第19回 uncherry Bossa nova guitar school 発表会 / 番外編

16 / Oct / 2022 (sun)

ここからは番外編で、楽しかった打ち上げの模様です。場所は玉造のフレンチレストラン「RiRe」です。広々と貸し切りでコース料理を頂きました。まずは乾杯を・・・

ここの挨拶はすごーく短いです。

そしてカンパーイ!!!至福の時・・・皆さま、お疲れさまでした。

ここからは「RiRe」のコース料理の写真をアップします。(自慢!)

魚介の前菜。

お肉の前菜。

スープ。

メインは3種類から選びます。こちらは豚肉のソテー。

鶏肉のソテー。

お魚のソテー。

最後はデザート。全てすごーく美味しかったです。自家製のパンのお替りも出来て、お腹一杯になりました。

食後は恒例の演奏会。贅沢にも皆さんの生演奏を聴きました。

トップバッターで出てきてくれた加藤さん。今年買った自慢のギターです。

徳山さん。加藤さんのギターを弾かせてもらいました。この後、「試奏会」的な感じになっていきます。

渡辺さんも弾かせてもらいました。「ワンノート・サンバ」歌ってくれました。

そして僕も2曲演奏。

橋本さん。今年の試奏会で買ったギターです。

そのギターを兵頭さんが試奏させてもらってます。音を味わうコーナーになってます。

中井さんも弾かせてもらいました。

赤井さんも今年購入したギターを持ってきて、しかも譜面台まで用意して演奏してくれました。

そのギターをまた試奏させてもらう兵頭さん。曲は「Caminhos cruzados・十字路」です。かっこいいなぁ。

高さんも登場。こちらは自分のギターですよ。「戦場のメリークリスマス」をインストで。

最後にオリジナル曲「雲の上から」を演奏して終了しました。

楽しい時間は早いです。皆さま演奏ありがとうございました。

みんなを見送りました。一日ご苦労様でした!

玉造のフレンチレストラン「RiRe」のエントランス

この日は最初、雨予報のだったんですが、当日はきれいに晴れて、アルペジオホールからRiReへの移動も楽でした。そして発表会が終わった後、深夜にシトシトと雨が降ってきました。お天気も味方をしてくれたんですね。来年もまたよろしくお願いいたします。

おまけ:皆んなを見送った後・・・

「RiRe」さんに新しいバイトの男の子が入ったと思って挨拶したら、息子さんでした。「えー!こんなに大きくなったの?」って言ってる図です。

2019年の忘年会で一緒に写真を撮った時はこんなに小さい子だったのに・・・めっちゃ変わってて、ビックリしました。

以上、おまけでした。「RiRe」さん、いつもありがとうございます。今回も感謝です。

インスタで見た鴨ロースが食べたくて・・・リベルテのディナー

玉造の美味しいビストロ店「Bistro LIBERTE」へ行ってきました。

夜に来るのは久しぶり。

外観。フランス料理だけど、夜も割とリーズナブルで玉造では人気のお店です。

下戸なので、ノンアルのオリジナルソーダで乾杯!今回は清見オレンジのシロップ×ソーダです。

さてさてインスタでみた鴨ロースのお味はいかに・・・ドキドキ。

まずは前菜。盛り合わせにしてもらいました。まんべんなく色々食べれるので嬉しい。

本日のポタージュも注文しました。寒い日だったのであたたかいスープが嬉しい。

キター!「鴨ロースのロティ」。インスタで見た奴です。ちょっとカモ、大きくないですか。

肉厚です。野趣あふれる盛り付け。こんなブロックで鴨を食べたのは初めてです。

そしてだいぶ美味しい。この量にビックリしたけど、店主によると量は昔と同じだそうです。「切らずに出したらインパクトがあって、こっちの方がお客様に喜んでもらえるので最近はこんな感じなんです。」とのこと。そうなんだ。盛り付けでこんなに印象が変わるなんて・・・面白いです。

「サーモンのクリームリゾット」。

こりゃだいぶお腹いっぱいになるな。優しいお味で美味しいです。

最後にデザート。「自家製カスタードが入ったシガレット」。葉巻みたいな形の外側がパリパリ、中がカスタードクリームたっぷりのお菓子。記念日だったので、即興でロウソクを立ててもらいました。ありがとうございます。

大満足。

最近は凝りに凝って、見た目ではどんな料理か分からない様な料理の盛り付けも多いけど、長田シェフの料理は見た目通りのお味です。でも見た目通りなのに、食べた時にビックリするほど美味しい。いつもブレない美味しさです。

美味しいそば屋さんとか、とんかつ屋さんみたいな感じかな?見た通りの味なんだけど、食べるとちょっとビックリする。

パンもデザートも手作りしないと、気が済まないシェフならではのこだわりが感じられて楽しいです。

またコロナが2類から5類になったら、すぐ貸し切り予約して「tempo delicioso(おいしい時間)」を復活させたいですね。いつになるやら。

今回は夫婦でだいぶお腹一杯になりました。リーズナブルだし、席も広いし、オススメのお店です。ぜひ予約して食べに行ってみてくださいね。

追記:生徒さんから「コロナ禍になって教室のブログからグルメのネタが少なくなってさみしいです。」とのお言葉が・・・またこれからちょっとずつアップしていきますね。とは言えギター教室なので、以前の様な食べ物ブログになってはいけないと思っていますが。笑!

