ようやくCELIA HOUSEへ行ってきました!

大阪で知り合うブラジル人の人達に、オススメのブラジル料理店を聞くとだいたい皆んなが教えてくれる「celia house」。ようやく先日行ってきました。

はじめて石津川駅に降りました。


カワイイ外観!駅からすぐでした。




おおー!シュラスコ。


内観。


ブラジルの国鳥トゥカーノ(Tucano)がお出迎え。


壁には野鳥の写真がいっぱいありました。


壁の絵も雰囲気あります。


今回は一番下のフェリアードランチを選択。ワンプレート+デザート・珈琲付きで1,680円。


ドリンクはブラジルではコカ・コーラよりメジャーな「グァラナ」にしました。


さてさて、お味はいかに・・・。他のお客さんの笑い声など聴きながら静かに待ちます。


来ました~!


右側のオニオンなどの野菜のソーズをお肉にかけて食べます。これがさっぱりしてて美味しい。


噂のキャッサバ粉。味はないけど病みつきになるそうです。


ちょっとかけてみる。恐る恐るなので端っこにかけてますが、なんというか・・・癖になるの分かるな~。美味しいです。後で店員さんに聞くと味付けはやっぱり日本人向けにちょっと工夫しているそうです。なるほど。


食後のデザート&コーヒー。
コーヒーのレベルが高い。そしてオススメされたデザートの「ムース デ マラクジャ」もめっちゃさっぱりしてて美味しい。レモンムースって感じかな?


こっちはプリン。ちょっと固めで甘いけど美味しい。

ワンプレートランチなのに、だいぶお腹いっぱいになりますよ。



めっちゃ楽しく過ごしました。お店の方々も優しかった。玉造からも意外と近いし、またリピしてシュラスコが食べたくなりました。

こもれびライブ行ってきました。

北加賀屋の「Kitchenこもれび」へ行ってきました。
美味しい料理と演奏が楽しかったです。まずは料理の写真を。

前菜
前菜

スープ


メインのサーロインステーキ


可愛いミニパエリア


最後にデザートのアイスクリーム

ママの料理はいつも美味しいです。今回もお腹いっぱいになりました。

そして演奏の写真を。
まずは最初に2曲だけ奥野さんが演奏します。

1.Night and day
2.My one and only love


続いて吉田さん。





1.Saudade da Bahia
2.Corcovado
3.Izaura
4.A felicidade
5.Negocio e o amar
6.Samba de uma nota so
7.Minha voz minha vida(アンコール)
いつもよりリラックスして楽しそうに演奏していて素敵な歌声でした。

そして再び奥野さんの登場。
まずはウクレレで2曲。

3.珊瑚礁の彼方
4.Autumn leaves
このウクレレコーナーがいいアクセントになっていました。

そして最後はギターに持ち直して3曲演奏されました。

5.Samba de uma nota so
6.The gift (Recardo)
7.All the things you are(アンコール)
奥野さんの演奏も素敵でした。

こもれびのママや常連さん達とも喋って、すごく楽しい夜を過ごせました。いいお店だな~と思いました。オススメですよ。

5月の交流会無事終了!

5月の交流会「tempo delicioso(おいしい時間)」無事終了しました!

詳しい当日の模様はこちら→「tempo delicioso 30

今回も参加して下さった皆様、ありがとうございます。また「Bistro LIBERTE」のご夫婦には本当にお世話になりました。ありがとうございます。次回は8月25日(日)に予定しています。また募集しますので、チャレンジしたいと思った方はぜひ参加してみてください。10月の発表会に向けてみんなで頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします。

第30回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 交流会

生徒さんからの要望で始まった交流会「tempo delicioso(おいしい時間)」。
目的は10月の発表会に向けて「人前で演奏する事に慣れること」と「生徒さん同士の交流」です。今回で30回目を迎えました。

場所は今回も玉造の「Bistro LIBERTE」です。前回好評だったので今年はずっとここで開催しようと思っています。
そして演奏の方は、みんな緊張してたけど、それぞれの持ち味を出せたと思います。やっぱりステージは人柄が出ますね。こうして人前で演奏する事は幸せな事ですし、日々の生活にはない緊張や刺激は、失敗も含めて、きっと普段の生活にもいい影響があるのでは?と思いました。

