最初に思いついたのは・・・

先日生徒さんに「10年間、教室をやってて嬉しかったことは何ですか?」と聞かれ最初に思いついたのは、生徒さん達が、結婚式の余興や老人ホームでの慰問、カフェでのライブなど様々なシチュエーションで演奏をし、それを報告してくれた時のことでした。

例え失敗したことがあっても、それを話すときはすごく楽しそうで、また、その場に居た聴衆のみなさんにも好評だったと聞くと僕も嬉しくなります。

「ソロで演奏をするのにボサノヴァギターって役に立つな~」と思って始めた教室が、知らない間に社会に貢献していることに驚くと同時に、教室を続けていくモチベーションになっています。

ウクレレにおいては、友人から「ウクレレ教えて~や~!」と頼まれて、乗りきでもなく始めたのに(笑)、いつの間にかこんなにも色んな人たちに喜んでもらえて、不思議に感じますし、つくづく「ウクレレやってよかったな~」と思っています。

来週はいよいよ教室の「10周年記念ライブ」!
共演の生徒さん達の演奏も非常に楽しみです。
いい企画ライブになったと思ってもらえる様にしっかり準備していきたいと思います。
いい節目になるよう頑張ります!!
お時間ありましたら、是非ぜひ遊びに来てください。

2814_large[1]

追記:その後のライブの模様はこちら→「10周年記念ライブ

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA