メトロノームは友だち

先日、メトロノーム練習をしてきた人が、「メトロノームで練習したら、自分がいかに自由に歌ってたかが分かりました。(笑)」と言ってました。

その生徒さんは弾き語りの人で、途中の間奏のソロギターの所が苦手だったんですが、メトロノーム練習のおかげで弾ける様になったそうです。その理由は、「何故かめちゃくちゃ速く弾いていた事が分かって、こんなにゆっくり弾いていいのかと思ったら弾ける様になった」とのこと。

でもこの話、結構よくある事なんです。ソロギターを勉強している生徒さんたちも難しい所を早く弾きすぎていたり、メトロノーム練習で「ん?」と気づく事がたくさんあります。

メトロノーム練習をして自分自身で気づく事が大切ですし、メトロノーム練習は必須。嫌いな人も多いけど・・・ぜひ「メトロノームと友だち」になってください。メトロノーム練習で気づいた事があったら、またレッスンの時に教えてくださいね。

大阪のギター教室 「メトロノームはともだち」 メトロノーム練習♪

「キャプテン翼」の≪ボールはともだち≫ じゃないけど、楽器演奏者にとって 『メトロノームはともだち』ですよ。 

マグネット式コンタクトピックアップ拝見!「Cling On クリングオン ピックアップ CP01」

レッスンに来ていた田辺さん。持参のギターを見てたら・・・

いつもと違う。なんか付いてるんですけど・・・?

聞いたら「着脱が簡単なマグネット式コンタクトピックアップ」だそうです。

着脱が簡単なマグネット式コンタクトピックアップ 「クリングオン ピックアップ CP01」

わざわざケーブルをつけて教えてくれました。 加工が不要で、ギタートップ面へ磁石で取り付ける新しいタイプのピックアップだそうです。音的にも今の所まったく問題なく、田辺さんオススメのピックアップだそうですよ 。

調べてみたら色々評価も高いみたいだし、気になる方も多いのでは?

詳しくはこちら→「Cling On クリングオン ピックアップ CP01

今回もピックアップを見せてくれた田辺さんに感謝。発表会も楽しみです。ありがとうございました。

谷九「SUB」のジャズライブ

谷町九丁目の 「SUB」 へ行ってきました。 昼間はジャズのレコードがかかっているほっこりした喫茶店で、夜はジャズの生演奏が聴ける素敵な空間です。 喫茶店の時間に行くことが多いんですが、今日はジャズの生演奏を聴きにやってきました。

本日の出演者。この日は祝日ですが、ここは平日の月曜日にもライブをしてくれるのが嬉しい所。サックス、ベース、ピアノのトリオ。楽しみだな~。

いつものカレーを食べつつライブを待ちます。

始まりました。

谷九「SUB」ジャズライブ  始まりました~!

2部以降はピアニストが2人になって、変わるたびに違いがあって面白い。

音が全員生音なのにすごくバランスのいい音で聞こえてきました。店主の長谷川さんのサックスがかっこ良過ぎて痺れました。ジャズにも色々あるけれど、僕の好きな感じのジャズでした。大満足。また行きたいと思います。

お店のHP→「SUB

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」見てきました。

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」(原題:Where Are You, João Gilberto?) を見に行ってきました。

生徒さんを含め、僕のまわりではあまり評判のよろしくない映画。

内容はフランス生まれの映画監督でブラジル音楽が大好きなジョルジュ・ガショ氏が、崇拝してやまない“ボサノヴァの神様”João Gilberto(ジョアン・ジルベルト)に会いに行く夢を叶えるため、リオデジャネイロに出向いてジョアンと親交のある人を尋ね旅するドキュメンタリー映画で・・・

僕は収集家・コレクター気質でもなく、追っかけの人の気持ちも全く分からないので、この映画のもとになったドイツ人ジャーナリストやこの監督さんの気持ちも全く理解できないと思って観に行ったので、むしろめっちゃ楽しめました。リオの景色とジョアンの歌声を聞くだけで「あぁ、いいなあ~」としみじみ。批判的な人はこの映画にこれ以上何を求めるんだろう?

