Barry Galbraith(バリー・ガルブレイス) Guitar and The Wind

今日紹介するアルバムはBarry Galbraith(バリー・ガルブレイス)の数少ないリーダー作の一枚です。

めちゃくちゃ好きな感じなんですが、このアルバム、リーダーであるはずのギタリスト・Barry Galbraith(バリー・ガルブレイス)の演奏はちょいちょい出てくるけれど、ギターメインのジャズアルバムって感じはありません。そこがすごく興味深い所。

ギター職人と言われて、名立たるアーティストと共演しているアメリカのすごいギタリストなのに、このアルバムでも前に出ないと言うか、そんな方なんだな~と思いながら聴いてます。アルバムとしての全体のアレンジやバランスがよくて、名盤と呼ばれる一枚。おすすめです。

大阪城公園散歩の時の写真。いい季節です。

Paulinho Nogueira パウリーニョ・ノゲイラのレコード

トッキーニョの師匠でもあるブラジルのギタリスト「Paulinho Nogueira(パウリーニョ・ノゲイラ)」。YouTubeで聴けるアルバムです。

1曲目の「Brigas Nunca Mais(もう喧嘩はしない)」からいい感じです。パウリーニョ・ノゲイラのギター+パーカッションという編成で、パチパチ音がすごい入ってるし、本当にレコードを聴いてる様な気分になります。アルバム全体は、ボサノヴァだけじゃなくて色んなテイストの曲があり、ブラジル音楽の奥深さを感じます。

映像はLPジャケットの裏面とか、パウリーニョ・ノゲイラの若かりし頃のギターを弾いている写真とかも出てきます。当時はこんな感じだったのか・・・と思ったり。

パウリーニョ・ノゲイラのレコードって探しても全然ないし、あってもきっとお高いと思われます。なので無料で聴けるYouTubeでばっかり聞いてます。

それにしてもやっぱり上手いな〜と感心することしきり。他にもレッスンビデオがYouTubeで観れますがそちらもおすすめです。過去のブログにアップしています→「みんな大好きノゲイラ先生」をご覧ください。

「Aquarela Do Brasil」と「There Will never Be Another You」の弾き語り

またまたオススメ動画で上がってきた奴で僕の気に入ったものが出てきました。

曲は教室でも弾き語りを勉強している生徒さんに人気の「Aquarela Do Brasil」。こんなテンポで歌うのもいいですね。アレンジも素敵です。

もう1曲。チェット・ベイカーの演奏で僕もよく聞いている「There Will never Be Another You」。最近ジャズ・スタンダード曲をボサノバ風にして歌う生徒さんも多いので、参考になるのでは?と思ってアップしてみました。

ギターの演奏もいいし、声もいいです。

YouTubeで見つけたトリスチの弾き語り

僕のチャンネルにおすすめで上がってきた動画。

おすすめ動画で、なんでコレが・・・?!って言うのも多いけど、これはめっちゃかっこいいです。ギターのアレンジも声もいい感じ。

「Triste(トリスチ)」を弾き語りする生徒さんも多いし、ちょっと参考になるんじゃないかな?と思ってアップしてみました。聴いてみてください。

みんな大好きノゲイラ先生。

僕が何回もYouTubeを見てしまうパウリーニョ・ノゲイラ。

ブラジルでは大変有名なギタリストであり作曲家・歌手。あのトッキーニョの師としても知られているマエストロです。ギターが凄過ぎて見るたびに釘付けになるのですが、とぼけた感じの歌もイイ味だしてます。

色々と見るたびに気づく事が多いので、もっとたくさん資料があったらいいのに・・・と思うけど、この動画だけでも僕にとっては得るものが大きい!

教室でも意外と知らない人が多いのでアップしてみました。

お時間ありましたら、ぜひご覧ください。

追記:タイトルに「みんな大好き」って書いてあるのに「教室でも意外と知らない人が多い」ってどっちやねん!って言うツッコミを頂きました。確かに!ノゲイラ先生の笑顔と演奏を聴くと「みんな大好き」って言いたくなるんですよね。笑