ジョアン・ジルベルト新聞あれこれ

生徒さんがジョアンの新聞記事を切り取って持ってきてくれました。ありがとうございます。

あと近所の馴染みのお店「IL BAFFO」へ行くと「西口さんにこれ。」と朝日新聞のジョアンの記事を持ってきてくれました。

で「ジョアン好きの常連さんにはだいたい読んでもらったので、西口さん持って帰ってもらっていいですよ~。」とのこと。お気遣いありがとうございます。

あと本屋さんで見つけたラティーナ。

こちらも追悼:ジョアン・ジルベルト。

ライブが終わったらゆっくり読みたいと思います。

IL BAFFO、インスタ始めたってよ。

教室でも人気のイタリアン「IL BAFFO」。
その「IL BAFFO」がInstagramを始めたそうです。こちら→「il_baffo_2008

美味しそうなもんばっかりアップしてあるので、空腹時に見るのは危険です。お店を知らない人にちょっと「IL BAFFO」のランチの写真を。

前菜。季節ごとに違うけどシェフの手の込んだ色んな料理がちょこちょこと出てきます。写真にはないけど手作りフォカッチャも付いてます。


ランチのパスタは1種類。こちらも日によって違うけど、とにかくうまい。もう10年以上通っています。


最後は必ずエスプレッソ。これで一人1030円です。

レッスンの前後に食べに行く人が多いみたいです。夜のメニューの生パスタもオススメ。地元客を大切にしてるからメディアに一切出てないけど、玉造では有名なお店です。

インスタやってる方はぜひフォローしてみてください。
今回も楽しい玉造グルメ情報でした。

過去のブログ→「祝10周年 IL BAFFO -新年会-

祝10周年 IL BAFFO -新年会-

玉造の人気イタリアンレストラン「IL BAFFO(イル・バッホ)」で「新年会」をしてきました。
メンバーは去年教室の企画ライブに出演してくれた生徒さん達と、今年ライブに出演する予定の生徒さん達+僕ら夫婦です。

お店は今年10周年を迎えました。おめでとうございます!

清中シェフの美味しい料理を堪能してきました。


他にも手打ちパスタにデザートなど盛り沢山でお腹いっぱいになりました。10年通ってることになるけど、やっぱり美味しいです。

食後は恒例の演奏タイム。なんか全員が弾く事となり・・・みんなうまくなったな~としみじみ思いながら見てました。

僕も演奏しました。

「IL BAFFO」のご夫婦を喜ばせようと「小さな村の物語 イタリア」のパロディーで、番組ナビゲーターの三上博史さんを真似て奥さんが「清中アントニオ太郎が玉造に小さな店を作った・・・」などと語り「常連客に西口パウロ健一がいる」などとふざけて僕は番組曲「Sentado À Beira do Caminho」を演奏しました。清中夫妻にはウケてたのでよかったです。

最後に清中夫妻と僕ら夫婦で記念写真を。

1周年の時の写真もブログにありますが、(こちら→)10年は長いような短い様な。生徒さんで10年以上の付き合いになる人もいると思うと不思議な気分。昔の写真をHPで見たりして笑いました。なんだかあったかい気持ちになる一日でした。

祝10周年「IL BAFFO」!そしてウチの教室も生徒さん達には色々と支えられてます。ありがとうございます。
2018年も頑張ります。

過去のブログ→「IL BAFFOの夜

IL BAFFOの夜

玉造のイタリアンレストラン「IL BAFFO(イル・バッホ)」へ行ってきました。
今年お店のご夫婦は研修と言う名の・・・イタリア旅行へ行ってました。うらやましい!(詳しくはこちら→
なので色んなメニューがまた増えて、イタリアに行かずともイタリアを味わえるんです。ありがたいんです。
今日はそんなメニューを堪能したいと思い夫婦でやってきました。

まずはシェフの実家から送られてくる無農薬のレモンで作った「Limonata(リモナータ)」600円。炭酸水で割ってもらったレモネードです。甘酸っぱさがちょうどいいです。アルコールの飲める方にはIL BAFFOの自家製レモンチェッロもオススメ。僕ら夫婦は下戸なので・・・リモナータで乾杯です。
dscf3277

最初は前菜盛り合わせを注文。「柿と人参、アンチョビのサラダ」。柿の甘味がいいアクセント。秋のサラダですね。
dscf3278

「もち豚のガツ(胃ぶくろ)とルッコラのサラダ」。これはワイルドルッコラの苦みがやみつきになる感じ。今日からスタートしたメニューだそうです。
dscf3282

「レンズ豆と栗のスープ」。優しい味でコクもあって温まります。写真は1人分の量です。
dscf3285

「スカモルツァとアンチョビのクロスティーニ」。スモークされたモッツアレラチーズがうまいんです。
dscf3286

右が「カキとカリフラワーのグラタン」。これはカリフラワーだけのペーストでグラタンにしています。大好物メニュー。
dscf3287

左が「青菜とサルシッチャのトルタ」。トルタとはイタリア語でタルトの事だそうです。生地がサクサクです。これも1人分の量です。
dscf3289

「ばばちゃんのフリット」。ばばちゃんって言う魚、知ってますか?名前のインパクトと対照的に、くせがなく淡泊な美味しいお魚です。アツアツにレモンを絞って頂きます。
dscf3290
ここまでが全部「前菜盛り合わせ」です。(一人1250円。)IL BAFFOの盛り合わせは沢山食べたい人にはオススメですよ。

ここからが、楽しみにしていた手打ちパスタ1皿目。
「紅ズワイガニとキャベツペースト(手打ちパスタ・カヴァテッリ)」カヴァテッリって言う名のパスタ(の形)だそうです。ペンネの半分切れてるみたいな感じで、ソースとの絡みもいいです。しかしズワイガニは濃厚ですな~。(写真は半人前です。)
dscf3291

「丹波産いのししと山栗のラグー(手打ちパスタ・ウンブリケッリ)」。(写真は半人前です。)「ウンブリケッリ」ってシェフのイタリア旅行ブログによく出てきた手打ちパスタ。こんなプリプリしたパスタだったんだ・・・うどんの太麺より短いのになにやら重いというか、ずっしりしたパスタです。ソースが濃厚だから、ちょうどいいな。だいぶお腹苦しいぞー。
dscf3297
「手打ちパスタって普通のパスタより見た目は少ない感じですが、だいぶお腹いっぱいになりますよ」ってシェフに聞いていたけど、ほんとにめちゃめちゃお腹いっぱいなので、ここで終了!メインまでたどりつけず。ですが、大満足です。

デザートは別腹。「トルタカプレーゼ(アーモンド粉を使ったチョコレートのタルト)&イタリア産栗のジェラート」。
dscf3301

あっという間に食べて・・・IL BAFFOのご夫婦とイタリアの話などしつつ、楽しい夜を過ごしました。
dscf3303

シェフのイタリア料理は、イタリアのマンマみたいな優しい味付けで、でも大雑把な味じゃないし、なかなかありそうでないイタリアンレストランなんです。オープン以来ずーっと通わせてもらっていますが、飽きないどころか、いつも「美味しい!さすがIL BAFFO!」と唸らされます。

まだ行ってない方は是非ぜひ!オススメのお店ですよ。

過去のブログ→「復活 IL BAFFO!!!

IL BAFFOイタリアへ!

教室でも人気のイタリアン「IL BAFFO」。
その「IL BAFFO」がイタリア旅行の為、6/5から6/23までお休みだそです。

写真は前回のイタリア旅行で買ってきた看板。「ようやく使える様になったんですよね~」と喜んでいました。
前回イタリアへ行った時、「パニーニを注文して食べたら、中だけ冷たくて凍ってて食べられなかった」とか色々面白い話を聞かせてもらったんですが、今回はどんな旅になるのか、今から旅の報告が楽しみです。

教室のみなさんも、ちょっとの間お休みなので、間違えてランチ難民にならない様に。報告でした。

追記:さっそくランチ難民になってしまった生徒さんが。とほほ。そしてイタリアから「IL BAFFO」のブログにどんどん旅の模様がアップさせていますので、よかったら見てみてください。現地の料理、すごくおいしそうですよ。(こちら→

追記2:帰国後、イタリア旅行での料理の数々がお店のメニューとして登場!食べに行きました。その模様はこちら→

復活 IL BAFFO!!!

久々に玉造のイタリアンレストラン「IL BAFFO」へ行ってきました。

実はここの清中シェフが3月に交通事故に遭って入院・・・(詳しくはお店のブログをご覧ください。)3ヵ月ぶりの営業再開となり、本当に久しぶりにシェフの料理を食べる事が出来ました。
2424_large[1]

前菜に「野菜のマリネ」。
2425_large[1]

「平あじのマリネ」。お酒も飲めないのに、こんなメニューが大好きな僕ら夫婦です。
2426_large[1]

「ズィーテ 豚ホルモン トマト煮込みソース」。2皿に分けて出てきたので、これは半分の量です。
2427_large[1]

「ポルチーニと穴子のリゾット」。だいぶお腹いっぱいに・・・。
2428_large[1]

「リコッタチーズと生ハムをのせたタチウオのカツレツ」。
これも2皿分けなので半分の量です。美味しいから腹一杯でも食べれてしまう。
2429_large[1]

「チェリーのタルト シチリア産アーモンドのジェレート添え」。あきらかに食べすぎだけど、デザートは別腹。
2430_large[1]

最後はカフェオレを飲みながら、しみじみと「IL BAFFO復活」を味わいました。
2431_large[1]

また徐々にランチ営業も再開するみたいですし、IL BAFFOファンには嬉しい限りです。復活おめでとう!そしてこれからもよろしくお願いします。

IL BAFFOのランチ→「IL BAFFO/イル・バッフォ(玉造グルメ)

IL BAFFO/イル・バッフォ(玉造グルメ)

今回からはじめる「玉造周辺情報」のコーナー。
生徒さんが玉造に来た時に行ってほしいお店などを紹介しています。

さて今回は、僕がよく行ってるイタリアンレストラン「IL BAFFO」。
教室の忘年会や新年会などでもお世話になりました。外観です。
2207_large[1]

店内のカウンター。男一人でもフラッと入れる感じ。以前撮ったもので、この日はギリギリ入れました。人気やな~。
2208_large[1]

本日のランチ。ランチメニューは1種類のみです。土日もランチやってます。
2209_large[1]

前菜。日によって違うけど、自分の好きなものがいっぱい出てきて嬉しい。パンもついてます。
2210_large[1]

来た~!太郎シェフのパスタは今だ僕の中でダントツ1位をキープ。この日も美味しかった。
2211_large[1]

こちらが清中太郎シェフ。前に撮影した奴。店内はイタリア語の音楽とかが流れてて外国に居るみたい。
2212_large[1]

他のイタリアンにも行ったりするけれど、パスタはここのが一番。夜も値段は少し高くなるけどおすすめです。まだ行った事がない方は是非。レッスンの前後にどうぞ。

1ヶ月更新してませんでした

自分にとっていい感じの滑り出しだった年明けだったんですが、25日に高熱(久々の39度超え)を伴う風邪でぶっ倒れました。幸いインフルエンザではなかったのですが、翌日のレッスンはさすがにすべてキャンセル。でも意外に早く平熱に戻り、レッスンを早めに再開できたのでよかったです。キャンセルした生徒のみなさん、ご迷惑をおかけしました。本当にごめんなさい。

この1ヶ月、レッスンと風邪以外は何をしてたかというと・・・

—————————

20日過ぎから体調がよくなかったんですが、久々に山本のりこさんが大阪でライブをされるので、どうしても行きたくて24日の土曜の夜に遊びに行ってきました。
norikosan_p[1]

そのパフォーマンスには癒されまくりでした。
ええ声、ええギターの音。他には何もいりません。
至福、そして贅沢な夜でした。

—————————

で、それでおとなしく家に帰ればよかったのに、自宅前のイタリアン「IL BAFFO」が1周年記念だったので、夜中にギターとアンプを担いで演奏に行きました。
baffo1_p[1]

前からやると言ってたし、お店の人たちも是非と言ってくれたので演奏しましたが、やっぱり体調を考えると無茶でした・・・。反省。でも楽しかった。

baffo2_p[1]

こんな感じで記念撮影まで。調子乗り過ぎでした。

—————————

29日はホテルモントレ大阪で営業の仕事があり、それまでに体調が戻るか不安でしたが、なんとか間に合いました。
この営業もなかなか楽しいイベントでした。普段演奏しないような曲ばかり演奏して新鮮でした。

—————————

また3月のライブ情報をHPのlivescheduleで更新したらお知らせします。よろしくお願いします。