ジョアンのアナログ!

「追悼 ジョアン・ジルベルト。ボサ・ノヴァの真髄を聴かせる晩年2作品が遂にアナログ化」。そのレコードが今日届きました。

ジョアン 声とギター(完全生産限定 アナログLP)

ボサ・ノヴァの神様ジョアン・ジルベルトの最後のスタジオ録音作(1999年発表)。タイトル通りジョアンの“声とギター” だけで奏でられる至福のソロ・アルバム。プロデュースはカエターノ・ヴェローゾ。

ディスクユニオンの商品詳細情報より

裏ジャケはこんな感じ。そしてもう1枚は・・・

ジョアン・ジルベルト・イン・トーキョー (完全生産限定 アナログ 2枚組LP)

ジョアン・ジルベルトの最後の公式アルバムとなった、2003年の来日公演を記録したライヴ盤。「こういうオーディエンスを何10年も探し求めていた」とジョアン自身も語るほど、日本の観客との交歓を楽しみつつ繰り広げた至高のステージ。

ディスクユニオンの商品詳細情報より

中ジャケ。このレコードになったジョアンライブに僕ら夫婦も行っていたと言う不思議。偶然なんだけど今となっては自慢です。(笑)

当時、東京にいる友人からジョアン来日の情報がきて、「ほんとに来日するの?」と半信半疑だったけど、日付と座席はおまかせでチケットを手配してもらいました。だからこの日に行ったのは本当に偶然。友人に感謝!その友人は違う日に行って、その日もすごくいいライブだったそうですが。

レコードにしてはちょっとお値段高めだけど、ボサノバの教室を生業にしている者として、またレコード好きとしてやっぱり購入してよかったです。

ジョアンのメッセージ。「日本の人々から受けた愛情に心から感謝します。A-ri-ga-tou」。

泣けるわ。

レコード詳細→「 ディスクユニオン JOAO GILBERTO / ジョアン・ジルベルト

ワインとレコードのお店「salvis wine&records」(天満橋)

1月に初めてライブをさせていただく ワインとレコードのお店「salvis wine&records」 のご紹介を。

色んな国のワインがずらり。試飲会などのイベントもあるそうです。

レコードもあります。前回はジョアン・ジルベルト特集でした。→(前回のブログ

楽しい空間のお店ですが、こちらでライブをするのではありません。

店主の野口さんが、後ろの壁の本棚を動かすと・・・

むむむ・・・

ライブに来られる方は「こちらへどうぞ」!

本棚の奥に小部屋があってワインバーになっています。映画の007みたい。 こちらの空間でライブをさせて頂きます。

お客様目線ではこんな感じかな?

ライトとかも考えて楽しい時間。

生音でもいけそうなので、本番は生音で演奏します。お楽しみに。

ちなみに買いたいレコードがあったので、ちょっと聞かせてもらいました。

「Jimmy Raney in Paris」。10inchは持っているんですが、大好きなのでこのフルLPも購入決定。10inchには入っていない曲も多かったので嬉しいです。興味のある方は声をかけてください。いいですよ。

フライヤーもお店の方で作ってもらいました。 また宣伝していこうと思います。こちらは要予約ですので、お手数ですがお店に連絡必須でお願いします 。 (ライブ詳細

皆様のご予約をお待ちしております!

お店のFBより→「salvis wine&records

こもれびライブ無事終了!

北加賀屋のワインバー「Kitchenこもれび」にてライブをしてきました。

この日は、まつげんさんが4年間続けてきた「こもれびライブ・ボサノバギターの夕べ」の30回目。その記念すべき日に呼んで頂いて、楽しい時間を過ごす事ができました。

こちらはライブ限定のコースメニュー。 前菜。

赤かぶのスープ。

サラダたっぷり。

今夜はシチューです。寒い日にぴったり。

最後は定番のアイスクリーム。今回も美味しかった!

