まつげんさんのギター拝見!

まつげんさんから先日、「新しいギターを購入しました。今度のレッスン時に持っていきます」とメールがきて、この日を楽しみにしていました。そのギターは・・・

日本のギター製作家「禰寝孝次郎」さんのギターです。「先生、よかったら弾いてみてください」と言われて(嬉しい!)お言葉に甘えて弾かせていただきました。

「ん!!!」

「めっちゃ弾きやすい!」

音もいいけれど、めちゃくちゃ弾きやすいです。驚きました。禰寝さんのギターを弾いた事がなくて楽しみにしていたけれど、本当にいいギター。僕も好きな音です。

まつげんさんも嬉しくて、この笑顔。「買わないと絶対後悔すると思って・・・」と言っていたけれど、本当にいい一本に出会えてよかったですね。

来週のライブに向けて(詳細)通し練習を聴かせていただきました。

まつげんさんはもともとクラッシックギターを習っていたし、そんなまつげんさんの弾き方にすごくあっているギターだと思いました。今後のまつげんさんの音楽活動にも期待大です。

今回も見せてくれたまつげんさんに感謝!今後もボサノヴァギター頑張っていきましょう!

〇まつげんさんは念願のギター教室をはじめました。関連ブログ→「まつげんさんのギター教室拝見!」をご覧ください。

おすすめのピックアップ&シールド!

今年は生演奏が多かったけれど、今後はPAありのライブが増えそうなので、以前、あかいさんに教えてもらったクラッシックギター用のピックアップ「KNA NG-1」を購入しました。

〇前回のブログはこちら→「KNA NG-1 クラッシックギター用ピックアップ拝見!」をご覧ください。

左がピックアップで、右が専用のシールド。セットで売ってます。でもこのシールドがネットの口コミではちょっと不評で・・・どうしようかな?と思っていたら、すでに購入してこのピックアップを気に入っている河井さんから別売りのシールドを教えて頂きました。

借りて使ってみたらすごく良かったので、購入しました。こちらは→「UGREEN オーディオ変換ケーブル3.5㎜ミニプラグ to6.35㎜標準プラグ ステレオケーブル2m」です。シールドをこれに変えたら、だいぶ音がよくなりました。3mの商品もあるので、シールドの長さはお好みで。

河井さんより「注意点としては、シールドがナイロン編みなのでちょっとゴツゴツしていて、ギターに擦れたりして傷つけない様に」とのこと。※その後、まだ注意点が発生。追記をご覧ください。

メインのギターに付けました。今週土曜のライブもこれでいきます。

今回も教えてくれたあかいさんと河井さんに感謝!ありがとうございました。

追記:その後、気に入ってるアコースティックギター用プリアンプ「L.R.BAGGS ( エルアールバックス ) / Venue DI」に・・・

このブログでオススメしていた「UGREEN オーディオ変換ケーブル3.5㎜ミニプラグ to6.35㎜標準プラグ ステレオケーブル2m」が使えない事が発覚!残念。新しいシールドをまたまた購入しました。

こちら「CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / TSP020」を購入して使ってます。

プリアンプをライブで使用する時はこっちのシールドと組み合わせています。参考までに。

どっちのシールドもオススメです。組み合わせによって変えて使っています。

国内の手工ギター弾いてきました。

またまた生徒さんの要望でクラッシックギター専門店「Fana」へ行ってきました。今回は日本の作家さんのギターをたくさん試奏してきました。

今回のメンバーは・・・

先日、「こもれびのボサノバライブ」をしていた高さんです。

クラッシックギターは持っているけれど、もうそろそろ上のランクの手工ギターがほしいと言う事で、色んな楽器屋さんで試奏してきたけれど、Fanaへも行ってみたいと言う事で、この日を迎えました。

人気の弦長640mmのギターがいいかな?と思って、2本ほど試奏してもらったけど、「いつも650mmを弾いているから、なんか違和感がありますね。」とのこと。なるほど。

標準サイズのギターは弦長が650㎜ですが、640㎜の方がフレットの幅が狭い分だけ手の小さい人には弾きやすいという話があって、割と人気のサイズなんです。音も、腕のいい作家さんが作ったギターだと650㎜と変わらないとのこと。でも普段650㎜だから違和感があるって言うのも納得。640㎜のギターで弾きやすくなった人もいるし、人それぞれで面白いです。