それでは、当日の模様をご覧ください。

当日は五月晴れでとってもいい天気でした。

ここからは演奏風景。
 注:*マークは弾き語りです。
 注:アーティスト名が入っているのは、その人のヴァージョンを参考にアレンジしたものです。

野口さん「Mizutamari(ミズタマリ)」

長尾さん「Ela é Carioca(彼女はカリオカ)」*

嶋田さん「Chora tua tristeza」*
  

三好さん「Izaura」* 

いまなかさん「A felicidade」*

山本さん「Moon River(ムーン・リバー)」

松田さん「O Barquinho(小舟)日本語歌詞:オリジナル」*

西田さん「Carinhoso」

吉田さん「Minha voz,minha vida」*

西村さん「The House of the Rising Sun(朝日のあたる家)」

赤井さん「Insensatez」*

藤友さん「Corcovado」*

合田さん「Aloha `Oe(アロハ・オエ)」*

まつげんさん「Agua de Beber(おいしい水)」

木村さん「Mas que nada」*

高さん「Mas que nada」

田辺さん「Julia Florida」

西口「駅舎にて(オリジナル曲)」

演奏後の料理。


料理はこの他にたくさん出てきました。手作りのパンもやっぱり美味しかったし、デザートも2種類でてきてお腹いっぱいになりました。美味しかったです。ありがとうございます。

今回も参加して下さった皆様、ありがとうございました。またお店のご夫婦には今回も大変お世話になりました。最初のステージ作りや、演奏の間のBGMなども手伝って頂き、本当にありがとうございました。次回は8月25日に同じ場所で予定しています。また募集しますので、チャレンジしたいと思った方はぜひ参加してみてください。10月の発表会に向けてみんなで頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします。

ありがとう!!! Agustín Pereyra Lucena・・・


僕のアイドル、アルゼンチンのギタリスト:アグスティン・ペレイラ・ルセナ(Agustín Pereyra Lucena)が、現地時間の5月16日の木曜日8:30に癌で逝去されました。享年71歳でした。

詳しくはこちら(スペイン語だけど)→「Murió Agustín Pereyra Lucena

知人のインスタで先週知りました。ただただショックです・・・ある意味バーデンやボンファやトッキーニョよりも目標にしていた人でした。ブラジル音楽に影響を受けながら、さらに洗練を極めたような独自の音楽性が大好きでした。少しでもその音から学ぼうと思い、何曲か耳コピもしました。

初来日のライブを見に行った時に、サインを求める列に並んでいたのですが、僕と妻が最後だった事もあり少しお話が出来ました。とても優しい人柄で僕の細かい質問(爪の形状や磨き方など)にも嫌な顔一つせず、むしろすごく気さくに答えてくれていた姿を昨日のことの様に思い出します。

その頃、スペイン語を勉強し始めたところだったので張り切っていたのですが、全く口から出てこず(笑)。通訳さんに任せっきりだったので、次に会う時のためにスペイン語の勉強をもっとがんばろうと思ってたんですが、もうそれも叶わない。勝手に心のどこかでまた会えると思っていたので、本当に悲しい。

どうか安らかに。ご冥福をお祈りいたします。

Muchas Gracias Lucena !! R.I.P.


写真はライブの時に書いてもらったサイン入りのレコードです。

関連ブログ1→「Agustin Pereyra Lucena
関連ブログ2→「Despues de las seis

ジョアンのBlu-ray Disc届きました!

今日、ジョアン・ジルベルトのBlu-ray Discが届きました。本当は4月だったのに延期になってたんですが、ようやく到着!

箱を開けるとこんな感じ。高級感あるな~。

Blu-ray Discの下に本も入ってました。

Blu-ray Discケースの中。

本もチラッと見たけど貴重な写真があって楽しい。

これからいつでもジョアンのライブを見れると思うと嬉しいです。また時間のある時じっくり本もBlu-ray Discも見ようと思います。


嬉しくてこないだライブで歌ったジョアンの「Disse alguém」ちょっと歌ってみたけど、コード忘れてた~!忘れるのは早いわ・・・。

関連ブログ→「JOÃO GILBERTO LIVE IN TOKYO

ビル・エバンスの映画

教室でも人気のビル・エヴァンス。モダン・ジャズを代表するピアニストで、僕ももちろん大好きです。そのビル・エヴァンスの映画があるそうです。
こちら→「BILL EVANS TIME REMEMBERED
ビル・エヴァンス生誕90周年記念公開だそうです。楽しみですね。

あとビル・エヴァンスのメガネの復刻販売があるみたい。
こちら→「ビル・エヴァンスのメガネ復刻販売
僕はメガネが大好きなんで、めっちゃ気になります。欲しい・・・


写真はジム・ホールと一緒のビル。レコードの中ジャケで気に入ってます。

関連ブログ→「Bill Evans with Jeremy Steig / What’s New

salvis wine&records/サルビス(天満橋)

ワインとレコードのお店「salvis wine&records」へ行ってきました。

散歩で大阪城公園の桜を見つつ・・・

天満橋まで歩きました。

こちらが今日紹介するお店。「salvis wine&records

この日は日本のワインを正面に置いてました。

イタリアのワインを中心に多すぎず、店主セレクトのワインが並びます。

飲めないけどラベルを見ているだけで楽しい。

手書きの説明もいいな~。

次はレコードコーナーを。
この週はジョアン・ジルベルト特集!

