「Tribute to Baden Powell~Live」バーデン・パウエルゆかりの曲を

教室初のトリビュートライブを企画しました。第一弾はブラジリアンギターの鬼才、バーデン・パウエル。当教室でも人気のギタリストで、沢山の生徒さん達が学んでいきました。今回はそんなバーデン・パウエルに憧れてギターを学んできたメンバーが4名登場して、それぞれバーデンゆかりの曲を披露していきました。入れ替え時間のBGMもバーデンのアルバムを流したりして、だいぶマニアックなイベントでしたが、思ったよりお客さまが来てちょっとびっくりしました。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「西田 美穂


1.O Astronauta/宇宙飛行士
2.Petite valse
3.Carinhoso
4.Consolação
5.Sentimentos(アンコール)
トップは西田さん。持ち前のパワフルな演奏はもちろんのこと、トークも軽妙で、持参したレコードで、バーデン入門者にオススメのアルバムや、個人的に好きなアルバムなどの紹介があり、楽しいステージとなりました。自身初めてのライブでしたが、「ステージ、楽しいです。やってよかった。」とアンコールの時に言っていた姿が、出来る事は全て出し切った~!と言う爽やかさを感じました。ありがとうございました。

2.「河井 俊彦」


1.Retrato em Brasil/ブラジルの肖像画
2.Samba triste/悲しみのサンバ(長谷川ver)
3.Apelo/アペロ
4.Linda/リンダ
5.Eu sei que vou te amar/あなたを愛してしまう
6.The shadow of your smile/いそしぎ(アンコール)
2番手は河井さん。今回はバーデンゆかりの曲をアンコールも含めてたっぷり6曲演奏してくれました。河井さんらしい表現力豊かな演奏は健在。そして今回はトークも盛りだくさん(?!)で、あっという間の30分間でした。本当にありがとうございました。

3.「高 友季子」


1.Consolação
2.Berimbau
3.Valsa sem nome
4.Se todos fossem iguais a voce
5.Canto de ossanha
6.Deixa(アンコール)
こちらも初登場の高さん。本人いわくバーデンの中でも「泥臭い曲」をたくさん演奏してくれました。女バーデンばりの男前ギターとは正反対の、ぼやきトークが会場の笑いを誘っていました。初めてのライブとは思えません。ありがとうございました。

4.「西口 健一


1.Samba do avião/ジェット機のサンバ
2.Lamentos
3.Manha de Carnaval/カーニバルの朝
4.Deixa
5.Euridice
6.Samba Triste/悲しみのサンバ
7.La Marseillaise(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。最初の2曲は緊張でガチガチでしたが、3曲目からは少し落ち着いて弾けました。思い入れが強過ぎて、どうその思いを表現するか悩んでいましたが、自分らしく弾くことしか結局はできないので、これでよかったのかなと思っています。個人的には、改めて「師匠・バーデン」の魅力と凄みを感じた一日となりました。とても楽しかったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また来年も雲州堂でライブを続けていこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします!


「エイエイオー!」というショットですが、終了後の写真なので顔が和んでいます(笑)。ちなみに左側・高さんが持っているレコが僕が一番好きなアルバムで、右の西田さんが持っているジャケが西田さん一押しのアルバムです。

過去のブログ→「お宝?!バーデン・パウエルの知床旅情・・・!

26 / aug / 2018 (sun) 「Live at Label cafe Osaka vol.3」

大阪:北浜の「Label cafe」でライブをしました。この日もまだまだ暑い大阪の夏でしたが、沢山の方々にご来場いただき本当にありがとうございました。

それでは当日の模様を写真で振り返ります。

1.「田辺 新

1.Garota de Ipanema / イパネマの娘
2.A felicidade
3.Meditacao
4.Estrada do Sol~Eu e o Meu Amor~Lamento no Morro
5.Inútil Paisagem~Samba de Verão(メドレー)
6.Manha de Carnaval / カーニバルの朝
7.Corcovado
8.Chora Tua Tristeza
<アンコール>
9.O Bêbado e o Equilibrista

4曲目はジョビンのラブソングを3曲メドレーで、5曲目も2曲続けて夏らしい曲を。この日のライブの為に色々と用意してくれていたボサノヴァスタンダードが沢山聞けました。MCも楽しくゴキゲンな気持ちになれるライブは田辺さんならではの雰囲気。ありがとうございました。

2.「西口 健一

1.Clouds and plants
2.大きな輪・小さな輪
3.Lamentos(カヴァー曲)
4.Manhã de carnaval(カヴァー曲)
5.Chará(カヴァー曲)
6.Talkin’ about
7.ライオン橋
8.Silent station
<アンコール>
9.La Marseillaise(カヴァー曲)

今回はオリジナル曲とカヴァー曲を半々にしました。カヴァー曲は今まで人前で演奏をしたことがないものばかり。少し不安でしたが、なんとか演奏できました。ただ、音があまり良くなかったようで、聞きづらい音をお聞かせして申し訳なかったです。次回のライブまでには解決方法を考えたいと思います。でも、お客様は集中して聞いていただいていたので嬉しかったです。ありがとうございました。

改めてご来場の皆様ありがとうございました。そして出演者の田辺さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「Label cafe」の松岡さん、本当にありがとうございました。

「浴衣とボサノバギターの夕べ 2018」

今年も「雲州堂」で浴衣ライブをしました。当日を迎えるまで台風でヤキモキしましたが、なんとか晴れてよかったです。そして予想以上に沢山のお客様が来られたのでスタッフ一同驚きました。ありがとうございます。また立ち見になってしまった方、申し訳ありませんでした。
当日は出演者&受付スタッフは浴衣姿。客席にも浴衣や夏着物の方々がいて今年も楽しい雰囲気になりました。

