ジョゼさんのフェイジュアダ食べてきました。Lisboa(本町)

久しぶりにグルメレポートを。

本町にあるポルトガル料理店「Lisboa」。この時期だけランチ営業中と聞いてやってきました。

外観。赤いテントとポルトガル国旗が目印です。

内観。いつもはディナータイムしか営業してないから、お店の明るさが違います。

壁に飾ってあるお皿。リスボンの風景。いいなと眺めている間にやってきました。フェイジュアダ!

ブラジルでは「フェイジョアーダ」。ポルトガルでは「フェイジュアダ」。ちょっと味も違うそうです。これはすごく優しい味。日本人好みな感じです。付け合わせの野菜も凝ってるなぁ。

ちなみに以前食べたジョゼさんの特製カレーランチはこちら。

こっちはだいぶ辛かった!でも美味しかったです。

最後は必ずナタ(エッグタルト)&ビッカ(エスプレッソ)で。ジョゼさん手作りのナタは絶品です。通常営業になってもコレは食べれますよー。

コロナ禍の時短要請で、Lisboaのランチ営業が登場して嬉しかったです。ごちそうさま。

関連ブログ→「Lisboa

Casa da Andorinha / カーザ・ダ・アンドリーニャ(阿波座)

5月の交流会は本町・阿波座のポルトガル料理店「Casa da Andorinha(カーザ・ダ・アンドリーニャ)」で行います。なのでちょっとお店の紹介を。

2月のトランクショーのライブの帰りに打ち上げで食べた「海鮮たっふりのカタプラーナ鍋」。美味しかった!この日は寒かったので身体にしみました。

TVでここの「パオンデロー」が紹介されてからすごい人気だそうです。これがその「パオンデロー」。シェフ自らが取り分けてくださいました。

アツアツで出てきます。大きなスフレの様な感じ。これがビックリするほど美味しいんです。

で、トランクショーの打ち上げの日はバレンタインデー仕様になっていて、チョコ入りの「チョコンデロー」になっていました(笑)。

こっちも美味しかったな。シェフがサービスで冷やした「チョコンデロー」も試食させてくれて、中がとろーりとしていて冷やした方がチョコの甘さを感じられる気がしました。でもどっちも美味しいです。

今年もこのカワイイお店で交流会をさせていただきます。

前回の交流会の時も料理が人気だったので、今回も楽しみです。
生徒の皆さんには昨日参加募集のメールを送りましたので、よろしくお願いいたします。

こちらの交流会は定員に達しましたので募集終了しました。ありがとうございます。

前回の交流会の模様はこちら→
以前、お店のランチを紹介しました。(こちら→

Casa da Andorinha / カーザ・ダ・アンドリーニャ(阿波座)

8月28日(日)に交流会をさせてもらう本町・阿波座のポルトガル料理店「Casa da Andorinha(カーザ・ダ・アンドリーニャ)」へ行ってきました。

こちらがお店の入り口です。
DSCF9859

この日のランチメニュー。ポルトガルの郷土料理です。
DSCF9860

冷たいカボチャのスープ。
DSCF9862

そしてサラダ。
DSCF9863

「豚ほほ肉のシチュー」。ほほ肉がやわらかいです。奥さんが気に入って食べてます。
DSCF9864

僕の注文した「バカリャウのグラタン」。バカリャウと言えば「干しタラ」の事で、ポルトガル料理には欠かせません。
DSCF9865

ちなみに、後日食べたタコごはんも美味しかったです。タコの出汁がゴハンにしみてます。
DSCF0352

そしてポルトガルでもよくパスタは食べるので、後日ランチに行った時はパスタランチもはじめてました。イタリアンとはまた違う味わいです。
DSCF0353

最後はいつものデザート「Nata(ナタ)」を。日本ではエッグタルトでお馴染みです。
DSCF9866
この日も美味しかったです。8月の交流会も楽しみですね。

ポルトガルから生まれた民族歌謡「ファド」って知ってますか?そのファドのライブをやったりしているそうです。
DSCF9867

スタッフにブラジルの方がいてボサノヴァを楽しみにしてくれてました。去年5月の「Lisboa」での交流会も、ジョゼさんにポルトガル語の合格点を頂いたので、今回も弾き語りの生徒さん達には頑張ってもらいたいです。ちとプレッシャーではありますが。(笑)
今年最後の交流会も「人前での演奏練習」としてしっかり活用してもらえればと思います。是非よろしくお願いいたします。