そして演奏へ・・・

1.まつげん

1. The shadow of your smile / いそしぎ
2. Introdução ao poema dos olhos da amada / 恋人の瞳
3. Solitario
4. Manhã de carnaval / カーニバルの朝
5. Se todos fossem iguais a você / 全てがあなたと同じなら
6. Por causa de você / 君ゆえ
7. Deixa / 離別 (アンコール)

まつげんさんは全曲大好きなバーデン・パウエルゆかりの曲を演奏。やっぱり4年間やってきたホームだけにリラックスした中でのトークと、演奏も渋くてかっこよかったです。途中の「音楽について話をするコーナー」で音符の長さやリズムの話なども面白くこなれた感じ。30回続けてきた年月を感じました。

ここでちょっと休憩。写真はママおすすめのスパークリングワイン。

2.西口健一

1. Clouds and plants
2. Her rhythm
3. 駅舎にて
4. Samba do avião (カヴァー曲)
5. マランゴン
6. 青春群像
7. Chega de saudade (カヴァー曲 参考動画
8. 長い影
9. That old feeling (カヴァー曲 アンコール)
10. O astronauta (カヴァー曲 アンコール)

気が付いたら10曲やる事になりました。基本はオリジナル曲で、カバーも4曲ほど。4曲目と10曲目はバーデンゆかりの曲を。あと9曲目はジャズスタンダードを歌いました。色々な演奏ができて楽しかったです。
まつげんさんも言ってましたが、皆さんが真剣に静かに聴いてくださったのが嬉しかったです。ありがとうございました。

また初めて来た生徒さん達もこのお店の雰囲気をすごく気に入ってくれていました。本当にアットホームでいいお店です。ランチも美味しいし、オススメです。

ご来店いただいた皆様、本当にありがとうございました。 また共演者のまつげんさん、「 Kitchenこもれび 」のママには、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

音楽を通して楽しい時間を過ごす事ができました。感謝!

忘年会2019無事終了!

毎年、教室の発表会で演奏してくれた方々で集まって忘年会をしています。(生徒さん全員が集まるとすごい人数になるので、その年に演奏をした人達だけにしています。)今年も無事に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

楽しかった忘年会の模様をHPにアップしましたので、よかったらご覧ください。→「忘年会2019

来シーズンは3月1日(日)に交流会を予定しています。目的は発表会に向けての「人前で弾く練習」と「交流」です。ここにいない新人さん達もぜひ来年チャレンジしてみてください。また今年発表会を見送ったベテランさん達の復活もお待ちしております。来年もよろしくお願いいたします。

ジョアンの秘密?月刊ラティーナ12月号

ラティーナ12月号を購入しました。→「詳細

表紙には「ジョアン・ジルベルトの秘密」とあって、「ジョアン・ジルベルトの財産問題」とか他の雑誌ではなかなか取り上げない感じの内容もあったり、貴重な写真も沢山あって、ジョアンファンにはオススメです。とは言え僕もまだちゃんと読めてないんですが・・・意外と知らない生徒さん達もいたので早めにアップしてみました。よかったら買ってみてください。

「RiRe」のランチに行ってきました。(玉造グルメ)

忘年会でお世話になる「RiRe」へ打合せも兼ねてランチを食べに行ってきました。

お店の外観。去年と扉の色が変わってます。

内装もちょっとずつ変わってバージョンアップ。

その後、床の色も変わってました。さらに高級感が増した様な。内観の変わった所、皆んな分かるかな?過去のブログ→「RiRe(玉造)

奥の別室も別の部屋みたいに変わっててびっくり。去年は貸し切りだったので、ここを楽屋じゃないけど楽器や荷物置き場に使わせてもらいました。贅沢すぎる!

で、ランチも食べてきました。

スープとパン、そして前菜からメイン、デザートまで、旬の食材を使ったオリジナリティあふれる料理の数々に大満足。

帰りにシェフから「今回の忘年会はちょっといつもと違う感じのメニューを出してもいいですか?」と言われたのでOKしておきました。何が出てくるのか?ウチの教室用に考えてくれているみたいで、すごく嬉しいです。当日はフランス料理の垣根を越えて、シェフの創作料理が楽しめそう。皆さまお楽しみに~!

忘年会当日は18時集合。今年は21名の参加となりました。発表会で演奏を披露したメンバーだけで、飲んで、食べて、喋って・・・いつもより、リラックスした皆さんの演奏を楽しみたいと思います。よろしくお願いいたします。

ギター椅子を探して

前回ブログにアップした「COACHELLA HEAD/コーチェラヘッド」へまた行ってきました。探している椅子に近いものが入ったので見に来てくださいとのこと。

待っていたのは、ピアノ椅子のアンティークもの。かわいいなぁ。

クッション性もふかふかで状態もすごくいいです。でも高さが4段階で、もうちょっと低くならないと難しいので・・・残念。

今ある教室のギター椅子は生産中止。でも探せば探すほど今のがいいな~と言う感じで、最近ボロボロになってきたので、まだまだギター椅子探しは続きそうです。

他にも高さが調整できる椅子がありました。こちらはデスク用の椅子です。

実際座らせてもらったり、商品の説明を受けたり。

右が店主の高橋さん。また商品が増えたそうです。そして前回ちょっと気になっていたイタリア製の「金色の譜面台」(前回ブログ)はなくなっていました。まだ10日しかたってないのに早いな~。聞けばバイオリンをされている方の所へ旅立ったそうです。クラッシック音楽が似合う感じだったし納得!

今回もコレ!っと言う出会いはなかったけど、商品を見ているだけで楽しかったです。先日オススメした友人が実際行って「広いし、商品が多い」と驚いてました。興味のある方はぜひ行ってみてください。

アンティーク・ビンテージの家具、雑貨、照明のお店
HP→「COACHELLA HEAD

面白いのか?!気になる映画「マチネの終わりに」

今回は気になる映画のお話を。

マチネの終わりに →(公式サイト

世界的なクラッシックギタリストの男性とパリの通信社に勤務するジャーナリストの女性との恋のお話。クラッシックギタリストが出てくる映画で、 クラシックギター監修が福田進一さんと言う事もあり、ちょっと気になる映画。

でも予告編を見ると、もろ恋愛映画だし、クラッシックギタリストは全く関係ない感じかな?と思ってスルーしてたんですが、最近生徒さん達から「いいですよ。」「オススメです。」「もう1回見たい」などなど大好評!前回の「ジョアン・ジルベルトを探して」と大違い(笑)。ジョアンのやつは誰がなんと言おうと俺は好きですけどね。

現代ギター11月号の表紙もなんと「福山雅治」さん!ちょっとびっくりしました。

よく行くクラッシックギター専門店「Fana」の福永さんの話によると、福山さんが持っているギターは、弦を止めるブリッジのところにスーパーチップを使用していて、それをよーく見ると「なんだあのギターは!」と話題になって、東京のFANAでは今スーパーチップが売れていると聞いて思わず笑ってしまった。映画の、そして福山さんの影響力ってすごいですね。ちなみに僕のギターも偶然ですがスーパーチップを使用するタイプです。そういえばジョアンはボールエンドの弦を張っていたような。またブルーレイを見て確認しようかな。

そんなこんなでライブが終わったら、ちょっと映画を見に行ってみようかなと。でも恋愛映画ってなんか苦手なんですよね・・・大丈夫かな?

今週末は秋のボサノバギターライブ!

教室では、もうすでに来年の曲選びに燃えている(!)生徒さん達がいて、生徒さんにとっては曲選びは一番楽しい季節だそうです。先生の方は、みんながどーんと新しい曲を習い始めるので、準備に大変なシーズンです。

そんな中、今週末は今年最後の雲州堂ライブ!秋のボサノヴァギターライブです。

高さんは、教室のYouTubeでもアップされている「Se todos fossem iguais a voce 」や、今年の発表会で披露して大人気だった「枯葉」なども演奏してくれるそうです。女性だけどカッコイイ演奏がまた聴けそうです。

田辺さんは発表会で新境地を開いてソロギターに挑戦してくれました。このライブでは弾き語りに戻っていつもの田辺さんの歌声を聞くことが出来そうです。初挑戦の曲もあるみたいですし、スタンダードナンバーもアレンジが面白いので、そんな所も人気です。

最後の西口ですが、オリジナル曲を中心に、ちょっとカヴァー曲も演奏しようかな~と言ってました。今回も全員ギター1本のパフォーマンスですが、 3人それぞれの個性を楽しんでいただければと思います。

「雲州堂」の料理も美味しいですし、ぜひ秋のボサノヴァギターライブへお越しください。お待ちしております。

レッスン料金変更のお知らせ

メールでもお知らせしましたが、10月の増税に伴いレッスン料を変更する事に決めました。 この10年間、月2回のレッスンを6,000円で頑張ってきましたが、 物価の上昇もあって、教室を今まで通り維持していくことが難しくなってきました。 大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。 料金変更は12月から実施いたします。

変更後のレッスン料(12月より)

月2回 7,000円
月3回 9,000円 (変更なし)
月4回 12,000円 (変更なし)
月1回 4,000円
(月5回以降+3,000円) (変更なし)

月に3回以上通っている場合は、今まで通り1回あたり3,000円で、変更はありません。

月に2回以内で通っている生徒の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

熱心に通ってくれている生徒さんが多いのでなるべく通いやすい教室をと考えています。今後ともよろしくお願いいたします。