パリ散歩気分?藤田嗣治ゆかりの地をめぐる本

美術館へ行くといつもポストカードを買って、教室にひっそり飾ってました。

その中から一番生徒さんに声をかけられたポストカードがこちら。

藤田嗣治の<カフェにて>です。京都国立近代美術館に行った時のものです。

レッスンの帰り際に見つけた生徒さんから「藤田嗣治展、よかったですよね。」とよく声をかけられました。フェルメールの時もそんなに声をかけられなかったから、それだけインパクトがあったのかな?

実際、フジタの絵はあんまり好きじゃなかったのに、見てすっかり感動してしまいました。生徒さんの中にも「意外と良かったですよね。びっくりしました。」と言っていた人がいたし、私みたいに生の絵を見て感動した人が多かったのかもしれません。

そんなパリに愛されたフジタの本を先日、本屋さんで見つけました。

「藤田嗣治 パリを歩く」。

20世紀前半、ピカソやモリディアーニなどとともに「エコール・ド・パリ」のど真ん中で活躍した日本人画家・藤田嗣治。
パリ留学時代にフジタの絵画と出会った第一人者が半世紀を経て、いま改めて藤田の足跡を訪ねる。
パリと郊外のアトリエ、最期を迎えたチューリヒなど藤田にゆかりのある街に赴き、暮らした家や制作現場であるアトリエ、仲間と議論したカフェなどを訪ね歩く。

Amazonより

こんな感じで1日の歩く地図が載っていて、フジタがどんな所で暮らして、どんな人と交流があったのかなど、解説してくれる本です。

当時の貴重な写真や、今のパリの街並みなど写真もいっぱい。

パリでの朝食や、フジタとは全然関係ない著者のパリでの思い出話などもあって、エッセイの様な感じです。

もちろん藤田の絵もけっこう載ってます。ピカソやルソーの絵なんかも関連があるものは掲載されていて面白いです。

ちなみにこちらの絵<私の部屋、目覚まし時計のある静物>も生で見たけど、すごいエネルギーあふれる、不思議な静物画でした。フジタ独特の色彩もよかったな。

以上、ちょっと教室で話題になったので、フジタ本をアップしてみました。興味のある方はぜひ購入してみてください。最後の「シャペル・フジタ」のフレスコ画なんかは、なんだか切ないですが、行ってみたい気分になります。オススメですよ。

追記:「フジタの絵、部屋に飾りたいなー。」と夫。「それはちょっと・・・」と私。好きな絵と部屋に飾りたい絵って違うんですよね。笑。夫の方がフジタ好きかも。

涼しくなった後だけど・・・

今週より教室のクーラーが新しくなりました。

家電好きとしては楽しい。電気代も安くなるのかな?むむむ。

発表会前の熱ーいレッスンで汗だくになっても、これで少しは快適になるのではないかと期待しています。

そして来年の夏は必ず活躍してくれるはず!嬉しいです。

パブロ・アイマール!

リモートレッスンで、サッカーファンのKさんはユニホーム姿で登場・・・

詳しくは前回のブログ→「セリエAつながり~ボローニャからナポリのユニホーム?!そして本「ディエゴを探して」をご紹介!」をご覧ください。

Kakaのユニホームを見せてくれたり、いっぱいユニホームを集めてて、「まだまだレッスンで着れるから当分はコレ(ユニホーム姿)でいきます。」とのこと。笑。

で、僕もお土産でもらったアイマールのバレンシア時代のユニホームを着てみました。

これを頂いた時はめちゃくちゃ嬉しかったです。(アイマールのユニ着てギターを弾く日が来るとは!)

パブロ・アイマールと言えば、僕のアイドル!アルゼンチン代表選手であり、バレンシアの黄金期を支えた選手です。身長170cmで小柄だけど、世界最高峰のテクニックと優れたアイデアを駆使してファンを魅了。日本でも人気ありました。よくメッシのアイドルだった選手としてネットでは上がってるけど。

この日Kさんはセルティックのユニでした。アイマールも好きだったみたいでよかったです。

コロナでオンラインレッスンをはじめたけど、こんな遊びが出来るとは。好きな選手のユニホームをもらったものの、ずっと着る事もなく長い間タンスにしまっておくだけのモノになってました。こんな楽しく着れる日が来て嬉しかったです。

そして、もう僕の方のユニホームネタはないです。笑。

セリエAつながり~ボローニャからナポリのユニホーム?!そして本「ディエゴを探して」をご紹介!

ローマの友人からもらったボローニャのユニホーム。教室に今だけ飾っていて、何人かの生徒さんに声をかけられました。

フットボールファンのKさんに見せたら、「ボローニャだったら、メーカーは「macron」じゃない?」と言われ・・・

知らなかったけど、そんなメーカーがずっと作っているんだと教えてもらいました。Kさんはアパレル関係の仕事なので、さすがに詳しいです。

で、次のレッスンの時・・・

Kさんがナポリのユニホームで登場!ちょっと楽しくて、ブログネタとして写真を撮らせてもらいました。快くOKいただきありがとうございます!

「ほんとはマラドーナ時代のナポリのユニホームが欲しかったんだけど。」って言ってました。

私はJリーグが出来てから、夫の影響でサッカーを知ったので、マラドーナの事はあんまり知らないけど、去年「ディエゴを探して」と言う本を立ち読みしてたら、めちゃくちゃ面白くて購入しました。

マラドーナをあんまり知らない私にも楽しい本になってます。その後「サッカー本大賞2022」を受賞したと聞いてなんか分かるな~と思いました。

ちなみにKさんの一番好きだったチームはナポリではなく、ロッシが活躍した1982年W杯のイタリア代表チームだそうです。「最高!」って言ってました。

偶然ですが、マラドーナもロッシも2020年に亡くなってるんですよね。マラドーナが11月に、ロッシが12月に。

この本もマラドーナが亡くなった次の年に書かれたものです。本の帯通りマラドーナは神様ではなかったけれど、すごい魅力的なサッカー選手の1人だったんだなと思いました。

追記:その後もユニホームレッスンが続きました。続きはこちらのブログ→「パブロ・アイマール!」をチェック。

ローマから友人帰国で久々の再会!

