手の小さい人におすすめ。ギター拝見!ブルガリアの楽器メーカー Kremona (クレモナ)のミニクラッシックギター。

生徒さんが面白いギターを持ってきてくれました。

ブルガリアの楽器メーカー Kremona (クレモナ)のミニクラッシックギターです。手の小さい人にオススメのギターだそうで、噂には聞いていたけれど、実際に見たのは今回が初めてです。

ちょっと弾かせてもらいましたが、音も悪くなかったし、これから手の小さい生徒さんには、すすめてみようかなと思いました。

今回も見せてくれた生徒さんに感謝!このギターでボサノバ弾き語り、頑張っていきましょうね。

乾燥はギターの敵!Fana大阪にて。

上本町のFanaへギターの弦を買いに来ました。

沢山のギターケースが。なんだろうと思って福永さんに聞くと、修理をしないといけないギターだそうです。しかも東京やら、大阪以外の所から来てて、今から1本1本修理していくそうです。

そうなんだ・・・。

毎回ギターに不具合が出たら僕も僕の生徒さん達(Fanaでギターを買った人たち)も、上本町に行って、福永さんに見てもらってますが、こんな近所にギターを修理してくれる人がいると言う事が、改めて幸せな事なんだなと思いました。

右が福永さん。今年は乾燥による修理が多いそうです。クラッシックギターはもちろん木で出来ていますから、乾燥によって反ったり割れたりするそうです。よく「木が動く」って言いますが、そんな感じで、一度乾燥すると修理が大変なんだそう。

もちろん手工ギターのギターの木は何年も乾燥させてから丁寧に作っていますが、それでもエアコンの風が直接当たる所に置いていたりすると、乾燥して木が動く事もあるので要注意です。

乾燥はギターの敵!教室の生徒さん達も乾燥には気を付けてくださいね。気になる方はレッスンの時にでも聞いてください。

教室のライブのフライヤーもありました。なんと小野先生の「ギターを弾いて見つけた 奇跡の作り方」本の横に置いていただいて・・・恐縮です。

この小野先生の本は教室にも置いてます。金言の数々が詰まってます。興味のある方はこちらもレッスンの時に声をかけてください。

今回もFanaでちょっとだけですけど話をしてすごく楽しかったです。

大事に使っていたギター椅子が・・・

今まで愛用してきたギター椅子がとうとう壊れてしまいました。

まったく座面が高くも低くもならない・・・。今までも何度となく直してきたけれど、今回は本当に手を尽くしてもダメだったので、諦めました。ショック。

去年、ギター椅子の座面を張り替えて、中のウレタンも多くしてもらい、リッチな座り心地に喜んでいたのに・・・(その時の自慢気なブログはこちら→「ギター椅子張り替え」をチェック。)

で、気持ちを切り替えて、新しくギター椅子を注文しました。

注文したら2日後に届いてビックリ。めっちゃ早い!コンパクト包装なので、これから組み立てます。

今までと違って重厚感あるデザイン・・・

こんな感じ。ボサノバギター教室っぽくないかな?デザインに軽さはなくなったけど、これはこれで気に入ってます。先生用の椅子がえらくリッチになったなーって気づく生徒さんは今の所いないけど、昨日の夕方からさっそく使っています。

ちなみに商品はこちら→「ギター専用椅子 GGS-PRO ブラック」をチェック。

生徒さん用は今まで通りワンタッチで上げ下げ出来るタイプの椅子です。生徒さん用のギター椅子は高低差が41~51cm。今度のギター椅子は41~50cmだそう。

この椅子も丁寧に使っていこうと思います。

自分の好みのウクレレケース作りませんか?ミヌンマクーニ(肥後橋)

肥後橋にある「minun makuuni / ミヌンマクーニ」で、またまたウクレレケースを作る生徒さんがいたので、ちょっと取材させて頂きました。

左が今回ウクレレケースを作る和田さん。右がこのお店の店主:川中さんです。

まずはウクレレケースの生地選び。青い生地にしたみたいです。選ぶの早いなぁ。倉敷帆布の生地だそうですよ。

ファスナーやボタンなど細部も決めていきます。丁寧に聞いてくれるので、手芸の事があんまり分からない人でも大丈夫そう。

ウクレレケースの色んなパターンの型紙もみせてもらって、すごいなと思いました。

どんなウクレレケースが出来るのか楽しみですね。

後日・・・

出来上がったウクレレケースを持ってきてくれました。かわいい!ファスナーのピンク色とかもすべて和田さんのオーダー通り。嬉しそう。

後ろのデザインもスッキリしてていいですね。持ち手も色々なタイプがあるみたいだけど、ショルダータイプにしたそうです。和田さんのチョイス、センスいいな。

ケースの中身はこんな感じ。中綿もふわふわです。

そして気になるお値段は・・・なんと12000円に+消費税だそうです。

和田さんも安くてビックリしてました。すごく気に入っているそうです。生地によって金額は変わってくるので、作る時は確認してくださいね。

以前、奥野さんが作ったウクレレとはまた違ったデザインで、それぞれ自分の好みに作ってもらえるからいいですね。

今後もミヌンでウクレレケースを作る人が増えそうな予感です。教室のウクレレの生徒さん達におすすめですよ。

ミヌンの新しいフライヤー、教室に置いてます。

そして、新たにHPも出来てましたよ。こちら→「minun makuuni / ミヌンマクーニ 」をチェック。

今回も取材させて頂いた和田さんと川中さんに感謝です。ありがとうございました。

ウクレレのサイレントピン(消音器)の代用?100均グッズ見せてもらいました。

生徒さんのウクレレに、なんか白いものがついてたので、「何?」って聞いたら、「サイレントピン(消音器)」の代用で使っている「マジックテープ」でした。

まず100均で売ってるマジックテープを買ってきて・・・

こんな風にまずは下に片側をひいて・・・

弦の上からもう一枚を被せて・・・

しっかりくっつけます。

これで完成。全然音が鳴りません。さみしいくらいだけど指の練習は出来るし、いい感じです。今まで布 やティッシュ をはさんだりするのは聞いた事があったけど、これは初めて。100均グッズで出来るから手軽ですね。

生音があまりしないエレキ・ウクレレをもう1本購入してイヤホンで練習する人もいるけど、ウクレレの生音が好きで、エレキには興味のない人には、手軽な手作り消音器はいいですね。

今回も見せてくれた生徒さんに感謝!ありがとうございました。

K&M ( ケーアンドエム ) / 17550 Memphis Travel ギタースタンド  持ち運びに便利! 

生徒さんがオススメのギタースタンドを持ってきてくれて、見たらすごく気に入ったので購入しました。

K&M ( ケーアンドエム ) / 17550 Memphis Travel ギタースタンド

今までこういう感じのギタースタンドは、ギターの転倒が怖かったけど、これはすごいんです。

すごく軽量でコンパクトなのが嬉しい。

黄色の〇の所で長さを調節できるので、エレキギターからアコースティックギターまで厚みにあわせて対応してくれます。安定感があります。

例えばカフェとかギタースタンドのない所で演奏する時は持っていくんですけど、軽いものだと今までギターがグラグラして危なかったりしていたので、これは便利。

サウンドハウスで購入しました。
詳細はこちら→「K&M ( ケーアンドエム ) / 17550 Memphis Travel ギタースタンド」をチェック。

今回も教えてくれた生徒さんに感謝です。ありがとうございました。

追記:ウクレレでもいい感じなので、レッスンの時に使ってます。↓

沢山増えてきた楽譜。どんな風に整頓してますか?書き込みできる楽譜ファイル。

「楽譜ファイル」どんなの使ってる?

新しく入会した生徒さん達には、いつも「100円ショップのでいいからA4のクリアーファイルを用意してください。」とお願いしています。

こんな感じで楽譜をファイルしていきます。普通は最初100円ショップのクリアーファイルに入れてるけど・・・

だんだんしてくると差し替え式のファイルへ変更する人が多いです。

長く教室に通っていると楽譜がいっぱいになってきて、「あの楽譜どこだっけ?」となるので、曲名のABC順とかで分けないと見つけるのに一苦労。差し替え式のファイルに変えると整理するのも、後で見つけるのも断然ラク!手放せません。

書き込みできる楽譜ファイル。

そして以前、生徒さんに見せてもらったファイルがこちら・・・

よーく見ると・・・

直接書き込みが出来る楽譜ファイルです。「そんなのあるんだ~!」と思いました。これなら教室にあるハンコとかもすぐ押せるし便利。当時はちょっとお高めだったけど、最近は安いのも出ているみたいで、色んなデザインのものが出てました。

書き込み楽譜ファイル→「Amazon」をチェック。

ちなみに基礎練習と曲の楽譜を分けてファイルしている人や、教室に持っていく楽譜と家に置いておく楽譜を分けてる人などファイリングは人それぞれ。便利なグッズがあると整頓も楽しいです。また何か生徒さんから教えてもらったらブログで紹介しますので、お楽しみに。