旅行記11日目その2 パルマにてランチ&ライブなどなど

ミロ美術館を堪能した後は、パルマ市内に戻りランチに行きました。「Celler Sa Premsa」というお店で、トラベリックスという番組や地球の歩き方でも紹介されていたお店です。
1520_large[1]

果たしておいしいという噂は本当なのだろうか?
1521_large[1]

前菜でお店の人が勧めたパエリャ。嫁さんが、毎回お店の人におすすめを尋ねるので、パエリャを頼むハメに。パエリャって前菜(笑)?
1522_large[1]

僕のメインのトリ肉の煮込み。めちゃウマ。
1523_large[1]

嫁さんのイカの煮込み。これは凄い美味しかったようで、帰国してからもしつこく言ってました(笑)。
1524_large[1]

食後のプリン(嫁)。デカ過ぎるでしょ(笑)。でも美味しかったそうです。
1525_large[1]

クレマ・カタラナ(僕)。いわゆるクレームブリュレ。これはね~甘過ぎました(笑)。
1526_large[1]

お腹いっぱいで苦しくて放心状態です(笑)。出てからお店の写真を撮りました。
1528_large[1]

2人で36€でした。大満足!
1529_large[1]

散歩に出かけます。ギターの落書き。
1530_large[1]

まだ見てなかった教会。ほんとにいたるところに教会があります。日本でいう神社みたいな感じですね。
1531_large[1]

どこをどう撮っても絵になるんです。
1532_large[1]

じつはこのホテル「Born」を予約したかったんですが、予算上あきらめました。でもそれでよかったと思います。僕らが泊まったホテルは凄く便利でキレイでしたから。
1534_large[1]

Bornのロビー。やっぱり雰囲気あります。
1533_large[1]

マジョルカ名物エンサイマーダで有名なお店。ここもトラベリックスで紹介されていました。お店の女の子が無愛想だった。でも味はよかったです。
1536_large[1]

エンサイマーダを入れる箱です。この箱を何箱も運んでいる人をよく見かけました。お土産?
1535_large[1]

広場に出るとライブステージが出来ていました。PAらしき人に聞いてみると、ジャズのライブが6時から始まるとのこと。こりゃ楽しみ。6時までブラブラする事にしました。
1537_large[1]

ひたすら街歩き。
1538_large[1]

ヨーロッパが初めての僕らには散歩だけで楽しい。
1539_large[1]

ふと見かけた墨絵教室の看板。日本人の方がやってらっしゃるのでしょうか?
1540_large[1]

時間になったので、ライブ会場に向かいました。椅子も並んで、メンバーも登場。司会者がアーティストを紹介しています。まだこの時はお客さんはまばらでした。
1541_large[1]

演奏が始まると、すぐにお客さんでいっぱいになりました。このバンドは若手のジャズ・フュージョン・バンドで、スタンダードというよりは、変拍子を多用したり、テンポチェンジも多く、アレンジの凝った曲が多かったです。でも、けっして難しくならず、むしろ聞きやすさと親しみやすさを感じさせる演奏は好感が持てました。
1542_large[1]

最後は楽器で弾いていたフレーズを少しずつ音量を落としていって、そのフレーズを全員で歌いながら終わるといった演出。かっこよかった!お客さんからの拍手も大きかったです。
1543_large[1]

1544_large[1]

2バンド目はさっきのバンドに比べると、ぐっと渋いベテランミュージシャンのバンドが登場。
1545_large[1]

曲はウエス・モンゴメリーやコルトレーン、モンクの曲などをアップテンポに繰り出していきます。アレンジがオリジナルをよりダンサンブルに変えているものが多く、ファンクジャズといった趣。構成もしっかりしていて、聞き応えのある演奏でした。特に右から2人目のサックスのおじさん(マノロと呼ばれていました)は、なかなかの腕前で、ソロ後は必ず凄い拍手が起こっていました。
1546_large[1]