先日ローマから友人親子がやってきて、奈良を案内してきました。

写真が7歳の娘さんで、奥で写真を撮っているのがママ(友人)です。私たちがローマに行った2011年から会ってなかったので本当に久しぶり。

奈良と言えば大仏。久しぶりに間近で見てきましたよ。

動物が好きで、鹿に会えて嬉しそう。一緒に写真を撮ったり、鹿せんべいをあげたり。奈良の王道コースですな。

東大寺でマスコットの鹿太郎も買ってもらってました。

もちろん甘いもんも食べました。暑かったのでかき氷やソフトクリームが美味しかった!

わらび餅も食べましたよ。

夜はベジタリアンなので、大阪の「パプリカ食堂」へ行ってきました。大豆ミートのから揚げに感激してました。写真は大豆ミートのハンバーグです。

後日

イタリア料理も食べてきました。場所は新福島の「Trattoria da pupi(トラットリアダプーピ)」です。

手作りパンも美味しかった。

こちらはトウモロコシのパスタ。

きのこのクリームパスタ。他にもリゾットやスープなどなどお腹いっぱいになりました。

最後に別腹でデザート。ティラミスは絶品で大好評。

お店のママに頼んでベジタリアンメニューにしてもらったので、ローマの友人親子も喜んでました。お店のママに感謝です。イタリア語も喋れるから、7歳の娘さんと楽しそうに喋ってましたよ。

とにかく奈良&大阪を満喫したみたいでなにより。久しぶりに会えて楽しかったです。濃厚な数日間でした。

おまけ:

お土産にパスタと、ボローニャ時代の富安選手のユニホームが入ってました。ちょっと面白かったので、教室に今日から飾ってます。誰も何も反応はありませんが。笑!

追記:その後、サッカーユニホームでのオンラインレッスンが・・・!? 続きはこちらのブログ→「セリエAつながり~ボローニャからナポリのユニホーム?!そして本「ディエゴを探して」をご紹介!」をご覧ください。

京都ぶらり・・・半夏生の庭園

先日、京都へ行ってきました。建仁寺近くに来ると・・・

たまたま両足院で初夏の特別拝観の看板が。ちょっと入ってみました。

まずは庭に出て、庭から建物を見るルートだそうです。

くちなしの花が咲いてました。

建物が池の向こうに見えます。

池の周りを一周して、だいぶ楽しいです。

新緑の季節ですな~。

ようやく建物に近づいてきました。ここからは建物の中からお庭の眺めます。

やっぱり日本の庭は奥に座って見るように出来てるんですね。とっても綺麗です。しばし鳥の声を聴きながら眺めてました。

こちらのお庭は半夏生(はんげしょう)の庭園で有名だそうです。

学芸員さんのお話によると、これからどんどん半夏生は見頃になるそうですよ。

まだコロナ禍なので人は少ないです。

本当はお抹茶も出していたそうですが、今年は無し。ちょっと残念でした。

なんの知識もなく入ったけれど、綺麗な所でしたよ。建仁寺は阪急河原町駅からも、京阪祇園四条駅からも近いですし、ちょっと時間がある時にすぐ行けるので、オススメです。

詳しくはこちら→「京都観光 建仁寺塔頭 両足院 初夏の特別公開」をチェック。

枯山水庭園もいいけれど、季節のいい時期は新緑を眺められるお庭も素敵だなと思いました。

バーデンのレコードをまたまた見つけてしまった話。

バーデンのレコードを何故か京都の「東急ハンズ」で見つけてしまいました。

このジャケット・・・見た事ないレコードでした。しかも2枚組で2,000円。

裏を見ると知らない曲があり、気になって購入しました。だいたいバーデンのレコードってジャケが違うだけで中身は一緒なのが多いのでスルーなんですが・・・

家に帰って広げてみると中ジャケがかっこいい!

さっそく1枚目を聞いてみると1曲目からバーデンご本人が歌っていたので、ちょっと心配しました。(以前バーデンが歌っている音源を教室で聞いてたら、初めてバーデンの歌声を聞いた生徒さんから「これバーデン?声、細!」とビックリされて「歌はヒドイな・・・。」と絶句されました。笑!)が、ちゃんといつものバーデンらしいギターのいい演奏がたくさんあって、すごく当たりなレコードでした。よかった!ホッ。

しかし、最近はバーデンをはじめボサノバのレコード(国内盤)が安いです。あとパコとかフラメンコギターのアルバムはもっと安い。売れないのかな?ジョアン・ジルベルトだけはお高いですが。

ちなみに・・・

「リフレクションズ・寺尾 聰」も買っちゃいました(笑)。500円。安い!当時の音が懐かしい。日本語の歌ものを本当に久しぶりに買いました。妻が「SHADOW CITY」の歌詞を覚えて、スラスラ歌ってたのが面白かったです。

追記:生徒さんから「先生、バーデンのレコ買いまくりですね。」と言われました。最近レコードが安くてジャズの名盤もすごく安い。(CDはもっと安い!)なので基本はバーデンより「ジャズの名盤」と言われているレコードを集めてます。やっぱりボッサもジャズも名盤と言われるものはすごくいいです。そして配信は便利だけどやっぱり音はレコードがいいかな。