Bossa nova Guitar Live with まつだくばく

毎回楽しみな江戸堀コダマビルライブ。今回はシンガーソングライターの「まつだくばく」さんをお迎えして、それぞれにカヴァー曲やオリジナル曲を演奏しました。

まずはまつだくばくさんから・・・

自身のオリジナル曲やボサノヴァ・カヴァー曲を弾き語りで演奏してくれました。MCもすごく楽しくて、曲紹介や、自己紹介なんかも自然体で、全体的にあたたかい雰囲気のライブでした。会場になんと、まつださんファミリーが来ていて(お母さんは初めて息子さんのステージを見たそうです。)お母さんにまつわるカヴァー曲なんかも歌ったりして、そんな事もあり、ほっこりするステージになりました。一緒にいたお客さんもオリジナル曲「ゆきだるま」を一緒に歌ったり楽しそうでした。ありがとうございました。

続いて、ニシグチが登場!

こちらもオリジナル曲やボサノヴァのカヴァー曲をソロギターで演奏しました。カヴァー曲はルセナの「Despues de las seis(6時すぎ)」「Tema Barroco(テーマ・バロッコ)」の2曲、バーデンの「Samba Triste(悲しみのサンバ)」や、ヴィニシウスの「Euridice(ユリディス)」などなど演奏しました。

あっと言う間にアンコールの時間となり2人で2曲ほど演奏しました。

1曲目は「Carinhoso(カリニョーゾ)」で、まつださんは立って歌うスタイルで。舞台俳優として今度出演するそうで、そんな事もあり、劇場風の演出で歌ってみたいとの事で、はじまりました。

熱く熱唱。

終わってこの笑顔。面白いステージになりました。

次はまつださんもギターを持ってCaetano Velosoの名曲「Coração Vagabundo」を。

ツインギターもいい感じでした。ちなみにまつださんは7弦ギターです。

最後は立って・・・

一礼して終了!

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。お客様より色々と声をかけられて嬉しかったです。ゲストのまつだくばくさんも素敵な演奏&共演ありがとうございました。お客さまにも好評で、楽しい時間となりました。そして会場のコダマさんには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

次回の「江戸堀Bossa nova Guitar Live」は6月1日(土)に開催します。ボサノヴァ弾き語りの徳山容子さんをお迎えして演奏します。どちらもギター1本での演奏ですが、二人の違いなんかも楽しんで頂ければと思います。次回もよろしくお願いいたします。

今後のライブはこちら→「live-schedule」をご覧ください。

<おまけ>

打上げに高木uetlo雄一郎さん(中央)も加わって楽しかったです。また7月にまつださんとライブをします。今度は京都の「さうりる」で「cae+vono」も加わって3組でライブをします。よかったらぜひ!よろしくお願いいたします。

ライブ詳細はこちら→「7月、真昼の夢と音楽会 ~静かなBOSSA NOVA~」をご覧ください。

5/18に向けて・・・

今度一緒にライブをするまつださんからの提案で、ライブの最後に一緒に演奏する事となり、先日、初練習しました。

1時間半くらいガチ練習!(ギター弾いてるからレッスン風景みたいな写真になってるけどw)選曲はまつださん(写真奥)におまかせ。意外と難しい。けど、やりがいあるな~。

練習後は和やかな雑談で・・・

最近買った7弦ギターを持参して嬉しそうなまつださん。7弦ほしくなって、ネットでポチッと購入したそうです。色々ボサノヴァやサンバ、ショーロの話、あと京都と大阪の違いとかで盛り上がりました。なんか話が面白くて、ずっと笑っていた様な。

本番に向けて準備中です。

ライブ詳細はこちら→「Bossa nova Guitar Live 江戸堀コダマビル(肥後橋)」をご覧ください。

神戸・芝生の演奏会へ タコパ仲間と再会

神戸の東遊園地 ガーデンステージ「芝生の演奏会」へショーロを聴きに行ってきました。

左から錦織賢治さん(7弦ギター)、岸本愛理さん(クラリネット)、梅田麻美子さん(フルート)、三本松千枝子(パンデイロ)です。ギターの錦織さん以外は先日のあべゆみさん企画のタコパで一緒だった方々です。

本当は芝生で演奏するはずが、この日はあいにくの雨で室内になったそうです。演奏前の司会の方のお話では冬場は寒いので「芝生の演奏会」はお休みしていたらしく、この日からまた再開したとのこと。都会の公園で演奏が聴けるなんていいですね。

梅田さんことぺーさんのMCも聞けたり(今までメインのMCをしているぺーさんを見た事がなかったけど、落ち着いてていい声~)

パンデイロのちえこさんの歌う「Carinhoso(カリニョーゾ)」も聴けました。(歌っている姿を初めて見て、歌もいいな~)

あと、クラリネット奏者のえりさんは先日のタコパで初対面だったので、初めてクラリネット&鍵盤ハーモニカの演奏を聴く事ができました。私にとっては見どころ満載。演奏後、えりさんから「また会えたー」と笑顔で声をかけられました。再会できて嬉しいな。

なんか老若男女問わず楽しめる音楽で、こりゃ、天気のいい時に芝生で聴きたかったなーとも思ったけれど、室内もオシャレな雰囲気でいい音で聴けました。「芝生の演奏会」は色んなアーティストが定期的にやっているそうなので、これからの季節よさそうです。HPには「毎月第1・3水曜に、芝生で開催するインストゥルメンタルの演奏会」とありました。神戸に行く際はチェックしてみては。オススメです。

高尾典江さんのライブ in 京都

京都のカフェ「」へ行ってきました。

本日のライブは「sonho」。高尾典江さん(vo.g)と中島徹(p)のボサノヴァ・ユニットです。

実は1月末に高尾典江さんの「ボサノバ教室発表会」へ行ってきました。

ウチの教室のあかいさんがボサノヴァ大好きな方で、高尾さんの所で10年、ウチの教室で8年習っていて、今回はあかいさんのお誘いで行ってきました。その時の写真です。(ちゃんと許可をもらっています。)↓

高尾先生から紹介されている所。

こちらの発表会はプロのミュージシャンをバックに1曲ステージに立って歌っていく形で進んでいきました。皆さんすごく楽しそうで見ていてこちらも嬉しくなりました。あかいさんは歌だけでなくギター持参で弾き語りをしていました。

7弦ギターの名手、山田やーそ裕さんと、ブラジルパーカショニストのとみやんさんをバックにちょっと緊張気味!?でも演奏後は大きな拍手がありました。よかった。♪

その後は、高尾典江先生のプチライブへ。楽しかったです。一緒に行ったウチの教室の生徒さんも喜んでいました。誘ってくれたあかいさん、ありがとうございました。その時「ライブ、来て~」と声をかけられたので、さっそく京都まで行ってきました。

後ろの方の席だったけど、いい音で聴けました。ボサノヴァ、サンバ、オリジナル曲、ポル語、英語、日本語、新曲もあって一緒に歌ったり、2人の掛け合いトークも面白くて、盛りだくさんの内容でした。たっぷり聴けて大満足。

あと、お店の「オムライスハンバーク」が美味しかったです。高尾さんに「ありがと~!」と明るく声をかけて頂きました。なんか元気が出る、そんな気分になりました。ありがとうございました。

あべゆみさん&清水丈二さんのライブへ ギターのお店「クラベリト」(梅田・天満)

またまたボサノヴァを聴きに行ってきました。

今回は、「Bossa夕暮れ時」のあべゆみさん(Vo)と清水丈二(7弦ギター)のデュオです。「Bossa夕暮れ時」はいつも4名で活動されていますが、この日はお二人での演奏です。

場所はギター音楽のお店「クラベリト」。梅田駅の地下街「泉の広場」より徒歩5分の所にある雑居ビルの4Fです。

店内。ギター音楽のお店だけに壁のクラッシックギターがお出迎え。他にもスペイン風の気になるオブジェがいっぱい。

店内はスペイン・アンダルシアの趣きです。

約50年の歴史に幕を閉じたスペイン風居酒屋 「グラナダ」跡に2020年11月、ギター音楽の店 「クラベリト」はオープンしました。
クラシックギター をはじめとする弦楽器の生演奏がある 小さなライブバーです。

クラベリトはスペイン語で愛情を込めて(かわいい)カーネーションちゃんという意味。 スペインの国花でもあります。 

クラベリトHPより

写真を撮り忘れたけど、この日も赤いカーネーションが飾ってありました。

ライブ前半がスタート!客席は満席でした。ボサノヴァを知らない人にも、1曲ごとに丁寧な説明があって楽しいステージ。二人の掛け合いトークも面白い。

後半もたっぷりありました。この日の選曲は全て7弦ギター担当の清水さんだそうです。

最後、アンコールは、「Bossa夕暮れ時」でもお馴染みの「O pato(オ・パト)」。あべゆみさんが立って歌って盛り上がりました。

ジャーン!と曲が終わってこの笑顔。最後に大きな拍手の中、終了しました。

今回も楽しい夜になりました。爽やかなお二人のMCと演奏が印象に残りました。清水さんのギター伴奏やソロパートもめっちゃかっこよかったです。あべゆみさんの伸びやかな歌声やブラポル語の発音などなど細部にボサノバ愛が感じられて素敵でした。

お店の店長さんも気さくな感じで、ちょっとお話ができて楽しかったです。スペインのクラッシックギター音楽も大好きなので、また行きたいと思います。