ジョアンのアナログ!

「追悼 ジョアン・ジルベルト。ボサ・ノヴァの真髄を聴かせる晩年2作品が遂にアナログ化」。そのレコードが今日届きました。

ジョアン 声とギター(完全生産限定 アナログLP)

ボサ・ノヴァの神様ジョアン・ジルベルトの最後のスタジオ録音作(1999年発表)。タイトル通りジョアンの“声とギター” だけで奏でられる至福のソロ・アルバム。プロデュースはカエターノ・ヴェローゾ。

ディスクユニオンの商品詳細情報より

裏ジャケはこんな感じ。そしてもう1枚は・・・

ジョアン・ジルベルト・イン・トーキョー (完全生産限定 アナログ 2枚組LP)

ジョアン・ジルベルトの最後の公式アルバムとなった、2003年の来日公演を記録したライヴ盤。「こういうオーディエンスを何10年も探し求めていた」とジョアン自身も語るほど、日本の観客との交歓を楽しみつつ繰り広げた至高のステージ。

ディスクユニオンの商品詳細情報より

中ジャケ。このレコードになったジョアンライブに僕ら夫婦も行っていたと言う不思議。偶然なんだけど今となっては自慢です。(笑)

当時、東京にいる友人からジョアン来日の情報がきて、「ほんとに来日するの?」と半信半疑だったけど、日付と座席はおまかせでチケットを手配してもらいました。だからこの日に行ったのは本当に偶然。友人に感謝!その友人は違う日に行って、その日もすごくいいライブだったそうですが。

レコードにしてはちょっとお値段高めだけど、ボサノバの教室を生業にしている者として、またレコード好きとしてやっぱり購入してよかったです。

ジョアンのメッセージ。「日本の人々から受けた愛情に心から感謝します。A-ri-ga-tou」。

泣けるわ。

レコード詳細→「 ディスクユニオン JOAO GILBERTO / ジョアン・ジルベルト

ジョアンの秘密?月刊ラティーナ12月号

ラティーナ12月号を購入しました。→「詳細

表紙には「ジョアン・ジルベルトの秘密」とあって、「ジョアン・ジルベルトの財産問題」とか他の雑誌ではなかなか取り上げない感じの内容もあったり、貴重な写真も沢山あって、ジョアンファンにはオススメです。とは言え僕もまだちゃんと読めてないんですが・・・意外と知らない生徒さん達もいたので早めにアップしてみました。よかったら買ってみてください。

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」見てきました。

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」(原題:Where Are You, João Gilberto?) を見に行ってきました。

生徒さんを含め、僕のまわりではあまり評判のよろしくない映画。

内容はフランス生まれの映画監督でブラジル音楽が大好きなジョルジュ・ガショ氏が、崇拝してやまない“ボサノヴァの神様”João Gilberto(ジョアン・ジルベルト)に会いに行く夢を叶えるため、リオデジャネイロに出向いてジョアンと親交のある人を尋ね旅するドキュメンタリー映画で・・・

僕は収集家・コレクター気質でもなく、追っかけの人の気持ちも全く分からないので、この映画のもとになったドイツ人ジャーナリストやこの監督さんの気持ちも全く理解できないと思って観に行ったので、むしろめっちゃ楽しめました。リオの景色とジョアンの歌声を聞くだけで「あぁ、いいなあ~」としみじみ。批判的な人はこの映画にこれ以上何を求めるんだろう?

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」のパンフレット
映画のワンシーン。地元の人と話す姿。
ヤマザキマリさんのジョアンの絵が。

パンフレットには2001年に日本来日コンサートの交渉のため、ジョアンと電話でコンタクトをとっていた日本人の方のエッセイがあって面白かった。

リオの景色とジョアン・ジルベルトの歌声に浸りたい人にはオススメです。

あぁ~リオに行きたくなったわ。

映画→「公式サイト

追記:その後も映画を見た生徒さん達から「イマイチ」との報告が。こんなに惨敗な映画も珍しい。「最初のシーンは現実じゃなくて想像ですか?」とか「最後のシーンもなんだかな~」とか「最後のシーンがなんか許せない・・・」とか「不評と知ってても、たぶん見ておきたい映画だったから見に行ったでしょうけど、アレはないよな~」などなど、色々意見を頂きました。

追記2:その後、何年かぶりに復学した生徒さんが「ジョアンの映画、不評だったんですか?僕はよかったですけどね~。」と言ってました。貴重な1票です。
彼が冗談で「この映画ダメだった生徒は首にしましょう!」と言ったので「教室つぶれるぅ~!」って僕ら夫婦が言って3人で爆笑!ちょっと面白かった。まぁ、とにかくウチの教室では不評な映画であることに今だ変わりはありません。

ジョアン・ジルベルト新聞あれこれ

生徒さんがジョアンの新聞記事を切り取って持ってきてくれました。ありがとうございます。

あと近所の馴染みのお店「IL BAFFO」へ行くと「西口さんにこれ。」と朝日新聞のジョアンの記事を持ってきてくれました。

で「ジョアン好きの常連さんにはだいたい読んでもらったので、西口さん持って帰ってもらっていいですよ~。」とのこと。お気遣いありがとうございます。

あと本屋さんで見つけたラティーナ。

こちらも追悼:ジョアン・ジルベルト。

ライブが終わったらゆっくり読みたいと思います。

大阪の上映は9月。まだまだ先ですな。

映画「ジョアン・ジルベルトを探して(Where Are You, João Gilberto?)」。大阪はいつ、どこで上映?と教室の皆んなで話をしていましたが、ようやく発表されました。

こちら→「ジョアン・ジルベルトを探して

シネ・リーブル梅田にて9/27(金)から公開です。時間帯の発表はまだ先になりそうですが楽しみです。

追記:見てきました!→「映画「ジョアン・ジルベルトを探して」見てきました。

ジョアン・ジルベルトに感謝!

7月7日 今朝ニュースで知りました。

その類稀なるギター演奏と甘美な歌声によって世界中にその名を知らしめた“ボサノヴァの神様”ジョアン・ジルベルトが7月6日、ブラジルのリオデジャネイロにある自宅で死去しました。88歳でした。

各紙ニュースより

覚悟はしていたけど、とうとうこの時が・・・この人の音楽がなかったら、今の自分は考えられない。感謝しかない。心よりご冥福をお祈り致します。

アンチェリー・ボサノバギタースクール

初めて友人に「三月の水」を聞かせてもらった時の衝撃、その後貪るようにアルバムを購入して聞きまくった日々、初来日の時の興奮、日々の生徒さんとのジョアンレパートリーへの取り組みやジョアンについての会話、つい先日行ったトリビュートライブのことなど走馬灯のように頭を駆け巡っています。

正直、まだ受け止めきれない部分はありますが、この偉大な巨人が遺していった様々な宝物を、これからも日々学んでいきたいと思います。

追記:サッカーのコパ・アメリカ決勝がリオであって、ブラジルVSペルーだったんですが、試合前に黙とうがあり、ジョアンの事かな?と思っていたら、あとでサッカー解説のアナウンサーが「bossa novaの父と呼ばれたジョアン・ジルベルト氏が亡くなったからだそうです。」と伝えていました。葬儀の様子もYouTubeに上がっていました。↓

関連タグ→「ジョアン・ジルベルト

大阪はいつなの?ジョアンの映画の上映期間を探して

もう知ってる人も多いけど、映画「ジョアン・ジルベルトを探して」(原題:Where Are You, João Gilberto?)8月24日から日本公開決定!とのこと。

フランス生まれの映画監督でブラジル音楽が大好きなジョルジュ・ガショ氏が、崇拝してやまない“ボサノヴァの神様”João Gilberto(ジョアン・ジルベルト)に会いに行く夢を叶えるため、リオデジャネイロに出向いてジョアンと親交のある人を尋ね旅するドキュメンタリー映画だそうです。

ボサノヴァ教室なので、生徒さんも含めて見に行きたい人は多いけど、大阪のどこで上映なのかまだ不明。生徒さん達と「いつなんでしょうね?」「突然、『来週1週間上映』とか告知されてもいけるかな~?」などなど話しています。

詳しくはこちら→「公式サイト
関連サイト→「ジョアン・ジルベルトを探して

楽しみですね。

追記: 関連ブログ→「大阪の上映は9月。まだまだ先ですな。

ジョアンのBlu-ray Disc届きました!

今日、ジョアン・ジルベルトのBlu-ray Discが届きました。本当は4月だったのに延期になってたんですが、ようやく到着!

箱を開けるとこんな感じ。高級感あるな~。

Blu-ray Discの下に本も入ってました。

Blu-ray Discケースの中。

本もチラッと見たけど貴重な写真があって楽しい。

これからいつでもジョアンのライブを見れると思うと嬉しいです。また時間のある時じっくり本もBlu-ray Discも見ようと思います。


嬉しくてこないだライブで歌ったジョアンの「Disse alguém」ちょっと歌ってみたけど、コード忘れてた~!忘れるのは早いわ・・・。

関連ブログ→「JOÃO GILBERTO LIVE IN TOKYO

salvis wine&records/サルビス(天満橋)

ワインとレコードのお店「salvis wine&records」へ行ってきました。

散歩で大阪城公園の桜を見つつ・・・

天満橋まで歩きました。

こちらが今日紹介するお店。「salvis wine&records」

この日は日本のワインを正面に置いてました。

イタリアのワインを中心に多すぎず、店主セレクトのワインが並びます。

飲めないけどラベルを見ているだけで楽しい。

手書きの説明もいいな~。

次はレコードコーナーを。
この週はジョアン・ジルベルト特集!

