楽譜の販売をはじめました。

本日から「Piascore」で楽譜の販売をはじめました。

まずは動画で人気だった「Deixa」と「Chega de saudade」の2曲をアップしました。これからも増やしていく予定ですので、皆さまよろしくお願いいたします。

ご覧ください。HP→「score &TAB

※個人的なリクエストによる楽譜は作成しておりませんのでご了承ください。講師が好きな曲・アレンジのみ販売していく予定です。

今度のジャズギターマガジンはジョアンが表紙!まだ発売されてないけどいかがでしょう?

5/17発売予定のジャズギターマガジンは、表紙がジョアンでその横に「魅惑のボサ・ノヴァ」の文字が。ジャズもボサノヴァも好きな人間には気になります。

さっそくAmazonで予約しました。CD付きで「注目を集めるボサ・ノヴァにフォーカス。本場っぽい演奏も、ジャズっぽい演奏もこの一冊でマスター!」とありましたよ。生徒さん達にもどうかな?と思ってブログにアップしてみました。まだ発売前なので内容は分かりませんが・・・。

本邦唯一のジャズ・ギター専門誌。今号では、ジャズのハーモニーとブラジル音楽が出会って生まれた“ボサ・ノヴァ”にフォーカス。ボサ・ノヴァの象徴であるジョアン・ジルベルトの他、ブラジルでボサ・ノヴァに取り組んだギタリストたちの人物と演奏を紹介。“本場”っぽいボサ・ノヴァの弾き方や、ジャズ・スタンダードとしてボサ・ノヴァを弾く際のコツなど、演奏に関するノウハウも充実。ジャズとボサ・ノヴァの遠くて近い結びつきを描き出す。

Amazonより

続きはこちら→「Amazon Jazz Guitar Magazine Vol.6 」をチェック。

また届いたらブログにアップしますね。楽しみです。

大阪府の緊急事態宣言延長により5月のライブ中止のお知らせ

すでにニュースでご存じかと思いますが、大阪府の緊急事態宣言が延長されました。ライブイベントは規模に関わらず無観客での開催を要請されています。ゆえに苦渋の決断ではありますが5月22日(土)の江戸堀コダマビルでのライブを中止とさせていただきます。
すでにご予約された方々には本日メールにて中止のお知らせをしました。

また緊急事態宣言が解除され次第、江戸堀コダマビルでのライブを企画したいと思っています。そのときは改めてご予約いただけると嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

6月の交流会の募集メールしました。

昨日「6月の交流会」の募集メールを送りました。さっそく参加希望の連絡をくれた生徒さんが9名。ありがとうございます。限定15名で、残り6名です。我こそはと思われる方はぜひ参加してみてください。

曲は、以前交流会で演奏したものでも構いません。目的は「人前で演奏する事に慣れる事」なのでチャレンジしてみてくださいね。

※ちなみに、教室に習いに来てまだソロで演奏できる曲がない生徒さん達にはメールしていません。ご了承ください。

本当に待ちに待った対面での交流会ですが、現在、大阪は緊急事態宣言を延長しようとしている最中。コロナの状況次第では中止になるかもしれません。予防対策をしっかりして臨みたいと思います。ご協力の程、よろしくお願いいたします。

爪のお手入れ 仕上げはやっぱり「タミヤの2000番」

ギタリストは別名「爪職人」と呼ばれているほど、爪は気になる存在。指で爪弾くボサノバギターのサウンドにとっては手入れは必須です。

いつも「Fana」で買っている「ギタリスト用最高級サンドペーパー」。

中身はこんな感じ。3種類のサンドペーパーが入っていて、3段階に分けて整えていくのですが、この「仕上げ」が一番使うので無くなるのが早い!なので仕上げだけ別に購入してます。それがこちら・・・

フィニッシングペーパー「タミヤの2000番」です。

この「タミヤの2000番」がクラッシックギター(ガットギター)を弾く人には人気。Amazonの口コミもギタリストの書き込みがあって面白い。

こちらAmazon→「フィニッシングペーパー タミヤ 2000番」をチェック。

前回のブログでアップした「アロンアルファー 釣名人」も釣りをする人よりギタリストの口コミが多くて笑ってしまったけど、そんな感じで「タミヤ2000番」もギタリストに愛されているフィニッシングペーパーです。

爪は一人一人違うのでなんとも言えないのですが、最後の仕上げを丁寧に整えるとだいぶいい感じになります。生徒さん達にも「音が違う」とか「すごく弾きやすくなった」とか「今まで爪が引っかかってたのかな?なんか、いい音で弾ける様になりました。」などなど割と好評なので、ブログにアップしてみました。最後の仕上げに使ってみてください。

使い方もあるので、気になる人はレッスンの時に聞いてもらえれば。爪だけで1レッスン終わる生徒さんもいます。こっちとしては大事な事だけど、そのレッスンで時間をとっていいのか悩んでしまって、しっかり教えられない時もあるので、(ギターの弦の張り替えとかも)「今日はちょっと爪の事、聞きたいんですが。」と言ってもらえると教えやすいです。

あとネット上でも動画で丁寧に説明しているものが多いので、気になる人はぜひ見てみてください。爪職人の世界も奥深いですよ。

関連タグ→「爪職人」をチェック。

6月の交流会のお知らせ。久しぶりの対面!でもコロナの感染状況が・・・

次回の交流会は6月20日(日)16時から、大阪・北浜の雲州堂にて交流会をさせていただく事になりました。いつも発表会で使わせていただいていた会場で、交流会が出来るなんて贅沢です。コロナ禍ゆえにOKが出ました。発表会に出た人は分かると思いますが、ほぼ発表会と同じ感じで演奏できます。

いつもの交流会と違う所は・・・

  • 演奏後の会食がありません。
  • 会場がカフェやレストランではなくライブハウスです。
  • ステージがあり、照明があり、PA担当の方がいます。
  • マイクは5本あって、一人が演奏終了するたびに消毒して使っていくそうです。
  • 3密、検温、消毒、演奏以外の時はマスク着用でお願いします。

以上かな。あと、当然だけど無観客です。交流会はいつも無観客だけど、一般の人も入場できる発表会と同じ会場なので一応確認まで。

いつもの交流会よりは音の面では贅沢な空間です。限定15名で5月GW明けに参加募集のメールを送ります。(対象の生徒さんのみ。)よろしくお願いいたします。

実現したら皆んなで集まっての交流会は2019年8月以来です。楽しみですね。ただコロナ禍ですので、政府より休業要請などが出た場合、「オンライン交流会」へ変更して開催する予定です。その場合は参加者全員に改めて「オンライン交流会」でも参加するかの可否を確認させていただきます。その際はご協力の程よろしくお願いいたします。

ちなみに昨日は「大阪府で新たに1209人が感染 4日連続で1000人越え 過去最多を更新(4/16)」とありました。6月頃はどうなってるのかな~・・・。

おすすめ基礎練習 José Luis González先生のギター教則本

先日のオンライン交流会で僕がオススメしていた基礎練習の楽譜をブログでも紹介したいと思います。

ホセ・ルイス・ゴンサレス ギター・テクニック・ノート

けっこうメジャーな本なんですが、意外と(クラッシックギターを習っていた生徒さん達も)知らないって言ってたのでアップしてみます。

中身はこんな感じ。

演奏家としてだけでなく、指導者としても大きな功績を遺した巨匠、ホセ・ルイス・ゴンサレスの教則本。多くのギター教室で使用されているロングセラーの一冊です。テクニックの基本である右手および左手各指の訓練、各指に均等な力を養うことを主眼に、テクニック練習が項目別に、かつ難易度順に配列されています。両手のテクニックの基礎固めをしっかりと学びたい初~中級者にお薦めです。

現代ギターより

教室あるある 自分の指が動かなーい!

レッスンで教えると、最初は全然指が動かないので「なんか自分の薬指と小指が動かなすぎて・・・笑けてくる~!」なんて、苦笑いしながら練習している生徒さんが多いです。でもだんだん出来てくると楽しい。

この本はTAB譜がなく、全て五線譜なので、読めない人も多いと思うけど、レッスンの時にまた解説しますので、ぜひ購入してみてください。

そして早速「購入します!」とメールをくれた生徒さんがいました。熱心ですね。「カルカッシギター教則本」もいいけれど、僕にとってはすごくためになった本です。教室にもあるので、一度見せてほしい人は声をかけてください。

Amazonにもあります。こちら→「ホセ・ルイス・ゴンザレス ギターテクニックノート」をチェック。

4月のオンライン交流会無事終了!

2度目の「オンライン交流会」無事終了しました。

楽しかった当日の模様はこちら→「第2回オンライン交流会

参加して下さった皆様、ありがとうございました。次回は6月20日(日)に雲州堂にて16時から「交流会」を予定しています。(コロナの状況次第ではオンライン交流会に変更するかもしれません。)また5月に募集しますので、チャレンジしたいと思った方はぜひ参加してみてください。
10月の発表会に向けてみんなで頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします。

第2回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 オンライン交流会

2度目の「オンライン交流会」無事終了しました。目的は「人前で演奏する事に慣れる事」「他の生徒さんの演奏を聴いて学ぶ」です。

zoomの交流会も2回目を迎えて、演奏は前回よりもちょっとリラックスして出来ている人が多い様に思えました。そして今回いまなかさんが演奏曲の「スペイン」にちなんでフラメンコの衣装で登場したり、徳山さんのアイデアで演奏後にフリートークをしてみたり。リモート交流会を楽しみました。

それでは当日の模様をご覧ください。(*印は弾き語りです。)

トップバッターは徳山さん。最初に自己紹介をして演奏してもらいました。曲は「 Vou te contar 」を弾き語りです。以下弾き語りは「*」印で表示。

1.徳山さん / Vou te contar *

2.橋本さん / Este seu olhar

3.門脇さん / Avarandado*

4響きアラタさん / Corcovado* (参考動画

5.山本さん / Triste

6.まつげんさん / O amor em paz

7.Bishop あかいさん / Fotografia *

8.いまなかさん / Spain (参考動画

9.西口 / Samba do avião

ここからはもう1曲弾きたい人だけ弾くコーナー「おかわり芸人コーナー」です。

いまなかさん / Vou te contar* (参考動画

響きアラタさん/ Aquarela do Brasil* (参考動画

Bishop あかいさん/ Chora tua tristeza*

そして僕も演奏しました。

西口/ Um abraço no Bonfa

その後、フリートークのコーナーへ。

フリートークの話題は「爪の整え方」「教室に来るきっかけ」「練習時間の確保と練習の仕方」などなど。「爪の整え方」では自宅に居るので、実際に使っているアイテムなど見せあったり出来たので、参考になったのでは。

参加した全員がちゃんと発言も出来るし、会話も回せる感じだったので、初のzoomでのフリートークでしたが、すごく楽しい時間が過ごせたと思います。ありがとうございました。

おまけ:集合写真。

リモートの集合写真を初めて撮りました。貴重な経験。

今回も参加してくださった皆さま、ありがとうございます。次回は6月20日(日)です。今年はこの調子でどんどん演奏を楽しんでいきましょう。よろしくお願いいたします。

早すぎませんか?今週末はオンライン交流会!

桜は散ったのに、寒くなってきた今日このごろ。散歩してたら・・・

ん?公園の藤棚・・・

もう咲いてるの?まだ4/6なのに今年は早いな~。

ちなみに、今週末は「オンライン交流会」。こっちも早いです。結局ちょっと増えて8名参加となりました。新メンバーもいます。楽しみですね。

あと、演奏後に「みんなでちょっとフリートークの時間が欲しいです。」との声が。演奏して終わりじゃなくてリモート交流もあった方がいいとのこと。うまくトークを回せるか分からないけど、残りたい人だけ残って、リモート交流してみようと思います。また参加者の皆さまには今週中にメールで詳細送りますので、当日よろしくお願いいたします。