楽しかったライブも終了。
1547_large[1]

スペインといえばフラメンコを想像しますが、マジョルカやバルセロナではあまりそういう雰囲気を感じませんでした。やっぱりあれはアンダルシアの文化なんでしょうね。むしろ、クラシックやボサノバやジャズ、民族音楽などをよく耳にしました。そしてそれが街の雰囲気に合ってた。マジョルカやバルセロナは、確かにスペインの一部ではあるんだけど、その前にバレアレス諸島であり、カタルーニャであるということなんですね。当たり前のことかもしれませんが、滞在中、それを凄く感じました。

ホテルに戻ってエル・クラシコ(バルセロナvsレアル・マドリー)を観戦。
1548_large[1]

1549_large[1]

この日は、ミロ美術館もJAZZライブも無料!もちろんエル・クラシコも(笑)ラッキーな1日でした。次の日はベルベル城に向かいます。

つづく

旅行記5日目の朝 バルセロナ市内の観光

5日目はガウディ巡りがテーマです。まずはホテルからバス停まで散歩。
1002_large[1]

ホテル近くの広場の銅像に、ストリートミュージシャンが楽器を立て掛けていました。この日は日曜日で、いろいろなところでフリーの音楽イベントがある日だったようです。そのテントをあちこちで見かけました。
1003_large[1]

ホテルの近所の謎のオブジェ。
1004_large[1]

カンプノウに来て、昨日の余韻に浸る。ここは入場ゲート。
1005_large[1]

切符売り場。この49番で買いました。
1006_large[1]

さらに新聞を買う。表紙はやはりメッシ。
1007_large[1]

バルセロナ市内の観光に、このバスを利用しました。座席には、イヤホンで聞く日本語ガイドもあり、何度でも乗り降り自由。2日間通しチケットを購入しました。効率よくいろいろ行けるので、かなりお得だと思います。
1008_large[1]

2階席に陣取る。さすがに朝早かったので空いてました。
1009_large[1]

バスからの眺め。まずはカサ・ミラへ。
1010_large[1]

つづいてカサ・ミラ編へ

旅行記4日目その2 カンプノウへ

市の中心部から少し離れたホテルを選んだのは、バルサのスタジアム・カンプノウが近いから。もちろん、試合を見に行く気満々でした。すっかり試合は日曜だと思ってたので、ホテルの部屋でくつろいでいたら、ネットでバルサの試合が今日(土曜)だということに気付く。慌ててカンプノウへ。
990_large[1]

カンプノウ前には沢山ショップが。怪しい店もたんまり。
991_large[1]

チケット売り場を探し、かなりの時間並び、ダフ屋の攻撃にも耐えて、ようやくチケットをGET。スペイン語の勉強の成果か?
1001_large[1]

心躍らせ入り口へ向かう。
992_large[1]

993_large[1]

やって来ましたカンプノウ!!
994_large[1]

995_large[1]

対戦相手はアルメリア。
996_large[1]

選手がアップで出てくるだけで大歓声。
997_large[1]

回りの熱気に圧倒される東洋人。
998_large[1]

試合開始。試合中に陽が暮れていく。美しい。
999_large[1]
試合は3対1でバルサ快勝。試合を見た感想としては、まるでプロレスのようだな、と。バルサが正義の見方で、対戦相手は完全に悪役レスラー。サポーターの点が決まった時の極端な盛り上がり方、決められた時の極端なもり下がり方は想像以上でした。印象に残った選手はイニエスタ。上から見てると彼のボール捌きだけ別次元でした。メッシも凄かったけど、イニエスタは別格だと思いました。

***************************************

ホテルに戻って夜食をとる。昼間に買っておいた食材。十分贅沢な食事になりました。キッチン付きの部屋でよかったと思う瞬間。めっちゃ美味かったです。
1000_large[1]