その時、店内にかかっていたレコード。やっぱりいい!

壁のレコードもジャケが楽しい。

ジャズのレコードを1枚買いました。

教室でもワイン好き&レコ好きが多いので、オススメ店として紹介させていただきました。僕らは「IL BAFFO」の常連さんに教えてもらったお店です。飲めない僕らにも優しい店主さんです。飲めないのでブドウジュースを頂いたんですが、それがめちゃ美味しかったです。


春の散歩がてら、ボサノヴァも聞けたし、いい季節ですね。

その後、ライブを企画しました。→「サルヴィス・ラララライブ vol.5

31 / mar / 2019 (sun) 「Tribute to Joao Gilberto~Live」

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ

説明不要のボサノヴァの神、ジョアン・ジルベルト。当教室でも人気ですが、なかなか難しいのでジョアンのアレンジを学ぶ人は少ないのが現状です。そんな中、ジョアンに挑んだ事がある生徒さんを集めてライブを企画しました。正直、生徒さんと言うのもおこがましいほど当教室の自慢の皆様に出演して頂き感謝です。企画して本当に良かったです。教室としては前回のバーデン・パウエルに続いて第2弾のトリビュートライブ。ジョアン・ジルベルトゆかりの曲をそれぞれが披露していきました。

それでは当日の模様をご覧ください。

本番前に出演者での記念撮影。手にしているのはジョアンのレコードです。とうとうこの日がやってきました。

恒例の「エイ・エイ・オー!」。いざ出陣!

さていかに・・・

1.「田辺 新


1.Desde que o samba é samba
2.Outra vez
3.É preciso perdoar
4.A felicidade (当日の動画
5.Que reste-t-il de nos amours
6.Sandália de prata
7.Desafinado(アンコール)
1番手は田辺さん。ボサノヴァの原点の様な楽しく歌って遊んでいる様な温かみのあるステージを見せてくれました。会場がすごく和んだと思います。サンバのノリの様なものから、しっとりしたバラード系まで、今回も色んなタイプの歌を歌ってくれました。ありがとうございました!
Mais um passo!

2.「矢野 汕骨


1.Sem compromisso
2.Águas de março
3.Chega de saudade
4.Eu vim da Bahia
5.Garota de Ipanema
6.光でいっぱい(オリジナル曲/アンコール)
いつものオリジナル曲は封印して、今回はボサノヴァのみの弾き語りをしてくれました。ボサノヴァの矢野さんが堪能できたのではないでしょうか?アンコールではオリジナル曲も披露。初めて矢野さんを見たお客さんも喜んでいました。ありがとうございました!
Mais um passo!
注:矢野さんはこの後『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

3.「兵頭 宏


1.Ela é Carioca
2.É luxo só
3.Amor certinho
4.Brigas nunca mais
5.Caminhos cruzados (当日の動画
6.Palpite infeliz
7.Saudade da Bahia(アンコール)
教室企画のライブではお馴染みの兵頭さん。今回も素敵な歌声を聞かせてくれました。間奏のギターソロも楽しかった。ジョアン・トリビュートライブであっても兵頭さんらしい軽快な感じはそのままで良かったです。今回もありがとうございました!

4.「西口 健一


1.Corcovado
2.Disse alguém
3.Menino do Rio
4.Adeus América
5.Doralice
6.Valsa(Como são lindos os Youguis/Bebel)
7.Garota de Ipanema(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。生まれて初めて弾き語りのライブをしました。自分的には課題が多く残りましたが、それでも歌うのってなかなか楽しいですね。思い切って歌ってみてよかったです。

追加1:アンコールに「イパネマの娘」を演奏して会場の皆さんにも一緒に歌ってもらったんですが、ポルトガル語で歌える人が沢山いてビックリしました。
追記2:その後、けっこう色んな曲を弾き語りできる生徒さんから「よく考えたら『イパネマの娘』は習ってなかったんで、あの時歌えなかったんです・・・教えてください!」と言われてちょっと面白かったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また夏には雲州堂で浴衣ライブをする予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

おまけ:

ライブ後の打ち上げの様子。「Bistro やまごや」にて。料理美味しかった!

追記3:この時はまだこの年の7月6日にジョアンが亡くなるなんて思いもしていませんでした。なんの記念日でもなく、ただやってみたくて「トリビュートライブ」をして、ジョアンの凄さを改めて知り、またボサノヴァが、ジョアンがさらに好きになりました。 心よりご冥福をお祈り致します。
関連ブログ→「ジョアン・ジルベルトに感謝!