Fana 試奏会

先日、上本町のクラッシックギター専門店「Fana」にて試奏会をしてきました。

今回のメンバーは・・・
・クラシックギターを購入したいけど、何を買えばいいのかよく分からないので先生についてきてもらいたい生徒さん。
・現在エレクトリック・ガット・ギター(通称:エレガット)を使用しているが、生音のいいクラシックギターがほしいと思っている生徒さん。
以上2名と一緒に行ってきました。

左は「Fana」の福永さん。過去のブログ→「河村ギター

気に入った予算のギターを買えた人もいたし、ギター1本1本の個性や奥深さを知ってもらえる機会となりました。

その時「ギターのメンテナンス方法は?」「弦は何がいいの?」「弦の貼り方の細かい所がイマイチ分からない」「ハーモニックスでチューニングしたことない」など色々話が出てきたので、今後「ギターの弦張り替えやメンテナンスのグループレッスン」みたいなものをやってみようかな?と思いました。ボサノヴァギターを勉強する上で、楽器の基礎知識なんかはグループレッスンで教えても大丈夫かなと思ったりしました。「基礎の音楽理論」とかも。また「弦の張り替え方」などに興味のある人はレッスンの時に言ってください。人数が多かったら、そんな「弦の張り替え講座」をやってみようかと思います。

とにかく今回もFanaの福永さんに感謝です。ありがとうございました。

前回の試奏会の模様→「ギター教室 Fana 試奏会
過去のブログ→「ギターの弦、張り替えレッスン

河村ギター

2008年に購入した「河村ギター」。
僕のメインギターです。
2832_large1[1]
愛用の河村ギターのアームレストが、弾くときにどうしても肘が痛むので、FANAの福永さんに改造してもらいました。

肘の負担が減り、今までに比べると超快適!

8年たって音色もだんだんとよくなってきているように思います。福永さんも弾いてくれて、よく鳴っていると言ってくれましたし、しばらくはこれで十分かな。気に入ってます。

でもその時に、いろいろ試奏させていただいて欲しいギターがあり過ぎて困りました・・・しかも気に入ったのが200万円!(笑)
先立つものが欲しい~~でも無理!

過去のブログ→「伊勢にて。河村さんと。

ギター教室 Fana 試奏会

19 / Jan / 2014 (sun) 「Fana 試奏会」

初の企画となったFana試奏会。
大阪:上本町の手工ギター専門店「Fana大阪」店長の福永さんに声をかけてもらい、なんと2時間貸し切りで、日本の作家さんをはじめ、色々な国のギターを試奏させていただきました。

今回参加してくれた生徒さんは6名。みんな色々な経緯でここに集まりました。

・ウクレレからギターに転向したいので、ギター購入を考えてる人。
・今のギターはだいぶボロボロなので、新しくちゃんとしたギターがほしかった人。
・ライブ用にエレガットしか持ってないから、生音でいい音をだすギターがほしい人。
・ギターの表面板が杉のものしか持ってないから、次は松のギターがほしいと思っている人。
・とにかく何か出会いを求めて色々ギター専門店に試奏に行ってる人。

そんな6名と僕とで、初の企画:Fanaにてギター試奏しまくり会。贅沢にも実現しました。

それでは当日の模様をご覧ください。

店の入り口の看板。
DSCF1021

店内。
DSCF1032

ギターの弦や、楽譜、CD、本、ギターケースなど色々あります。
DSCF7518

DSCF1037

ずらりとあるギターの数々。
DSCF1038

いつもは眺めるだけですが・・・
DSCF1039

「これを弾きたいです。」と言って福永さんに出してもらいました。
DSCF7495

弾きたいけど、ビビッて弾く事のなかったギターを試奏できるなんて・・・幸せです。ちなみにお店は試奏大歓迎ですので、ビビらずに声をかけてください、とのこと。
DSCF7505

生徒さんもそれぞれの目的別に試奏中。福永さんのアドバイスを聞きながら楽しみました。
DSCF7490

DSCF7499

僕が以前に購入した河村ギターも種類は違いますがありました。
DSCF7516

一番気に入ってしまった、ベルギーの作家さんのギター。持って帰りたい! 値段は120万円・・・買えません!(笑)
DSCF7507

結局、いいギターを知ってしまったけど、買えないと言う、少々ストレスのかかる帰り道になったけれど、(笑)こんな機会でないと、おいそれと弾く事の出来ない?!ギターも弾けて楽しかったです。

気に入ったギターを見つけた生徒さんもいましたし、けっこういい会になったと思います。
また興味のある人は、レッスンの時に声をかけてください。人数が集まれば、次も試奏会をしてみたいと思います。

Fanaの福永さん、本当にありがとうございました。

メキシコの弦楽器ギタロン

先日Fanaさんへ行くと、メキシコの弦楽器「ギタロン」がありました。少しさわらせてもらいました。形状はギターですが、完全に重低音のベースです。面白い。
2178_large[1]

横から見た所。分厚い!
2179_large[1]

後ろは丸くなっていてかわいらしい感じ。
2180_large[1]

後で知りましたが、「ギタロン」とはスペイン語で「大きいギター」を表しているそうです。

ちなみにFanaさんの年末年始の予定はこちら↓
2181_large[1]

自分のギターの調子を見てもらいに来ました。福永さん(左)に、なにかと相談しています。
2182_large[1]

福永さんに「今年も色々ありがとうございます。大変お世話になりました。」と年末の挨拶をして・・・
「でもまだ年内に来るかもしれませんが・・・(笑)」「是非、その時はお待ちしております。(笑)」
と挨拶を交わして帰ってきました。

「fana」40周年記念ギター

先日生徒さんが「fana」で新しいギターを購入されました。
いつもお世話になっている「fana」さんの40周年記念に作られた
ヴィンテージ FANAです。いい音してました。うらやましい!ちょっとジェラシー・・・

2103[1]

教室用ギター購入!

教室の生徒さん用ギターを上本町「Fana」で買いました。
マツオカギター M70」弦長650mmです。

2475_large[1]

これで今まで使っていたギターは引退です。
だいぶ長い間使ってボロボロでしたが、ご苦労さまと言いたいです。

新しいギターもみんなに使ってもらっていい音に育てていきたいと思います。
ギターの生徒さんはお楽しみに!

生徒さんのNewギター拝見!

以前、生徒のTさんのギター購入付き添いで「Fana」さんへ向う時に、真新しいギターケースを抱えた生徒のMさんに上町筋でばったり遭遇。まさにその日、Mさんは「Fana」でギターを買ったばかりらしく、ビックリしました。

後日、そのギターを持ってきてくれました。

早速、弾かせてもらうことに。「Fana」さんの40周年記念に作られた ヴィンテージ FANA
2445_large[1]
まだ新しいから鳴ってないけど、いい音色。そして弦長640mmはすごく弾きやすかったです。やっぱりいいな。うらやましい・・・

持ってきてくれてありがとうございました。

生徒さんのギター拝見

またまた生徒さんが新しいギターを買ったので、持って来てくれました。
2374_large[1]

上本町の「Fana」さんで買ったそうです。
一柳さん作の手工ギターです。
めちゃめちゃいい音色で感動しました。
やっぱり価格が音色に反映されるな~・・・

「fana」40周年ギター その2

また生徒さんで新しいギターを購入した人が。
例の「fana」さんの40周年記念に作られた「ヴィンテージ FANA」です。
この間アップしたギターよりボディーが小さいタイプです。

雷雨の中、NEWギター持参で嬉しそうな長野くん。
2105_large[1]

僕も弾かせてもらいました。めっちゃ弾きやすいです。
2113_large[1]

すごい雷の為、教室で雨宿り中の兵頭さんも弾いてみました。フレットが通常のより狭いので、ちょっと違和感とのこと。楽器は人それぞれだから面白い。
2111_large[1]

兵頭さんはたまたまベースを持っていたのでちょっとセッションしました。
ちなみにこれもNEWジャズベースだそうです。いい音!
2109_large[1]

ジャズベースも触らせてもらいました。
2108_large[1]

なんかかんや、雷のおかげで思わぬ楽しい時間になりました。
レッスンも無事できたし良かった。
NEWギター、NEWベースを見せてくれた2人に感謝です。