パリ散歩気分?藤田嗣治ゆかりの地をめぐる本

美術館へ行くといつもポストカードを買って、教室にひっそり飾ってました。

その中から一番生徒さんに声をかけられたポストカードがこちら。

藤田嗣治の<カフェにて>です。京都国立近代美術館に行った時のものです。

レッスンの帰り際に見つけた生徒さんから「藤田嗣治展、よかったですよね。」とよく声をかけられました。フェルメールの時もそんなに声をかけられなかったから、それだけインパクトがあったのかな?

実際、フジタの絵はあんまり好きじゃなかったのに、見てすっかり感動してしまいました。生徒さんの中にも「意外と良かったですよね。びっくりしました。」と言っていた人がいたし、私みたいに生の絵を見て感動した人が多かったのかもしれません。

そんなパリに愛されたフジタの本を先日、本屋さんで見つけました。

「藤田嗣治 パリを歩く」。

20世紀前半、ピカソやモリディアーニなどとともに「エコール・ド・パリ」のど真ん中で活躍した日本人画家・藤田嗣治。
パリ留学時代にフジタの絵画と出会った第一人者が半世紀を経て、いま改めて藤田の足跡を訪ねる。
パリと郊外のアトリエ、最期を迎えたチューリヒなど藤田にゆかりのある街に赴き、暮らした家や制作現場であるアトリエ、仲間と議論したカフェなどを訪ね歩く。

Amazonより

こんな感じで1日の歩く地図が載っていて、フジタがどんな所で暮らして、どんな人と交流があったのかなど、解説してくれる本です。

当時の貴重な写真や、今のパリの街並みなど写真もいっぱい。

パリでの朝食や、フジタとは全然関係ない著者のパリでの思い出話などもあって、エッセイの様な感じです。

もちろん藤田の絵もけっこう載ってます。ピカソやルソーの絵なんかも関連があるものは掲載されていて面白いです。

ちなみにこちらの絵<私の部屋、目覚まし時計のある静物>も生で見たけど、すごいエネルギーあふれる、不思議な静物画でした。フジタ独特の色彩もよかったな。

以上、ちょっと教室で話題になったので、フジタ本をアップしてみました。興味のある方はぜひ購入してみてください。最後の「シャペル・フジタ」のフレスコ画なんかは、なんだか切ないですが、行ってみたい気分になります。オススメですよ。

追記:「フジタの絵、部屋に飾りたいなー。」と夫。「それはちょっと・・・」と私。好きな絵と部屋に飾りたい絵って違うんですよね。笑。夫の方がフジタ好きかも。

フランス語で歌ってみたい。ギター弾き語り。

教室では、「ポル語も喋れないのに歌えたんだから、フランス語もいけるんじゃない?」って感じで、フランス語で歌う生徒さんが昔からけっこういます。そして何故かフランス語で歌う生徒さんは女性の方ばっかり。なんでかな。

こちらの曲もその一つ。

曲は「La Javanaise」で、調べてみたら「セルジュ ゲンスブールがジュリエット グレコに贈った最高のラブソング。」だそうです。

参考に生徒さんが見せてくれたYouTubeは、ボサノバ風のギターの弾き語りをしている女の人の動画でした。キーも同じなので、レッスンして歌える様になってましたよ。

教室の生徒さんで、パリに6年間住んでいた方がいて、「いつでもフランス語なら教えますよ。」って言われていたので、さっそく歌詞を見せて、こんな風にカタカナで書いてもらいました。

「意味はなんなんですか?」って聞いたら「これは愛しか言ってませんね。言葉が違うけど『愛』『愛』『愛』って感じですかね。(苦笑)」って言われて爆笑しました。さすがフランス!さすがゲンスブール!って感じでしょうか?

あとこんな曲も・・・

映画音楽界の巨匠ミシェル・ルグラン作曲です。ミュージカル映画の音楽をギター1本で弾き語りはけっこう難しかったみたいですが・・・。

あと、シャンソンの名曲とかもありました。

エディット・ピアフの名曲「Hymne à l’amour(イムヌ・ア・ラムール)」。ピアフの声を生で聞いてみたかったな・・・。これは日本語もあるから日本語バージョンでも歌えますね。

ちなみにイタリア語で歌った生徒さんは男性ばっかり。なんででしょう??発音はフランス語より簡単そう。(あくまでイメージですが。)

教室にいたら、ポルトガル語、日本語、英語、フランス語、イタリア語・・・などなど色々聞こえてきて面白いです。

おまけ:「ドアノーと音楽、パリ」買いました。

フランスの国民的写真家ロベール・ドアノーの、「音楽」をテーマにした写真作品集です。パリの街角やお店で楽器を弾いている姿や、お祭り、ミュージシャンの練習風景など、見ていて楽しいです。

ギター教室 企画ライブ 「A noite de verão」

15 / Jul / 2013 (mon) 「A noite de verão」

大阪:心斎橋にあるフレンチカフェ・バー「CAFE BIGOUDENE(カフェビグデン)」にてライブをしました。フランス人オーナーの美味しいガレット&クレープが食べれるお店です。先月の交流会でもお世話になりました。

演奏は今回初めて「O Beija-flor」との共演が実現しました。「O Beija-flor」の3人はうちの教室で知り合ってユニットを作った経緯もあって、結成当初から応援しています。

オリジナル曲もどんどん増えてライブ活動も広がり、今や生徒さんと呼ぶのもおこがましい存在ですが、お互いボサノヴァをベースにオリジナル曲を作っていますし、表現の違いなんかも楽しんでもらえたのではないでしょうか?

それでは当日の模様をご覧ください。

お店の外観と店内。2階建のかわいいお店です。
DSCF3662

DSCF4069

DSCF4100

お店の名前「ビグデン」とはこの長いレースの帽子の事だそうです。
DSCF4101

ブルターニュ地方の女性の民俗衣装で、店内にはこんなユーモラスな絵も飾っています。
DSCF4123

リハーサル風景。なごやかな雰囲気です。
DSCF4208

DSCF4209_02

DSCF4211

そして本番。まずは「Nishiken」のソロギターライブ。
DSCF4228

オリジナル曲を6曲ほど演奏しました。
DSCF4229

DSCF4231

休憩をはさんで「O Beija-flor」の3人が登場!
DSCF4241

DSCF4251

DSCF4255
1.愛の花
2.Tea for two
3.手紙
4.あこがれ
5.忘れ路の丘
6.ひまわり
全6曲とアンコールには「潮騒moon」を演奏してくれました。

ライブの後は美味しいガレット&クレープを楽しみました。やっぱり美味しかった!
DSCF4121

DSCF4125

DSCF4126

今回、準備期間が短かったにも関わらず沢山の人の協力があって楽しいライブをする事ができました。そして大阪のムシ暑い夏の夜に・・・しかも3連休の最終日なのに、思いがけず沢山の人が見に来てくれてありがたかったです。

お世話になった「CAFE BIGOUDENE」の皆さん、一緒にライブをしてくれた「O Beija-flor」の皆さん、そして見に来て頂いた多くの皆さん、本当にありがとうございました。今回も沢山の方々に感謝です。これからもよろしくお願いします。

その後も続けています!→「生徒さんを迎えての企画ライブ」をチェック。
講師や生徒さん達の演奏はこちら→「カテゴリー:動画」をチェック。

このページのtopへ