それでは当日の模様をご覧ください。
今回のフライヤー。

1.「兵頭 宏」

1.Samba de verão/サマーサンバ
2.Garota de Ipanema/イパネマの娘
3.A felicidade/フェリシダーヂ
4.Caminhos cruzados/十字路
5.É luxo só/なんて素敵
6.Vou te contar(Wave)/波
7.Aquarela do Brasil/ブラジルの水彩画
8.Mas que nada/マシュ・ケ・ナダ
9.Este seu olhar/まなざし(アンコール)

まずは弾き語りソロの兵頭さんが登場。去年も参加して頂いたのですが今年はさらに沢山の曲を演奏してもらいました。トークも楽しくトップバッターとして場を和らげてくれました。さすがです。ありがとうございました。

2.「吉田有希代(Vo・G)、吉岡 慶和(b)、西口 健一(G)」

1.Samba de uma nota só/ワン・ノート・サンバ
2.Saudade da Bahia/バイーアの思い出
3.Corcovado/コルコヴァード
4.O barquinho/小舟
5.Chega de saudade/想いあふれて
6.ラブリー
7.Tristeza/トリステーザ
8.Água de março/三月の水(アンコールwith兵頭さん)

今回はこの日限定のユニットを結成して演奏しました。曲はボサノバスタンダードを中心にヴォーカルの吉田さんに選んでもらって、3人ならではのアレンジに挑戦しました。途中で吉岡さんからの楽器の説明コーナーがあったり、いつもと違う楽しさがありました。最後のアンコール曲は「Água de março」で兵頭さんにも参加してもらい掛け合いで歌って楽しい1曲となりました。

共演者の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、そしてなによりご来場いただいた沢山の観客の皆様、本当にありがとうございました。


今回も楽しい思い出になりました。ありがとうございました!

前回の浴衣ライブ→「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ 2017

20 / may / 2018 (sun) 「Live at Label cafe Osaka vol.2」

大阪:北浜の「Label cafe」でライブをしました。すっかりおなじみの場所になってきました。窓から堂島川が眺められる素敵なロケーションのお店です。当日は天気にも恵まれて隣の中之島公園のバラ園も満開!新緑が美しい季節に午後3時からのんびりとライブをはじめました。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「矢野 汕骨

1.檸檬
2.はじまりのサンバ
3.愛をみくびるなよ
4.Chega de Saudade/想いあふれて(カヴァー曲)
5.A Felicidade(カヴァー曲)
6.Eu Vim da Bahia(カヴァー曲)
7.Águas de Março/3月の雨(カヴァー曲)
8.悲しみよ、こんにちは
9.コーヒーをもう一杯
<アンコール>
10.JAVA JIVE

弾き語りの歌の力をすごく感じる事が出来るライブでした。歌声もいいけど、オリジナル曲の歌詞も心に響くいいライブを聞かせてもらいました。緊張してたボサノバカバーもお馴染みのオリジナル曲も好評で、矢野さんが持ってきた手売りのCDも完売してました。ありがとうございました!

注:矢野さんは現在『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

2.「西口 健一

1.Olha pro céu(カヴァー曲)
2.Samba do avião(カヴァー曲)
3.O passeio
4.O astronauta(カヴァー曲)
5.A new day
6.People are dancing
7.Silent station
<アンコール>
8.雲の上から

いつも通り緊張もしたけど、すごく楽しかったです。お客さんがしっかり聞いてくれて、すごくいい雰囲気の中演奏できました。恵まれているなあと思いました。ライブの後、色んな方から声をかけてもらって嬉しかったです。

ご来場の皆様ありがとうございました。そして出演者の矢野さん、受付を手伝ってくれた高さん、会場「Label cafe」の松岡さん、本当にありがとうございました。

また次回は8月26日にまたここでライブをする予定です。次回もよろしくお願いいたします。

追記:またいつか矢野さんとライブをする時は、お互いオリジナル曲だけ演奏するイベントをしたいなと思いました。いつになるかわかりませんが。

25 / mar / 2018 (sun) 「春のジャズ&ボサノヴァギターライブ」

初めて大阪:北浜の「Label cafe」でライブをしました。窓から堂島川が眺められる素敵なロケーションのお店です。当日は天気にも恵まれて桜が咲きはじめる季節、日曜日の午後3時からのんびりとライブをはじめました。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「奥野 義彦


1.Fly me to the moon
2.My one and only love
3.Someone to watch over me
4.The days of wine and roses
5.The gift
<アンコール>
6.蘇州夜曲

1年ぶりに共演した奥野さん。奥野さんの好きなジャズギターの世界。ジャジーで大人な世界観は奥野さんならでは。とても丁寧で素敵な演奏でした。PAをしながら聞き入ってしまいました。ありがとうございました!!

2.「西口 健一


1.Clouds and plants
2.マランゴン
3.Euridice(カヴァー曲)
4.Samba do avião(カヴァー曲)
5.Deixa(カヴァー曲)
6.長い影
7.Talkin’ about
<アンコール>
8.Samba triste(カヴァー曲)

オリジナル曲とボサノバのカヴァー曲を半々くらいで演奏しました。先日ブログにアップした「アコースティックギター用プリアンプ」も使用していい音で演奏できました。緊張したけど楽しかった!初めて来ていただいたお客さんにも「楽しかったです。」と声をかけていただき、また、昔の友人も遊びに来てくれて嬉しい一日になりました。

沢山の方々にご来場いただき、ありがとうございました。そして出演者の奥野さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「Label cafe」の松岡さん、本当にありがとうございました。

また次回は5月20日にまたここでライブをする予定です。次回もよろしくお願いいたします。