おすすめ基礎練習 José Luis González先生のギター教則本

先日のオンライン交流会で僕がオススメしていた基礎練習の楽譜をブログでも紹介したいと思います。

ホセ・ルイス・ゴンサレス ギター・テクニック・ノート

けっこうメジャーな本なんですが、意外と(クラッシックギターを習っていた生徒さん達も)知らないって言ってたのでアップしてみます。

中身はこんな感じ。

演奏家としてだけでなく、指導者としても大きな功績を遺した巨匠、ホセ・ルイス・ゴンサレスの教則本。多くのギター教室で使用されているロングセラーの一冊です。テクニックの基本である右手および左手各指の訓練、各指に均等な力を養うことを主眼に、テクニック練習が項目別に、かつ難易度順に配列されています。両手のテクニックの基礎固めをしっかりと学びたい初~中級者にお薦めです。

現代ギターより

レッスンで教えると、最初は全然指が動かないので「なんか自分の薬指と小指が動かなすぎて・・・笑けてくる~!」なんて、苦笑いしながら練習している生徒さんが多いです。でもだんだん出来てくると楽しい。

この本はTAB譜がなく、全て五線譜なので、読めない人も多いと思うけど、レッスンの時にまた解説しますので、ぜひ購入してみてください。

そして早速「購入します!」とメールをくれた生徒さんがいました。熱心ですね。「カルカッシギター教則本」もいいけれど、僕にとってはすごくためになった本です。教室にもあるので、一度見せてほしい人は声をかけてください。

Amazonにもあります。こちら→「ホセ・ルイス・ゴンザレス ギターテクニックノート」をチェック。

4月のオンライン交流会無事終了!

2度目の「オンライン交流会」無事終了しました。

楽しかった当日の模様はこちら→「第2回オンライン交流会

参加して下さった皆様、ありがとうございました。次回は6月20日(日)に雲州堂にて16時から「交流会」を予定しています。(コロナの状況次第ではオンライン交流会に変更するかもしれません。)また5月に募集しますので、チャレンジしたいと思った方はぜひ参加してみてください。
10月の発表会に向けてみんなで頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします。

ジャズ風?ソロギターの楽譜 ビートルズの名曲がいっぱい。

夫や生徒さんが「この本のアレンジいいなぁ。」って言っていたソロギターの楽譜。

ギター・ソロ ジャズ・アレンジ・ビートルズの名曲あつめました。(模範演奏CD付)  関口 祐二 (編集)

ビートルズの名曲がジャズ風にアレンジされていて、私の知らない曲もあるけど、模範演奏のCDを聞いていると、ガットギター(クラッシックギター)で演奏しているせいか、なんだかほっこりする感じで気に入ってます。

でもAmazonの口コミを見たら、そんなに評価されてない様な・・・。なんでかな?と周囲の人に聞いてみたら「ビートルズファンからしても、ジャズファンからしても中途半端なのかな。」とのこと。なるほど。

だいぶ原曲と違うアレンジのイントロが出てきて「ん?こんな曲だった?」なんて思ったりします。原曲通りに弾きたい人には不向きかも。でもウチの教室の様なガットギター(クラッシックギター)を弾く人で、ソロギターで普段から演奏している人達にとっては楽しい楽譜だと思います。

興味のある方は是非!よかったら、購入してみてください。

Amazon→「ジャズ・アレンジ・ビートルズの名曲あつめました。」をチェック。

ちなみにこの楽譜。夫が図書館で見つけてきました。図書館はネットで蔵書検索できますし、予約もできて便利ですよ。自分の好みかどうか確認する意味でも、Amazonの口コミで気になったものは図書館で借りるのがオススメです。

早すぎませんか?今週末はオンライン交流会!

桜は散ったのに、寒くなってきた今日このごろ。散歩してたら・・・

ん?公園の藤棚・・・

もう咲いてるの?まだ4/6なのに今年は早いな~。

ちなみに、今週末は「オンライン交流会」。こっちも早いです。結局ちょっと増えて8名参加となりました。新メンバーもいます。楽しみですね。

あと、演奏後に「みんなでちょっとフリートークの時間が欲しいです。」との声が。演奏して終わりじゃなくてリモート交流もあった方がいいとのこと。うまくトークを回せるか分からないけど、残りたい人だけ残って、リモート交流してみようと思います。また参加者の皆さまには今週中にメールで詳細送りますので、当日よろしくお願いいたします。

ゲッツ / ジルベルト 名盤の誕生 レコードじゃなくて本の話なんです。 

本屋さんでたまたま見つけた本。

「ゲッツ / ジルベルト 名盤の誕生」。昔からあった本だったのかな?と思って最後のページを見ると・・・

「2021年4月8日初版発行」とありました。そうか、最近の本なんだ。

目次を見たら「イパネマの娘」とか「ドラリセ」とかボサノバファンにとっては、なんだか楽しそうな感じ。

そして、購入するであろう年齢層を考えてか、時代の流れなのか、文字がデカイ!ちょっと違和感があるくらい大きいです。読みやすそう。

写真もあります。こーゆー所は文字も小さくてデザイン的。

当時の貴重な写真や、若かりし頃のジョビンの男前な写真なんかもありました。

ボサノヴァを世界中に浸透させた『ゲッツ/ジルベルト』。
その名盤たる所以を詳細に解説した一冊。

1964年3月リリースされ、世界中にボサノヴァ旋風を巻き起こした、スタン・ゲッツ(sax)とジョアン・ジルベルト(vo、g)のコラボレーションによるアルバム『ゲッツ/ジルベルト』を詳細に解説した、人気の“33 1/3”シリーズの中の注目の一冊。
ジャズとボサノヴァを見事に融合させたこのアルバムは、いかにして名盤になり得たのか。アストラッド・ジルベルトが歌った「イパネマの娘」はなぜ世界中で大ヒットしたのか。
ジョージタウン大学のブラジル史教授である著者ブライアン・マッキャンが、その歴史的背景と制作過程を丹念に振り返ることで、『ゲッツ/ジルベルト』の名盤たる所以を探る。

シンコーミュージック・エンターテイメントより

この本、なぜか本屋の「ヒップホップ」のコーナーにあったんだけど、見つけて良かった。興味のある方はぜひ!

詳しくはこちら→「ゲッツ/ジルベルト 名盤の誕生」をチェック。

※過去のブログ→「ゲッツ/ジルベルト

分かるタイミング

「先生の言ってた事が最近ようやく分かってきました。」「先生の言ってる事が今の自分には分かるんです。それが嬉しい。」と言われる事があります。

だいたいうちの教室に通い始めてから4年目くらいの生徒さんに言われる事が多いです。内容は「音楽理論」の事とか、「力を抜いてギターを弾く」事だったり、「リズムの取り方」や「テンポキープ」だったり人それぞれですが。

誰でもそうだけど、人に言われて「なるほど」と分かるタイミングと、本当の事を言われてても「なんだか分からない」時があります。

やたらと「今は分かるわ~」って言ってる生徒さんに「今まではどう思って聞いてたの?」と言ったら「(頭で)分かるけど、分からない感じ。正直は・・・何を言ってるのか分からんなーって感じでした。(笑)今まではですよー。」って言われて爆笑した事があります。

コレ!と思ういいタイミングで教えてあげたいとは思うけど、人を教える事は難しいです。教えすぎてもダメだと思うし。でも分かってきたと笑顔で言われると素直に嬉しい。「教える事は学ぶ事。」この仕事をしていると、本当にそうだなと思います。

教室のお知らせ 4月

4月になって桜も満開!すでに散ってきている様な・・・早いです。4月以降の教室のお休みやイベントなどまとめましたのでご覧ください。今月もよろしくお願いいたします。

<レッスンのお休みのお知らせ>
2021年4月11日(日)レッスンは15時まで。
2021年4月15日(木)臨時休業。
2021年5月22日(土)レッスン終日お休み。
GWは2021年4月29日(木)からは5月5日(水)までお休みです。 
その他、月曜が定休日です。よろしくお願いいたします。