その時、店内にかかっていたレコード。やっぱりいい!

壁のレコードもジャケが楽しい。

ジャズのレコードを1枚買いました。

教室でもワイン好き&レコ好きが多いので、オススメ店として紹介させていただきました。僕らは「IL BAFFO」の常連さんに教えてもらったお店です。飲めない僕らにも優しい店主さんです。飲めないのでブドウジュースを頂いたんですが、それがめちゃ美味しかったです。


春の散歩がてら、ボサノヴァも聞けたし、いい季節ですね。

関連ネタ→「ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ無事終了!!

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ無事終了しました。

ご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。
当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。→「Tribute to Joao Gilberto~Live

31 / mar / 2019 (sun) 「Tribute to Joao Gilberto~Live」

説明不要のボサノヴァの神、ジョアン・ジルベルト。当教室でも人気ですが、なかなか難しいのでジョアンのアレンジを学ぶ人は少ないのが現状です。そんな中、ジョアンに挑んだ事がある生徒さんを集めてライブを企画しました。正直、生徒さんと言うのもおこがましいほど当教室の自慢の皆様に出演して頂き感謝です。企画して本当に良かったです。教室としては前回のバーデン・パウエルに続いて第2弾のトリビュートライブ。ジョアン・ジルベルトゆかりの曲をそれぞれが披露していきました。

それでは当日の模様をご覧ください。

本番前に出演者での記念撮影。手にしているのはジョアンのレコードです。とうとうこの日がやってきました。

恒例の「エイ・エイ・オー!」。いざ本番!

1.「田辺 新


1.Desde que o samba é samba
2.Outra vez
3.É preciso perdoar
4.A felicidade
5.Que reste-t-il de nos amours
6.Sandália de prata
7.Desafinado(アンコール)
1番手は田辺さん。ボサノヴァの原点の様な楽しく歌って遊んでいる様な温かみのあるステージを見せてくれました。会場がすごく和んだと思います。サンバのノリの様なものから、しっとりしたバラード系まで、今回も色んなタイプの歌を歌ってくれました。ありがとうございました!
Mais um passo!

2.「矢野 汕骨


1.Sem compromisso
2.Águas de março
3.Chega de saudade
4.Eu vim da Bahia
5.Garota de Ipanema
6.光でいっぱい(オリジナル曲/アンコール)
いつものオリジナル曲は封印して、今回はボサノヴァのみの弾き語りをしてくれました。ボサノヴァの矢野さんが堪能できたのではないでしょうか?アンコールではオリジナル曲も披露。初めて矢野さんを見たお客さんも喜んでいました。ありがとうございました!
Mais um passo!
注:矢野さんはこの後『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

3.「兵頭 宏


1.Ela é Carioca
2.É luxo só
3.Amor certinho
4.Brigas nunca mais
5.Caminhos cruzados
6.Palpite infeliz
7.Saudade da Bahia(アンコール)
教室企画のライブではお馴染みの兵頭さん。今回も素敵な歌声を聞かせてくれました。間奏のギターソロも楽しかった。ジョアン・トリビュートライブであっても兵頭さんらしい軽快な感じはそのままで良かったです。今回もありがとうございました!

4.「西口 健一


1.Corcovado
2.Disse alguém
3.Menino do Rio
4.Adeus América
5.Doralice
6.Valsa(Como são lindos os Youguis/Bebel)
7.Garota de Ipanema(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。生まれて初めて弾き語りのライブをしました。自分的には課題が多く残りましたが、それでも歌うのってなかなか楽しいですね。思い切って歌ってみてよかったです。

追加1:アンコールに「イパネマの娘」を演奏して会場の皆さんにも一緒に歌ってもらったんですが、ポルトガル語で歌える人が沢山いてビックリしました。
追記2:その後、ある生徒さんから「よく考えたら『イパネマの娘』習ってなかったんで、あの時歌えなかったんです。教えてください!」って言われてちょっと面白かったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また夏には雲州堂で浴衣ライブをする予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

おまけ:

ライブ後の打ち上げの様子。「Bistro やまごや」にて。料理美味しかった!

関連ブログ1→「ジョアンのDVD予約しました。
関連ブログ2→「Getz Jilberto ’76