一番よくある教室あるある。「家では弾ける」説。

「家では弾ける」説。これは多くの生徒さんあるあるだと思います。説明不要。
「家ではもうちょっと弾けたんです。」「家では完璧なんですけど。」と笑いながら訴えてくる人、多いです。笑いも多いです。ほんまか?って人もいます。(笑)

ウチの教室だけじゃないと思うけど、やっぱり習い事あるあるだと思います。

昔読んだ本に「よく間違える箇所を『わざと間違えて弾いてみて』と言ったら間違えずに弾けるようになる。」と書いてあったので、本当かな?と思って何人かの生徒さんに苦手な部分を、「じゃあ次はわざと間違えて弾いてみて。」と言って弾いてもらった事があります。

その結果は、すごい確率でちゃんと弾けるから面白い。

生徒さんはこっちが実験していると知らないので「すみません、もう一回やってみていいですか?」「あれ、今はちゃんと弾けたなぁ。」「わざと間違えると思うとアドリブになるから難しい。」と言って、普通に弾けてしまったことにビックリしている人が多かったです。

それだけメンタルは大きいです。技術的には弾けるけど、苦手意識が強くて弾けないパターンも多いのかなと。自分も緊張するタイプなので、メンタルトレーニングの大切さを常に感じてます。

「家より上手く弾けました。」と言う人もいるし、「発表会より先生の前が一番緊張する!」って言ってくる人もいるし色々で面白いです。でもまぁ生徒さん達には、多少緊張しても教室には楽しんで通っていただければと思います。

今月は3名ほど「対面レッスン」から「オンライン」へ変更した生徒さんがいました。当日の連絡でもOKですので、よろしくお願いいたします。

この記事をSNSでシェア!

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA