第19回 uncherry Bossa nova guitar school 発表会 / 番外編

16 / Oct / 2022 (sun)

ここからは番外編で、楽しかった打ち上げの模様です。場所は玉造のフレンチレストラン「RiRe」です。広々と貸し切りでコース料理を頂きました。まずは乾杯を・・・

ここの挨拶はすごーく短いです。

そしてカンパーイ!!!至福の時・・・皆さま、お疲れさまでした。

ここからは「RiRe」のコース料理の写真をアップします。(自慢!)

魚介の前菜。

お肉の前菜。

スープ。

メインは3種類から選びます。こちらは豚肉のソテー。

鶏肉のソテー。

お魚のソテー。

最後はデザート。全てすごーく美味しかったです。自家製のパンのお替りも出来て、お腹一杯になりました。

食後は恒例の演奏会。贅沢にも皆さんの生演奏を聴きました。

トップバッターで出てきてくれた加藤さん。今年買った自慢のギターです。

徳山さん。加藤さんのギターを弾かせてもらいました。この後、「試奏会」的な感じになっていきます。

渡辺さんも弾かせてもらいました。「ワンノート・サンバ」歌ってくれました。

そして僕も2曲演奏。

橋本さん。今年の試奏会で買ったギターです。

そのギターを兵頭さんが試奏させてもらってます。音を味わうコーナーになってます。

中井さんも弾かせてもらいました。

赤井さんも今年購入したギターを持ってきて、しかも譜面台まで用意して演奏してくれました。

そのギターをまた試奏させてもらう兵頭さん。曲は「Caminhos cruzados・十字路」です。かっこいいなぁ。

高さんも登場。こちらは自分のギターですよ。「戦場のメリークリスマス」をインストで。

最後にオリジナル曲「雲の上から」を演奏して終了しました。

楽しい時間は早いです。皆さま演奏ありがとうございました。

みんなを見送りました。一日ご苦労様でした!

玉造のフレンチレストラン「RiRe」のエントランス

この日は最初、雨予報のだったんですが、当日はきれいに晴れて、アルペジオホールからRiReへの移動も楽でした。そして発表会が終わった後、深夜にシトシトと雨が降ってきました。お天気も味方をしてくれたんですね。来年もまたよろしくお願いいたします。

おまけ:皆んなを見送った後・・・

「RiRe」さんに新しいバイトの男の子が入ったと思って挨拶したら、息子さんでした。「えー!こんなに大きくなったの?」って言ってる図です。

2019年の忘年会で一緒に写真を撮った時はこんなに小さい子だったのに・・・めっちゃ変わってて、ビックリしました。

以上、おまけでした。「RiRe」さん、いつもありがとうございます。今回も感謝です。

最後は神頼み?!明日はいよいよ発表会!

明日はいよいよ発表会です。

今年は初めてアルペジオホールでの発表会です。クラッシックギター専用のホールです。そして1曲だけじゃなくて、2曲披露する生徒さんも多いです。あと久しぶりに打ち上げもあります。3年ぶりですね。本当に久しぶり。

近所の玉造稲荷神社で、恒例のお祈りもしてきました。

今年の発表会も無事に安全に終わります様に。そして演奏する皆さんも、見に来てくださった方々も楽しめる会になります様に。

今年も皆さんの演奏を聴ける事に感謝します。

とにかく楽しんでいきましょう!よろしくお願いいたします。

追記:その後の発表会本番の模様はこちら→「第19回発表会」をご覧ください。

インスタで見た鴨ロースが食べたくて・・・リベルテのディナー

玉造の美味しいビストロ店「Bistro LIBERTE」へ行ってきました。

夜に来るのは久しぶり。

外観。フランス料理だけど、夜も割とリーズナブルで玉造では人気のお店です。

下戸なので、ノンアルのオリジナルソーダで乾杯!今回は清見オレンジのシロップ×ソーダです。

さてさてインスタでみた鴨ロースのお味はいかに・・・ドキドキ。

まずは前菜。盛り合わせにしてもらいました。まんべんなく色々食べれるので嬉しい。

本日のポタージュも注文しました。寒い日だったのであたたかいスープが嬉しい。

キター!「鴨ロースのロティ」。インスタで見た奴です。ちょっとカモ、大きくないですか。

肉厚です。野趣あふれる盛り付け。こんなブロックで鴨を食べたのは初めてです。

そしてだいぶ美味しい。この量にビックリしたけど、店主によると量は昔と同じだそうです。「切らずに出したらインパクトがあって、こっちの方がお客様に喜んでもらえるので最近はこんな感じなんです。」とのこと。そうなんだ。盛り付けでこんなに印象が変わるなんて・・・面白いです。

「サーモンのクリームリゾット」。

こりゃだいぶお腹いっぱいになるな。優しいお味で美味しいです。

最後にデザート。「自家製カスタードが入ったシガレット」。葉巻みたいな形の外側がパリパリ、中がカスタードクリームたっぷりのお菓子。記念日だったので、即興でロウソクを立ててもらいました。ありがとうございます。

大満足。

最近は凝りに凝って、見た目ではどんな料理か分からない様な料理の盛り付けも多いけど、長田シェフの料理は見た目通りのお味です。でも見た目通りなのに、食べた時にビックリするほど美味しい。いつもブレない美味しさです。

美味しいそば屋さんとか、とんかつ屋さんみたいな感じかな?見た通りの味なんだけど、食べるとちょっとビックリする。

パンもデザートも手作りしないと、気が済まないシェフならではのこだわりが感じられて楽しいです。

またコロナが2類から5類になったら、すぐ貸し切り予約して「tempo delicioso(おいしい時間)」を復活させたいですね。いつになるやら。

今回は夫婦でだいぶお腹一杯になりました。リーズナブルだし、席も広いし、オススメのお店です。ぜひ予約して食べに行ってみてくださいね。

追記:生徒さんから「コロナ禍になって教室のブログからグルメのネタが少なくなってさみしいです。」とのお言葉が・・・またこれからちょっとずつアップしていきますね。とは言えギター教室なので、以前の様な食べ物ブログになってはいけないと思っていますが。笑!

大阪・玉造も今が見ごろ 桜2022

桜が満開になりました。今年もこの時期がきましたね。

例年よりちょっと早い桜の開花。

公園の桜も今が見ごろです。

生徒さんが「コロナになって3年目の春ですね。まさか3年後の桜が咲く頃まで、マスクして消毒して・・・が続くとは思ってなかったです。」って言ってました。本当に。

そんなコロナの中ですが、明日ライブをします。お時間ありましたら、ぜひ肥後橋・江戸堀コダマビルまで聴きに来てください。当日でもOKです。ご連絡お待ちしております。(ライブ詳細

英国アフタヌーンティー?Northwood Tea Room / ノースウッド・ティー・ルーム(玉造)

散歩の時、ティーポット形の看板を夫が見つけてきました。ヨーロッパの街角みたい。

むむむ・・・と夫のセンサーが動いて、何のお店?と見に行くと・・・

「スコーン」とか「アフタヌーンティー」とか英国風?ちょうどアガサ・クリスティーの小説の話をしていたのでビックリ。気になるな。

で、後日行ってきました。

可愛いい入口。場所は玉造稲荷神社すぐ隣です。

内観。こちらの席に座ってみました。

カウンター席もあります。

初めてなので、とりあえずケーキセットを頼んでみました。本日のケーキの中から2種選ぶみたいです。

本日のケーキがいっぱいあって、何を選んだらいいのか分からない。店主さんに聞くと、英国風なのは「キャロットケーキ」と「ベイクウエルタルト」だそうで、それを頂く事にしました。

待つこと少々。しかし可愛い店内です。

イギリス関連の雑貨なども販売しているみたいで、紅茶も売ってました。

やってきました。ケーキ2種。左が「キャロットケーキ」で右が「ベイクウエルタルト」です。外国のケーキってすごく甘いイメージで、頼んだものの怖かったけど、こちらはすごくシンプルな甘さで、初めて食べたけど懐かしい味。日本人好みです。

こっちは夫が頼んだケーキ。左が「シフォンケーキ」で右が「ベイクウエルタルト」。シフォンケーキはアイスクリームをつけて食べてくださいとのことで、ふわふわで美味しかったそうですよ。

レジ横にクッキーも売ってました。

店主さんは最初パリに憧れてヨーロッパへ語学留学したけれど、イギリスにはまったそうです。はまった1番の理由は「人」で、イギリスの方々がすごく優しかったそうです。やっぱり異国の地で一番うれしいのは人の優しさなのかな。

イギリスって食事が美味しくないイメージだったけど、こんなケーキが食べれるなら、イギリスもいいなと思いました。店主さんの貴重なお話が聞けて楽しかったです。

オススメですよ。

追記:後日食べたサンドイッチも美味しかったです。

玉子、ハム、チーズと3種類あって、どれも美味しかったです。フィナンシェが1個ついてるのも嬉しい。

普通にチーズケーキやガトーショコラも美味しかった。レベル高いぞ!店主の方も優しいし、すごく気に入ってしまいました。報告まで。

イギリス好きでアガサ・クリスティーの大ファンの生徒さんがいるので、またコロナが収束したら一緒に食べに行きたいなと思いました。その時は贅沢な「アフタヌーンティーセット」を食べたいな。ポアロやミス・マープルの話をしながら・・・

玉造に来たら行ってみてください。教室にショップカード置いてます。おすすめですよ。

お店のインスタグラムはこちら→「Northwood Tea Room」をチェック。

むむむ?玉造に新しいカフェが・・・!Little cafe / リトル・カフェ(玉造)

近所を散歩してたら、「IL BAFFO」の向かいに可愛いカフェがオープンしていました。

こちらが外観。前回食べたアップルパイの味が忘れられず、また来てしまいました。今日もあるかな?

店内。12月6日にオープンして、まだお祝いのお花がいっぱいの店内でした。写ってないけど、椅子も座り心地がよくて、長居する人多いんじゃないかな。

来ました。紅茶。ダージリンティーです。

こちらが感動したアップルパイ。なんなんだろう。これぞプロの味です。また食べたい。難波で30年くらいレストランをやってて、リタイアしたけど、また玉造でカフェをやってみたくなってオープンしたそうです。よくぞ玉造へきてくれました。

CDがいっぱい置いてありました。この日のBGMはブラジルの歌姫「Elis Regina(エリス・レジーナ)」。教室でも生徒さん達が練習しているお馴染みの曲が流れて、店主さんもボサノバとか好きなのかなと思って聞くと・・・

「実はハードロック系が好きなんです。」とのこと。「先日もジャニス・ジョプリンのCDをお客さんが見つけて、かけてほしいって言われたから、聞いてたんです!」と嬉しそう。お客さんが全員店主と同じ趣味の時は「ハードロックカフェ」みたいになるそうです。面白い!

ショップカードくださいって言ったら、こちらを頂きました。当分はこんな感じの営業だそうです。年内は30日まで営業するそうです。

気になる方はこちらをフォローしてみてください。日替わりメニューとか美味しそうですよ。

リトルカフェのインスタ→「littlecafe_tama」とTwitter→「@littlecafe_tama」をチェック。

ケーキが美味しかったので、次回はランチを食べようと思いました。

玉造のフレンチレストラン「RiRe」へ行ってきました。

久しぶりにグルメ情報です。玉造のフレンチレストラン「RiRe」にランチコースを食べに行ってきました。

「鹿児島県さつまいもと青森りんごのポタージュ」。

「宮崎産きな粉ポークとイタリア産栗、鴨の砂肝のパラドカンパーニュ 有機栽培の秋茄子のピューレとセミドライトマトと有機栽培ビーツのピュレ」。

ソースが皿に打ち付けられてて、今までの「RiRe」っぽくない盛り付け?ジャクソン・ポロックみたいな感じですね。

マダムおすすめの「宮崎産きな粉ポークのスペアリブの赤ワイン煮込み」。+200円のメニューです。お肉がほろほろで食べやすい。骨付き肉って今までの「RiRe」にない野趣あふれる感じ。私としてはすごく好みなので、こんなメニューがこれからもどんどん出てきてほしい。美味しい!

「チャイのプリンとローズヒップティーのジュレ 無農薬栽培の柿のコンポート」。

今回も大満足。なんかまた新しいメニューや盛り付けがあって、どんどん変化している感じ。いつも通り季節も感じるし、食べてて楽しかったです。

毎年ここで教室の忘年会をしているけれど、今年も残念ながらできません。

来年こそは、この美味しい料理の数々をみんなと楽しみたいなと思いました。

ちなみにRiReの「クリスマスディナー」や、「おせち」も教室では人気。すでに予約している生徒さんもいます。オススメですよ。

あと、Go To Eat ポイント利用も可です。こちら一休com→「RiRe」をチェック。

色々おすすめです。