空耳アワーな話。Toninho Horta

先日オープンマイクで、まつだ くばくさんより教えてもらった「空耳アワー」な話。

空耳アワーを知らない世代の方はこちらを・・・

視聴者から「日本語以外で歌われているが、あたかも日本語のように聞こえる歌詞」(「空耳」と呼んでいる)の投稿を募り、制作サイドでつけたイメージ映像を交えて紹介するという内容である。『タモリ倶楽部』の放送開始から数えて21番目のミニコーナーである。

Wikipediaより

「もぅ、バッチリ!」って聞こえるとの事。まつださん曰く「本当にバッチリな所で『バッチリ!』って言うんですけど知らないですか?」とのこと。面白そうなので、動画を送ってもらいました。

確かに聴こえます。

これは確かに「言われてみれば確かに聞こえる『空耳アワー』のお時間がやってまいりました。」ですね。(司会のタモリさんが番組の最初の言うセリフ。)

「モウ、バッチリ!」は題材としては単純なんで、番組Tシャツ・プレゼントにはならなさそうですが、陽気な感じがいいですね。

ちなみに、生徒さんの中でも「空耳アワー」ファンは多いみたいです。講師も好きでYouTube動画見て笑ってます。みんなで「スペイン語のやつ、けっこうありましたよね。」とか「ジョアンもあったな。」などなど話題になりました。ボサノヴァやってると『人間(ニンゲン)』とかよく出てきます。空耳探しも面白いです。

今回も教えてくれたまつださんに感謝!ブログネタならぬ空耳ネタ、ありがとうございます。

ボサノヴァの空耳ネタが他にもあったら、またアップします。皆様からの投稿(?)お待ちしております。

この記事をSNSでシェア!

投稿者: Yukiko

講師の妻。夫がジョアン好きで、ボサノヴァギター専門のギター教室を開講すると知った時「大阪にそんなにボサノヴァが好きな人いるかな・・・」と思ったけれど、けっこうボサノヴァ好きがいたみたいで、またまたビックリ。現在は教室を手伝う毎日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA