アンサンブルNEO 2nd Concert / なんだか気になるFana大阪・福永さんの企画イベント。

先日Fanaへギターの弦を買いに行ったら、こんなフライヤーがありました。

その名も「アンサンブルNEO 2nd Concert」。いつもお世話になっているFanaの福永さんが企画したイベントです。

去年もやったそうで、今年はその第2弾だそうです。

写真にある様にギターの合奏です。演奏曲はこんな感じ。気になる曲あるな~。

以前も福永さん企画のコンサートを「学園前ホール」で見たけれど、すごく楽しかったので、今回も気になります。しかも今回は「入場無料」の文字が・・・なんで?お得すぎる。

よく分からず色々と福永さんに質問してたら、この写真の指揮者の人、福永さんご自身だそうです。で、演奏しているギター(アルトやソプラノなど)の中に福永さんが作ったギターを弾いている方もいるのだとか。

福永さんの説明を聞いていると興味がつきないです。

福永さんより「興味のある方は是非お越しください。よろしくお願いいたします。」とのこと。

とにかく、ギター合奏は弦楽器好きにはたまらない演奏になると思うので、気になる方はぜひ行ってみてください。

ちなみに、教室でも合奏出身の生徒さんが何人か来ています。学生時代に低音担当だった人は、6弦の音がすごく簡単に大きな音で弾けたり、高音担当だった方は「単音ばっかり弾いていた」とかで、ワンノートサンバのみんなが苦戦する有名な単音フレーズの所が、やたら上手くてビックリしたり、特徴があって面白かった記憶があります。

教室でもこちらのフライヤー配ってますので、興味のある方はレッスンの時に声をかけてください。

メキシコの弦楽器ギタロン

先日Fanaさんへ行くと、メキシコの弦楽器「ギタロン」がありました。少しさわらせてもらいました。形状はギターですが、完全に重低音のベースです。面白い。
2178_large[1]

横から見た所。分厚い!
2179_large[1]

後ろは丸くなっていてかわいらしい感じ。
2180_large[1]

後で知りましたが、「ギタロン」とはスペイン語で「大きいギター」を表しているそうです。

ちなみにFanaさんの年末年始の予定はこちら↓
2181_large[1]

自分のギターの調子を見てもらいに来ました。福永さん(左)に、なにかと相談しています。
2182_large[1]

福永さんに「今年も色々ありがとうございます。大変お世話になりました。」と年末の挨拶をして・・・
「でもまだ年内に来るかもしれませんが・・・(笑)」「是非、その時はお待ちしております。(笑)」
と挨拶を交わして帰ってきました。