響きアラタのYouTubeスタジオ見学!

教室でもボサノバ弾き語りでお馴染みの田辺さん。念願のボサノバの弾き語り教室を2021年からはじめました。

今回はその田辺さんから連絡があり、ご自宅へお邪魔させていただきました。YouTube「響きアラタ」の現場も覗けて楽しかったです。その模様をご覧ください。

まずはブルーレイのジョアン・ジルベルトがお出迎え。ジョアンの話をしました。やっぱりすごいなぁ~と。ギターのコードもリズムも歌も・・・話はつきません。

そこへ田辺さんの得意料理「お好み焼き」が登場!美味しいです。

前菜に「アサリといんげんの和え物」もいただきました。こちらも素材の味そのもので美味しかったです。ごちそうさまでした。

そこから、YouTubeの時の景色を再現してもらうべく、スタジオには大きな照明器具が登場。

明るいなー。YouTubeで見た景色です。

後ろの照明も調整して、自分の方の照明も調整して、どんどんオシャレな空間になっていきます。動画で見た景色に近づいてきました。

ちなみに動画はこんな感じ。YouTubeに使用機材など細かく明記してくれているので、気になる方はぜひ確認してみてください。→「Budda on the Beach」をチェック。

後ろのモンステラも照らされてます。笑

カメラはもちろん「SONY」。ピント合わせも楽で画質もキレイとのこと。

「今、マイクを注文してて、それが来たらもっといい音で出来るから・・・」と話をしていると、

ピンポーン!と宅配便が・・・

なんとこのタイミングで注文していたマイクが届きました!「SE8」。

早速開けちゃいましょう!

ケースを開けると・・・

まちに待った「SE8」が届いて興奮!我々も楽しみ。

音を出してみたけど、これが素晴らしい。「弦楽器のソロを録るなら絶対これ!」と言われるだけあるなー。音がナチュラルで気持ちいい。

これでまたいい演奏がアップできますね。

田辺さんの作る動画の話は知らない事ばっかりで面白かったです。

ちなみに田辺さんの教室の教室名が変わってHPが新しくなりました。→「響きボサノバ教室」をご覧ください。「ボサノバ弾き語りコース」だけでなく、「ボイストレーニングコース」や「ギターアレンジコース」を作って再スタートだそうです。

YouTubeチャンネルはこちら→「響きアラタ」をご覧ください。

今回も田辺さんに感謝。ありがとうございました。

スタジオ見学楽しかったです。

追記:10/16の発表会、見に来てくれるそうです。嬉しいですね。

追記2:その後、動画撮影の話をブログで解説してくれています。参考にしたYouTubeなどアップされているので、興味のある方はぜひ→「動画撮影・編集入門(1)照らせ!光は正義」をご覧ください。

手の小さい人におすすめ。ギター拝見!ブルガリアの楽器メーカー Kremona (クレモナ)のミニクラッシックギター。

生徒さんが面白いギターを持ってきてくれました。

ブルガリアの楽器メーカー Kremona (クレモナ)のミニクラッシックギターです。手の小さい人にオススメのギターだそうで、噂には聞いていたけれど、実際に見たのは今回が初めてです。

ちょっと弾かせてもらいましたが、音も悪くなかったし、これから手の小さい生徒さんには、すすめてみようかなと思いました。

今回も見せてくれた生徒さんに感謝!このギターでボサノバ弾き語り、頑張っていきましょうね。

iReal Pro Mac版を購入

最近、ジャズを練習する生徒さんが少しずつ増えてきました。そんな中、生徒さんから勧めていただいたアプリが iReal Pro

これ、有料アプリだけどエグいです。いろんな曲のコード進行が入れられて、伴奏をしてくれるアプリなんですが、キーチェンジ/テンポチェンジはもちろん、伴奏の編成やリピート回数、カウントの回数など痒い所に手が届く設計です。

しかもダウンロードできる曲数が半端ない。ジャズのスタンダードが中心にはなるんだけど、ブラジルものもある程度は充実していて、こないだ買ったばかりですが、僕のアプリにはすでに2549曲入っています。もう本いらんやん。すごい時代やわ。

アドリブを練習したい人はもちろん、ボサノバのソロギターや歌の練習にも使えると思います。ダウンロードや使い方などは検索していただくとわんさか出てくるので、興味がある人は調べてみてください。

これで1840円は安すぎる・・・

乾燥はギターの敵!Fana大阪にて。

上本町のFanaへギターの弦を買いに来ました。

沢山のギターケースが。なんだろうと思って福永さんに聞くと、修理をしないといけないギターだそうです。しかも東京やら、大阪以外の所から来てて、今から1本1本修理していくそうです。

そうなんだ・・・。

毎回ギターに不具合が出たら僕も僕の生徒さん達(Fanaでギターを買った人たち)も、上本町に行って、福永さんに見てもらってますが、こんな近所にギターを修理してくれる人がいると言う事が、改めて幸せな事なんだなと思いました。