玉造のフレンチレストラン「RiRe」へ行ってきました。

久しぶりにグルメ情報です。玉造のフレンチレストラン「RiRe」にランチコースを食べに行ってきました。

「鹿児島県さつまいもと青森りんごのポタージュ」。

「宮崎産きな粉ポークとイタリア産栗、鴨の砂肝のパラドカンパーニュ 有機栽培の秋茄子のピューレとセミドライトマトと有機栽培ビーツのピュレ」。

ソースが皿に打ち付けられてて、今までの「RiRe」っぽくない盛り付け?ジャクソン・ポロックみたいな感じですね。

マダムおすすめの「宮崎産きな粉ポークのスペアリブの赤ワイン煮込み」。+200円のメニューです。お肉がほろほろで食べやすい。骨付き肉って今までの「RiRe」にない野趣あふれる感じ。私としてはすごく好みなので、こんなメニューがこれからもどんどん出てきてほしい。美味しい!

「チャイのプリンとローズヒップティーのジュレ 無農薬栽培の柿のコンポート」。

今回も大満足。なんかまた新しいメニューや盛り付けがあって、どんどん変化している感じ。いつも通り季節も感じるし、食べてて楽しかったです。

毎年ここで教室の忘年会をしているけれど、今年も残念ながらできません。

来年こそは、この美味しい料理の数々をみんなと楽しみたいなと思いました。

ちなみにRiReの「クリスマスディナー」や、「おせち」も教室では人気。すでに予約している生徒さんもいます。オススメですよ。

あと、Go To Eat ポイント利用も可です。こちら一休com→「RiRe」をチェック。

色々おすすめです。

久しぶりに行ってきました。RiRe/リール(玉造ランチ)

大阪・玉造のフレンチレストラン「RiRe」へ行ってきました。毎年、教室の忘年会でお世話になっている店です。

外観。お店のマダムのセンスだと思うけど、ハーブやお花がいつもいっぱいです。

内観。少し壁の色や飾りが変わってました。(前回の内観

まずは冷たいスープ。自家製のパンも写真にないけど美味しいです。そしてスタッフの方もだいぶ変わってて知らないスタッフさんでした。新人さんだと思うけど、テキパキ働いてていい雰囲気だなぁ。

前菜。生カツオです。毎回季節のものが出てきます。

夫が選んだ鴨肉のソテー。激ウマだったそうです。

こっちは私が選んだ豚肉の料理。フレンチだけどあっさり食べれるのがこのお店の特徴。美味しいです。

チョコのデザート。色々毎回凝ってるな~。

こっちはベリー系のデザート。美味しかった。

久しぶりのリールは感動。シェフの料理はオリジナリティがあって、やっぱりココでなければ食べられない味。夫は鴨肉のソテーが美味しすぎて、パワーもらったみたいです。

最近、教室で「今年は発表会できますか?」とよく聞かれます。出来ると思って準備はしてるけれど、なんとも言えない状況。なので「発表会」も「忘年会」もその時の大阪の状況次第。ワクチンの効果がどうなるのか・・・なんとも言えない毎日です。

でもこんな美味しい料理を食べると、今年こそはリールで忘年会を!と思いました。出来るといいなぁ。(まだ予約はしてないけど。)

朝食を抜いて・・・リベルテのBコースランチ食べてきました。

3月に「Bistro LIBERTE」へランチを食べに行ってきました。

外観。2年前まで教室の「交流会」でお世話になったお店です。

今回は一番リッチな「Bコース」のランチを取材してきましたよ。(←食べたいだけやん。)

追記:メニュー表はどんどん変化しています。こちらは2021年4月の情報ですので、よろしくお願いいたします。

店内。一番のりだったみたいです。ふと、見ると「あれ?こんなエッフェル塔の額縁あったっけ?」

聞くと「あっ、それはお客さまに頂いたんです。」と嬉しそうな声が。お店のインテリアにあってていい感じ。愛されてるなぁ。

そんな話をしている間に前菜が。気になるBコースランチのスタートです。

スープ&自家製パンが2種類。

お魚料理。白身魚の皮がパリパリ。安定の味です。

お肉料理。「牛ほほ肉の煮込み」。交流会の時もそうだったけど、期待を裏切らないなぁ。

最後にデザート。

全ての種類のランチを食べた感想としてはどれもちょっとお得な気分になれるランチです。この日は2200円でお腹いっぱい。朝食を抜いてやってきたけれど、この後なかなかお腹が減らなかったです。