その後、8月の交流会の模様はこちら→

第18回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 交流会

17 / May / 2015 (sun) 「tempo delicioso 18」

今年2回目の交流会「tempo delicioso(おいしい時間)」を5月に行いました。
発表会との大きな違いは生徒さんのみで集まって行う会で、一般の見学者はいないという点です。
目的は10月の発表会に向けて「人前で演奏する事に慣れること」と「生徒さん同士の交流」です。

場所は、大阪・本町の「Lisoba(リシュボア)」。
ポルトガル・リスボン出身のジョゼさんの料理が味わえる人気のお店です。

今回はギターの生徒さんが多かったので、さまざまなアレンジでジョビンの名曲が聞けるボサノヴァな会になりました。シェフのジョゼさんがポルトガル人なので、ボサノヴァはポルトガル語で歌いますし、弾き語り組には少々プレッシャーでしたが・・・演奏後に「うんうん、ばっちり!」とジョゼさんから合格点を頂きました。特に「早口で歌わないといけない所とか、しっかり歌えててすごい!」と声をかけてもらいました。よかったですね。全体的にみんながそれぞれにレベルを上げてきているな~と感じました。

それでは、当日の模様をご覧ください。

(今回も本番の発表会ではないので、個別のコメントは控えさせていただきます。)
注1:*マークは弾き語りです。
注2:アーティスト名が入っているのは、その人のヴァージョンを参考にアレンジしたものです。

吉田さん「Agua de beber(おいしい水)」*
DSCF3860

永木さん「少年時代」
DSCF3874

中川さん「Garota de Ipanema(イパネマの娘)」
DSCF3905

長野さん「Tristeza」*
DSCF3923

マツゲンさん「Introdução ao poema dos olhos da amada / Baden Powell」
DSCF3947

ほまり~にょさん「Nós e o mar / 中村善郎」
DSCF3956

ヒオンさん「Corcovado」*
DSCF3985

下田さん「Meditação」
DSCF3996

奥野さん「Desafinado」
DSCF4008

本田さん「The raindrops keep falling on my heads(雨にぬれても)」*
DSCF4032

藤平さん「Fly me to the moon」
DSCF4049

西田さん「Cheio de dedos / Guinga」
DSCF4066

河井さん「Retrato brasileiro / Baden Powell」
DSCF4094

木村さん「Samba de uma nota só(ワン・ノート・サンバ)」*
DSCF4105

遠藤さん「Por causa de voce / Baden Powell」
DSCF4113

吉岡さん「Tristeza / Baden Powell」
DSCF4129

木島さん「Don’t know why ?」
DSCF4149

兵頭さん「Chega de saudade(想いあふれて)/ João Gilberto」*
DSCF4156

西口(講師)「Dexia / Toquinho」参考動画→DeixaDSCF4173

DSCF4191

DSCF4196

演奏後の料理。ワンプレートディナーとデザート。
DSCF4201

DSCF4214

DSCF4204

最後の一本締めは遠藤さんに。ありがとうございました。
DSCF4223

おまけ:集合写真。
DSCF3846

今回も参加して下さった皆さま、Liaboaのジョゼさん家族とスタッフのユウタ君、本当にありがとうございました。
次回は8月に企画する予定です。よろしくお願いいたします。

このページのtopへ

2つの交流会を終えて

2つの交流会を終えて・・・
2421_large[1]
どちらの交流会でもお店の方々から「生徒さんの雰囲気がいいですね!」と言われました。僕も普段から生徒さん達のマナーのよさと、積極的に楽しむ姿勢に助けられているので嬉しく思いました。

あと、お店の料理がどちらもすごく美味しくて、沢山の生徒さん達から「先生、どーやってみつけたんですか?」と聞かれました。それもすごく嬉しかったです。
カフェ ビグデン」はお店の前を散歩していて、たまたま見つけたんです。
Lisboa」はネットのポルトガルのコミュで知りました。
どちらも食べて美味しかったから、プライベートでよく食べに行ってました。

交流会のタイトル通り「tempo delicioso(おいしい時間)」になってよかったです。今回も関わってくれた全ての方々に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
2422_large[1]
これからもよろしくお願いします。

暮れのご挨拶 Lisboa(本町)

暮れのご挨拶に今年ライブをさせてもらった「Lisboa」へ行ってきました。

まず乾杯~!赤ワイン風ですが・・・葡萄ジュースです。(下戸の宴。)
2170_large[1]

金時ニンジンとルッコラのスープ。夏と違ってあったかいスープ。優しい甘さで美味しかった!
2171_large[1]

アルガルベ風アサリのカタプラーナ。残ったスープはパンにつけて食べました。
2172_large[1]

ケールとバカリャウのプリン。ポルトガルでは茶碗蒸しって言葉はなく茶碗蒸しもプリンと言うそうです。こんな茶碗蒸しを食べたのは初めてで驚きの味ですが、日本人には食べやすい味でした。身体があったまります。あと、見た目がクリスマスっぽい。赤い実はフランス産のピンクペッパーだそうです。
2173_large[1]

この店のリゾットがいつも美味しいので、今日はコースに入ってて嬉しかった。リゾットの中の食材・・・聞いたけど忘れてしまったな~すみません!上の鰹節もシェフの手作りです。
2174_large[1]

豚とカキのソテー。これは「豚に真珠」と言う料理名でした。ポルトガルでも「豚に真珠」と言うそうです。ちなみに「猫に小判」とは言わないそうです。(笑)
2175_large[1]

このあと、いつものパン・デ・ローにガラオン(ポルトガルのミルクコーヒー)も飲んで、
お腹いっぱいになりました。
2177_large[1]

先月2周年を迎えたこのお店。全然挨拶に行けてなかったので、やっと行けました。遅ればせながら、2周年おめでとうございます。(ほんとにだいぶ遅れてますが・・・。)

とにかく、この日もお店のお客さんと喋ったり、楽しい時間を過ごす事が出来ました。こんな風に隣の人と仲良くなれるのもここならでは。本当に楽しいな~と改めて思いました。

関連ブログ→「Lisboa

企画ライブ 「Lisboa honmachi live」

17 / Sep / 2012 (mon) 「Lisboa honmachi live」

大阪:本町にある、ポルトガル料理店「Lisboa」にてライブをしました。ポルトガル・リスボン出身のシェフと日本人の奥様が迎えてくれるとってもアットフォームなお店です。去年の忘年会でも料理をお願いして色々とお世話になりました。

演奏はガットギターとパーカッションのメガネ男2人組「Uncherry」です。講師:西口のユニットで、ボサノヴァをはじめとするブラジル音楽や映画音楽の影響を受けた独特の音世界です。

では当日の模様をご覧ください。

お店の外観ポルトガル国旗が目印です。
DSCF2035

とうとう楽しみだったこの日を迎えました。
DSCF2025

ポルトガルのビール「SUPER BOCK」の箱を借りてアンプをセットした所。なんだかピッタリ!
DSCF2020

リハの様子。
DSCF2012

DSCF2014

昼間のお料理。ドリンクに冷製スープ。
DSCF2075

手作りのチョリソのパン、バカリャウのグラタン、サラダとたっぷり。本当に美味しかったです。特にグラタンが最高!
DSCF2139

そして本番。昼の演奏がスタート。明るい日差しの下でほっこりと始まりました。楽しい昼下がりです。
DSCF2113

DSCF2121

そして休憩をはさんで夜の部へ・・・
DSCF2272

まずは料理から。また昼とは違ったメニュー。
DSCF2165

DSCF2281

DSCF2285
まちがいなく美味しかったです。大好評でした。

演奏スタート!
DSCF2230

ダンサーも登場しましたね~。
DSCF2208

楽しかったです!皆さんありがとうごさいました。
DSCF2236

演奏も無事終了!
DSCF2271

僕達も美味しい料理を頂きました。
DSCF2284

ライブ後も、まだまだ喋ったり飲んだりと楽しい時間が・・・。
DSCF2269

今回、昼と夜とは全く違う雰囲気になったのが面白かったです。昼はまったり、夜は酒も進んで盛り上がりましたね。最後まで温かく聴いてくれた皆さんに感謝です。ありがとうございました。またLisboaのジョゼ&ハヅキちゃんにもお世話になりました。美味しい料理ごちそうさまでした。

