演奏時のセッティング

今年から生徒さん達に演奏時のマイクのセッティングを覚えてもらおうと思っています。

これは10月の「発表会」に向けての練習の一つなのですが、以前から教えてほしいと言われる事も多かったので、この際「人前で演奏する練習」の一環として教えていこうかなと思っています。

ウチの教室で楽器の勉強をしていくと、ボサノヴァなので一人で演奏できるスキルが身につきます。一人の手軽さもあり、友人の結婚パーティーや会社の宴会などで演奏を披露する人も多くなって、「先生、簡易PAは何がオススメですか?」とか「マイクは1本でギターはシールドの方(エレガットの方)がいいんでしょうか?」などなど、ライブのセッティングの質問も年々多くなっています。

音楽をやっていく上で、マイクのセッティングなど色々覚えていて損はないと思うので、教室でも教えていきますし、2月の交流会から生徒さん自身でセッティングも出来る様に少しずつ覚えてもらう予定です。今年の新しい試みです。

今日、生徒さんにそんな話をしてたら、「マイクのセッティングの扱いとか見たら『こなれてる感』が出ますよね。そんなんも出来る様になったらカッコイイですね~。」と言われて面白かったです。これを覚えると、マイクを前に立てられ「されるがまま」という状況ではなく、分からない事が減る分、不安も少なくなると思うし、演奏にもいい効果があると思います。

とりあえずは簡単な事からコツコツと。2月の交流会からよろしくお願いいたします。

追記1:早速「シールドの『八の字巻き』が出来ないから教えてほしいんです。」とか、自分の簡易PAを持参する人もいて、セッティングの質問が増えて面白いです。

追記2:写真はその後「交流会」でマイクのセッティングを説明している1コマ。

なかなか初めてにしては皆んなうまくできたと思うし、今後も続けていこうと思ってます。

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA