英国アフタヌーンティー?Northwood Tea Room / ノースウッド・ティー・ルーム(玉造)

散歩の時、ティーポット形の看板を夫が見つけてきました。ヨーロッパの街角みたい。

むむむ・・・と夫のセンサーが動いて、何のお店?と見に行くと・・・

「スコーン」とか「アフタヌーンティー」とか英国風?ちょうどアガサ・クリスティーの小説の話をしていたのでビックリ。気になるな。

で、後日行ってきました。

可愛いい入口。

内観。こちらの席に座ってみました。

カウンター席もあります。

初めてなので、とりあえずケーキセットを頼んでみました。本日のケーキの中から2種選ぶみたいです。

本日のケーキがいっぱいあって、何を選んだらいいのか分からない。店主さんに聞くと、英国風なのは「キャロットケーキ」と「ベイクウエルタルト」だそうで、それを頂く事にしました。

待つこと少々。しかし可愛い店内です。

イギリス関連の雑貨なども販売しているみたいで、紅茶も売ってました。

やってきました。ケーキ2種。左が「キャロットケーキ」で右が「ベイクウエルタルト」です。外国のケーキってすごく甘いイメージで、頼んだものの怖かったけど、こちらはすごくシンプルな甘さで、初めて食べたけど懐かしい味。日本人好みです。

こっちは夫が頼んだケーキ。左が「シフォンケーキ」で右が「ベイクウエルタルト」。シフォンケーキはアイスクリームをつけて食べてくださいとのことで、ふわふわで美味しかったそうですよ。

レジ横にクッキーも売ってました。

店主さんは最初パリに憧れてヨーロッパへ語学留学したけれど、イギリスにはまったそうです。はまった1番の理由は「人」で、イギリスの方々がすごく優しかったそうです。やっぱり異国の地で一番うれしいのは人の優しさなのかな。

イギリスって食事が美味しくないイメージだったけど、こんなケーキが食べれるなら、イギリスもいいなと思いました。店主さんの貴重なお話が聞けて楽しかったです。

オススメですよ。

追記:後日食べたサンドイッチも美味しかったです。

玉子、ハム、チーズと3種類あって、どれも美味しかったです。フィナンシェが1個ついてるのも嬉しい。

普通にチーズケーキやガトーショコラも美味しかった。レベル高いぞ!店主の方も優しいし、すごく気に入ってしまいました。報告まで。

イギリス好きでアガサ・クリスティーの大ファンの生徒さんがいるので、またコロナが収束したら一緒に食べに行きたいなと思いました。その時は贅沢な「アフタヌーンティーセット」を食べたいな。ポアロやミス・マープルの話をしながら・・・

玉造に来たら行ってみてください。教室にショップカード置いてます。おすすめですよ。

Muito obrigado 本町Lisboa!

教室のイベントで何回かお世話になった大阪・本町の「Lisoba(リシュボア)」が1月末で閉店、高知で再スタートすると聞いて、食べ納めに行ってきました。

さみしいけれど、最後の乾杯!下戸なのでブドウジュースです。

コース料理で最後のナタ(エッグタルト)までしっかり食べてきました。お腹いっぱい。美味しかったです。

お店が出来た頃から通ってて、忘年会やライブや交流会などなど色々使わせていただきました。常連さんとも仲良くなって楽しかった思い出も。 最後にジョゼさんの料理を味わって美味しかったけれど、不覚にも一番おいしかったお肉料理の写真を撮り忘れました・・・。笑!

お店のファンの人も多かったと思うので、ご報告まで。また高知でどんなお店を開くのか楽しみです。

Muito obrigado, José!!

過去の思い出はこちら→「Lisoba(リシュボア)」をチェック。

むむむ?玉造に新しいカフェが・・・!Little cafe / リトル・カフェ(玉造)

近所を散歩してたら、「IL BAFFO」の向かいに可愛いカフェがオープンしていました。

こちらが外観。前回食べたアップルパイの味が忘れられず、また来てしまいました。今日もあるかな?

店内。12月6日にオープンして、まだお祝いのお花がいっぱいの店内でした。写ってないけど、椅子も座り心地がよくて、長居する人多いんじゃないかな。

来ました。紅茶。ダージリンティーです。

こちらが感動したアップルパイ。なんなんだろう。これぞプロの味です。また食べたい。難波で30年くらいレストランをやってて、リタイアしたけど、また玉造でカフェをやってみたくなってオープンしたそうです。よくぞ玉造へきてくれました。

CDがいっぱい置いてありました。この日のBGMはブラジルの歌姫「Elis Regina(エリス・レジーナ)」。教室でも生徒さん達が練習しているお馴染みの曲が流れて、店主さんもボサノバとか好きなのかなと思って聞くと・・・

「実はハードロック系が好きなんです。」とのこと。「先日もジャニス・ジョプリンのCDをお客さんが見つけて、かけてほしいって言われたから、聞いてたんです!」と嬉しそう。お客さんが全員店主と同じ趣味の時は「ハードロックカフェ」みたいになるそうです。面白い!

ショップカードくださいって言ったら、こちらを頂きました。当分はこんな感じの営業だそうです。年内は30日まで営業するそうです。

気になる方はこちらをフォローしてみてください。日替わりメニューとか美味しそうですよ。

リトルカフェのインスタ→「littlecafe_tama」とTwitter→「@littlecafe_tama」をチェック。

ケーキが美味しかったので、次回はランチを食べようと思いました。

イタリアのジェラートが食べたくなったら・・・Pasticceria & Gelateria BIANCA / パスティッチェリア ジェラテリア ビアンカ(武庫之荘)

玉造の美味しいイタリアンレストラン「IL BAFFO」から教えてもらったビアンカ。「武庫之荘にイタリア菓子専門のお店があるよ。」と聞いて甘いもん好きとしては行かずにはいられない。イタリアのお菓子ってどんなの?って思いながら行ったらすごく美味しかったし、カワイイお店。

今回はそのお店の紹介です。

場所は阪急塚口武庫之荘駅北口から徒歩7分。イタリア人の旦那さんと日本人の奥様のお店です。

この青い看板が目印ですよ。

店内はこんな感じ。清潔感があってカワイイ空間です。

イタリアの食材も売ってました。パスタ買って帰ろうかな?

キター!季節の栗のデザート。ビアンカのモンブランです。

生クリームに砂糖が入ってないそうですが、これがまたちょうどいい甘さ。「美味しい?」って店主のロベルトさんに聞かれたから「美味しい!」って答えたら真顔で「知ってる。」だってサ。笑。

夏場はジェラートがおすすめです。イタリアと言えばジェラートですもんね。

他にも季節のフルーツで作るパフェもあります。この時はメロンが旬だったのでメロンのパフェ。贅沢!メロンは仲良しの農家さんより直接注文して仕入れているそうです。

イタリアらしい素朴な焼き菓子も沢山あって、こちらもイートインできます。私たちはピスタチオのケーキとか買って帰りました。

気になる方はインスタをフォローしてみてください。季節のメニューや百貨店の催事など色々情報がありますよ。こちら→「ビアンカ」をチェック。

教えてくれた「IL BAFFO」に感謝!Grazie!

玉造のフレンチレストラン「RiRe」へ行ってきました。

久しぶりにグルメ情報です。玉造のフレンチレストラン「RiRe」にランチコースを食べに行ってきました。

「鹿児島県さつまいもと青森りんごのポタージュ」。

「宮崎産きな粉ポークとイタリア産栗、鴨の砂肝のパラドカンパーニュ 有機栽培の秋茄子のピューレとセミドライトマトと有機栽培ビーツのピュレ」。

ソースが皿に打ち付けられてて、今までの「RiRe」っぽくない盛り付け?ジャクソン・ポロックみたいな感じですね。

マダムおすすめの「宮崎産きな粉ポークのスペアリブの赤ワイン煮込み」。+200円のメニューです。お肉がほろほろで食べやすい。骨付き肉って今までの「RiRe」にない野趣あふれる感じ。私としてはすごく好みなので、こんなメニューがこれからもどんどん出てきてほしい。美味しい!

「チャイのプリンとローズヒップティーのジュレ 無農薬栽培の柿のコンポート」。

今回も大満足。なんかまた新しいメニューや盛り付けがあって、どんどん変化している感じ。いつも通り季節も感じるし、食べてて楽しかったです。

毎年ここで教室の忘年会をしているけれど、今年も残念ながらできません。

来年こそは、この美味しい料理の数々をみんなと楽しみたいなと思いました。

ちなみにRiReの「クリスマスディナー」や、「おせち」も教室では人気。すでに予約している生徒さんもいます。オススメですよ。

あと、Go To Eat ポイント利用も可です。こちら一休com→「RiRe」をチェック。

色々おすすめです。

久しぶりに行ってきました。RiRe/リール(玉造ランチ)

大阪・玉造のフレンチレストラン「RiRe」へ行ってきました。毎年、教室の忘年会でお世話になっている店です。

外観。お店のマダムのセンスだと思うけど、ハーブやお花がいつもいっぱいです。

内観。少し壁の色や飾りが変わってました。(前回の内観

まずは冷たいスープ。自家製のパンも写真にないけど美味しいです。そしてスタッフの方もだいぶ変わってて知らないスタッフさんでした。新人さんだと思うけど、テキパキ働いてていい雰囲気だなぁ。

前菜。生カツオです。毎回季節のものが出てきます。

夫が選んだ鴨肉のソテー。激ウマだったそうです。

こっちは私が選んだ豚肉の料理。フレンチだけどあっさり食べれるのがこのお店の特徴。美味しいです。

チョコのデザート。色々毎回凝ってるな~。

こっちはベリー系のデザート。美味しかった。

久しぶりのリールは感動。シェフの料理はオリジナリティがあって、やっぱりココでなければ食べられない味。夫は鴨肉のソテーが美味しすぎて、パワーもらったみたいです。

最近、教室で「今年は発表会できますか?」とよく聞かれます。出来ると思って準備はしてるけれど、なんとも言えない状況。なので「発表会」も「忘年会」もその時の大阪の状況次第。ワクチンの効果がどうなるのか・・・なんとも言えない毎日です。

でもこんな美味しい料理を食べると、今年こそはリールで忘年会を!と思いました。出来るといいなぁ。(まだ予約はしてないけど。)

何のお店?Madame Marie / マダム・マリー(玉造と谷町六丁目の間くらい)

散歩していたら偶然見つけたお店。

外観。

最初はこの入口の看板or表札?のデザインを見て、何のお店??と思ってしまったのがきっかけ。

店内。中はカウンター席と一組だけテーブル席が。今年2021年の1月からオープンしたそうです。大きなスピーカーから素敵なBGMが。ジャズとか映画音楽など色々。毎回レコードをかけているそうです。

手作りケーキのリンゴのタルトと紅茶をいただきました。店員さんが優しいのでちょっとお話を。「モーニングもやってますよ。」と言われて、後日食べてきました。

和食。8時から10時まではモーニングの時間です。

こっちは洋食。500円です。その時見た感じでは和食を注文してる人の方が多かったような。早朝は人気で混むそうです。私たちが来た時はもうひと段落してのんびりしてましたが。玉造でモーニングをやっているお店が少ないから、重宝されてるみたいでした。

出来たばっかりのお店だからなのか、店員さんもほっこりしていて優しい雰囲気。早くも常連さんが沢山いるみたいで人気なのも分かるなぁ。まだ1年たってないし、お店の内装が毎回ちょっとずつ変わっていくのが、見ていて楽しいです。

教室にショップカード置いてます。一人でも入りやすいお店ですよ。よかったら是非。