしかったな~。
1501_large[1]

1502_large[1]

人が少なかったので、じっくり観ることができました。
1503_large[1]

カメラはフラッシュ無しなら撮影OKだったので、作品をたくさん撮りました。全部は載せきれないので、観たい人はレッスンの時にでも言ってください。
1504_large[1]

一通り作品を観た後、ミロのアトリエに行く途中の景色。こんな景色を見ながら創作していたんですね。羨ましい!
1505_large[1]

1506_large[1]

アトリエに入ります。
1507_large[1]

沢山の作品とともに、実際使用していたらしい画材や道具が展示されています。
1508_large[1]

アトリエを後にさらに一番上にある資料室へ向かいます。その前の広場からの景色です。どうですかこの景色。
1509_large[1]

謎のオブジェたち。
1510_large[1]

そして美術館横の庭に向かいます。
1511_large[1]

庭にも立体作品がいくつかあります。
1512_large[1]

1513_large[1]

作品の前には、創作過程のメモや資料の写真と、解説があります。
1514_large[1]

しばし美しい庭を楽しむ。
1515_large[1]

春ですな。
1516_large[1]

何気に怪しい亀の置物があったりする。
1517_large[1]

日本で見ないような植物がいっぱい。
1518_large[1]

大満足で美術館を後にしました。これは帰り道に見つけた廃墟。
1519_large[1]

正直、ミロって全然好きじゃなかったんです。でも何故か行きたくなって。行って大正解でした。この地で作品を見て、何故ああいう作風になったのか少し理解できる気がしました。そして、作品に触れた後は、やさしい気持ちになることができました。こんな体験をタダでできるなんて幸せでした。

つづく

旅行記10日目その4 ポルト・デ・ソーイェルにてランチ

ポルト・デ・ソーイェル駅に到着。
1489_large[1]

ヨットハーバー。いかにもな風景(笑)。
1465_large[1]

海辺のレストランも沢山あり、そのどれもがオシャレに見えてしまう。
1464_large[1]

ランチはこのお店で。
1466_large[1]

電車から見ていたときに、この店にしようと決めてました。
1467_large[1]

店内からの眺め。
1468_large[1]

1469_large[1]

猫がやって来て、
1470_large[1]

嫁の横で寝始めました。
1471_large[1]

前菜のミックスサラダ。
1472_large[1]

とてもやさしい接客をしてくれたお姉さん。注文したパエリャを取り分けてくれています。
1473_large[1]

これがおすすめのシーフード・パエリャ。景色の良さもあってか超美味かった。星5つです!
1474_large[1]

僕の背後にいた黒猫。ここの猫たちは、とても行儀がよくて、特に料理を狙うこともなく、のんびりしていました。
1475_large[1]

食後はいつもcafe con leche。どこで飲んでもウマいし安い。
1476_large[1]

大満足で店を後にしました。店の前を路面電車が通ります。
1477_large[1]

1478_large[1]

ビーチへ。きれいな海。透き通ってますね。
1479_large[1]

これぞリゾートという風景。
1480_large[1]

ボーッとしてるだけで気持ちよいのです。
1481_large[1]

1482_large[1]

こんなところに住んで羨ましいとテラスの人を眺めたら、
1483_large[1]

銅像でした。
1484_large[1]

心地よい風を味わいながら、
1485_large[1]

1486_large[1]

もっといたかったけど終電なので帰ります。
1487_large[1]

1488_large[1]

マジョルカ島に来た理由の1つが、アガサ・クリスティー原作の映画「地中海殺人事件」の撮影場所で、その海の美しさに感動したから。その海をどうしても生で観たかったんです。それは期待どおり、いや期待以上の美しさでした。今度は絶対ポルト・デ・ソーイェルに泊まるぞ!と思い、パルマのホテルに戻りました。大満足の1日でした。

つづく

旅行記10日目その3 路面電車でポルト・デ・ソーイェルへ

ソーイェル駅のすぐ横に、ポルト・デ・ソーイェルに向かう路面電車がやって来ました。
1448_large[1]

これに乗ってビーチに向かいます。
1449_large[1]

これまたレトロな車内。
1450_large[1]

この電車は乗車後、車掌さんから直接切符を購入します。
1451_large[1]

のんびり走ってくれるので、景色を存分に楽しめます。
1453_large[1]

1454_large[1]

1455_large[1]

のどかな風景が続き、
1456_large[1]

15分ほどで海が見えてきました!
1457_large[1]

これぞ地中海!気持ちいいです。
1458_large[1]

1459_large[1]

1460_large[1]

つづく

旅行記10日目その2 ソーイェル散策

ソーイェルの散策の前に撮り鉄しました。
1426_large[1]

駅から見た町並み。
1427_large[1]

プラットホームにはジョアン・ミロのポスターが。
1428_large[1]

車庫。こののどかな雰囲気たまらんです。
1429_large[1]

駅の入り口。ここを入ると、
1430_large[1]

小さなミロとピカソの資料館があります。
1431_large[1]

1432_large[1]

1433_large[1]

1434_large[1]

ヨットの帆(?)に描かれたミロの作品。
1438_large[1]

駅に続く階段の両サイドにこれが飾られていました。
1439_large[1]

散策の前に地図を確認。
1435_large[1]

美味そうなパン屋さんを見つけたので、早速購入。
1441_large[1]

めっちゃ美味かったので、夜食用に追加で買うと、気をよくして色々オマケしてくれました。
1442_large[1]

さらに街をしばし散策。
1443_large[1]

ソーイェルの教会。「屋根を修理したいので募金してください」と日本語で書いてあったので、少し募金しました。
1444_large[1]

1445_large[1]

1446_large[1]

観光地らしいポスト。左がスペイン国内用。右が国外用。
1447_large[1]

この後、いよいよ路面電車に乗って、行きたかったポルト・デ・ソーイェルへ向かいます。 つづく