それから、Fanaの福永さんより、国内の手工ギターも近々5万円ほど価格がアップするそうです。えー!値上げの波キターーー!弦も値上げしてるし、ギターも値上げか・・・。

今年は生徒さんに付き合って試奏しまくりの一年でした。自分も一緒にいい手工ギターを買ったし(その時の模様)、ギターを弾いている時が楽しいから、他の娯楽がいらないって感じで、ずっと弾いてます。

今回、めでたく高さんもいいギターを見つけたみたいで、「もっと早く買えばよかった。」って後日言ってたし、嬉しそうだったのでよかったです。今後の高さんのギター演奏が楽しみです。新年会で聴けるかな?

今回もブログネタで撮影させていただきありがとうございました。

追記:Fanaより「年末・年始の予定は、年末は12/28(水)まで。年始は1/6(金)より営業させていただきます。」とのことです。

進化してる?!あかいさんの楽譜の話。

いつも綺麗な楽譜を作るあかいさん。

直接書ける「書き込み楽譜ファイル」を使って勉強して・・・

自分のキーの楽譜が出来たら、綺麗にパウチしています。楽譜ファイルじゃないから持ち運びも重たくないし、譜面台に置いてもパウチしているので、飛ぶ心配もありません。

右がそのあかいさん。みんなにパウチした自分の楽譜を見せている所です。みんなの顔も「うーん、なるほど・・・」って感じ。今年の交流会での一コマです。

そんな楽譜が・・・

今までちょっと光に反射してしまうのが弱点といえば弱点でしたが・・・

スポットライトに当たっても反射しないマットな質感のパウチに変わってました。見やすい!

しかも・・・

書き込みもできるんです。これはすごいんじゃない。一番の弱点は先生に言われてちょっと書き直したい時に書き込めない。また一から作り直してパウチしていたけれど、今後は書き込みも可能なんです。

進化してるな~と思ってブログにアップしてみました。

ちなみに先生より「楽譜作りもいいけど、一番大切なのはギターの練習ですよ」とのこと。

まぁ、教室あるあるとして、<楽譜を作って満足してしまう>って言うのがあるんです。特に弾き語りの人は、キーを変えた時、楽譜を作って「あとは見て弾くだけだし大丈夫・・・」ってもう弾けた様な気になるそうです。そんな生徒さんが何人かいます。笑

今回もブログネタを提供してくれたあかいさんに感謝!ありがとうございます。忘年会も楽しみにしています。そうそう、忘年会は14名になりました。料理も楽しみだけど、当日の皆さんの演奏も楽しみです。よろしくお願いいたします。

奥野さんのギター拝見!ビックリ!それは生音?PAないの??<Martinez MP-14>

ギター拝見のコーナーです。今回は「アーリーバードギタースクール」の奥野さんのギターです。

奥野さんとのレッスン中、なんか奥野さんのギターが気になって「そのエレガットってどこのですか?」「これはMartinezで・・・」と説明しながら奥野さんがジャラーンとギターを弾いたら、その音がジャラーン、ラーン、ラーン・・・って、なんかディレイがかかってる。「ん?!」

アンプもPAもないのに、生音のはずなのに、ディレイのかかった音が出てきました。「何?なに??どこから音が出てるの?スピーカーはどこ??」

ネットで調べたら、こちらの動画がありました。

凄いギターが登場しました! 生音でなんとリバーブ&ディレイ/コーラス対応!アンプ、PAを使用せず、エフェクト効果が得られます! しかもお求めやすい価格設定! 思わず色々と試したくなってしまう、イマジネーションを掻き立てられるギターです!! ★本動画では、アンプは使用せず、ギター本体のみのマイキングでのサウンドをお聴き頂けます。

池部楽器店より

ビックリしてる僕に、この笑顔の奥野さん。

「最近こんなギターが流行ってて、こういう機能がついてるギターが多いんですよ」って教えてくれました。YAMAHAにも似た機能がついたギターがあるそうです。知らなかったな。ちなみに奥野さんは使わない機能だそうです。面白い!

他の生徒さんの話によると、小さいお店で演奏する時なんか、アンプもいらないし、すごく便利なんじゃないかな?とのことでした。なるほど。

今回も見せてくれた奥野さんに感謝!ブログネタありがとうございます。