つづく

ギター製作日記・七日目 ボディ接合編/高校サッカー決勝戦を見て

今日も朝から眠い目をこすりながら頑張ってきました。

●先日、裏板と側板を合わせたものに、側板に補強の木を貼ります。
body1[1]

●それが乾くまでに、表面板にブリッジを接着。
body2[1]

●それぞれ貼り終わりました。
body3[1]

●ブリッジに表面板の裏から楔を打ち込みます。これでどれだけ弦のテンションがかかっても大丈夫。
body4[1]

●いよいよ接着。
body6[1]

●下に置いた型と一緒に固定。この状態で一日置きます。楽しみだ~♪
body7[1]

●空いてる時間でネックの元を作成。次からはこれの加工が中心になります。
neck[1]

それにしても今日の高校サッカーの決勝はしびれた。あの決勝点は素晴らしい。実況と解説で『テクニックが素晴らしい』を連呼していたが、あのテクニックは、すべて判断を早くするための前提でしかない。そのへんをもっと言って欲しかった。でもスポルトでも特集してたし、野洲が見せたサッカーへの反響は大きいようで、サッカーファンとしては嬉しいかぎり。

鹿実も自分達らしいサッカーを見せてくれてたとは思うけど、精神・フィジカル主義のサッカーの限界のようなものを見た気がします。それは負けたからとかではなく、試合中の選手の落ち着きぶりを比較してそう思いました。鹿実の選手達は自分で自分を追い込んでいるように見え、かなり力みがあったように思う。対して野洲の選手達はあの土壇場でも落ち着いてボールを回し、相手の裏を冷静に突くあの決勝点を生み出した。

また、同点になってからの野洲のベンチから選手に出た『ゆっくりプレーしろ』という指示。これもなかなかこういう指示を出せないと思う。最近、僕もライブの時に心がけているのは『ゆっくり弾く』こと。テンポの速い曲ほど『ゆっくり弾く』ことをこころがけています。これ、ほんと大切。そうすると緊張がほどけて平常心で演奏できます。

話がそれましたが、とにかくサッカー界に一石を投じた野洲高校はお見事でした。こういうサッカーをどんどん見られるように願います。

ギター製作日記・六日目 TOP+パープリング / 高校サッカー決勝について

img20060108[1]

今日はレッスン後、2時間だけ作業に行ってきました。表面板サウンドホール付近のペーパーがけと、すでに組みあがっている側板+裏板に表面板を取り付けるためのパープリングの接着をしてきました。写真はパープリングを接着したところです。再度洗濯バサミが登場です(笑)。明日は朝から作業です。明日中にはボディが全部組みあがる予定。先生によると『驚異的な早さ』だそうです。そうは思えんのですが・・・でも早く弾きたいです♪

明日の高校サッカーの決勝が凄く楽しみ。野洲高校のサッカーはかなりヤバイ。ポゼッションサッカーの極み。あれを可能にしているのは選手個々のテクニックに負うところも大きいけど、絶妙な選手間の距離の取り方・ボールのないところでのポジショニングの判断・その判断のスピード・その戦術の目的を選手全員が理解し意思統一がなされている、など様々な点で一朝一夕では不可能な、もの凄い鍛えられ方をしていると思う。特筆すべきは『判断力を徹底して鍛える』ことを行っている点にあると思う。『自分で考える力』を身につけた『個人』が、『組織』を意識して動けるようになった集団は強い。だからオリジナリティがあり、自由があり、楽しさがあり、行き詰った展開を打開する力がある。高校サッカーであれをやった監督は凄いと思う。監督は『高校サッカーに革命を』と発言しているようですが、日本のサッカーの革命になればいいと思う。フィジカルでは劣る日本が世界で対抗するためのオリジナルなサッカーかもしれない。あの一見自由奔放に見えるサッカーが、サッカーはもとよりあらゆる『組織』というものへの一つのヒントになっているように自分は感じています。