レッスンの前後によかったら行ってみてください。お一人様でもカウンター席があるから入りやすいですよ。

長田さんご夫婦の爽やかなキャラも人気の秘密かも。今回もごちそうさまでした。

4月から土日祝のランチが変わる?! IL BAFFOの夜(玉造)

久しぶりにIL BAFFOのディナーを食べてきました。我が家ではランチは「昼バッフォ」、ディナーは「夜バッフォ」って呼んでます。

外観。夜バッフォは久しぶり。

乾杯。飲めないのでリモナータで。

いつも最初に出てくるオリーブのフリット。食べながら店内を見てると・・・

コロナ禍なので、手書きの「会話はお静かに」のメッセージカードが。消毒液もあります。

そうそう去年のコロナ禍で登場した、この額縁!何かな~と思ってよく見ると・・・

イタリアの旅の思い出が額縁に・・・。

イタリアの砂糖袋のコラージュです。日本だと箸袋に店名とかあるけど、そのイタリア版って感じかな。イタリアの色んなお店のロゴが見れて楽しい。旅の思い出がこんな風になるなんてオシャレだなぁ。

そうこうしている間に最初の前菜が。

前菜は3皿登場するそうです。これは冷たい前菜で2人前分。

次にあったかい前菜。手前が「カマスゴのフリット」。カマスの子でなくてイカナゴ の大きくなったものだそうです。春の味ですな~。

最後の前菜もアツアツでやっぱり美味しい。ボリューム満点。

続いて「富山湾産ホタルイカのリングイネ」。イルバッフォの定番メニュー。イカの旨味がすごいんです。

「大山どり胸肉のコトレッタ ケッカソース」。鶏むね肉のカツレツ。トマトのソースが爽やかで最後まで気持ちよく食べれました。

最後にデザート。「トルタカプレーゼ・アル・リモーネ」。誕生日だからロウソクとお手製の小旗に「Tanti auguri(おめでとう)」て書いてあります。いいな~こういうの。ありがとうございます。

そして帰りにお店からお知らせが・・・

4月から土日祝のランチは要予約。コースのみになるそうです。知らなかった。なるほど。IL BAFFOも13年目を迎えて色々変化があって面白いな。

追記:こちらは2021年3月の情報です。その後、2022年7月よりランチは平日のみになりました。平日ランチも予約ができるので、絶対入店したい人は予約がオススメです。美味しいですよ。

今夜も楽しい夜でした。コロナ禍で入店できない日々を思えば(19時半がラストオーダーでも)天国です。ごちそうさま。

追記:この後、またまた時短要請でお店は20時までとなり、ディナーはコース料理のみになりました。詳細こちら→「まん延防止等重点措置に伴うお知らせ

久々のリベルテランチ

久しぶりに「Bistro LIBERTE」へランチを食べに行ってきました。

店内にウチの教室のフライヤーと「オンラインレッスンやってますよ♪」の文字が・・・。なんかすみません!恐縮です!!コロナ禍でも応援ありがとうございます。

いつものAコースで、前菜。久しぶりの外食。プロの味だわ~。

自家製パン2種とスープも美味しいです。

今回は魚をチョイス。ホワイトソースはコクがあるのにさっぱりしてて、あきないなぁ。皮がパリパリしてて、これぞリベリテの魚ソテー!何か月ぶり?

ちなみにお肉のコースはこんな感じ。ガッツリ食べたい人はこっちですね。

最後に紅茶のムースとアイスコーヒーを頂きました。外食できる幸せをかみしめつつ。

今年はリベルテでの楽しい「交流会」を開催するのは難しいと思うけど、お店のお2人が元気そうでなによりでした。とりあえず挨拶できてよかった。

リベルテさんも休業要請が解除になったので、夜のディナータイムが9時半ラストオーダーの10時終わりに変更するそうです。静かだった玉造もちょっと動きが出てきましたよ。

ちなみに写真のフランスオブジェの小さな時計は動いているんだけど、時間がフランス時間でも日本時間でもなく、さらに時間の調整ができないそうです。謎!奥さんから聞いて笑いました!オブジェとしてカワイイだけに面白いです。

追記:ちなみにこの日の大阪は「新たな感染者ゼロ」に。3月9日以来だそうです。本当にゼロにはならないだろうけど、ちょっとずつ季節もコロナ禍も変化してますね。