楽譜を置いてないのは

先日、体験レッスンで来た方に「先生とこの生徒さんの発表会の写真見たんですけど、ほどんどの方が楽譜を置かずに弾いてましたよね?あれに驚きました。」と言われました。
発表会で楽譜を置いてはいけないとか、そんなルールはないのですが、(もちろん楽譜を置いてる生徒さんもいますが)たくさんの生徒さんが置かない事を選んでます。交流会などの人前で演奏する練習を続けてきた結果、みんなが出した答えなんだと思います。
やっぱり暗譜しておかないと、人前での演奏という非日常的な緊張する状況で不安が増すばかりだと思います。暗譜するぐらいたくさん練習したということが自信につながり、緊張も少しマシになるのではないでしょうか。緊張すると楽譜も正直、見ていられないですもんね。譜面を置くのは、あくまでも保険ぐらいに思っておかないと、いい演奏にはならないと思います。

参考までに去年の発表会の様子はこちら→

譜面台がバージョンアップ!

以前このブログで紹介したイシバシ楽器の譜面台がバージョンアップしてました。(→以前のブログ
デザインも変わったんですが、軽さはそのままで、さらに色んな所が丈夫になっていました。
2769_large[1]

大きく変わったのはこの部分。写真ではわかりにくいのが残念!
2770_large[1]

ちなみに以前のはこんな感じ。留め金を緩めて上下に動かしていました。丈夫だけど、壊れるとしたらいつもこの部分でした。
2771_large[1]

それが今回はこんな感じで留め金がない?クリップ形に変更していました。上下するのも簡単でよりスムーズに。これだと壊れにくいかも。
2772_large[1]

値段は以前よりか少し値上がりするそうです。今回はまだ新作が出たばかりなので、旧価格で購入できました。ラッキー。バージョンアップしていて嬉しかったので載せてみました。オススメですよ。

「イシバシ楽器限定販売品 譜面立て 軽量アルミ製 MMSーALMI BLACK」