右が福永さん。今年は乾燥による修理が多いそうです。クラッシックギターはもちろん木で出来ていますから、乾燥によって反ったり割れたりするそうです。よく「木が動く」って言いますが、そんな感じで、一度乾燥すると修理が大変なんだそう。

もちろん手工ギターのギターの木は何年も乾燥させてから丁寧に作っていますが、それでもエアコンの風が直接当たる所に置いていたりすると、乾燥して木が動く事もあるので要注意です。

乾燥はギターの敵!教室の生徒さん達も乾燥には気を付けてくださいね。気になる方はレッスンの時にでも聞いてください。

教室のライブのフライヤーもありました。なんと小野先生の「ギターを弾いて見つけた 奇跡の作り方」本の横に置いていただいて・・・恐縮です。

この小野先生の本は教室にも置いてます。金言の数々が詰まってます。興味のある方はこちらもレッスンの時に声をかけてください。

今回もFanaでちょっとだけですけど話をしてすごく楽しかったです。

大事に使っていたギター椅子が・・・

今まで愛用してきたギター椅子がとうとう壊れてしまいました。

まったく座面が高くも低くもならない・・・。今までも何度となく直してきたけれど、今回は本当に手を尽くしてもダメだったので、諦めました。ショック。

去年、ギター椅子の座面を張り替えて、中のウレタンも多くしてもらい、リッチな座り心地に喜んでいたのに・・・(その時の自慢気なブログはこちら→「ギター椅子張り替え」をチェック。)

で、気持ちを切り替えて、新しくギター椅子を注文しました。

注文したら2日後に届いてビックリ。めっちゃ早い!コンパクト包装なので、これから組み立てます。

今までと違って重厚感あるデザイン・・・

こんな感じ。ボサノバギター教室っぽくないかな?デザインに軽さはなくなったけど、これはこれで気に入ってます。先生用の椅子がえらくリッチになったなーって気づく生徒さんは今の所いないけど、昨日の夕方からさっそく使っています。

ちなみに商品はこちら→「ギター専用椅子 GGS-PRO ブラック」をチェック。

生徒さん用は今まで通りワンタッチで上げ下げ出来るタイプの椅子です。生徒さん用のギター椅子は高低差が41~51cm。今度のギター椅子は41~50cmだそう。

この椅子も丁寧に使っていこうと思います。

自分の好みのウクレレケース作りませんか?ミヌンマクーニ(肥後橋)

肥後橋にある「minun makuuni / ミヌンマクーニ」で、またまたウクレレケースを作る生徒さんがいたので、ちょっと取材させて頂きました。

左が今回ウクレレケースを作る和田さん。右がこのお店の店主:川中さんです。

まずはウクレレケースの生地選び。青い生地にしたみたいです。選ぶの早いなぁ。倉敷帆布の生地だそうですよ。

ファスナーやボタンなど細部も決めていきます。丁寧に聞いてくれるので、手芸の事があんまり分からない人でも大丈夫そう。

ウクレレケースの色んなパターンの型紙もみせてもらって、すごいなと思いました。

どんなウクレレケースが出来るのか楽しみですね。

後日・・・

出来上がったウクレレケースを持ってきてくれました。かわいい!ファスナーのピンク色とかもすべて和田さんのオーダー通り。嬉しそう。

後ろのデザインもスッキリしてていいですね。持ち手も色々なタイプがあるみたいだけど、ショルダータイプにしたそうです。和田さんのチョイス、センスいいな。

ケースの中身はこんな感じ。中綿もふわふわです。

そして気になるお値段は・・・なんと12000円に+消費税だそうです。

和田さんも安くてビックリしてました。すごく気に入っているそうです。生地によって金額は変わってくるので、作る時は確認してくださいね。

以前、奥野さんが作ったウクレレとはまた違ったデザインで、それぞれ自分の好みに作ってもらえるからいいですね。

今後もミヌンでウクレレケースを作る人が増えそうな予感です。教室のウクレレの生徒さん達におすすめですよ。

ミヌンの新しいフライヤー、教室に置いてます。

そして、新たにHPも出来てましたよ。こちら→「minun makuuni / ミヌンマクーニ 」をチェック。

今回も取材させて頂いた和田さんと川中さんに感謝です。ありがとうございました。

ウクレレのサイレントピン(消音器)の代用?100均グッズ見せてもらいました。

生徒さんのウクレレに、なんか白いものがついてたので、「何?」って聞いたら、「サイレントピン(消音器)」の代用で使っている「マジックテープ」でした。

まず100均で売ってるマジックテープを買ってきて・・・

こんな風にまずは下に片側をひいて・・・

弦の上からもう一枚を被せて・・・

しっかりくっつけます。

これで完成。全然音が鳴りません。さみしいくらいだけど指の練習は出来るし、いい感じです。今まで布 やティッシュ をはさんだりするのは聞いた事があったけど、これは初めて。100均グッズで出来るから手軽ですね。

生音があまりしないエレキ・ウクレレをもう1本購入してイヤホンで練習する人もいるけど、ウクレレの生音が好きで、エレキには興味のない人には、手軽な手作り消音器はいいですね。

今回も見せてくれた生徒さんに感謝!ありがとうございました。