メトロノームは友だち

先日、メトロノーム練習をしてきた人が、「メトロノームで練習したら、自分がいかに自由に歌ってたかが分かりました。(笑)」と言ってました。

その生徒さんは弾き語りの人で、途中の間奏のソロギターの所が苦手だったんですが、メトロノーム練習のおかげで弾ける様になったそうです。その理由は、「何故かめちゃくちゃ速く弾いていた事が分かって、こんなにゆっくり弾いていいのかと思ったら弾ける様になった」とのこと。

でもこの話、結構よくある事なんです。ソロギターを勉強している生徒さんたちも難しい所を早く弾きすぎていたり、メトロノーム練習で「ん?」と気づく事がたくさんあります。

メトロノーム練習をして自分自身で気づく事が大切ですし、メトロノーム練習は必須。嫌いな人も多いけど・・・ぜひ「メトロノームと友だち」になってください。メトロノーム練習で気づいた事があったら、またレッスンの時に教えてくださいね。

大阪のギター教室 「メトロノームはともだち」 メトロノーム練習♪

「キャプテン翼」の≪ボールはともだち≫ じゃないけど、楽器演奏者にとって 『メトロノームはともだち』ですよ。 

マグネット式コンタクトピックアップ拝見!「Cling On クリングオン ピックアップ CP01」

レッスンに来ていた田辺さん。持参のギターを見てたら・・・

いつもと違う。なんか付いてるんですけど・・・?

聞いたら「着脱が簡単なマグネット式コンタクトピックアップ」だそうです。

着脱が簡単なマグネット式コンタクトピックアップ 「クリングオン ピックアップ CP01」

わざわざケーブルをつけて教えてくれました。 加工が不要で、ギタートップ面へ磁石で取り付ける新しいタイプのピックアップだそうです。音的にも今の所まったく問題なく、田辺さんオススメのピックアップだそうですよ 。

調べてみたら色々評価も高いみたいだし、気になる方も多いのでは?

詳しくはこちら→「Cling On クリングオン ピックアップ CP01

今回もピックアップを見せてくれた田辺さんに感謝。発表会も楽しみです。ありがとうございました。

谷九「SUB」のジャズライブ

谷町九丁目の 「SUB」 へ行ってきました。 昼間はジャズのレコードがかかっているほっこりした喫茶店で、夜はジャズの生演奏が聴ける素敵な空間です。 喫茶店の時間に行くことが多いんですが、今日はジャズの生演奏を聴きにやってきました。

本日の出演者。この日は祝日ですが、ここは平日の月曜日にもライブをしてくれるのが嬉しい所。サックス、ベース、ピアノのトリオ。楽しみだな~。

いつものカレーを食べつつライブを待ちます。

始まりました。

谷九「SUB」ジャズライブ  始まりました~!

2部以降はピアニストが2人になって、変わるたびに違いがあって面白い。

音が全員生音なのにすごくバランスのいい音で聞こえてきました。店主の長谷川さんのサックスがかっこ良過ぎて痺れました。ジャズにも色々あるけれど、僕の好きな感じのジャズでした。大満足。また行きたいと思います。

お店のHP→「SUB

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」見てきました。

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」(原題:Where Are You, João Gilberto?) を見に行ってきました。

生徒さんを含め、僕のまわりではあまり評判のよろしくない映画。

内容はフランス生まれの映画監督でブラジル音楽が大好きなジョルジュ・ガショ氏が、崇拝してやまない“ボサノヴァの神様”João Gilberto(ジョアン・ジルベルト)に会いに行く夢を叶えるため、リオデジャネイロに出向いてジョアンと親交のある人を尋ね旅するドキュメンタリー映画で・・・

僕は収集家・コレクター気質でもなく、追っかけの人の気持ちも全く分からないので、この映画のもとになったドイツ人ジャーナリストやこの監督さんの気持ちも全く理解できないと思って観に行ったので、むしろめっちゃ楽しめました。リオの景色とジョアンの歌声を聞くだけで「あぁ、いいなあ~」としみじみ。批判的な人はこの映画にこれ以上何を求めるんだろう?

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」のパンフレット
映画のワンシーン。地元の人と話す姿。
ヤマザキマリさんのジョアンの絵が。

パンフレットには2001年に日本来日コンサートの交渉のため、ジョアンと電話でコンタクトをとっていた日本人の方のエッセイがあって面白かった。

リオの景色とジョアン・ジルベルトの歌声に浸りたい人にはオススメです。

あぁ~リオに行きたくなったわ。

映画→「公式サイト

発表会の出演順が決まりました。

いよいよ今月は発表会!
ようやく出演者の演奏曲も決まって、出演順が決まりました。よかったらご覧ください。→(詳細:2019発表会

※急な変更あれば随時更新します。演奏曲も出演順も直前までご確認くださいます様、よろしくお願いいたします。

当日に向けての 体調管理、よろしくお願いします。そして練習しすぎで腕や身体など痛めない様に、適度に休憩を入れながら練習してくださいね。

教室のお知らせ

10月以降の教室のイベントをまとめてみました。

<教室のイベント>
2019.10.20 (sun)「発表会」at 雲州堂
2019.11.17(sun)「秋のボサノヴァギターライブ」at 雲州堂
2019.12.01 (sun)「忘年会」 at RiRe
2019.12.07 (sat)「ボサノバギターの夕べ」 at Kitchenこもれび → 要予約

「ライブ」や「発表会」は一般の方も参加できます。 12月の「Kitchenこもれび」でのライブ以外は予約や前売りもありませんので、お気軽に遊びに来てください。(詳細)お待ちしております。

<レッスンのお休みのお知らせ>
2019年10月20日(日)
2019年10月22日(火)
2019年11月17日(日)
2019年12月1日(日)忘年会の為、レッスン14時まで。
2019年12月7日(日)ライブの為、レッスン12時まで。
その他は月曜が定休日です。よろしくお願いいたします。

写真は去年の打ち上げの時のものです。その年によってトークに夢中で演奏がない打ち上げもあるし、演奏をほぼ全員弾きまくる時もあるし、今年はどうなるのか?楽しみです。

兵頭宏/Caminhos cruzados・十字路(ボサノバ弾き語り)

今回は兵頭さんの動画の紹介です。 今年の3月に企画した「ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ」の時の演奏です。 この時はまだこの年の7月6日にジョアンが亡くなるなんて思いもしていませんでした。なんの記念日でもなく、ただやりたいだけで企画したのに、思い出深い忘れられない2019年になりました。
無謀な企画に参加して、さらに動画アップを承諾してくださった兵頭さんありがとうございます!

当日の模様→ 「Tribute to Joao Gilberto~Live

生徒さんのライブ情報

8月の交流会で「 Garota de Ipanema (イパネマの娘) 」を演奏してくれた まつげんさんと・・・

9月の雲州堂での「ボサノバ&ジャズギターライブ」で出演していた奥野さん

このお二人で10月5日(土)に北加賀屋のワインバー「Kitchenこもれび」で ライブをするそうです。(こちらのライブは終了しました。)

以前ライブを見に行った時のブログはこちら→「こもれびライブ行ってきました。」その時も楽しかったし、今回も楽しみですね。

追記:こもれびのママの話によると当日は大盛況でとってもいい演奏と楽しい雰囲気だったそうです。良かったですね。→「奥野さんのHPのライブレポート

田辺新/Triste・トリスチ(ボサノバ弾き語り)

田辺さんの動画第2弾です。2015年の発表会の時の映像です。

以前、教室の動画チャンネルを作る話を田辺さんにしたら「本当は(生徒さん達の演奏動画の)ビフォーアフターがあったらいいんでしょうね。」と夫が言われたそうです。なるほど、みんな最初からうまく弾ける人なんていませんもんね。田辺さんの下手くそ時代も動画で撮っておくべきでした。(笑)

外国語の勉強で「下手くそ時代は『伝説のはじまり』と思って、恥を覚悟でどんどんしゃべる事が大切」って書いてあったけど、人前で演奏する事もそんな感じなのかもしれませんね。

発表会でこれだけ歌えたら気持ちいいだろうな~とそんな風に思う演奏です。

今回も動画アップを承諾してくださった田辺さん、ありがとうございます。

発表会まであと1ヶ月!

とうとう発表会まであと1ヶ月に迫ってきました。 最近の教室でも、発表会に出演される生徒さん達の熱いレッスンが聞こえてきます。

ボサノバってなんか大阪っぽくないらしくて、よく「大阪にこんなにボサノバが好きな人がいるなんて~」と言われます。

確かに一緒に歌って踊ってと言う感じではありませんが、ソロ演奏ゆえの緊張感があって、地味ながらも毎年楽しみにしてくれている方々もいて嬉しいです。ぜひ今年も生徒さんたちの1年間の頑張りを聞きに来てください。

発表会は一般の方でもご覧になれます。予約や前売りもありませんのでお気軽にどうぞ。
ボサノバが好きな人、ウクレレが好きな人、音楽が大好きな方、日曜の昼下がりにのんびりほっこりしてもらえればと思います。お待ちしております。 (詳細

そして、出演される皆さま、あと1ヶ月ですがよろしくお願いいたします。発表会に向けて色々と以前にアップしたブログをタグでまとめてみました。お時間ある時にじっくり見てみてください。タグ→「発表会に備えて