<教室のイベントのお知らせ>
2021年4月11日(日) オンライン交流会 vol.2 →募集終了しました。
2021年5月22日(土) 江戸堀コダマビルにてライブ →予約終了しました。
2021年6月20日(日) 初の雲州堂にて交流会 
2021年7月18日(日) 夏の雲州堂ライブ
2021年10月17日(日) 発表会  
よろしくお願いいたします。

※コロナ禍なので、政府の休業要請などあれば、中止となります。その都度ブログ又はメールでお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

5月のライブの予約受付は終了しました。

5月22日(土)の江戸堀コダマビルでのライブですが、おかげさまで予約でお席が埋まりましたので、受付を終了させていただきます。ご予約いただいた皆さま、当日お待ちしております。よろしくお願いいたします。

5月にレトロな江戸堀コダマビルにてライブをします。

前回のブログにアップしたミヌンの川中さんの紹介で、5月22日(土)に「江戸堀コダマビル」1階のレッスンホールにてライブが決まりました。(詳細

江戸堀コダマビルの外観。

入り口。

国登録有形文化財です。

江戸堀コダマビルは、1935(昭和10)年に児玉竹次郎の本宅として建てられた、鉄筋コンクリート造の近代建築です。1982(昭和57)年に社団法人日本建築学会より「明治、大正、昭和の保存すべき貴重な建築物」として取り上げられ、日本近代建築総覧に掲載されました。また2007(平成19)年には、国登録有形文化財に登録されました。

江戸堀コダマビルのHPより

この日、ビルの管理をされている児玉さんに館内を案内してもらいました。どの部屋も魅力的。「ワークショップで使えるかな?」とか「音楽理論のグループレッスンできるかも・・・!」などなど夢が広がります。

一番気になっていた1階の「室内楽練習室 レッスンホール」がこちら。

グランドピアノがあって素敵な空間。近くのフェスティバルホールに出演されるプロの方が練習したりするのに使っているそうです。

観客席もあって、「ぜひ使ってください。」と言ってもらえたので、5月はここでコンサートをする事が決まりました。ビックリ!

生音が響く楽器を演奏するにはもってこいの空間です。もちろん当日はPAなし(電気を使わず)で演奏する予定です。コロナ禍なので要予約・限定10名までとのこと。だいぶ広々と座れると思います。よろしくお願いいたします。

ライブ詳細→「Um cantinho um violão vol.1

この贅沢な空間でライブが出来る不思議なご縁に感謝です。5月も楽しみになってきました。

4月のオンライン交流会と6月は久しぶり対面での交流会!

本日、「4月のオンライン交流会」の募集メールを送りました。さっそく参加希望の連絡をくれた生徒さんもいて、本当にありがとうございます。

曲は2月のオンライン交流会と同じでも構いません。目的は「人前で演奏する事に慣れる事」なので、教室で習ったものなら、過去に発表したものでも構わないので、よろしくです。

とは言え選曲は生徒さん自身にまかせています。「去年は交流会も発表会もなかったから、まだけっこう発表してない曲があるし、参加しよかな。」と嬉しそうに言っていた生徒さんもいました。

※教室に習いに来てまだソロで演奏できる曲がない生徒さん達にはメールしていません。ご了承ください。

あと、このブログを見て1曲演奏できるのに、先生からメールが来ていないと言う生徒さんがいたら、申し訳ありませんが連絡ください。お手数ですがよろしくお願いいたします。

6月は初めて雲州堂で交流会を行う予定です。だから「オンライン交流会」は4月が今年最後になると思います。10月の発表会に向けて皆さん頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします。

6月20日(日)は雲州堂の全面協力の下、交流会が出来そうです。いつもの食事会はなしです。演奏のみの会となります。また詳細決まりましたら、こちらでお知らせします。6月に休業要請がなかったら実現できると思うので、よろしくお願いいたします。(6/20の16時からで予定しています。)