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」のパンフレット
映画のワンシーン。地元の人と話す姿。
ヤマザキマリさんのジョアンの絵が。

パンフレットには2001年に日本来日コンサートの交渉のため、ジョアンと電話でコンタクトをとっていた日本人の方のエッセイがあって面白かった。

リオの景色とジョアン・ジルベルトの歌声に浸りたい人にはオススメです。

あぁ~リオに行きたくなったわ。

映画→「公式サイト

発表会の出演順が決まりました。

いよいよ今月は発表会!
ようやく出演者の演奏曲も決まって、出演順が決まりました。よかったらご覧ください。→(詳細:2019発表会

※急な変更あれば随時更新します。演奏曲も出演順も直前までご確認くださいます様、よろしくお願いいたします。

当日に向けての 体調管理、よろしくお願いします。そして練習しすぎで腕や身体など痛めない様に、適度に休憩を入れながら練習してくださいね。

ボサノバ&ジャズギターライブ無事終了!

ボサノバ&ジャズギターライブ無事終了しました。

ご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた木島さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。
当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。→「 Bossa Nova & Jazz Guitar Live

「Bossa Nova & Jazz Guitar Live」

9月にボサノバとジャズのライブを企画しました。当日は台風が気になりましたが、なんとか晴れて楽しい会となりました。

ボサノバ&ジャズギターライブ ♬

1.「 奥野 義彦 」(ソロギター)

1. Night and Day
2. My one and only love
3. 枯葉 (ウクレレ)
4. サンゴ礁の彼方 (ウクレレ)
5. Samba de uma nota só
6. All the things you are
7. S Lovin’ you (アンコール)

1番手は奥野さん。 ジャズやボサノバのスタンダードを演奏してくれました。途中ギターをウクレレに持ち替えて2曲。ハワイアンあり、心地良いサウンドにみんなうっとり聞いていました。MCも楽しかったです。ありがとうございました。

2.「吉田有希代」(ボサノバ弾き語り)

1. Saudade da Bahia
2. Corcovado
3. Izaura
4. A felicidade
5. O negocio e amar
6. Minha voz, minha vida
7. Mas que nada (アンコール)

2番手は吉田さん。いつもの透明感のある声で全7曲ボサノバスタンダードを弾き語りしてくれました。間奏のソロが間違うかも?と言ってた曲で、ソロは完璧に弾けたのに歌詞を間違うというやらかしもありましたが(笑)、全体的には吉田さんらしい明るくて楽しいライブになりました。お疲れ様でした!

3.西口 健一(ソロギター)

1.雲の上から
2. マランゴン
3. Garota de Ipanema/イパネマの娘 (弾き語り)
4. Nardis (カヴァー曲)
5. 大きな輪・小さな輪
6.長い影
7. 駅舎にて
8. Chega de saudade(アンコール)

いつものオリジナル中心で演奏しましたが、緊張のあまり手の震えが止まらず、仕方なしに歌を歌うという暴挙に出ました(苦笑)。それ以降は落ちついて演奏できましたが、ほんとに最初が課題です。そんな演奏に温かい拍手をくださった会場の皆様に心から感謝です。これに懲りずにまた遊びに来てやってください。ありがとうございました。

追記:当日の動画アップしました。

おまけ:3人で教室恒例のエイエイオー写真。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた木島さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また11月17日(日)に雲州堂でライブをする予定です。またぜひ遊びに来てください。よろしくお願いいたします。

映画「カーマイン・ストリート・ギター 」

映画「 カーマイン・ストリート・ギター 」見に行ってきました。

映画「カーマイン・ストリート・ギター 」テアトル梅田
映画「 カーマイン・ストリート・ギター 」

予告編の通り、楽しかったです。ドキュメンタリー風だけど、ちゃんと映画になってました。登場人物が演技しているのか?と思うと、なかなか皆んな器用だなと思ったり。お店を訪れるミュージシャンがギターを試奏するんだけど、その演奏がそれぞれにすごく個性があって、さすがNYと言う感じ。個人的にはビル・フリゼルの演奏が特にジーンときました。シンディのバースデーのシーンでほろり。ケリーさんのギター愛にグッとくる、ギター好きにはたまらないオススメの映画です。面白かった。

関連ブログ→「ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作る?!

吉田有希代/Izaura

吉田さんの動画の第2弾です。曲の「Izaura」は、当教室でも人気の曲ですが、挫折する人も多く、この曲を完成できた第1号は吉田さんでした。さすが!なかなか難しい曲です。ご覧ください。

今週末はボサノバ&ジャズライブ!(詳細) よかったら是非遊びに来てください。お待ちしております。

当日の模様→「浴衣とボサノバギターの夕べ