2011年 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 忘年会

4 / Dec / 2011 (sun) 忘年会「tempo delicioso 番外編」

発表会に参加した生徒さんのみで忘年会を行いました。いつもの「発表会」や「交流会(tempo delicioso)」では緊張した雰囲気があり、全員がしっかり演奏してからの食事会となりますが、今回は「忘年会」と言う事で、先に乾杯して食べて、喋って、最後に好きな人だけ演奏するというスタイルです。

楽しかった今年最後の「tempo delicioso」=ポルトガル語で「おいしい時間」。本当に「おいしい時間」になりましたので、良かったら見てやってください。

心斎橋の古いビルの屋上にある一軒家「afu」。キッチン付のレンタルスペースです。昼間はライブに使いました。
bo2

17時に料理が到着!料理は本町のポルトガル料理店「Lisboa」にお願いしました。
bo3

30名分の料理を用意してくれたジョゼとハヅキちゃんに感謝です。Muito obrigado!!!
bo4

料理。
bo11

お腹すいた~。
bo12

けっこうな量。
bo13

バイキング形式。
bo20

ここからは、食事も一段落して演奏会へと突入です。
西口夫婦。一発目は僕と嫁で演奏して場をあたためて・・・あとはシャイだけど出たがりな!生徒さん達へとつなげました。
bo23

吉岡さん。吉岡さんが友人の佐々木さん(左側の方)と一緒に演奏してくれました。2人で色々な所でライブされているそうです。
bo24

兵頭さん&ENDY。マービン・ゲイの「What’s going on」を披露。早くも盛り上がってきました。
bo25

横川さん。「ウクレレ9本持ってます。」と喋りもまじえつつ、演奏してくれました。ウチのウクレレ男子部の大型新人です。
bo26

奥野さん。「今年の発表会は見るだけでしたが、やはり来年は出たいです。」と言って頂きありがたい限りです。奥野さんの復活楽しみにしています。
bo27

高木さん&弘中さん。フルートの高木さんも忘年会に参加して頂き嬉しい限りです。この後、弘中さんのソロの弾き語りもありましたよ。
bo28

タケ&久野さん。ライブでは一緒に出ている2人。久野さんの演奏や歌に説得力があり、ギター初心者だった6年前がずいぶん昔の様に思えました。
bo32

高さん。今年の発表会で「スーパーマリオ」を演奏したジゲンさんを見て、高さんも別バージョンで披露してくれました。
bo33

池田さん。今年すべての交流会に参加。もちろん発表会も参加した池田君。忘年会では初の弾き語りを聞かせてくれました。
bo34

吉田さん。さらっと出てきて楽譜もなく歌う姿は貫録がありました。この人もギター初心者からの出発だったのにすごいですね。
bo35

佐崎夫妻。この衣装でクリスマスメドレー!鳴り物を持ってきて、見てる生徒さん達に配り、全員参加型の演奏で盛り上げてくれました。
bo29

bo31

武尾さん。新婚の武尾君は佐崎夫妻を見て「あんな風になりたい」と言っていたそうですが、来年ぜひよろしくお願いします!
bo37

日吉さん。僕に言われて前に出てきて歌ってくれた日吉君。
bo38

かっこ良すぎるとの声が上がってましたね。大きな拍手です。
bo39

最後は、教室の人気者・ジゲンさんで楽しく終了しました。
bo36
演奏して頂いた皆さん、ありがとうございました!

この日、PAや料理の搬入・後片づけなど、色々手伝ってくれた生徒の皆さん、本当に助かりました。いつも教室を支えてくれてありがとうございます。来年も音楽を通して楽しい一年になるよう、がんばっていきましょう!一年間本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

このページのtopへ